まったりらいふ♪

ほんとにまったりしてます・・・。
ども、ご無沙汰しております。
 
ここ最近は、
 
仕事で忙しい日が続いているうえに、
仕事が休みの日は、じゃあ音楽でも聴きましょうかって、
 
ことにもならず、
 
音楽聴くことよりも、子育て(のお手伝い)を優先している日々が続いております。
 
 
もちろん
 
「稼ぎが少ない!」
 
と奥様の頭を悩ませているにも関わらず、
4万円もする高級ベビーカー(かわいい子どものためには仕方ありません)を買ったりしてますので、
 
新しい音楽に触れる機会も激減(涙)
 
 
そんななか、気に入って聴いているのが、
 
James Ihaの14年ぶりの新作『Look To The Sky』です。
 
 
てことで、収録曲を紹介したかったですが、
音源が見当たらなかったので、
 
98年にリリースされた彼のデビュー・アルバムから1曲。
 
 
ちなみに、この曲が収録された『Let It Come Down』は、知る人ぞ知る名盤です。
 
シンプルで美しく、そしてハートフルな作品となっており、
個人的にも98年の№1アルバムと認定させていただいております。
 
もし聴いたことのない方で、上の曲が気に入ったのなら、お薦めです!
昨年のお気に入りの曲を6回に分けて5曲ずつ紹介してきましたが、
今回が最後になります。
 
こうやってあらためて振り返ってみますと、
メロディアスでシンプルな曲を好んで聴いていたのかなと感じました。
 
 
1位 Stuck On The Puzzle / Alex Turner
メロディを全面に押し出したアレックスのソロ曲を
2011年のベスト・ソングにさせていただきました。
 
でも、アークテッィク版が聴きたかったというのが本音かも・・・。
 
映画のサントラなんですが、その映画もけっこう良いらしいです。
 
 
 
2位 Love Like A River / The Girls
冒頭のクリストファーの声で名曲確定でした。
 
シンプルかつ洗練されたサウンドは、
1stの頃に言われたローファイとはまったくの別物で、
聴けば聴くほど惹きこまれていきました。
 
 
3位 Love Is A Laserquest / Arctic Monkeys
1位に選びました「Stuck On The Puzzle」と似たような曲で、
アレックスのソロとして発表されても不思議でない楽曲だと思います。
 
アレックスの優しいヴォーカルが印象的です。
 
 
4位 Is It Me / The Kooks
とにかくAメロが好きなんです。
 
後半のAメロの使い方に、クークスならではのセンスを感じます。
 
 
5位 Get Away / Yuck
Cajun Dance Partyの「Amylase」の時にも思ったのですが、
曲の展開がおもしろい曲です。
 
最初はそんなに良いとは思わなかったんですけど・・・。
 
前回に続き、今回もお気に入りの曲を紹介いたします。
 
残すところ10曲となりましたので、順位を付けてみました。
 
ちなみにこれまで紹介しました曲は、上から11〜30位となっております。
 
 
 
■6位 Machu Picchu / The Strokes
『Angles』では、1曲目のこの曲が1番のお気に入りです。
 
これまでのストロークスとは違いますが、
ギターロックの限界に挑戦したストロークスらしい曲でもあるように思います。
 
 
 
■7位 Jamie Marie / The Girls
こちらは2011年のベスト・アルバムに選ばせていただいた『Father, Son, Holy Ghost』の
最後を飾る曲ですが、こんな曲がアルバムの最後を締める作品が悪いわけありません。
 
アコギをバックに、語りかけるように優しく歌いあげる曲ですが、
なんといっても終わり方が最高です。
 
 
■8位 Mona Lisa / Atlas Sound
3分ちょっとのシンプルな曲ながら、個性あふれる素晴らしい曲です。
 
音の質感がヴォーカルの響き方が絶妙です。
 
ちなみにコーラスはMGMTのアンドリュー君です。
 
 
■9位 Tomorrow Dies Today / The Pains Of Being Pure At Heart
ペインズの2ndで1番のお気に入りは、このボートラだったりします。
 
アコギとノイジーなギターの使い分けがお見事です。
 
エバーグリーンなメロディは言わずもがなです。
 
 
 
■10位 I Don't Know How To Love / The Drums
なんと言っても間奏の「ウ〜エッ、ウ〜エッ、ヘッ、ウ〜エッ・・・」に尽きます。
 
このふざけた感じを受け入れらるかが、ドラムスの好き嫌いの分かれ道な気がします。
 
 
 
次回は1〜5位です。
スーパーで流れてた、たぶんキンキキッズの歌に
良い曲だな〜と思いましたが、引き続き、昨年のお気に入りの曲を紹介します。
 
 
Under Cover Of Darkness / The Strokes
ツイン・ギターの掛け合いがお見事です。
 
コーラスも試しに(?)入れてみましたって感じでしょうか。
 
 
Everybody's On The Run / Noel Gallagher's High Flying Birds
このストリングスだけでお腹いっぱいになります。
 
 
 
Grace / The View
そろそろ活きの良いUKバンドが出てきてほしいです。
 
元気が出る曲で、かなりハマってた時期がありました。
 
 
Life Is Simple In The Moonlight / The Strokes
ストロークスのアルバム最後の曲は鉄板です。
 
 
My Terrible Friend / The Pains Of Being Pure At Heart
ペギーちゃんのキーボードが効いたキラキラした曲です。
 最近、奥様が髪を短くされたのですが、
「アーックティック・モンキーズだな」っと言って、からかってます。
 
もっとも本人は、和田アキオと言ってますが・・・。
 
 
それでは今回も5曲紹介いたします。
 
 
めったにしない曲買いをしちゃいました。
 
初めて聴いた時のインパクトは、ここ最近で1番かも。
 
ヴォーカルの存在感に圧倒されました。
 
 
Junk Of The Heart (Happy) / The Kooks
 3分間のポップソングのお手本のような曲です。
 
 
Shook Down / Yuck
 ケイジャンの解散もやぶさかではありませんでした。
 
 
How It Ended / The Drums
  ドラムスってどんなバンド?って聞かれたら、まずはこの曲を聴かせてあげるのがいいかも・・・。
 
 
You Are A Tourist / Death Cab For Cutie
 最初はデスキャブっぽくないなと思った曲なのですが、
いつの間にか癖になりました。
 
 
 
ちょっと仕事が落ち着きましたので、また近いうちに更新したいと思います。

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事