その他

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全17ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

2014年も始まり

長かった2013年がやっと終わった〜とホッとした途端に
 
風邪をひき、まさに寝正月って感じの年明けでした
 
ご飯食べて薬飲んでワンコの散歩に行って寝て〜を繰り返す日々。
 
具合が悪くっても散歩はサボれないのよね。。。やっぱり体調管理重要
 
minamiさんの年末年始はまあいつも通りって感じだけど写真に纏めました
 
 
 
イメージ 1
 
1年を振り返りながらyakumoカレンダーを作り
 
誕生日にもクリスマスにも間に合わなかったけど
 
主人に1年お疲れ様の新しいマフラーを織って
 
お正月の飾りもこじんまりと飾って
 
編みかけだった散歩用の帽子も編み上げ
 
yakumoの散歩に追われる日々と
 
そして今年最初の織はまたヂャンティ織り。
 
 
そして風邪をひいている間にブログのお誕生日も過ぎました。
 
2008年からだからもう長いね〜
 
出来れば今年もポツリポツリと綴っていきたいなと思ってます。
 
 

開く コメント(16)

サヨナラ実家

遂に明日実家がなくなる
空っぽにするためにこの2ヶ月片付けてきたけれど、本当に空っぽになっちゃったら淋しくなるな…
父のマンションから最後に見る夕焼けが綺麗で良かった〜

イメージ 1

開く コメント(14)

開く トラックバック(0)

変なこだわり

 
 
下の写真を見て何か気づいた人は私のことを熟知してるか
 
私に似たこだわりを持った人かも
 
ちなみに主人に見せても全然ピンとこなかったみたいだけど・・・
 
 
 
イメージ 1
 
 
 
私の変なこだわりは『色の統一感』
 
花壇も色分けしてお花植えてるし
 
洋服ダンスの引き出しも色ごとに分けて入ってる。
 
↑上のiPhoneのアイコンも使用頻度とかは関係なく、色分けして並べてます。
 
誤作動で順番が変わってたら「いつもと順番が違う」と大騒ぎ。
 
別に1ミリ曲がってるとかそこまでのこだわりはないんだけどね〜
 
 
 
皆さんは自分だけの変なこだわりってない
 
面白いエピソードあったら教えてね

開く コメント(14)

開く トラックバック(0)

考えさせられた本

先日図書館に行った時に2度目の出逢いをした本があります。
 
1度目は2年くらい前かな?本屋さんでタイトル見てなんとなく手に取り
 
パラパラっとページをめくりながらかなり衝撃を受けた本。
 
ずっとこの本の存在は頭の中に残ってて、本屋さんで探したこともあったんだけど
 
その時は見つからず、でもまた偶然図書館で出会いました。
 
 
 
イメージ 1
 
 
開いてすぐに書かれている計算式
 
20年×6日間×11時間=1320時間
 
これの内容はね
 
親と離れて生活している場合。
 
1年間で親に会えるのはお盆とお正月で6日位。
 
6日といっても1日のうちに親と一緒にいる時間は11時間位。
 
そして親が仮に60歳として80迄生きるとしてたら20年。
 
それで上の計算式が出てくるんだけど
 
親と一緒に過ごせる時間はたった55日。
 
親子の人生は余命2ヶ月足らずの短さ?ってことになるって書いてあって
 
そうやって改めて数字で示されると絶句しちゃうでしょ。。。
 
 
 
本文は残りの55日にちなんで
 
親にしてあげられる55のことが体験談を交えて書いてあります。
 
少し列記してみるね。。。
 
 
 
1、親の肩をもんであげる
 
2、母子手帳を見せてもらう
 
3、父とキャッチボールをする
 
4、親に手料理をふるまう
 
5、メールの操作を教えてあげる
 
6、親の背中を流す
 
7、孫を抱かせてあげる
 
8、親を海外旅行に連れて行く
 
9、親の好きな所を10個書き出す
 
10、余命宣告をするべきか考えておく
 
11、我が家の味を教えてもらう
 
12、家族が集う日を決める
 
13、親の初恋を聞く
 
14、親とケンカしたことを思い出す
 
15、家族そろって記念写真を撮る
 
16、親と一緒に酒を酌み交わす
 
17、自分の誕生日に親へプレゼントする
 
18、両親を思い出の場所に連れて行く
 
19、お袋の料理を喜んで食べる
 
20、親が買ってくれて嬉しかったものを話す
 
21、携帯電話で親の写真を撮る
 
22、父に腕組みしてあげる
 
23、親子でショッピングに出かける
 
24、親と一緒にアルバムを見る
 
25、親の夢を聞く
 
 
50、親のビデオを撮っておく
 
51、親に花をプレゼントする
 
52、親の髪を切ってあげる
 
53、親の名前を改めて書いてみる
 
54、親にありがとうと伝える
 
55、親に会いに行く
 
 
 
これはあくまでいろんな人から集まったエピソードを素に作られた55のこと。
 
家族の数だけ違った55のことがあるはず。
 
でもそれもそんなに特別なことじゃなくって
 
親子で歩いてきた道を改めて思い出したりして
 
そんな時間を共有することが大事なのかな。。。
 
親子の人生は今親が健康であっても
 
今もしも闘病中の人もそう残されてる時間に大差はないのかも
 
そう思うとどんなことでも良いからできることはして
 
悔いのない時間を過ごさなきゃとしみじみと考えさせられる本でした。
 
まあ親子の人生だけじゃなく自分の人生すべてを
 
そうやって大切に過ごさなきゃってことだよね
 
 
 
 
 

開く コメント(13)

開く トラックバック(0)

*薔薇風呂*

お隣のバラ園から先週バラのおすそ分けがきました
 
明日は雨と言う夕方にザルを抱えてバラ摘みをしていたお隣さん
 
そんな横を私がワンコ散歩に出かけようと出てきたものだから
 
「minamiさんも薔薇風呂する」と声を掛けてくれて
 
ワンコのお散歩から帰ってきたら
 
玄関先にケーキの箱にいっぱい詰まった薔薇のお届け物が。
 
 
 
 
イメージ 1
 
 
 
まだまだ綺麗に咲いてる薔薇
 
勿体ないから大きなボールに水をはってその日は飾って
 
次の日に贅沢にたっぷり花びらを入れて
 
酔いそうなほどのバラの香りに包まれて
 
薔薇風呂を楽しみましたよあ〜楽しかった
 
 
 
イメージ 2

開く コメント(18)

開く トラックバック(0)

全17ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事