徒然ブログ

いつも御覧いただき誠に有難うございます。誠に申し訳ございませんが更新は不定期とさせていただきます。

全体表示

[ リスト ]

最初に言おう、2012年の「人工的に起こされるアセンション」は、ユダヤ世界支配層が米軍のプラズマ兵器を使用して行う人類削減計画のスタートでもあるかもしれないのだ。

近年において巷間されている「アセンション」は、次元の上昇という意味であるが来年の2012年末に地球自体が次元上昇すると言われてる。

これは「フォトンベルト」と関係があるといわれているが、このフォトンベルトは宇宙に存在するとされる巨大なエネルギー空間で、銀河系を跨ぐ形でドーナッツ状に分布しているという。

太陽系は約2万6000年の周期で銀河系を回転しているので、1万1000年ごとにフォトンベルトに突入し、2000年間その中にあると説明されています。この2000年の周期にすっぽりと入るのが、2012年12月21日になるというのです。

この日はマヤ暦が終る日であり、太陽活動11年周期の極大期に当るので、やはりこの年に何か宇宙的な災厄が起きるといわれています。

実は、フォトンベルトの存在が初めて言及されたのは1981年のことで、「フォトンベルト・ストーリー」という一文がオーストラリアのUFO研究会の雑誌に掲載されました。

記事を書いたのはシャーリー・ケンプという女子学生でした。約30年前のことですが、ただの学生が書いた怪しげな記事が、其の10年後にオーストラリアの雑誌「ネクサス」に再掲されたことで脚光を浴びたのです。

フォトンベルト(Photon Belt)とは?2012年12月23日、地球はフォトン・ベルトに突入し、その時に電磁波により、地球に色々な反応が出て、人類は光の世界に包まれ魂の世界に次元上昇するというわれている話で、マヤ文明のカレンダーの最後の日がこの2012年12月23日で終わっている事や、ホピ族の予言とも一致しているとも。

「フォトンベルト・ストーリー」は、チャネラーのバーバラ・ハンド・クロウらによって、「アセンションという地球が次元上昇することである」と結びつけられるようになりました。

このような情報の大半はチャネラー(霊媒)によってもたらされ、其の殆どが一様に似た内容を主張していることから、チャネラー自身が何か「霊的堕天使(悪霊)」に憑依または支配されていることも考えられる。

チャネラーは、彼らが目論む情報を伝えるために一種の霊媒の役割をしていると思われますから、予言めいたことは当たるかもしれないが、宇宙規模の大変動においての信憑性は極めて少ないのが実情である。

確かに、霊界の地獄的下層地域と現世との境界線が希薄化している現象は否定できない。其の上、太陽系が、遙か彼方の恒星の超新星爆発で発生したビルケランド電流の一種である「プラズマ・フィラメント」に接近しつつあるから太陽活動が激化し温暖化が加速していることも考えられる。

アセンション系や5次元系の本で紹介されている「マシュー君」は、もしかしたら堕天使の部類かもしれません。巷間されているアセンションへの過程や定義は様々だが、それら纏めるとこうなる。↓

* * * * * *

1、現代の物質文明はまもなく終わりを迎え、地球と人類は次元アップを行うことになる。その期限は2012年12月22日となるようです。

別な表現をすれば、この度の地球の次元アップというのは、人類の大半が地球という学校を卒業し霊的に昇華することを意味している。

2、現代文明の終焉は人類社会が過ちを犯したため(神から罰を受ける)というわけではなく、宇宙の周期としてそのように定められているためである。

3、しかしながら「終わり」に至るまでは、聖書などの予言にもあるような「終末現象(巨大地震や洪水などの天災、及び内乱やテロなどから戦争になる人災)の様相を呈することになる。

4、私たち人類は「終末現象」を恐怖で迎えることがあってはならない。それは素晴らしい世界に移行するための「産みの苦しみ」だからである。

5、ただし、全ての人間が地球と一緒に次元アップするわけではなく、新しく生まれ変わる「自然と調和した地球」に波長が合わない人間は、終末現象の中で取り残され、大天変地異によって肉体の死は避けられないと思われる。

6、地球の生まれ変わり(次元アップ)に大きな影響を及ぼすのが人類の集合意識らしい。人類が終末現象を目の当たりに見て恐怖心に覆われていると地球の波長が乱れるので、ますます大きな「産みの苦しみ」を経験することになるようだ。

7、厄介なことに、地球の次元アップを阻止しようとする勢力がこの地上に存在しており、その陰の勢力の頂点には別次元の悪の存在が君臨しているという。

8、世界のひな型といわれる日本と日本人は、終末において特別の意味と役割を持っている。私たちの心の持ち方次第で、世界の終末現象の内容が左右されることになるという。(だが、「日本人も飲食に不自由する事態を経験する」という予言もある。)

9、これまで輪廻転生(生まれ変わり)」を繰り返し、そのことを通じて生き方を学んできた現人類は、ここで卒業組と落第組に分けられ、卒業組のみが次元アップした新しい地球の上で暮らすことになるようだ。しかも、新しい世界は神次元の世界(5次元?)になるという。(聖書や日月神示にその記述がある)

10、次元アップ出来なかった人間(魂)はどうなるのか、ということについてはまだはっきりとした確信がない。落第組は魂の波長が粗い別の3次元の惑星に移り、そこで再び学習をしていくという説もある。

11、どのような人間が次元アップするのかということについては、聖書や日本の神道系の神様からの予言で述べられている。言葉と食べ物、想念(心の持ち方)等が重要な要素を占めるといわれている。

12、つまり、肉体の波長を微細にして、そのまま霊界次元(5次元)に入っていくということである。そのためには、この物質世界(3次元)で身に着けた過度の欲望(物欲、名誉欲、権力欲、色欲など…)から心を解き放つことが重要になってくる。仏教の「即身成仏」も次元上昇を意味していた!

「光の子」になれないのはどんな人か?━━━ 各予言の内容から判断しますと、「光の子」となって新しい次元に行けるのは人類の1割〜3割程度かも知れません。預言によっては1%ぐらいだと言っているものもあります。

・・・それから、「習慣的に肉食をしている人」も波動が大変粗くなっていますので、新しい次元の世界に行くことはむずかしいと思っています。多分、体内に蓄積された牛や豚など高等動物の波動は、終末ぎりぎりの次元アップのときには体を内側から焼くような熱となって、大変な苦しみの原因となるという。

* * * * * * *

以上のような現象を伴うことが一般的なアセンションとされている。つまりは、アセンション現象の中には、光に包まれて次元上昇する際には多くの人々が死ぬ可能性も示唆されており、そして世界各地で戦争のような状態も含まれるという点だろう。ここに着目すると、違った視点が現れてくる。

ユダヤ支配層によって、聖書の記述を実現するための計画が練られているとしたらどうだろう。2012年を境目にして世界各地で戦争が計画されている可能性も高いのである。ユダヤ支配層は、中東での戦争の他に、極東でも戦争を行わせたいようである。それが「第2次朝鮮戦争」と「日中戦争」である。

今、日本の政権が鳩山・小沢、鈴木という親アジア派や親ロシア派の議員が次々と失脚させられ、親米派で中国に対して強行的な姿勢を見せるネオコンの前原外相や枝野官房長官が、現政権の主流派を形成していることは単なる偶然ではないだろう。

小沢元幹事長は消費税上げよりも全ての宗教法人への課税を以前から主張しているから、有数の巨大宗教も裏で動いてマスコミがヒステリックに叩いていることは間違いないだろう。

そして中国で来年は国家主席が変り、現在の経済政策を最重視し小沢元幹事長と親しい胡錦濤から、今度は失脚したはずの戦争肯定派である江沢民の派閥から「習近平」という、現在は副主席にいる者が中国の国家主席になる。これも何やら火薬の臭いがしてきそうな気配である。

中東では連鎖的に暴動が起きているが、これもモサドが背後で関与して策動している者がいる可能性が高い。民衆の反米感情が高まっていることから、其の反動でイランのようなイスラム主義へ回帰しっていくだろう。イスラム圏が再び団結してイスラエルやアメリカと敵対し、最悪の場合は戦争も辞さないような対立構図が出来上がる。

現在においては、世界情勢が急激に変化してきていることから、単にアセンションまで待つのではなく、もっとプラズマのことを知ることが重要だろう。最近になってわかったことは、プラズマとは条件によっては、我々人間の想像を遥かに超えた動きや効果を発揮するようです。

プラズマを箱に閉じ込めてから箱を開くと元の形を保持したまま空中を漂ったり、箱の上に付いたフタだけを開けると蛇のように出て床を這うこともあるようだ。

未知の文明もプラズマ科学をベースに造られると考えれるが、地球人類がプラズマをエネルギー源として普及するには、石油産業を莫大な利益の源として暫くの間は維持させておきたい組織によってマダ許されないのだと考えれます。

日本には「大気プラズマ」の権威である早稲田大学の大槻義彦教授がいます。彼はテレビのUFO特番などでUFOや超常現象の研究家たちに反論したり対峙しています。

彼は「オーロラ」「狐火」「人魂」「UFO」を始めとする空中を飛び回る不可思議な発光現象は大半がプラズマだという。大槻教授はプラズマを発生さるときに使用するのは志向性のある電磁波であり、実験ではマイクロウェーブを使用している。

マイクロウェーブは電子レンジに使用されているものでもある。論理的には志向性の高い電磁波を1点で交差させていくと次第にエネルギーが集中して高まっていくことでプラズマが発生する。

電磁波の向きを変えて交点を移動させるとプラズマも移動する。こうして空中で交点を移動させていくとプラズマが飛んでいるように見える。人工的なプラズマだけでなく、自然現象として大気プラズマである「火の玉」「人魂」には特徴があって、昼夜を問わずにプラズマは空間を自由に飛行する性質がある。

雨が降っていても強い風が吹いていても関係なく飛び回ることが出来る。飛行速度は、その場に留まっている状態であるゼロから光速をも突破するという。鳥や飛行機では不可能な急加速や急発進や鋭角ターンなど飛行形態は自由自在である。

急発進を更に早くすると瞬間移動したようにも見える。そして、1つのプラズマが2つや3つに分裂することもあり、複数のプラズマが1つに合体することも出来る。発光したり飛び回る場所は空中だけでなく水中や地中や物質の中や真空状態でもプラズマは発生したり飛び回ることが出来る。

驚くことにプラズマは物質を透過することも出来、幽霊のように障害物や壁を通り抜プラけることが出来る。プラズマが分厚い障害物や壁を通り抜けるということは、プラズマと壁は同じ空間を共有しているということでもある。

近未来のエネルギー源だけでなく、亜空間をつくり物質を通り抜けることも簡単に出来てしまうということは今後は更に注目されていくことだろう。当局がプラズナーの存在を知られまいとして様々な偽情報を流布してまで巧妙に隠蔽されてきたから世界中の人たちは存在自体も知らない。

だが、もはやHAARPさえも遥かに超える、都市を放射能を残さずに核爆発相当の威力で破壊し、震源の浅い地震を含めて場所を特定できるピンポイント攻撃を行える「プラズマ軍事システム」が完成している模様です。大槻氏が注目しているのは「プラズマ弾性体」という現象である。


2へ続く・・・

閉じる コメント(8)

顔アイコン

何でもありですからね!?

2011/3/1(火) 午前 11:35 [ ガッチャマン ]

顔アイコン

そうか、そういうことですか。ずいぶん前になるけど大槻教授のご著書は読んだことある、確か「あらゆる宗教奇跡はトリック」と言うようなものだった。
UFOについても、プラズマだとはあったがこんなに詳しくは書いてませんでした。
先生は戦前非科学的な信仰を国家が事実のように推し進めたことがあの敗戦だったとの反芻から科学の道を志された、ということでした。

2011/3/1(火) 午前 11:55 [ 栓次郎 ]

顔アイコン

こんにちは、ほねつぎ様。コメントいただき有難うございました。仰る通りで、ユダ金の連中は自分たちの目的のためなら何でもありですからね。トラックバック先の記事は勉強になりました。やはり例の如く細工がしてあるようですから怪しいですね。

2011/3/1(火) 午後 6:21 [ hideチーフ ]

顔アイコン

こんにちは、コメントいただき有難うございました。栓次郎様、大槻教授の本を読まれたのですね。僕は、かなり以前に大槻教授の「球電」の本を図書館で読んだことがあります。正式な題名は忘れましたが、其の時にプラズマの存在を始めて知りました。

>先生は戦前非科学的な信仰を国家が事実のように推し進めたことがあの敗戦だったとの反芻から科学の道を志された
そうだったのですか、其れは今まで知りませんでした。気合や精神や神風では戦えませんからね。

2011/3/1(火) 午後 6:27 [ hideチーフ ]

顔アイコン

こんにちは、MIKI様。この度はファン登録いただき有難うございました。今後とも宜しくお願いいたします。

2011/3/13(日) 午後 3:44 [ hideチーフ ]

顔アイコン

ああ それより 東海地震で原子力破壊されたら 東海から大阪は放射能でやられます 自国が1番危険ですが 何か 第二次世界大戦は事実上日本は 破産していました ドイツはすでに債務超過ですが何か??国際連盟脱退は不況で軍部の娘でも 身売りにだすくらい日本人自体は困窮していたのである 戦時中に日本もドイツもこっそり デフォルトしていた 石油ないお金ない政府悪いで 日本は戦争にむずから向かいましたが・・

2011/3/20(日) 午後 1:18 [ isn ]

顔アイコン

こんにちは、もん様、情報提供いただきありがとうございます。以下、いただいたコメントを保存します。

ああ それより 東海地震で原子力破壊されたら 東海から大阪は放射能でやられます 自国が1番危険ですが 何か 第二次世界大戦は事実上日本は 破産していました ドイツはすでに債務超過ですが何か??国際連盟脱退は不況で軍部の娘でも 身売りにだすくらい日本人自体は困窮していたのである 戦時中に日本もドイツもこっそり デフォルトしていた 石油ないお金ない政府悪いで 日本は戦争にむずから向かいましたが・・
2011/3/20(日) 午後 1:18 [ 11 ]

2011/3/20(日) 午後 1:31 [ hideチーフ ]

顔アイコン

個人的に気づいた事ながら、

こんなものを引き起こして助かりたい連中こそ、
真っ先につぶれる、あるいは悪魔の元に入る
のでしょうね〜

2011/4/25(月) 午前 2:00 [ 青カリ ]

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事