徒然ブログ

いつも御覧いただき誠に有難うございます。誠に申し訳ございませんが更新は不定期とさせていただきます。

全体表示

[ リスト ]

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
十字軍は12世紀初頭辺りから13世紀の後半まで、キリスト教の聖地であるエルサレムをイスラム勢力から奪還する名目で7回の大規模な軍事遠征が行われた。
 
だが、実際に行っていることは当時は高度文明地域だったアラビア圏に、封建制の中世期から徐々に目覚め始めた欧州人が金銀財宝を目当てに侵略軍を送ったことである。
 
其の十字軍の他にも、多くの「ならず者たち」や「窃盗グループ」が徒党を組んで西アジアへ向かって進入し略奪を行いました。
 
 
其の略奪戦争によって持ち帰った品々の多くが、嘗てのギリシャ文明に通じる文化的なデザインの品々が多かった。
其れを見て欧州人は、昔は素晴らしい高度文明が欧州にもあったじゃないかと気付き、西アジア貿易で莫大な富を蓄えた大富豪が誕生すると共に、西洋資本主義が勃興してルネッサンスへと向かっていく。
 
だが、西洋資本主義が極限まで腐敗して末期現象を迎えている現在、これが巡って再び中東への略奪戦争を行っている。
 
米国は世界最大の多民族国家であるから、テロやゲリラの呼応する国内勢力が多く存在しているので、国民を団結させるためには「自由と民主主義を広げる」という名目で戦争を行ってきた。
 
米国式の「自由と民主主義」が正義であるとされ、従わない国々は独裁国家だの悪の枢軸だと糾弾される。
だが、米国内で経済格差や言論弾圧が急速に拡大していくと、自由と民主主義というのは嘘なのではないかと国民が思い始めるから、デモが頻発し直ぐに暴動に向かう。
 
欧州も同様だが、米国は略奪資本主義へと回帰していく。資本主義の原点が十字軍での略奪品の荷揚げ港として栄えたベネチアであり、大富豪の拠点がフィレンツェでした。
 
金融資本主義が極限まで腐敗していくと国民がらは多く搾り取れなくなるので、元手を獲得するために手を替えて略奪戦争を起こす。
 
今度は略奪する相手が減っていくと次第に米国内でも資産の奪い合いに回帰していく。要するに、国内で共食いになっていくことで、更なるスパイラル的に米国経済は崩れていく。
 
やがて、社会構造の真実に目覚めた人たちが蜂起し各地で内戦化へと向かうでしょう。既に内戦化へと向かう前段階の兆候は現れています。
 
既に国内で共食いしているから、国としては信用されなくなるし、誰も取引したいとは思わなくなるから経済力も落ちていき徐々に通貨も下落していく。そして、時代遅れな米国製品を欲しがる者が減っていくことで更なる経済衰退に見舞われる。
 
そこで、米国議会で可決した法律を諸外国に適用できるように画策する。TPPの中にはISD条項など其の狡猾な案件も入っている。
 
結局は資本主義は十字軍の時代のように原点回帰し、再び略奪主義へと戻る。既に其の現象は多くの人たちが気付き始めているのです。
 
911同時多発テロに対して、直ぐにアフガニスタンへの空爆の必要性を言ったブッシュJrは、この戦いを「十字軍である」と言った。
 
実は其の十字軍は表向きではエルサレムの奪還だとされているが、実際にはアラビア地域への略奪侵攻戦争であったことは世界史を齧った者なら周知の通りです。
 
つまり、アフガニスタンの空爆〜イラク侵攻とは、まさに略奪戦争なのだと自分で白状しているようなものです。この背景に見える米国が抱えた複雑な問題がある。
 
 イングランド・アイルランド・フランス・オランダ・イタリア・ドイツ・ポーランドなど、他にも多々ありますが、主に欧州の様々な国々から集まった棄民および犯罪者や迫害された被差別民などの移民によって出来たのが米国です。
 
またアフリカから何の罪も無い人間を誘拐し、彼らを家族から引き離して強制連行し、勝手に米国へと連れて来て奴隷として売買した。
 
だから、1776年の建国から年月が浅く、マダその多様性から生じる成熟度合いからすれば程遠いのが実情でり、荒々しく粗雑で野蛮で洗練されていないのです。
 
中世期を1度も経験していないことから来る傲慢さもあるでしょう。米国人のアイデンティは「自由と平等と人権」と独立宣言に書かれていますが、其の全てが実際とは程遠い虚構に満ちた現実が横たわっています。
 
其れは人工的なスローガンに等しく、主としてユダヤシオニスト支配層のためのものです。このスローガンと化した理念を掲げていても、出自の異なる多民族の相手に対する極度の警戒心や多民族なら騙しても心が痛まないといった狡猾さが欧州から引き継がれて増長している。
 
個々が競い合うことで全体として大きな力量が発揮出来れば良いという理想を掲げるのは勝手ですが、現実には日本よりも遥かに不正や癒着が跋扈する不平等な社会であって、「良い意味の競合」など行われていないで其の多くが予め仕組まれた茶番劇で満ち溢れている。
 
米国人が極度に怖れるのは、自分たちのアイデンティティが壊されるような異質な文化を持つ対象に対してです。自分たちの人工的な理念が通用しない相手には凄まじい警戒と恐怖を抱く。
 
つまり、自分の主体性や社会の役割を見失って不安定化に向かうことを怖れている。移民から構成された彼らは、アメリカという新しい国家を拠り所にしていなかればならず、そうでないと自分たちの存在意義が保てないのでしょう。
 
米国では幼稚園児の頃から星条旗に忠誠を誓わせるといいます。そして自由と民主主義を広げることが米国の使命だと教えられます。其れこそが他国への過干渉だということに気付いている米国人は少ないのが実情です。
 
建国時から頼れるのは自分だけという、極めて過剰とも思える自己中心的な信念を増殖させてきた。裏で不正を行っても成り上がった者が勝ちという、歪んだルールの中で自己中心的な欲望を剥き出しにした者が出世する社会。
 
其れに常にイギリスやフランスなど嘗ての宗主国の干渉を撥ね退けて再植民地されないように軍事力の増強に邁進し、其の実力を嘗ての宗主国に見せ付けることで、自国の独立を確固たるものにしようと突き進んできた。
 
このような再植民地されることを常に念頭において常に意識した強迫観念と、植民地からの独立戦争に起因した数々の捏造事件を起こして独立の維持を勝ち取ってきた。
 
そうした数々の捏造事件をデッチ上げてきたトラウマを、未だに米国は十字架を背負うように引きずりながらも、もはや其の手段しかないかのように継続して行っている。
 
だから、欧州に対しての他にもアジアやアフリカ諸国といった世界中に自分たちの凄さを見せ付けるために、常に「アメリカが一番強い」と主張し続けていなかれば心の休まるときはないようでもあり気が済まないとも思える。
 
だから、財政が逼迫しているにも関わらず「アメリカは強さは永遠だ」「アメリカは偉大だ」「アメリカは裕福だ」と言い続けなければならない。
 
日本人の価値観では其れは「夜郎自大」と言うが、国家としての歴史の浅い彼らの存在意義が、絶えず自己肯定と自己肥大を認識していないと、欧州からの棄民と
犯罪流刑地と迫害された被差別民で構成された移民という先祖の劣等感と、英仏から受けた熾烈な搾取と過干渉と抑圧の歴史から目を逸らさないと開放されないトラウマが、潜在的に現在まで根底にあるのだろう。
 
ならず者たちだった移民と強制連行された民を始め、世界中からの移民の増殖で多民族の坩堝と化し、更には嘗ての被差別民の異民族によって上層部が支配された国家という劣等感と、未だに開放されていない様々な歴史的トラウマを日本人も理解する必要があるでしょう。
 
嘗て受けた仕打ちを根に持ちながらも、其の矛先を宗主国ではなく脅威の対象や資源国や弱い国に向けられている矛盾。このように他国へと行う覇権帝国主義に突き進み、現代に蘇ったローマ帝国を自認するまで傲慢化している。
 
其の傲慢の態度とモラルや道義を省みないで、嘗ての宗主国と連携して他国を略奪のために攻撃し続けることに、米国は最大の喜びを見出しているようにも思えてくる。
 
昔に散々虐められていたのに、今度は其の虐めっ子と一緒になって自分たちより弱い国を傘下に置くように封じたり、急成長して脅威となった国を叩き焦土と化して其れ以降は隷属させ、資源国から様々な手段を高じて叩いて略奪してきた。「ほらほら、見て見て!こんなにも俺は強くなったんだよ」と言わんばかりに。
 
其の姿が私たち日本人からすれば、凄く幼稚に感じて哀れに見えてくる。日本という国が世界最長の歴史が継続し、其の長い期間に渡って蓄積された上に存在しているということを現代の日本人の大半は当たり前に思っているようですが、これは世界史を紐解けば極めて稀な凄い事なのだと思って欲しい。

閉じる コメント(25)

顔アイコン

…続き。其の為にも時代に即した憲法の改正が必要です。戦勝国、特に米国の押し付け憲法でもある現在の日本国憲法ですが、憲法の前文には「諸国民の公正と信義に信頼して」とありますが、これは「日本以外の国は、全て良い国ばかり」ということです。
しかし、世界の現実とは互いに裏では腹黒いゴロツキ支配層が自己中心的な主張を突きつけたり戦略を練り互いに国益を衝突させているのが真の姿なのです。其れは日本が善良すぎるのだから仕方が無いかもしれませんが、主権回復には現在の日本国憲法が世界の実態と合うようなものに改正する必要があるでしょう。良い悪いは別にして、現在は皇紀2672年だそうですが、戦前までの大日本帝国憲法には皇紀の元号を用いて日本神話が数多く書かれていました。其の影響もあって挙国一致の概念が国民にも浸透しました。ですが、現在の日本国憲法は諸外国は全て良い国で正しいという概念であり、欧米に隷属することを課せられており主権がありません。日本国は、米帝国連邦の一部のようであり、英国と植民地から形成される大英連邦のように永続的に半主権国家のままであり続けるということを宣言しているようにも思えます。

2012/2/24(金) 午後 2:41 [ hideチーフ ]

顔アイコン

TPPは成功すると思いますか?

2012/2/25(土) 午前 0:00 [ あかさたな ]

顔アイコン

こんにちは、あかさたな様。そうですね、結論から言えば米国が主張しているような内容は完全には成功しないと思います。米国産の食肉が日本国内に増えてきているので、ある程度は少しづつ採用してきているのだと思われます。これだけ日本国内で議論が持ち上がり、国際政治に関心が無い人たちでも話題に上りましたし、其のTPP問題の影響で今になって米国の真の姿を知って世界情勢の現実に目覚めた人も多くいます。TPPに関する情報を細部まで知る人も増えています。与野党内や官界や財界を問わず対米隷属売国奴が多いますので判りませんが、日本政府が本格的に国益を重視する方向に向かい、今までの様にノラリクラリと返答していれば、切羽詰まった米国が痺れを切らして別の手っ取り早く収奪出来る方法を模索して放り出す可能性さえあります。そもそも、現在の米国は日本のおかげで国家として維持されているということ感謝することなく棚に挙げて、更なる狡猾な要求を付き付けています。ファラカーン氏が上記動画で言うように、いったい何様のつもりでしょうか。まさにゴロツキです。続く…

2012/2/25(土) 午後 0:10 [ hideチーフ ]

顔アイコン

…続き。米国の大手企業の窓口である米国通商代表部USTRが、年次改革要望書では埒があかないと考えて、都合よくTPPに乗っかって勝手に主導権を握って再起を図ろうとしています。また、日本人は多くの米国製品に魅力を感じなくなっています。実際、米国製品で欲しいものは多いでしょうか?コストコは人気ですが、今や大都市の店舗を閉店して郊外に移転しています。ですが、食べ物でも量が多過ぎて大雑把で意外と美味しくありませんし。
米国の歴史をみれば、弱小国との条約の多くが一方的に破棄されたり、相手国の了承を得ずに米国議会で勝手に書き換えて其の内容を強行的に押し付けてきました。
また、時代を遡れば、其の度に自分たちに都合よく態度を変え、先住民の土地に資源が見つかると其の土地を略奪するために、先住民と交わした数多くの条約や取り決めを勝手に全て破棄して彼ら先住民を蹂躙し殺戮してきました。よって交渉が長引けば、別の新たな恐喝方法を選択してくる可能性もありますし、現在の民主党政権の政策の多くを批判している共和党が次期政権になれば、今まで反対していた立場上では政策が多少は変わる可能性もありますから。

2012/2/25(土) 午後 0:12 [ hideチーフ ]

顔アイコン

返答ありがとうございます。
別の恐喝方法が何なのか気になりますね。
管理人さんは日本に奥の院はいると思いますか?いるとしたらどういう人間でしょうか?

2012/2/25(土) 午後 2:31 [ あかさたな ]

顔アイコン

こんにちは、あかさたな様。昨年の311大地震の直前に米国の破綻現象が本格化し一部で米政府機能が止まりました。また翌月の4月9日にも米国デフォルト騒ぎがありました。4月9日と4月11日にも大きな地震が日本でありました。1995年も米国は酷い状況でしたが、1.17阪神地震、3.20地下鉄サリン事件が起き、10月が指令書「年次改革要望書が送られるようになった。何か大きな要求を日本に通したいときに自然現象を偽装した攻撃が行われると思います。インドネシアのスマトラ地震も、イラク侵攻に派兵や援助協力しなかったインドネシアに報復したとも思われます。日本には幾つか存在すると思います。表ではナベツネや中曽根元首相などですが、1つはユダヤ金融資本と癒着した明治維新以降の既得権益者や大財閥の系統の家系、他にも、特に「裏の皇族」を形成していると思われる「八咫烏・ヤタガラス」の存在です。この八咫烏の紋章は暴力団として有名な山口組の紋章も八咫烏なので、もしかしたら表と裏であり昔のルーツは互いに近いのかも。南朝は幾つも「裏の宮家」が立ち、枝分かれしながらも脈略と皇統を継承し現代に至るのでしょう。続く…

2012/2/25(土) 午後 4:40 [ hideチーフ ]

顔アイコン

…続き。其の南朝の幾つかの裏の宮家が現在でも皇居に招かれ皇室から金銭面などでも厚遇を受けているようです。彼ら吉野地方に多いとされる南朝系の「裏の宮家」は、毎年2月5日に南朝の皇子を祀る「御朝拝」という名の儀式を行う際には周囲に多くの菊花紋が飾られても、歴代の与党や日本政府や宮内庁からは一度も注意や厳罰を受けたことは無いといいます。一説には昭和天皇も大正天皇の子では無いという話もあります、男子が病弱または何がしかの疾患を持っていた場合は南朝側の「裏の宮家」から皇太子を輩出したのかも。江戸時代、徳川家では将軍の子の男子がいない場合には、御三家や御三卿から選出されたことがあります。其れと似た役割として現在も彼らは「隠された宮家」として厚遇されているのでしょうね。しかし、昔と違っていることは現在はテレビや新聞などのマスコミが発達しているから「替え玉」は困難です。だが、自分が正統だと名乗り出て現在の皇室体制を揺るがさないように間接的に権力も継続していると思います。しかし、実際に現在の日本政治に大きな影響力を持つのは米国の「日本総督府」ともいわれる米国大使館内のCIAおよびNSAでしょうね。

2012/2/25(土) 午後 4:42 [ hideチーフ ]

顔アイコン

反ユダヤ金融資本派はプーチンがそうだと思いますが、日本にも反ユダヤ金融資本派
はいるのでしょうか?

そして彼らの勝利は近いのでしょうか?

2012/2/25(土) 午後 7:24 [ あかさたな ]

顔アイコン

其の他にも日本には明治維新以降から続く、長州と薩摩の田布施人脈が根強く残っています。TPPは農業だけでなく全ての分野に渡り金融サービス分野も対象としている。「米国は都合よくTPPを利用して郵貯マネーを奪いにきている。また、ユダ金の傀儡と化しているIMFは欧米の財政破綻と経済危機を少しでも表面上では緩和するために、日本が財政破綻していると糾弾している。それなのに、IMFは日本は消費税を17%にすべきだと内政干渉をし続けており、更に巨額をIMFに融資しろと圧力をかけてきていることから、其の言動そのものが極めて矛盾している。
反ユダ金および反新世界秩序派は主に、ロシアのプーチンを始めBRICs諸国、ベネズエラのチャべスやASEAN諸国やカタールなど一部を除いたアラブ諸国、大半のアフリカ諸国欧州ではスイスの国会議員の一部のようです。一般に57カ国連合ともいい、実際の数の上では反ユダ金の国家の方が多いことになります。つまり、欧米のマスコミなどが「世界」という場合、其の構成国はEU諸国や関係する欧州の国々、英国・米国・カナダなどですから、国家の数の上では少ないのです。続く…

2012/2/26(日) 午前 10:40 [ hideチーフ ]

顔アイコン

…続き。しかも、ユダ金も一枚岩ではなく、既に内部抗争が激化しています。D・ロックフェラーとブッシュ一味の石油利権派、英・米・仏のロスチャイルド系に原発利権派、ロックフェラーの手法にに反対する英国やスイスのロスチャイルド系一派などが其の時の都合などで原発利権派に歩み寄ったり距離を置いたりしています。また、J・ロックフェラーは叔父のD・ロックフェラーの石油利権派と原発利権派と反D・ロックフェラーの派閥と関係を持ち、其の時々で上手く泳いでいるようです。一進一退を繰り返しているので、マダ完全にはドチラが勝つか判りませんが、経済発展の度合いから言えば57カ国連合側が次第に優位になると思います。悲しい事に、日本の大手マスコミは欧米メディアの傘下に置かれている状況であり、ワシントン発、ロサンゼルス発、ニューヨーク発、ロンドン発、パリ発、ベルリン発、マドリッド発、ストックホルム発、など欧米のメリットを、米国の策略によって構築されたマスコミの広告を割り振る日本の大手広告代理店を通じて、欧米の利権を最優先した自己中心的な嘘を含んだ外電を優先して報道しています。この構造が日本人の目覚めを遅らせています。

2012/2/26(日) 午前 10:41 [ hideチーフ ]

顔アイコン

…続き。日本では、ユダ金側の方が判り易いと思います。息のかかった者も含めて与野党問わず多くいます。主に自民党の清和会(勝共連合)の流れを汲む諸派閥や無所属を偽装している議員の一部、清和会と上の指揮系統が同じである・みんなの党、民主党の凌雲会や花斉会といった派閥(現在の政権主流派)、主にTPP推進派ですね。社民や共産党の中にもいると思います。嘗てはユダ金側だったが、考えが変わった人もいますし、様子見の中間派も意外と多くいます。反ユダ金側は、国民新党の大多数、不審死の政治家や民主党の小沢・鳩山グループと同調する議員、つまり、主に激しいマスコミバッシングや特捜部が動いて縛る政治家や官僚などが挙げられます。反ユダ金の中には別の意味で問題のある人もいますし、自覚していない人もいるようです。こうなると欧米諸国の2大政党制と同様に、自民党や民主党の政党内に全く異なる政策を掲げる派閥が存在して、ドチラが政権を取ってもバッシングや特捜が動いてユダ金派が政権を握るように誘導され、与野党対立は茶番劇に思えます。民主党の凌雲会や花斉会と自民党の清和会と其の派生派閥が同じ政党になれば良いのですが。

2012/2/26(日) 午前 11:10 [ hideチーフ ]

顔アイコン

IMFについては財務省から多くが出向していることから日本がこれ以上叩かれ金を取られないためにわざと嘘を流して防衛しているということはないでしょうか?

2012/2/26(日) 午前 11:56 [ あかさたな ]

顔アイコン

こんにちは、あかさたな様。そうですね、仰るような事が行われている可能性を少しでも期待したいですが、世界銀行もIMFも事実上においては欧米の白人ユダ金らの管理下にあり、其のような事が堂々と出来るとは思えません。当時の自民党の中川昭一氏が財務大臣だったころ、財務省官僚やマスコミ記者らと一緒に欧州へ行き泥酔した中川財務相の酩酊会見が世界へ報道されました。同席していた財務官僚は其の後にIMFへ栄転したことから、彼は功績を称えられピックアップされたのだと思います。
植草氏も復興資金や社会補償費に増税ではなく米国債など外貨準備高を使えと言っているが、正に其の通りなのです。しかし、対米隷属の政治家が自己保身からくる「おべっか」を使って賞賛している。与謝野経済財政相は「米国債は世界中の人が欲しがっている債券。日本が持っている米国債もとびきり上等な債券だ」当時財務相だった野田首相も「米国債は我々にとっても引き続き魅力ある商品だ」 と米国債をヨイショする現代の政治家たちと真逆の考える金融トップがいました。続く…

2012/2/26(日) 午後 2:41 [ hideチーフ ]

顔アイコン

…続き。2008年G7財務相・中銀会議がワシントンで開かれたが、現在では故人となった中川昭一財政金融大臣は、其の場でゴールドマンサックス出身のポールソン米財務長官に対し、「金融危機を甘くみないで欲しい。今回、日本は米国を助けない。米国は今回の危機に対して、自国で処理する事を期待する」と発言した。彼は国益を重視して、自分の後始末は自分でやれ!という意味を言ったのです。また、金融危機を回避するために米国から数1000億ドルから1兆ドル規模の米国債購入を日本が強要されていたが中川財務省が米国債の買い取りを拒否した。追い討ちをかけたのが翌11日のIMFCでの発言でした。中川財務省はIMFに対して強気の発言を行った「日本は、自国の外貨準備(米国債)を使って、IMFに融資する用意がある」と1000億ドルの米国債の売却資金でIMFへ融資するとしたのです。つまり、増税など日本国民の負担を避けるために米国債を売ろうとしたわけです。続く…

2012/2/26(日) 午後 5:41 [ hideチーフ ]

顔アイコン

しかも、中川氏は欧米主体のG7だけでなく新興国の参加やIMFの傲慢体質を唱え続け、更にはで米国の放漫財政を批判した事も有名です。其の後にG20が実現しました。しかし、国士であるはずの彼が酩酊会見のイメージで有権者で嫌われ落選した。米国にしてみれば、これは米国の報復であり他の議員たちへの見せしめだったと思われる。また、米国債の売却による資金でIMF融資をすることに同意し署名した、当時のストロスカーンIMF専務理事は直後にセクハラ容疑で失脚してしまった。
2009年の10月に自宅で死亡が確認された中川昭一氏は、「日本は米国を助けない・米国は自国で処理する事を期待する・米国債の売却のを言及」といった米国の不利益になる言動をしてきた閣僚だった。父親の故中川一郎氏も、不可解な自殺という不審死を遂げている。泥酔状態の中川氏に世界報道されると判っている会見をさせた同席した財務官僚が国士とは思えません。詳細は、Wikipediaの「中川昭一」にも書かれています。

2012/2/26(日) 午後 5:44 [ hideチーフ ]

顔アイコン

こんにちは、内緒様。ご指摘のように、旧田中派の流れを汲む経世会の系統の政治家も問題がありますが、其の事ばかり指摘していては肝心なユダ金という世界情勢を混沌化させている諸悪の根源が見えなくなります。田中角栄は金権政治のレッテルを貼られました、其の意思を継いでおり、USTRの横暴に意見を言える数少ない政治家で小沢議員が同様に嵌られているのです。田中角栄は中国と国交正常化を成し遂げたことで米国に嵌められ失脚ましたが、だからといって経世会の流れを汲む議員の全てが中国への売国奴というのは早計ではないでしょうか。あなたのブログを拝見しましたが、中国への売国は指摘するが、米国への売国は指摘しないのは何故ですか。ドチラの国に日本人の資産が奪われたり多く流れているのでしょうか。ドチラの国が天文学的規模の莫大な財政赤字と貿易赤字を抱えているのでしょうか。続き…

2012/2/26(日) 午後 7:36 [ hideチーフ ]

顔アイコン

…続き。「ユダヤ陰謀論よりも中国共産党の陰謀の方が辻褄があう」との意見ですが、そう思っているなら極めて知識不足であり世界情勢に疎いというものです。あなたの言う其の考え方は、ある宗教もしくは組織の考えなのでしょうか。では、中国がドコの国を空爆しましたか?資源国に勝手に侵攻し空爆しているのはドコの国ですか?それとも、あなたはエセ右翼の言うような「中共の脅威」をいう事で視点を反らし、結果的には米国の利益誘導のために動いているのでしょうか。中共は一枚岩では無く、常に複数の派閥で互いに権力闘争を行っています。様々な問題は残されていますが、先ずは世界を混乱にしている元凶を指摘した方が懸命だと思います。57カ国同盟の影響力でユダ金一派が力を失ってから、其の後に中国の事を考え始めても良いのではないでしょうか。内緒ではなく其の事まで把握してコメントして欲しいですし、見当違いも甚だしいと思います。

2012/2/26(日) 午後 7:38 [ hideチーフ ]

顔アイコン

さっきまでnhkスペシャルをみていて思ったんですが、人は自分の都合を最優先する生き物だと思います。
これは、自己中心という思考だけでなく、自分が属する組織を有利にしたいと思うことがあります。
自分が働く会社や業界という言い方もでできますね。
その立場を守ろうとする考えが起きて、相手を非難したりすることもあると思うのです。
他にも、金持ちが他の人から搾取して極限まで蓄財しようとするのも似た感情だと思うのです。
不安定への恐怖とともに安心感を得たいという願望が共存しているとも思えます。
文章を書くのは苦手なので、取り留めのない内容になりましたが、人それぞれ立場があり考えも異なるので、意見の交換や刺激し合うのは良いですが、相手の考えも尊重することも大事だと感じます。
平等は理想ですが、発展も無い。経済発展すれば格差が生じる。そのジレンマの中で人間は生きていくのでしょう。

2012/2/26(日) 午後 10:08 [ バジルパスタ ]

顔アイコン

こんにちは、バジルパスタ様。そうででしたか、私もみました。仰る内容は良くわかりませんが、人間のサガは例え莫大な富を持っていても、更に無限大に富を欲しがる生き物だということでしょう。でも、大量発行すれば価値は下がりますので、ハイパーインフレとなりますし、巨額を貯蓄して流通させないようにしてしまう人もいます。通貨制度にの浸透によって格差が生まれてしまうのは仕方ありませんが、無限大に欲しがったり其の資金で他人を支配したいと考えるのは、もはやモラルの欠如ではなく腐敗だと思います。番組内で1つ救いがあるとすれば、目の前にいる人など身内に対しては大きな格差が出来ることに後ろめたさが生じたり平等意識が芽生えたことです。しかし、アカの他人に対しては其れが発揮されないのは、まさに現代社会を暗示しているように感じました。続く…

2012/2/28(火) 午後 3:39 [ hideチーフ ]

顔アイコン

…続き。しかし、其の気遣いや優しさがアカの他人に対しては全く発揮されないのは、まさに現代社会を暗示しているように感じました。

>意見の交換や刺激し合うのは良いですが、相手の考えも尊重することも大事だと感じます。

これは内緒様への返答コメントに対してのご意見だと思いますが、確かに相手の意見も尊重することは必要だと思います。ですが、世界に様々な悪影響を及ぼしているのは欧米ではなく中国共産党だという内緒様の主張は、世界情勢について見当違いも甚だしいと思って説明したのであり、決して怒って相手を貶したり叩いているわけではないことを、ご納得いただきたいと思います。

2012/2/28(火) 午後 3:44 [ hideチーフ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事