徒然ブログ

いつも御覧いただき誠に有難うございます。誠に申し訳ございませんが更新は不定期とさせていただきます。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

 
 
 
 
 
        911サウスタワーのトンデモ映像―911テレビ画像捏造(疑惑)映像
        http://www.youtube.com/watch?v=9vIR0uaDSuA&feature=player_embedded
 
 
「崩壊する世界経済と新世界秩序の実態」3/5 (世界政府・新世界秩序編)
 
「崩壊する世界経済と新世界秩序の実態」4/5 (CFR・FRB・BB編)
http://www.youtube.com/watch?v=GieEA5sJQsI&feature=related
 
 

9・11テロとその後のアフガンとイラク戦争で亡くなった何の罪もない犠牲者の方々に哀悼の意を捧げます。2001年の9月11日、誰もがわかるような形で「闇の世界権力」が姿を現しました。それがあのNY同時多発テロです。
 
「世界統一政府を目論む超富豪たち=国際金融資本家たち、即ち「政・官・財」のトップが加盟しているCFRと其の上部団体であるRIIAが、9・11テロ捏造を引き起こしたのです。
 
世界で起きている諸悪の根源はココです。イルミナティやフリーメーソン、それに全くのデタラメ嘘情報であるレプテリィアンなどの撹乱目的の情報に惑わされてはいけない。
 
遠隔操作の飛行機、放射能を残さない純粋小型水爆でビル解体、火事場泥棒の金塊奪取、巨額のインサイダー取引、マスコミの箝口令、消された記録、告発者たちの不審死…黒幕たちの正体を暴露。
 
世界貿易センタービル、ペンタゴン、シャンクスビル、これらの犯罪現場をつぶさに分析すると、政府発表の「アラブのテロリスト犯行説」は大嘘です!事実をつなぎあわせていくと、真犯人が浮かび上がります。政府、軍、マスコミ、国際金融資本、彼らがグルとなって長期的に計画した、9・11同時多発テロの全貌をお見せします。
 
今、世界中で引き起こされているテロや戦争は、この「ユダヤ国際金融資本家」が発端になっていることが非常に多いのです。世界の危機的な状況・アメリカ政府の行い…どうやらすべては一つの線でつながっているようです。
 
巷のメディアでは各論や総論が報道されていますが、起きた事件等を部分的に検証したところでは本質は見えてきません。日本では戦後からGHQがマスコミ報道をコントロールしており、現在ではCIAの指令で偏った情報で国民を洗脳しているので、どうしても表面的な部分の問題ばかり見てしまいます。
 
大衆が部分的な問題しか見えない理由は、マスコミ情報を妄信し洗脳されている証拠です。様々な規制や圧力を受けたりしていて無理を承知なのですが、各種の報道機関には「本当の原因はどこから来ているのか?」を考え、真実を報道して欲しいと思います。
 
「NY同時多発テロ」で、あの2機のボーイング機は無人の遠隔操縦の飛行機です。見たり、乗ったりしたことのある方なら皆さん知っていると思いますが、あれらの航空会社の旅客機は濃いグレー色の機体ではありません!ペンタゴンにはミサイルを撃ち込んだのです。飛行機なんか落ちていません。
 
ハイジャックされた飛行機が高度を飛ぶのと同じスピードの時速850キロで、こんなに超低空飛行で突入できるはずもありません。穴だけあいているし。飛行機の破片や乗客の死体は何も落ちてないしね。ジェット燃料は灯油に近い成分なので、一瞬にして機体や人間が蒸発する訳がありません!
 
連中は、アメリカ南北戦争、第1次世界大戦、第2次世界大戦、朝鮮戦争、ベトナム戦争、湾岸戦争、アフガニスタン侵攻、イラク戦争、世界各地で頻発するテロ行為、世界中へのグローバルスタンダードの押し付け、金融資本主義の拡散、各国の中央銀行への介入、彼らにとってはこのどれもが人類支配するための道具であり、大衆から富を巻き上げる絶好に機会です。
 
これらを周期的に繰り返し策動すると同時に、何も知らずにパニックに陥った大衆に「偽の救い」を提案するのです。国連もIMFも世界銀行も彼らの一味です。
 
9・11同時多発テロほどの大惨事が、事実を歪めて報道されている現状には、驚くと共に憤りを覚えます。既に知っている人も多いと思いますが、この世紀の大事件の真相を少しでも多くの日本人に知ってもらおうと一念発起した。
 
現在9・11同時多発テロの真相については、アメリカ政府の自作自演説(内部犯行・インサイドジョブ)を取り上げた本が日本でもいくつか出版されているようです。
 
日本の一般人の中でも、アルカイダが犯人ではないとする考え方が広まりつつあるようですが、細部になるとまだ知られていないのが現状です。事件の直後から政府発表の「アラブのテロリスト犯行説」とは大きく矛盾する、現場の状況が指摘されていました。

しかし、政府の徹底的な証拠隠滅と関係者に敷かれた厳しい箝口令によって、実際に何が起きたのか現在に至っても未だに殆どの事が解明されずに隠蔽されていることが多いのです。
 
世紀の国際的大犯罪を密かに計画し、堂々とやり遂げてしまったのが、あの「9・11同時多発テロ」だったのです。私たちは氷山の一角のように海面に出ているわずか3%のことしか知らされずに生きています。
 
私たちが、海面下の97%を知ることで、地球上の人類に君臨し続けている「ユダヤ国際金融資本家グループ」の基盤も消えてしまうのです。
過去に米国が、敵国にしたい国の表側と裏側で工作員とスパイを活動させ、戦争・紛争等を作り出してきました。そのほとんど全てが、自国の軍需産業の利権による戦争経済活性化やエネルギー利権の略奪目的のための侵略戦争だったことがわかるはずです。
 
様々な工作員やスパイを使っても、ターゲット国が其の挑発に乗らなかった場合は、今度は米国自身によって自作自演の捏造事件をでっちあげて、それをいかにもターゲット敵国の仕業と世界中に喧伝し、自国や同盟国の民衆を騙し、表向き「正義のための戦い」ということにして、極悪非道の『侵略戦争』に踏み切るという手段を数多く繰り返してきました。
 
この例は過去数え切れないぐらいあり、米国が侵略戦争に使う常套手段なのです。これでも「米国は世界最大の脅威国・テロ国家」でないという人がいたら、それはテレビや新聞等のフィルターを通した情報だけを鵜呑みにしているだけですので、早急に世界の真実に気がつくことを希望します。
 

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事