【RINDOW 別館】 〜癒し系・音楽・画像+α 役立つ情報〜

当ブログ【別館】は、癒しのMIDI・画像・詩、リラクゼーションコーナー満載♪医療検索・他、お役立ち情報は【本館】でどうぞ♪

◇第二章 【cherry】

[ リスト | 詳細 ]

■□■ あなたへの物語 ■□■

【かけがえのない人の命をどう受け止め生きるのか…】




◇Original Story …◆畋萋鷯蓮cherry」】

※第一章「紫陽花」含む。

あのとき───

絶え間なく続く壮絶な「痛み」を越え、

振り絞るようにして叩いていたキーボードは

命を繋ぐ為に耐えた 薬の量よりも 

貴女の腕には 遥かに重かったに違いない…。


【RINDOW/本館】はこちらからどうぞ♪入口


【YouTube動画、及びMIDIの音源等の視聴に関するお願い】

Yahoo! 運営側のブログ機能の制限により、

You Tube動画、MIDI音源等の添付アップができなくなり、

ブログ内での視聴は不可となっております。

視聴されたい方は、お手数ですが、

記事内で紹介させて頂いているアーティストの楽曲、

又はMIDI音源元のサイトに

直接アクセスして頂きますようお願い致します。


RINDOW 本館/別館 :管理人 ビードロのお夾

記事検索
検索

全1ページ

[1]

イメージ 1

※先に、↑上記の記事/第一章「紫陽花」を読んで頂いてから、下記を読んで頂くと
 「紫陽花」の詩をご理解頂けると思います… m(_ _)m




  ★第二章『cherry』 〜「紫陽花」その真実 〜



  第一章の『紫陽花』という詩には
  実は、モデルが存在します…。

  ニックネームは、cherry ─── 。

  そう…。
  彼女が好きな香水の名前だったということを
  もっとあとで 私は知ることになります。


 「メッセンジャー」で立ち上げた『RINDOWの部屋』で、巡り会った友人でした。

  画面の向こうで必死で治療に耐えながら、こんな私と

  会話を続けてくれた彼女は16の歳で「骨肉腫」という重い病で

  大切な足を手術によって切除した想像を絶する経験をしてきた人でした。

  最初の手術で、彼女は死の危機を免れ…

  それから間もなく、彼女は素敵な方と幸せな結婚をしたと聞きました。


  彼女は高校時代、野球部のマネージャーでした。

  ご主人は野球部の先輩で、花形の選手でもありました。

  幸せな時間は、またたくまに過ぎていき

  再び彼女は病院に入院しなくてはならなくなりました…。

  そう…。ガンの再発です。

  転移した箇所は、彼女がかつて足を無くした、すぐ近くの部位でした。

  入院生活の方が長くなってきた頃

  病室からアクセスしてくる彼女のメッセージに気づき

  私達はその日から「友達」になり交流を重ねました。

  「手術後、久しぶりに入浴して出てきた時、足を拭こうと思って

  思いっきりタオルをあてたら…その勢いですってーん!こけてもた!」

  その時、つい、「(≧∇≦)顔文字」を書き込んでしまった私に彼女は

  「おーい!おっかさん!今、笑うとこじゃないぜ〜(苦笑)」

  「・・・あー!!ごめんごめんなさい!cherry!ごめーーーーん!!」

  「いいよ〜。^^」

  「ぼうっとしてしまって間違った顔文字打ってしまったー!」

  「だから、いいってー!笑 ヾ(・・;
   そっか…もう足が無かったんだよなー。右足。…ってさ。(*^O^*)」

  「ごめん…(T_T)cherry…。」

  ほんとうに…大失態でした。その次の瞬間、

  もう私の目から涙があふれて止まらなくなりました。

  パソコンの画面の前で、あんなに号泣したことは一度もありませんでした。

  私は… 「。・°°・(>_<)・°°・。」としか打てませんでした。

  メッセンジャーに音信が途絶えたのを見て彼女が気づき

  「泣いてくれるな…おっかさん!(≧∇≦)」

  その一言と笑った顔文字を観たとたん

  私はもうキーを打ち続けることができなくなってしまいました。


  二ヶ月もしないうち…季節は冬。

  クリスマスが過ぎてあわただしい年の暮れに一通のメールが届きました…。

  「cherryがクリスマス・イヴの夜に静かに命を閉じた」と ──── 。

  ネットの共通の友達から聞かされ愕然としました。

  どこの誰かもわからない友との別れ…と、同時に

  自ら自分の命を絶った友人たちの「死」が一気に噴出しました。

  何年も忘れていた…いや、忘れようと努力していた私。

  初めて味わう「病に倒れた友の死」───。

  しばらく放心状態のまま 立ち直れませんでした。


  さらに…彼女のご主人が私の事を探していた、と知りました。

  彼女のノートパソコンを通して話し掛けてきたご主人からのアクセスでした。

  彼女はいつも、ご主人に私の事を話していたと。
   
   「あなたのことはいつも家内から聞いていました。

    最期まで、あなたの事を話していたんですよ。

    家内の話相手になってもらって、本当に有難うございました。」

  そして…

   「彼女は僕の かけがえの無い宝物でした ──── 。」と…。

  ご主人がメッセンジャーを通して、言ってこられたそうです。

  それらの伝言を友人から私に「伝えておいて欲しい」と

  ご主人から伝言された時は、画面の前で泣き崩れてしまいました。


  一日中…彼女を思って泣き明かした夜。

  あまりにも悲しくて、やりきれず… 

  私はその日からメッセンジャーの画面を消し、チャットをやめました。

  けれど「マージャン・ソリティア」ゲーム画面には、

  cherry のニックネームが残ったまま ──── 。

  なぜか、それだけは消すことはできませんでした…。

   
  Yahooメッセンジャーの「RINDOWの部屋」を開くと

  「ひゃはは」と明るく笑っては アクセスしてくれた彼女。

  倒れそうなほど、力尽きていたはずだったのに

  私の冗談につきあってくれてた彼女からの文字は

  まるで実際の音声で話ている、そんな錯覚さえありました。

  空を翔けるブロード・メッセンジャーだけが

  私と彼女をつなぐ 唯一の「ライフ・ライン」でした…。

  今、思えば、何故であった時に

  メールアドレスを交換しておかなかったのか ────

  とても悔やまれてなりませんでした…。


  彼女にとって私は、治療の苦しみを理解しあえる

  少ない存在であったのかも知れません。

  生還できた私の生命(いのち)と…

  11年間、再発の恐れと闘い続けた彼女の生命(いのち)は、なんら変わりはない。

  そこに生きている人々にしかわからない ある意味での

  「終わらない戦場」があるのです…。


  彼女がご主人と確かに 愛し合い、

  幸せな生涯であったことには間違いはありません。

  確かに、「cherry」はそこに生きていました…。

  この私にとって、決して忘れることのできない存在 ──── cherry。

  私は、この先もずっと、彼女のご冥福を祈り続けていきます。


  一方で、血のでるような治療を超えても「生きたい」と希い、

  一方では、一度も出会ったこともない者同士が

  まるで「正当」であるかの様に「集団」を募り、道連れに死んでいく ────


  たった一つの命を、自ら「死」に投じていく人々が

  今の時代なんと多いことか ────


  たった今も、こうしている時 ────

  自分で命を絶とうとしている人がいて、この画面を見てくれてる人がいたなら、

  どうか思いとどまって、生きていってほしい ────


  生き続けていくことは、そんな容易いことではない、

  だから ──── こそ

  あなたの命には意味がある。

  生きていくことの 意味がある。


  あなたの存在はとても尊い。

  だから、自分も尊い。

  生かされている い の ち。 

  生き抜く勇気と喜びを どうか その命に 吹き込んでいってほしい

  cherryのように ──── 。


  これから私も 生かされているこの「命」を大切に

  最期を閉じていきたいと思っています。

  「生き甲斐のある人生」ではなく、「私の人生は、最高に幸せだった」と、

  「死に甲斐のある人生」にしていく為に。



  Making in 2005. 5.

  by Bedoro no Okyoh (*^.^*)


  ────────────★─────────────

 

   貴重なお時間を頂き、最後までお読み下さいまして
   心より感謝申し上げます…m(_ _)m


  ※【残念なお知らせ】  
    Yahooブログでは、2011.5.30より、縦スクロールのHTML形式が使用不可と
    なってしまったようです。横スクロールに強制的改訂されておりましたので、
    このたびより縦スクロールに関しては、全面停止テーブルで公開させて頂きます。

    ღღღ ビードロのお夾 ε('-'*)зღღღ

   画像… "flickr.com" http://www.flickr.com/

イメージ 1

画像… "flickr.com" http://www.flickr.com/


手動で音量のボリュームを上げて下さい。





(BGMは自動再生です。音が邪魔な型は ▲マークの部分を押して再生して下さい。)



お夾(*^.^*)伝言板

この記事は、wiki文法とHTMLが同時に使用することができません、

なので、↑↓の「過去からの伝言 / 祈 り / 希望の陽灯」

の(HTML形式)の詩に、MIDI(wiki文法)が貼付不可能となってます。

アクセスは、リストからではなく詳細から入って全ての画面を出して下さい。

そうすると詩とMIDIが↑連動して視聴できるようになってます。

HTMLの画面とBGMと一緒に視聴して下さいね♪




※注意

再生ボタンを押しても、音がずれて聴こえてくる場合は、

もう一度停止ボタンを押して、改めて再生ボタンを押して下さい。

音が聴こえてこないという場合は、

まず、TOP画面(桜の画像のページ)についているBGMきちんと

進んでいるバーを手前にまで戻してから停止ボタンを押して下さい。


TOP画面のBGMはあらかじめ、画面が開いた瞬間、自動再生される仕組みになっているため、

〔詳細記事〕でBGMを聴くときに、再生ボタンを押しても聴こえてこないことが多々あります。


それは自動再生されているBGMのせいで他のBGMに何らかの影響があると考えられます。

その場合は、もう一度TOP画面のBGMをしっかりと停止させて下さい。

お手間とらせて申し訳ありません。m(_ _)m 

■別館/【かけがえのない人の命をどう受け止め生きるのか…】

★新作【かけがえのないあなたへ】…「祈り」〜過去からの伝言〜
★【夫婦愛 〜夫から妻への手紙〜】「絵葉書」〜届けられた言葉〜
★【親子愛】「魂の絆」〜 "命の続き"を両手に抱きしめ 大切に生きていくから…〜
★【親子愛】…「クリスマス・ツリー」〜誰にも言わず、最期まで堪え偲んで生きることもある…〜



★本館/お役立ち情報満載♪(FUN書庫もアリ♪)


※現在、ご覧頂いております画面は「別館」です。

まずは【RINDOW茶屋/本館】TOP画面へどうぞ♪本館/入口

本館は「医療検索ブログ」です。その他「生活に役立つ情報」など、
how toコンテンツをご用意しております。お好きな時にいつでもご活用下さいませ…。
全62コンテンツの中でも特におすすめコンテンツは↓こちら♪

【本館/目次…各棚の紹介(早見欄)〜詳しいコンテンツ内容〜】はこちら本館/∇目次…各棚の紹介(早見欄)

【本館/How to ブログ】はこちら本館/How to ブログ

【本館/お役立ち生活情報】はこちら本館/いざという時に…

■本館/癒しのBGM & 画像を満載♪(FUN書庫もアリ♪)


【RINDOW茶屋/本館】はこちらからどうぞ♪本館/入口

★連日、沢山のご訪問、心より深く感謝申し上げます。

感謝!https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/31/34/josuea_yuine/folder/845802/img_845802_11735897_16?1195742232

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事