The Bee Gees Songs A to Z

Gibb Songsほかを頼りに、Bee Geesの素晴らしい曲を紹介したいと思います

全体表示

[ リスト ]

Bee Gees Daysが更新されました↓
 
 

閉じる コメント(8)

顔アイコン

アマデウスさん、やまちゃん、ありがとうございます!!見られた方が超うらやましいですね!!オフィシャル・ビデオの撮影とかはなかったのかな??「マサチューセッツ」では盛り上がったでしょうね〜。 (同じように、トーキョーに来れば、「トーキョー・ナイツ」で盛り上げるぞ、ふなっしーー!!!)

ところで、(極マイナー情報)アラン・ケンドールがBEEGEES以前に在籍していたバンド 「TOE FAT」の発掘音源が出たみたいです。「BBCセッションズ・1969〜1970」(仏盤みたいですが、詳細は不明なっしー。) 削除

2014/5/17(土) 午後 2:57 [ サニー・ジム ] 返信する

顔アイコン

アラン・ケンドールのアイテムまで行っちゃいますか?
左から二人目がアランかな?
//www.cdandlp.com/item/3/0-1105-0-1-0/1105717065/toe-fat-bbc-sessions-1969-1970.html 削除

2014/5/17(土) 午後 8:08 [ @ロー ] 返信する

顔アイコン

いつのまにか出回って、いつのまにか売り切れてしまったようですね。

2014/5/17(土) 午後 8:10 [ やまちゃん ] 返信する

顔アイコン

サニー・ジムさん、@ローさん、いつもありがとうございます。オフィシャルビデオについては今のところ特に予定はないようですが、来週CBS(アメリカ)の情報番組「Sunday Morning」でボストンの様子が取り上げられるようです。要チェックですね! 削除

2014/5/19(月) 午前 5:37 [ アマデウス ] 返信する

顔アイコン

すみません・・・、アラン・ケンドール よくわかりません。やまちゃんから、「ハードロック畑のギタリストだよ。」とは聞いていたのですが・・。

ところで、英誌「ガーディアン」による「読者投票で選んだ史上最高のビートルズ・カバーソング BEST20」の17位には、ビー・ジーズ&アリス・クーパーの「BECAUSE」が〜! !

「THE STRANGEST COLLABORATION
EVER 」 だ、そうですぜ〜!!(委員長はどこに?) 削除

2014/5/29(木) 午後 10:46 [ サニー・ジム ] 返信する

顔アイコン

ありがとうございやす。おかげ様で下記紹介CDをディスクユニオン通販で購入できやした。
● CD"Toe Fat - BBC Sessions 1969-1970"(仏OnTheAir AIR16) 2013年
クレジットによるとアラン・ケンドールは2代目のギタリスト。全19トラック中、アランが参加しているのはTrk5-17。このバンド、スタジオ録音盤より、ライヴ盤の方が聴き応えがあるような気がしやす 削除

2014/5/30(金) 午後 0:57 [ @ロー ] 返信する

顔アイコン

確かに、以前 新宿某店であのLPジャケを見た時は、引いてしまいました。

ところで、シンコー・ミュージックから出ている「サイケデリック・ロック」には、ビー・ジーズの1STが、アートワークと内容の両方で掲載・絶賛されてますぜょ〜。しかし、ビー・ジーズの音楽というのは、フォークだったり、カントリーだったり、ダンサブルだったり、プログレッシヴだったり、AORだったり、クラシックだったり、本当に間口が広いです〜〜。 削除

2014/5/31(土) 午後 11:46 [ サニー・ジム ] 返信する

顔アイコン

OZカントリーじゃないかしらん?委員長様! 削除

2014/6/1(日) 午前 3:16 [ @ロー ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事