The Bee Gees Songs A to Z

Gibb Songsほかを頼りに、Bee Geesの素晴らしい曲を紹介したいと思います

全体表示

[ リスト ]

Bee Gees Daysが更新されました↓



コメントは↓へ。

閉じる コメント(2)

顔アイコン

このお二人ほど…というかバリー兄も含めたらこの3人ほど…人生の長い時間を共に過ごした兄弟も珍しいのでは?という気がします。
関係がよくない時もあったのかもしれないけれど、基本的に兄弟愛は強かったのではないのでしょうか。
でないとやれないですよね。あんなに長く。
ビージーズのそういう一面は、他のグループにない魅力だと私には思えます。
海外のファンサイトで、「Beatlesの方がgreatかもしれないかもけど、BeeGeesを愛さずにはいられない!!」みたいなコメントを見ましたが、特に女性のファンは、Gibbさん一家を丸ごと愛してる人が多いのかなあという気がしています。
なおBeatlesに比べて50年活躍してきたBeeGeesの方がgreaterだというコメントもいっぱい見ました。BeeGeesのファンサイトなので当然ですが、冷静に考えて、妥当な意見だと私は思っています。 カバーされてる曲もBeeGeesの方が多いって本当ですか?
ああ〜BeeGeesがもっと評価されてほしなあ。

2015/11/10(火) 午後 9:18 [ shigeko ]

顔アイコン

shigekoさん、いつもありがとうございます。
同じ家で暮らして生活を共有する子ども時代はともかく、大人になってからも職場(=ビージーズ)が一緒だったというのは、兄弟としては確かに珍しいパターンですよね。彼ら自身は大人になってからは何度も「私生活では距離をとっている」と発言しており、終始べったりでないようにしてバランスをとっていたように思われます。それも長続きの秘訣かもしれませんね。(それはもちろん兄弟愛が薄かった、という意味ではありません)
カバー曲については曲数でいけばビージーズに軍配があがるのではないかと思います(何しろ活動時期も長く、曲数も多いので)が、BMIの発表による「もっともカバーされた曲」トップ10にはビートルズの「エリナー・リグビー」や「イエスタデイ」は入っていますが残念ながらビージーズは入っていません。

2015/11/11(水) 午前 9:56 [ アマデウス ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事