ここから本文です
フランキーの「今日もいい日でした」
ブログ訪問ありがとうございます♪

書庫TOP

すべて表示


フランキーのブログへ
ようこそいらっしゃいませ。

このブログは、私の日々思ったこと、考えたことを
日々撮った写真など、思いつくまま書いています。
長年乗っているバイクの事が一番多く書かれていると思います。


このブログを始める前のバイク選びにまつわる事、
その時に感じた事を書いておきます。

時間のある方どうぞお読みなってください。
面倒臭い方はパスしてもらっても問題ありません。



1998年
もともとオフ車乗りである。
KTM LC4のオフ車を購入する予定でした。
一人で乗るつもり・・・。奥さんの一言でR1100GSを購入する事に。
その時、R80BASICが新車で買えました。
かなり気になった。
がしかし、新しい機能テレレバーに大変興味がありました。
そして、あのカタログを見たら買わずにいられなかった。
BMWのマーケティングは優秀だったわけだ。

しかし1年後OHV乗りたい症候群が発症した。

GSはマイナーチェンジで1150となる。
なかなか衝撃的・・だった。
そうかモデルチェンジするんだ・・みたいな。

中古のR100GS後期型を探した。
あるにはあるが、なんかピンと来たものには出会わなかった。
そのままずるずる、といえばGSには失礼極まりないが、
しばらくは共に走ることになる。
180万円もするバイクである。

結構林道を走った。
おかげで左右のシリンダーヘッドには結構な傷が、
そしてガソリンタンクにも凹みを作ってしまった。

2005年
7年を迎える頃、またもやOHV症候群が発病!!
そのタイミングで前後のショックがへたりを見せてきた。
走行距離は4万キロを超えていた。
当時ショック交換は、なかなか叶わかった気がする。
そんな中で、
走行距離わずか6000kmのGS P/Dが中古で見つかった。オークションである。
90万円超えで思わず落札してしまった・・。
アホである。
ショック交換の方がはるかに安いではないか。
そして1100GSを、同じくオークッションで格安にて売却してしまうのである。

意気揚々とOHVに乗り出した。
油脂類交換、エンジン同調など自分でできる所は自分でメンテを行った。
タイヤはTKC80オフ仕様である。
ところが、なかなか乗りにくいのである。
高速道路を走ったら結構怖い。車体の接地感が薄い感じ。
理由はわからない・・・
そして期待していたOHVサウンドも何か違った。
1本出しマフラーだからだろうか?


OHVサウンドといえばハーレーがあるではないか!


2006年
ラバーマウントのダイナに興味があった。
スポーツスターがモデルテェンジをしてラバーマウントになっていた。
そして格好いいではないか!
ちょうどその年の春、和歌山市内にあるディーラーが新店舗をオープンさせた。
訪れた店内は華やかで、展示されたバイクも輝いていた・・。

これも、まんまとハマってしまった。
1200Lを買おうと考えていたが、
春からインジェクションモデルに変わってしまっていた。
1200Rはタイミングがずれていてまだキャブを装備していた。
キャブ最終モデルである。

選択の余地はない。
即購入である。

R100GS P/Dはどうしたかと言うと、ヤフーオークション出品で売却。
1年で購入時の20万円落ちである。今では到底考えられない価格・・。

ハーレーオーナーとなりあちらこちらへ走りに出かけた。
走る道はGSを乗っている当時から変わらず、くねくねの県道、舗装林道など。
タイヤが滑って怖い思いをする、当然バイクは汚れる。
エンジンは元気だが、くねくね道を走るためのブレーキ、
車体ではないことがわかる。

広い道をゆったりOHVサウンドを響かせながら走るのがいいバイクである。
当時リジットスポに乗る友人とよく走りに行ったものです。
その友人がオフ車にも乗っていたので、私はハンターカブでよく一緒に走りに行きました。
オフ車増車を考えていましたが、事はなかなかうまく運びませんでした。

そのハーレースポスタ
自分のイメージに近づけるためにブレーキメンテ、フロントフォークのオイルを変えたり・・タイヤも走り重視のメッツラーへ。
しかし走りは、昔乗っていたR1100GSには到底敵うものではありません。
そして積載性も皆無ですし。

衝撃だったことがあります。
ある時神戸のKTMディーラーへ、新型の試乗へ出かけました。
モタードに乗った時、エンジンの吹け上がりの早さに驚きました。
軽快なエンジンにシフトがもたつくのです・・
ハーレーに乗って人間がゆったりした状態になっていた事に気づくのです。

その後しばらくして、スポスタとのお付き合いが終わってしまいました。
3年、3万km弱でした。

2009年11月
もう一度オフをちゃんと走りたくて選んだバイクが、鈴木のジェベル200。
フルサイズは大きすぎていけません。
ハイスピードで走るわけではないので、これで十分なのです。
体を使って道と対話する。心と体をつなぎ合わせるために。

もう一台のハンターカブはずっと我が家にいます。


R1100GSを買ったあの時、R80BASICを選んでいたら・・・
パリダカではなく80G/Sを探していたら・・・
ラバスポではなく、リジットを選んでいたら・・・
自分のバイク選びは間違いだらけだったのか?

今だから思うことがあります。
間違いだったかどうかはわかりませんね。



そして2010年3月にこのブログが始まります。
ここから先の事は、ブログをご覧ください♪




イメージ 3






イメージ 1




イメージ 2






























 







書庫その他の最新記事

すべて表示

  • 自転車で・・

    2018/6/20(水) 午後 10:19

    自転車で、 ガーデンパーク和歌山まで。 これまた梅雨の晴れ間の休日に。 次女さんの、どこかへ連れて行けコールで、 出かけることに。 市内からだと普通は紀ノ川大橋を渡るのですが、 河 ...すべて表示すべて表示

  • ひとまず練習なのだ

    2018/6/17(日) 午後 8:57

    教習所卒業検定で、若干のもたつきはあったものの、 長女さん無事普通二輪免許取得となりました。 ジェベル200 ローダウンで練習と思いきや、 バッテリーがお亡くなりであることが判明。 ...すべて表示すべて表示

  • いつもの柿の茶屋へ

    2018/6/14(木) 午後 7:32

    もうすぐ夏至  もっとも昼間が長い日。 朝は4時を過ぎると 空が明るくなってくる。 4時半に家を出る。 和歌山市から岩出方面へ。 ...すべて表示すべて表示

ブログリンクブログリンク

更新

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事