ここから本文です
ビートルとmomoとsakurana、 ときどき自転車。
ビートルと愛犬もも子と、猫の桜菜と暮らすジジイの時々日記。

書庫全体表示


京都の懐の深さを感じつつ散策してきましたが、辺りも暗くなりつつあり足早に大覚寺にお邪魔させていただきました。

BGMをどうぞ。


散策はこんな感じ。
イメージ 17


大覚寺に向かう途中に歴史を感じさせるお地蔵さんが川の畔に佇んでおられました。
イメージ 1

実はこの写真は野口さんに川の流れを優しく映るようにアドバイスをいただき、今まで知らなかったテクニックを学びました。

私   :「野口さん。川の流れがさぁ〜と流れるように写したいのですが,,」
野口さん:「シャッタースピードを遅くして写すので、感度を下げて....
      一枚写してみますね。」
私   :「おぉ! この写真です撮りたかったのは..」
イメージ 2

大覚寺に到着。 
イメージ 3

廊下突き当りの菊の色合いが効いています。
イメージ 4

贅沢な敷地に贅を纏った寺は、流石「京都」。繁栄ぶりがうかがえます。
イメージ 5

中庭には少し秋を感じる樹木がありました。
イメージ 6

”おみくじ”も金色で願いがかないそうです。
イメージ 7

チャーリーのマネージャーは後ろ姿でも語ります。
イメージ 8

すっかり日が暮れて写真より辺りは暗いので、映り込みがはっきりしないのが残念です。 撮り方を教えてもらえば良かった..
イメージ 9

こんな所も贅沢。
イメージ 10


窓越しの本堂
イメージ 11

もう真っ暗です。 この明るさが精一杯です。
5時になり寺の放送でも「寺の職員は夕礼を行いますので事務所まで集まってください。」とのアナウンス。 興ざめですね。 たとえばドラを鳴らすとか、木魚を叩くとか...工夫があれば良いのにな〜。 「夕礼」とは会社見たい。
イメージ 12

懇親会に向けてタクシーで駅まで。
イメージ 13

懇親会の中華料理で評価が高い「大鵬」てす。
イメージ 14

とれも美味しい中華と、みなさんの楽しいお話しであっと言う間に時間が過ぎていきました。 今回は一次会のみでしたが、次回はホテルも近くに取って参加させていただきたく思います。 (今回は大阪での宿泊)

私 :「今日はありがとうございました。 できたら12月も来れたら来ます!」
相棒:「12月は全ての週末がレースだよ!」
私 :「そうでした。 でも近いうちに来ます。 約束します、指切りげんまん。」
イメージ 15

チャーリーともお別れ。 またね。
イメージ 16


京都はやっぱり「風景」「京都弁」「懐の深さ」「独特の時間の流れ」全てが『人たらし』で、やられてしまいました。 また来よう。

私 :「野口さんを始め、みなさん良い人ばかりで来て良かったね..」
相棒:「幸せな時間を過ごせて本当に良かった。みなさんにありがとう..」
私 :「次はいつ来れるかな..............」
相棒:「・・・・・・・  来れるよ   」

おしまい。

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事