ミステリ読書録

恩田さん、本屋大賞もおめでとうございます(*^^*)。

全体表示

[ リスト ]

道尾秀介さんの「片眼の猿」。

私立探偵をしている俺は、ちょっとした特技を持っている為、この業界では有名人だ。
新しいクライアントは谷口楽器。依頼内容は、ライバル社である黒井楽器が自社の楽器
デザインを盗作している疑いがある為、その証拠を見つけて欲しいというものだった。
そこで俺は中途採用者を装って谷口楽器に入社し、日々黒井楽器本社ビルに聞き耳を
立ててはその結果を報告しているのだ。そんなある日、いつものように黒井楽器内部に
聞き耳を立てていると、とんでもない場面に出くわしてしまった。これは一体どういう
ことなんだ――!?


あまりいい評判を聞いていなかった為、期待せずに読んだら今回もまんまとやられて
しまいました。巧妙に張り巡らされてた伏線が素晴らしい。殺人事件の犯人だけは
なんとなくの印象で当てられたけれど、それ以外の部分ではほとんどいい意味で裏切られ
まくりでした。ラストの真相を読むまでは、三梨の才能を考えるとややファンタジー色が
強いのかな、などととぼけた感想を持っていたのですが・・・ああもう、アホだな、私。
というか、上手すぎる、道尾さん。ローズ・フラットの面々に関しても、すっかり騙され
たし。ああ、確かに伏線めいたものはありましたよ。いくつも。でもこれを言い当てるのは
私では無理だ〜^^;;もちろん秋絵さんに関してもやられましたねぇ・・・。三梨が秋絵
さんの実家に行った時の両親の反応に疑問を覚えていたのですが・・・真相を知ってすっきり。

そして、ローズ・フラットの住人たちがみんな個性的。彼らの真実の姿を知ると切ない気分に
なるけれど、それを払拭するような明るさがとてもいい。
完成度としては「シャドウ」に及ばないかもしれないけれど、読後感やキャラクター、
作品の雰囲気はこちらの方が好きかもしれない。ダイヤのエースのラストが好きですね〜。
三梨には是非実行してもらいたいところです。ローズ・フラットの楽しい面々には是非
また出会いたいです。彼らの抱えるコンプレックスは、普通の人が持つものとは比べ物に
ならない位深刻で、生きて来た中でもたくさん嫌な出来事に遭った筈です。でも、そういう
コンプレックスを全然感じさせない彼らのあっけらかんとした明るさがすごい。
彼らのような生き方に共感を覚え、救われる人がきっといると思う。
「片眼の猿」というテーマはとても考えさせられるものがある。でもその答えがローズ・
フラットに住む人々に繋がっているのだと感心させられました。三梨のラスト1ページの
行動にも拍手を送りたい。コンプレックスを逆手に取って胸を張って生きること。それが
どんなに難しく、素晴らしいことか。彼が身を持って教えてくれたように思いました。


結論。やはり道尾秀介はすごい!!
きっとこの真相にはみんな騙されるはず。ますます道尾さんが好きになった一冊でした。

この記事に

閉じる コメント(22)

アバター

TBありがとうございました。全く違う感想に触れるのも、またたいへん興味深いものがあります。

2007/3/30(金) 午後 3:07 冴 返信する

>>うっちーさん、お、お名前アイコンが変わりましたね^^私は入荷してない本は買わせますから(笑)。早く入ると良いですね〜。私は好きな作品でしたが、うっちーさんのご評価はどうでしょうか。

2007/3/30(金) 午後 11:17 べる 返信する

>>もぐらさん、そうそう、ファンタジーかと思いますよね、あの書き方は・・・まんまとやられました(苦笑)。あっという間に読めてしまうけど、しっかり小技の効いた作品でしたね。TBありがとうございました!

2007/3/30(金) 午後 11:19 べる 返信する

顔アイコン

>>冴さん、冴さんの見解とは大分違う作品だったのでTB迷ったのですが、一応させて頂きました。そうおっしゃって頂けるとほっとします。いろんな方の意見が聞いてみたいですね。

2007/3/30(金) 午後 11:23 べる 返信する

いつもは働かない頭が今回ばかりは張り切り過ぎて、かなりいいトコまで分かってしまったんですよ…。決して嫌いでもないし、つまらなくもないけど…期待しすぎてしまいました(^^;もっと純粋にこの作品を楽しめばよかったなぁ(激しく後悔^^;)

2007/3/30(金) 午後 11:52 紅子 返信する

顔アイコン

>>紅子さん、双子の片割れ(笑)でも珍しく意見が一致しませんでしたね。頭が働くなんて素晴らしいことではないですか。私がやっぱり単純すぎるんですね(苦笑)。多分紅子さんや冴さんの感想の方が多いのかもしれませんね。だいたいこういう場合孤立する立場なんで(苦笑)。もぐらさんがいてくれて救われたかも^^;

2007/3/31(土) 午後 11:41 べる 返信する

顔アイコン

読みました。個人的には可も無く不可も無く、すご〜く無難にまとまった小説だと思ってしまいました。あれだけ個性的な面々の使い方がもったいないな〜。だから続編が出ることに希望を持ちたいと思います。

2007/4/4(水) 午後 5:53 たいりょう 返信する

顔アイコン

>>たいりょうさん、そ、そぉですか・・・やっぱり良かった!と思ってる私が変なのか・・・。ま、まぁ、そういうパターン結構あるんで、もう諦めてますけどね。もとが携帯配信だから、少し物語が薄いのかもしれませんね(私は面白かったですけどね^^;)。

2007/4/4(水) 午後 11:50 べる 返信する

あら^^;この作品ってあまり評判が良くなかったのかしら?!
私も面白く読みましたよ〜!現実的な驚愕だったけど、すっかりミスリードしてたし^^;ローズ・フラットの住人たちの個性は良かったですね!

2007/11/12(月) 午後 1:50 れおぽん 返信する

顔アイコン

>>れおぽんさん、わぁ!この作品の擁護者が現れた!(嬉)みんながみんな芳しくない評価ばかりだったので、かなり寂しい思いをしてました^^;私も完全にミスリードされました〜。ローズ・フラットのみんなはコンプレックスを乗り越えていて、素敵でした。TBありがとうございました^^

2007/11/12(月) 午後 11:49 べる 返信する

確かに道尾さんにしては軽めな作品だったかも知れませんね。でも、それでも明るさやいつもの素晴らしい伏線たちが健在でしたので好きな作品です^^それにキッチリ騙してくれましたので(笑)道尾さん、もうちょっとでコンプだぁ〜ww

2008/5/30(金) 午前 0:31 チルネコ 返信する

>>チルネコさん、設定はかなり重いですけどね^^;私もまんまと騙されました。結構気付いてしまった方が多いようなんですが・・・私って、ほんと素直なミステリ読みだわ(自慢にならない^^;)!実は私も道尾さん、一冊だけ未読があるんですよ。読まなきゃとは思ってるんですけど、あまり評判良くないのでなかなか手が出なくて^^;TBありがとうございました^^

2008/5/31(土) 午前 0:23 べる 返信する

顔アイコン

こんにちは!
もう今回もまんまと騙されたーっ!でした。私も秋絵さんの両親の反応にはちょっと疑問だったんですが、「そういうことかーっ!」な真相で、そこで気付かなかった自分が悔しかったですねぇ^^;
次回こそは、著者をまんまと出し抜きたい!と思ってますが、難しそうかな・・・;;;

2008/12/22(月) 午前 10:06 [ すずな ] 返信する

顔アイコン

>>すずなさん、ですよねー。私もすんなり騙されました^^;違和感みたいなのはちょこちょこ感じてはいたのですけれど。私は道尾さんを出し抜くのは絶対無理だと思います・・・いつも、道尾作品に関しては素直すぎる読者に成り下がってしまいますから^^;TBありがとうございました^^

2008/12/23(火) 午前 0:31 べる 返信する

多くのミステリ読み手がお見通しだったようですが、私はものの見事に騙されました(えっへん!いばってどうするって…)。せっかく読むなら騙されたほうが楽しめるからいいじゃないでしょうか(と開き直り)。
秋絵の両親の会話はページを戻って確認したら「あのこ」としか呼んでなかったんですね。やられた・・・。TBさせてくださいませ♪

2009/6/6(土) 午後 9:38 TEA♪ 返信する

顔アイコン

>>TEAさん、記事を書いて下さって嬉しいです(笑)。私も何かあるぞ、と思いながら、完全に道尾さんにしてやられましたよ(苦笑)。そうそう、やっぱり爽快に騙された方が楽しめますよねー。私なんか、最初「これってファンタジーなのかな?」とかとんちんかんな勘違いをしていたくらいですから(バカ)。秋絵の両親のシーンも巧妙にミスリードさせていて唸らされましたね〜。TBありがとうございました^^

2009/6/7(日) 午前 0:26 べる 返信する

顔アイコン

道尾さんのアレとは、このことでした^^
周囲の方の評価がよろしくかないようですね〜。道尾さんの作品にどっぷりと浸かってないので、これから段々浸かりたいとおもいます^皿^そこまで驚けませんでしたが、ちゃんと楽しめる作品となりました!TBしまーす^^

2009/10/16(金) 午後 5:48 [ 彰信 ] 返信する

顔アイコン

>>彰信さん、コレでしたか〜(笑)。そうなんですよ、読んだばかりの時はお仲間さん内では全然評判が良くなくて、かなり寂しい思いをしてました。でも、なぜか時間が経ってから読んだ人は高評価な人が多かったですね。そっか、驚けなかったか。完全に騙された私ってほんとに単純なんだなぁ^^;TBありがとうございました。

2009/10/17(土) 午前 1:05 べる 返信する

アバター

随分前に読まれていたのですね〜
痛快で面白かったですね〜
TBさせて下さいね〜

2011/10/9(日) 午後 6:34 LIBRA 返信する

>>LIBRAさん、道尾作品は、デビュー作からほぼリアルタイムで読んでいるので(一作例外があるのですが)、これも出版されて割とすぐに読みましたからね〜。この頃は、今ほどの人気作家になるなんて思いもしなかったですよ^^;TBありがとうございました^^

2011/10/9(日) 午後 11:33 べる 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(9)


.


みんなの更新記事