全体表示

[ リスト ]

道尾秀介さんの「ソロモンの犬」。

大学生の秋内は自転車便のバイト中に、親しくしていた大学教授の息子・陽介がトラックに
撥ねられる瞬間を偶然目撃してしまう。現場には秋内の大学の友人である京介、智佳、ひろ子
も居合わせていた。陽介は突如走り出した愛犬に引かれるようにして歩道に飛び出してしまった
のだ。愛犬は何故走り出したのか?偶然居合わせたかに見えた友人たちは陽介の死に関わりが
あるのだろうか?――ほろ苦く切ない青春ミステリ。


ようやく回って来ました、道尾さん新刊です。大学生4人がメインの青春ミステリ。道尾さん
らしくいろんな仕掛けが施され、なかなか楽しめました。ただ、衝撃度で言うと「シャドウ」
を上回る作品ではなかった。もちろんすっかりミスリードはされましたが^^;いろいろ書こうと
するとなんだかネタばれになってしまいそうなので、細かく書けないのが辛いところ^^;こういう
ミステリの感想は難しいです・・・。主人公秋内のキャラは突っ込み所が満載で(笑)、なかなか
面白かった。それだけに謎解きの途中でショックを受け、作者に文句を言いたくなったのだけれど、
それもまた作者の仕掛けた罠だった訳で・・・終盤はたたみかけるようにいろんな仕掛けが明らか
になるので、細かい伏線を思い出しつつ追いかけるのに必死でした。思えば、道尾さんの仕掛けは
始めの一ページ目から始まっていたのですね。最初から違和感を感じながら読んでいたのは確かなの
だけれど、あそこがああいう風に繋がっていたのかーと、謎解きを読んで感心。お店の名前も意味深
だなぁとは思っていたけど、まさか○○○○に繋がっているとは誰も思うまい。やや苦しいとも思う
けど、苦しくて当然の伏線だから納得せざるを得ない・・・だって、秋内の(ネタバレの為省略)。
うん、やっぱり道尾さんは巧いな。

主要キャラ4人の恋愛模様はいかにもありふれた月9ノリではあるけど、秋内君の妄想っぷり
がなかなか楽しい。だいたい、好きな女の子に話しかけるののに、「話しかける言葉メモ」
を書く時点でどこの時代の大学生だよ!と突っ込みを入れつつも笑ってしまった。智佳ちゃんに
言いたいことを自分の家の留守電に吹き込んだりとか、どこまで純朴なんだ!(笑)
動物生態学の間宮教授のキャラも良かった。一番好きなのはテーブルにいるCの形のトカゲに
ビーカーに入ったコーヒーが置かれて℃になるところ。いやぁ、その姿を想像すると楽しい楽しい。
こういうセンス好きだなぁ。うちの兄が高校の時にどっかから買って来たビーカーにコーヒー
を入れて飲んでいたのを思い出しました(ご丁寧に薬さじまで買ってあった)。

犬の習性についての薀蓄も知らないことばかりだったので勉強になりました。犬は視力が弱い
とか、一定の色で物を認識するとか。オービーが亡くなってしまった飼い主の陽介をいつまでも
待ち続けるエピソードが切ない。それでも、彼は新しい主人の間宮と出会えて本当に良かった。
最後のオービーの行動、私は新しい主人を捜してのことだったと思いたい。その方がオービーも
幸せになれるから。


ラストはなかなか爽やかで読後感は良かったです。途中の展開を考えると、ここまで読後感が
良くなるとは思わなかった。京介の取った行動だけは女性として許しがたいし、最後まで理解
できなかったですが(したくもない)。
どちらかというと、ミステリ的な仕掛けよりも青春小説として楽しめた一冊でした。

この記事に

閉じる コメント(20)

いいなあ。私も早く読みたい!といいつつまだ予約もしていません。今、限度までパツンパツンに予約いれてるのですが、ここのところ一冊もこなくて、予約追加もできないという有様です・・・。

2007/9/13(木) 午後 11:25 zo_no_mimi 返信する

アバター

TBありがとうございました。犬の習性については私も初めて知ることが多かったです。知ったからと言って全く犬好きになる助けにはなってませんが(笑)。
京介がもうちょっと良いところもある人間に書かれていたら深みが増した気もしますねぇ。

2007/9/14(金) 午後 3:23 冴 返信する

毎日のように図書館にチェックしに行ってるのですが、入る気配が全くないですねぇ(^^;今からリクエストしても届く頃はお引越し・・・なんてことも考えられるので、当分読むことはできなさそうです。残念だわ。。。

2007/9/14(金) 午後 10:49 紅子 返信する

顔アイコン

>>ぞうの耳さん、私はこれと一緒にあと二冊一気に回って来てしまって、ちょっと困った状態になってます^^;その前に借りたのも読み終わってないのに、読まなければいけない本が一冊あって。予約って、回って来ない時は全く来ないのに、来る時一気に来るのは何なんでしょうね^^;

2007/9/14(金) 午後 11:57 べる 返信する

>>冴さん、ははは。冴さんが生き物が苦手だとは思いませんでした(笑)。犬好きならばはまりそうな作品ですよね〜。京介はほんといい所がなかったですね。女性として、こういう男は絶対許せません!

2007/9/14(金) 午後 11:59 べる 返信する

>>紅子さん、私も今回は予約してから割と待ちました(といっても一月くらいかな)。そうか、新居に移られたら、使う図書館も変わるのですね。なかなか面白かったですよ。私の方の図書館ではもう20人位予約がいるようです。やっぱり人気ですね、道尾さん。

2007/9/15(土) 午前 0:04 べる 返信する

ようやく読まれましたね。間宮先生のキャラは作りすぎのような気がしますが、捨てがたい味はありました。とにかく読後感の良さが素敵な作品ですね。

2007/9/18(火) 午前 1:09 コロンバス 返信する

>>春町さん、はい、やっと回って来ましたよ〜。私は間宮先生のとぼけたキャラとても良いと思いました。ほんと、また登場して欲しいキャラです。途中はどん底に落とされましたが、最後は爽やかでしたね。面白かったです^^

2007/9/18(火) 午後 11:23 べる 返信する

Cが℃になるってのいうのは、私も関心して笑ってしまいました。秋内のキャラも朴訥としていて良かったですし、なにより間宮がなんともいえずよかったです。この二人が物語を明るくしてくれてますよね。

2007/9/22(土) 午後 11:10 [ ms5*57 ] 返信する

>>えむずさん、あれ面白い発想ですよね〜。実は私最初わからなかったんですよ。ビーカーを置いて℃?って。頭に思い描いてやっとピンと来たという(あほ)。秋内君と間宮教授のかけあいが楽しかったですね^^TBありがとうございました!

2007/9/23(日) 午後 9:11 べる 返信する

あちこちで「そうだったのか〜!」って思うシーンがあって面白かったです^^それを具体的に書けないのが辛いわ^^;書いたらネタバレになっちゃうもんね^^;

2007/10/1(月) 午後 11:23 れおぽん 返信する

顔アイコン

>>れおぽんさん、道尾さんの作品はいつも細かい伏線が張られているので気を抜けないですよね(といいつつ、いつも抜いていてまんまとやられるパターンなのですが^^;)。こういう作品の記事は非常に書きづらいですよね^^;TBありがとうございました^^

2007/10/2(火) 午前 0:13 べる 返信する

大人気を想像して予約したのですが、あっという間に回ってきました(^^恐るべし!田舎の図書館!!(笑)犬の習性は確かに勉強になりましたねー。なるべく赤、紫、青(でしたよね?)の服は着ないことにします(犬は苦手^^;)

2007/11/19(月) 午後 11:13 紅子 返信する

>>紅子さん、それはそれは^^爽やかですよね、コレ。道尾さんらしいのからしくないのかわかりませんが(苦笑)。あれ、紅子さんも犬が苦手なのですか。やはり、ヤフーブロガーさんは猫派が多いのかな〜?ああ、出て来た犬の薀蓄、もう忘れてる、私・・・^^;;TBありがとうございました^^

2007/11/19(月) 午後 11:41 べる 返信する

初読でしたがなかなか好印象を残してくれました。ミステリとしても騙された場面もあったのでよかったです(=´∀`=)京介は女性からしても嫌でしょうけど、男性からしても無反応過ぎて会話したくなくなるかも(苦笑)静のウブっぷりなど突っ込みどころも満載だったような気がします(笑)TBさせてください☆

2008/2/28(木) 午後 7:34 チルネコ 返信する

アバター

いろんなところで、やられましたねww
智佳ちゃんに電話したんだ!と思ったら、自分の留守番電話だったなんてww秋内、可愛すぎますよね。ププッ ( ̄m ̄*)
TBさせてくださいね♬

2008/3/18(火) 午後 3:31 チュウ 返信する

顔アイコン

>>チルネコさん、コメント返し忘れてました。すみません^^;道尾さんはミスリードさせるのが本当に巧いです。毎回まんまとやられてしまいます^^;京介のキャラだけは受け入れられなかったですね。TBありがとうございました^^

2008/3/19(水) 午前 0:23 べる 返信する

顔アイコン

>>チュウさん、やられますよね(笑)。そうそう、秋内の純朴っぷりは現代の大学生とは思えなかったですね(苦笑)。私はミステリよりも青春小説の部分の方が面白かったですね。TBありがとうございました^^

2008/3/19(水) 午前 0:24 べる 返信する

ビックリ度はやや低めでしたけど、あちこちに伏線がちりばめられてるあたりはさすがでしたね。
悲しい事故や裏切りなど暗い内容を結構含んでいるのに、不思議と読後感は爽やかでした^^
TBさせてくださいね♪

2009/7/20(月) 午後 9:56 TEA♪ 返信する

>>TEAさん、私もミステリ度は低いと思ったのですが、キャラの良さや青春小説としての爽やかさなど、いつもの道尾さんとはまた違った面白さのある作品だったと思います。扱う事件は重かったですが、爽やかな読後感でしたよね^^TBありがとうございました。

2009/7/21(火) 午前 0:53 べる 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(7)


.


みんなの更新記事