全体表示

[ リスト ]

東野圭吾さんの「流星の絆」。

深夜にペルセウス座流星群を見る為、家をこっそりと抜け出した功一、泰輔、静奈の三兄妹。
しかし、雨が降って結局見ることができず諦めて家に戻ると、両親が惨殺されていた。現場には
犯人と思しき透明のビニール傘が残されていた。次男の泰輔が犯人と思われる男を目撃しており、
似顔絵が作成されたが、警察の捜査も虚しく犯人は捕まらず、14年の歳月が流れた。
幼かった三兄妹は大人になり、殺された両親の復讐を流星に誓い合う。三人は生きて行く為、
詐欺師となっていた。その最後のターゲットとなったレストラン『とがみ亭』の御曹司・戸神行成。
功一の考案した作戦で泰輔と静奈は行成に近づくが、静奈の様子がおかしい。更に、行成の父親
の顔を見た泰輔は、両親が惨殺されたあの夜、目撃した人物に違いないと確信する――作者渾身の
長編ミステリー。


ようやく回って来ました。東野さんの新刊です。これは久々に面白い東野圭吾を読ませてもらった
感がしました(←偉そう^^;)。なんせ、ここ数作の刊行作品には「東野さん才能の枯渇!?」
と思えてしまう程、当たりがなかった。大好きな作家だから、新刊出る度に追いかけ続けている
ものの、ここ最近の自分が書いた記事はどれも酷評に近いものばかり。読む気が失せることは
ないのだけれど、さすがにちょっと読む熱意は失せかけて来てました。

そんな状態で読んだせいか、実はさほど期待をしていた訳ではなかった。しかも、今回も東野さん
十八番の悪女・静奈(この名前がもうすでに・・・苦笑)が出て来た時点でかなり嫌な予感が
漂っていたし。また後味の悪い結末なんだろうなぁと身構えていたのですが。

・・・ありゃ?どうしたんだ、東野さん!この爽やかなラストは!!というより、静奈と行成
の関係がああいう方向に行くというのが何より意外だった。こんな微妙な恋愛感情が描ける
作家だったのかーーー!!(←何気に酷い)静奈は悪女には違いないけど、行成と出会った後の
彼女の心の動揺や戸惑い、それを兄たちに必死で隠そうと取り繕う姿にはついつい応援して
あげたくなりました。珍しく好感の持てるヒロインだったかも(途中までの印象は最悪でしたが^^;)。







以下、弱冠ネタバレ気味かも?未読の方はご注意下さい。












途中やや中だるみする感じはあるものの、ミステリとしても細かく伏線が張ってあって面白
かった。真相はやるせないもので、三兄妹の中でも特に長男の功一にとっては辛い結末だった
と思う。いつもの東野さんだったらここで終わらせて酷く後味の悪いラストにする所ですが、
今回はその先があったので、読後感がとても良かった。人によっては『蛇足だ』と感じる人
もいそうですが。確かに出来すぎだし、これだとある人物が自分一人だけが幸せになるという
後ろめたさを感じながら生きなきゃいけなくなる。それに耐えられるかどうかはこの時点では
描かれていないし。上手く纏めすぎた感じがなきにしもあらずですが、私はこのラスト、
結構好きです。だって、東野作品でこんな優しい気持で読み終えられる作品珍しいんだもん!!
たまにはいいんじゃないかな、こういうのも。いつも作者の意地悪さばかりを感じてきたけど、
今回ばかりは東野さんの優しさとロマンティストな面が出ている気がする。何より、この流星で
繋がった三兄妹の兄妹愛がいいじゃないか。泣けるとこまでは行かなかったけど、充分感動
させてもらいました。

三兄妹のキャラも良かったし、三人に陥れられる行成もとても好感が持てるキャラでした。
よく考えると、この作品には本当の『悪人』が出て来ない。もちろん、犯人のしたことは許され
ないことだし、三兄妹が詐欺を働くことも酷いことです。自分たちが詐欺に遭ったからって、
『金は天下の回りもの』など根拠のない大義名分をつけて、関係ない人たちに詐欺行為を働く
彼らに嫌悪を抱いたのも事実。それでも、彼らの生い立ちや性格を知って行くにつれて、だんだん
彼らに肩入れしたくなりました。殺人犯の犯行理由も私利私欲ではなく、切実な動機が隠されて
いたので、やはりその人物を『悪人』とは思えなかった。こんなことを書いていると、吉田修一
さんの『悪人』を思い出してしまいますが。





ちょっとにやりとしたのは、終盤で功一と泰輔が行成の父・政行の前で刑事を騙る時に
名乗る名前が『草薙』と『加賀』だったこと。SMAPの草なぎと言いながら、この薙を
使ったということは、当然ガリレオシリーズの草薙刑事から来てるんでしょうね。


とにかく、久しぶりに素直に「面白かった」と云える東野作品でした。期待してなかったから
評価ちょっと甘めかもしれませんけど(苦笑)。もちろんリーダビリティは相変わらず抜群です。
これだから、どんなに駄作が続いても(オイ)、読むことをやめられないのよね。
もちろん、今後も読み続けますよ〜。


さて、私の後には300人以上(!!)がこの本を待っているようなので、早く返しに行かなくちゃ。
(借りて三日くらいしか経ってないけど!←なんていい利用者なの!と自画自賛w)

この記事に

閉じる コメント(45)

爽やかでしたね、でも東野さんの作品にしては爽やか過ぎてちょっとサブイボができました(笑)。
どちらかというと両親殺害の真相は横に置いといてもっと兄弟たちの活躍、特に泰輔にスポットライトを当ててもらいたかった気もします
。TBさせてください。

2008/5/9(金) 午後 2:05 hayaton 返信する

顔アイコン

>>はやとんさん、さ、さぶいぼが・・・(笑)。確かに普段の毒〜な感じがなくてやけに爽やかでしたよね。私はまぁ、こんなのもたまにはいいかな、と思ったんですけど、やっぱり物足りないと感じる気持もわかりますね。そういえば泰輔はキャラの割りに影が薄かったですね^^;TBありがとうございました^^

2008/5/9(金) 午後 11:45 べる 返信する

アバター

私の後には1260人が待っているようです\(◎o◎)/!
東野さんだけに、『白夜行』や『手紙』みたいな重いものを想像(期待?ww)してたんですけど…なんだか、爽やかなラストでしたよね。
でも、ここ最近の東野さんからすると…東野さんぽくてよかったですよね♬
TBさせてくださいね♪

2008/5/18(日) 午後 10:25 チュウ 返信する

顔アイコン

>>チュウさん、せ、せせ、1260人!?す、すごい〜〜。それって、最後の方は一体何年後に回って来ることになるんでしょう・・・^^;;チュウさんの利用する図書館は利用者が多いんですね〜!
東野さんにしては重さはなかったですね。この爽やかさ、私は結構好きでしたけれど、物足りなく感じる人がいても仕方ないかな、とは思いました。TBありがとうございました^^

2008/5/19(月) 午前 0:30 べる 返信する

顔アイコン

まだまだ回ってこないだろうかーって思ってたら、もう来てくれました^^w確かにこの作品根っからの悪人は出てこないですよね。でも、なんか真犯人が唐突すぎませんでした?この犯人についてのヒントといえる伏線が一つもなかったような気がするのですが・・・^^;でも、読後感もGOODでなかなか好きでした^^東野さん、才能の枯渇の名誉はなんとか免れましたね(笑)

2008/5/19(月) 午前 7:41 チルネコ 返信する

顔アイコン

>>チルネコさん、確かに真犯人は唐突でしたね^^;あんな冒頭から伏線が張られているとは思いませんでしたもの^^;もうちょっと真犯人に至る伏線があっても良かったですね。ミステリ部分はともかく、兄妹の絆の部分はなかなか良かったので、私としては結構好きな作品でした。

2008/5/20(火) 午前 0:00 べる 返信する

最近、私のブログに来てくれる方から、この本面白いよーと薦められて、そーいえばべるさんトコで読書録をみたような・・・と思って来て見ましたwほぅほぅ、面白いですか。これは是非とも手に入れないと^^借りると時間がかかりそうなので、私は買うことにしますw

2008/5/25(日) 午後 11:43 [ えれこむ ] 返信する

顔アイコン

>>えれこむさん、私はここ最近の東野作品にいい思いをしていなかったので、少し評価が甘くなった気はします。最盛期の東野さんのキレはなかったものの、リーダビリティは相変わらずですし、読後感が爽やかなのが良かったです。ただ、買う価値があるかどうかは・・・^^;;東野さんなら『白夜行』や『容疑者Xの献身』なんかの方がお薦めですね(もうとっくに読まれてるかもしれませんが^^;)

2008/5/27(火) 午前 0:12 べる 返信する

べるさん、、初めまして。是非読んでみたいと思いました。お気に入り登録させてくださいませ★

2008/6/6(金) 午前 11:48 [ すみれ ] 返信する

>>すみれさん、初めまして!コメントとお気に入り登録まで、ありがとうございます!もしこの記事で興味を持って頂けたとしたら嬉しいです。読まれたご感想などもお聞かせ頂けると嬉しいです。今後ともよろしくお願い致します。

2008/6/7(土) 午前 0:19 べる 返信する

これは久しぶりに読み応えのある東野さんでよかったです(笑)
・・・で、べるさんと感想、すごく似てるんですよね〜これはビックリ!そして何だか嬉しい♪
そうそう、どんな作品でも、読み続けると思える作家ですよね。
トラバさせてください。

2008/7/27(日) 午前 9:41 mrt 返信する

顔アイコン

>>mrtさん、お、好感触でしたか^^わーい、ご感想が似てるなんて私もすごく嬉しいです〜!リーダビリティはやっぱりいつ読んでも素晴らしいな、と感じますからね。どんなに駄作続きでも新刊が出ればチェックして逸早く読もうと思う作家なのは変わりません^^TBありがとうございました。

2008/7/27(日) 午後 11:29 べる 返信する

顔アイコン

この作品は沢山の要素がきれいにまとまって詰め込まれてテンポもよく楽しく読めました。
犯人も気をつけて気にとめていれば「ああ〜、そうか」でしたね。
それより何より、ラストですよ!思わぬ♡展開にあららでした。でも良かった〜♪

2008/10/2(木) 午前 9:50 coico 返信する

顔アイコン

>>coicoさん、なかなか読み応えがありましたよね。いろんな要素が入ってても、散漫な印象もなかったし。犯人は意外でしたね〜^^;ちょっと唐突すぎかな?とも思ったのですが、一応伏線はありましたし、私は納得できました。
そうそう、ラスト良かったですよね!爽やかでした^^TBありがとうございました^^

2008/10/2(木) 午後 11:55 べる 返信する

よみました〜〜。
ホッとしました!ってのがまず最初の感想です!
そうそう。ちょっとラストがさわらかでまとまりすぎ感ありましたが、よかったです♪
TBさせてくださいね♪

2008/11/2(日) 午前 7:17 るぅ 返信する

顔アイコン

>>Rueさん、お、読まれましたか^^ホッとしたっていうのはわかるような^^;東野さんとは思えないラストにちょっと面食らいましたね。爽やかで良かったです^^TBありがとうございました〜^^

2008/11/2(日) 午後 11:40 べる 返信する

読了しました♪久しぶりの東野作品で、まずまず満足でした。3人のキャラ設定は流石だと思いましたが、真犯人が分かっても全く驚かなかったのは、意外性が無かったから?なんとなく、終末へ向かうに従って内容が薄っぺらになっていったような印象でした。けど、傑作なこことは間違いありませんね。トラバさせてください。

それにしても、べるさんの記事には、たくさんの人がコメントしていて、そのコメントを全て読むのも面白いですね。

2009/2/22(日) 午後 10:50 たけたけ 返信する

顔アイコン

>>たけたけさん、まずまず満足(笑)。わかるなぁ、その感じ。真犯人自体は意外なんだけど、伏線はちょっと少なすぎでしたよね。でも、三人のキャラ造詣や兄弟愛がとても良かったです。東野さんにあるまじき(苦笑)、爽やかなラストも好印象でした。
東野作品は人気があって読む人も多いので、コメント数も多くなりますね。それぞれ感想が違うのが面白いですよね^^TBありがとうございました^^

2009/2/24(火) 午前 0:59 べる 返信する

顔アイコン

TBありがとうございました。
読み始めは、どうせ後味が悪いんだろうな、と思ってましたら、あまりに爽やか系でびっくり。それが一番意外でした。

2009/8/20(木) 午後 11:10 retro 返信する

>>retroさん、私も東野さんだから、後味の悪さを想定していたので、あの爽やかなラストには意表をつかれた感じがしました(笑)。
こちらへもTBありがとうございました。

2009/8/21(金) 午後 9:45 べる 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(14)


.


みんなの更新記事