ミステリ読書録

恩田さん、本屋大賞もおめでとうございます(*^^*)。

全体表示

[ リスト ]

恩田陸さんの「きのうの世界」。

東京で平凡な会社員として働いていた中年男性が、ある日突然、何の前触れもなく上司の送別会の
席から忽然と姿を消し、一年後、塔と水路のあるM町の小さな木造の橋の上で死体となって
発見される。刺殺のようだが、周囲に凶器は発見されなかった。彼はどうして死んだのか?
その謎を解く為に一人の女がM町にやってきて、町の人々の間に思わぬ波紋が広がることになる
――著者渾身の傑作長編。


去年から無期限発売延期になっていた本書、一体どうなったんだろう?と気にはなっていた
のですが、ようやく発売されました。去年の発売予定日によもや延期されるとは思わずフライング
で図書館予約を入れたものの、一向に発売されない為一旦予約解除を余技なくされ、今回改めて
予約を入れるという二度手間を踏まされました。実は、この間出た『不連続の世界』が『きのうの
世界』からタイトル変更で発売された作品だったのかと思ったりもしてたんですが、全然別の作品
だったんですね^^;本書は新聞連載作品だそうで。これだけ細切れに謎を提示されたら、さぞ
かし読者は気をもんでただろうなぁと推測しますが^^;
総ページ数478ページ。恩田さんにしては久々のこのボリューム。途中やや中だるみする
感じもあるのですが、独特の世界観と文章力であっという間にページが進んで行きました。

恩田さんご本人自らが『これは私の集大成』とおっしゃったそうですが、まさに『これぞ
恩田陸』と言わしめるような作品だと思います。謎めいた塔と水路の町という設定自体が
なんともいえない幻想的なホラーテイストをかもし出していて恩田ワールド全開です。そこで
一人の男の死体が発見されたことから、不穏な空気が町全体に飛び火していく。この過程の描き方
はさすがで、ぐいぐいと読まされてしまいます。ただ、視点が次々と変わるし、いろんな角度から
事件が語られて行くので、頭を整理するのが大変でした。視点が変わる度に新たな謎が提出される
ので、前で感じた疑問点を忘れちゃったりすることもしばしば。結局最後まで読んでも伏線かと
思われた箇所がそのまま放置されていたりするところも多く、全てがすっきりしないところも
相変わらずの恩田流。今回は本当にそういう場面が多かった。伏線らしき文章があまりにも多い
せいもあるとは思うのですが、思わせぶりな設定が次々出て来る割に、その部分が終盤の謎解き
で生かされることがほとんどなかった^^;ミステリ読みとしては不満に思わなくもないのですが、
「恩田さんだからな・・・」と思えてしまうところが、盲目的ファンだよなぁと自覚してしまいます。
一度読んだだけではまだまだ見落としがありすぎて、作品の正統な評価が下せないような
気がする。もしかしたら、新聞連載ということで、恩田さんご自身も自分で伏線のつもりで
書いた設定のことを忘れちゃったのかな、と思ったりもするのですが^^;

市川吾郎の死の真相には仰天しました。これは多分賛否両論あるんじゃないかなぁ。恩田さんの
世界観だから許される気がするけど、ミステリとしてこれがアリなのかどうかは判断を下しにくい。
確かに、『前代未聞』であること間違いない。一応整合性はあると思うけど、荒唐無稽ともいえるし、
推理できる人はほとんどいないのではないかなぁ。だって、その前に市川に起きたある驚愕の事実
を前提にしないと推理できないように思うので。それが最後まで明かされないから、本格ミステリ
とは言えないですね。フェアじゃないもん。ま、『予想できない結末』として充分驚かされたので、
私としてはアリですが。
三つの塔の謎にも驚かされました。まさかそんな壮大な仕掛けがあるとはねぇ。

腑に落ちない部分を一つ一つあげていくと、多分10や20は軽く超えると思う。これは読んだ
方と是非語り合いたい作品です(周りではまだ誰もいなさそうですが)。っていうか、誰か
お願いだから一つ一つ解説してーーー!!っていいたくなりました^^;ミステリ読みのくせに、
ほんと、頭弱くて嫌になっちゃうなぁ。







以下、思いっきりネタバレしてます。未読の方はご注意を!













結局、新村和音が楡田栄子にしたことって何だったんでしょうか?キャラメルに薬を混ぜた?
でも、栄子の死は結局自然死という結末だし、そうだとしたら一体何の薬を仕込んだのでしょうか。

あと、駅の三つのステンドグラスの『亀』『ハサミ』『天の川』の意味も結局何だったんだ?

塔に結ばれる『赤い糸』の意味もよくわからないまま。町に水が溢れないようにという祈りを
込めるとしても、そもそも一体どこから『赤い糸』が出てきたんだろう?この辺りは地元に
伝わる都市伝説的なものだったと捉えればいいのかなぁ。

市川がやって来たとたんに町の仕掛けが明らかになる位の嵐が来るっていうのもちょっと
ご都合主義的に感じました。何故市川や新村志津はそれ程の嵐が来ることがわかったんだろ?
水抜き穴のセンとして塔はずっと存在していて、町の人もこの塔の本当の機能を知らなかった
位なのだから、多分何十年・何百年と普通の嵐の水量くらいでは排出しきれない状態にならな
かったということだと思うんですが。なぜ今回に限って塔を破壊しなければならなかったのか
がいまいちよくわからなかったです。

他にも細かくあげていけば多分キリがない位、多くの謎が残されています。うーむ。
ま、あまり細かいことをつつかない方が無難なような気はする^^;つきつめていくと
どんどん泥沼にはまっていくような・・・。











とにかく、恩田ワールドにどっぷりはまれる一冊であることは間違いありません。
この世界観を楽しめるか、解かれない謎に腑に落ちない気持ち悪さを感じて憤るか。
それは是非ご自分で確かめてみていただきたいです。
私自身はその中間点にいるような・・・憤ってはいないですけど(笑)。
いい意味でも悪い意味でも『恩田陸』そのものという作品。久々に恩田さんらしい
長編ミステリを読んで満足です(頭が『はてな』で埋め尽くされてはいますけど^^;)。
早く他の方の評価が聞きたいなぁ^^;

この記事に

閉じる コメント(26)

顔アイコン

>>紅子さん、さすが、予約中でしたか^^早く他の方の意見が聞きたいです。「ユージニア」もこれと同様、(いい意味でも悪い意味でも)恩田さんらしい長編ミステリなので是非読んで頂きたい作品なのですが。全てがすっきりする作品ではないですけどね^^;;

2008/9/25(木) 午前 7:51 べる 返信する

顔アイコン

>>桂さん、確かに通勤で持って行くのは辛い厚さですね^^;難解という訳ではないのですが、「あの部分はどうなったんだ?」という箇所がすごく多いんですよね。解説が必要なのは私の読み取り不足が原因です^^;;桂さん早く読んで解説をお願いしますーーー!

2008/9/25(木) 午前 7:54 べる 返信する

本屋さんで見つけて「早く文庫になれ〜」と念じてました。
そんなに解説されない謎が多いのですね!
割ときっちり説明してほしいタイプなので、べるさんと同じく「解説して〜」と思ってしまいそうです★
でも読みたい!

2008/9/25(木) 午後 8:40 [ twill ] 返信する

顔アイコン

>>twillさん、文庫になるのは2〜3年は先でしょうね〜^^;最近は文庫落ちが早いような気はしますが。でも人気作ほどなかなか文庫にならなかったりもするからなー(単行本でも売れるから)。私は頭が悪いので、謎な所がいっぱいでした。誰か解説してくれないかなぁ^^;

2008/9/26(金) 午前 0:15 べる 返信する

最近、恩田ワールドには食傷気味だったのですが、「集大成」なら久しぶりに読んでみようかな。恩田さんの小説には、理路整然とした完成度を求めちゃいけませんよね。

2008/9/26(金) 午後 10:05 りぼん 返信する

顔アイコン

>>りぼんさん、確かに、続けて読むと食傷気味になってしまう作家かもしれないですね^^;「集大成」には違いないと思いますが、好みは分かれるところかもしれません(って、最近の恩田作品のレビューでいつも言ってるけど^^;)。今回、少なくともメインの殺人の謎はすっきり解かれてますよ。是非読んでみて下さい^^

2008/9/28(日) 午前 1:02 べる 返信する

顔アイコン

こんばんはべるさん。読みましたよ〜。結構良かったです。「謎」は「謎」のままで・・ミステリアスな感じを出す小物という感じで読んでました。ラストのほうでとんでもない仕掛けが出てきて面食らいましたね(笑)

2008/10/13(月) 午前 1:45 kms*30 返信する

記事にしましたがべるさんのモヤモヤ感を晴らすことはできませんでした…。三つのステンドグラスや赤い糸などは『世界観』として明確な解がなくても良い気がしたんですが、栄子の件はハッキリさせてほしかったですねぇ。思わせぶりな書き方をしただけ?
私では役不足でしたので、ガッツリと感想を書いてくれる人を待ちましょう(^^;)

2008/10/13(月) 午後 9:23 [ ] 返信する

顔アイコン

>>もねさん、こんばんは。読まれましたか〜。いかにも恩田さんらしい作品でしたよね〜^^やっぱり、「謎」は「謎」のままでいいんでしょうね。恩田さんだし(苦笑)。ラストはまさしく仰天って感じでしたね〜。まさかこうくるとは思わなかったので、かなり面食らいました^^;TBありがとうございました^^

2008/10/13(月) 午後 11:46 べる 返信する

顔アイコン

>>桂さん、あう。やっぱり、誰が読んでも謎は謎のままなんですかねぇ。私だけが頭悪いんじゃなくて良かった^^;栄子の部分はかなり思わせぶりでしたよね。結局何だったんだろう?と今でもモヤモヤしてますが^^;がっつり謎解きしてくれる人いるかなぁ。誰かお願い〜〜〜って感じですね^^;;

2008/10/13(月) 午後 11:48 べる 返信する

顔アイコン

読みましたよ〜べるさん、いえ皆さんの意見↑に賛成です!!!
面白かったんだけど・・・わからない事だらけでした(笑)
でもやっぱり面白くて好きなんだよね〜不思議な事に。
そうそう!べるさんの読んで思い出した疑問点もいっぱいあるわ・・・ゲーム攻略本みたいに恩田陸解説本が欲しい私。
トラバさせてくださいね。

2008/11/5(水) 午前 10:22 mrt 返信する

顔アイコン

>>mrtさん、やっぱり、わからないことだらけでしたよね〜!でも、普通だったらそこで不満を感じるところなのに、なぜか恩田さんに関してだけは許容範囲が広くなり許せてしまうところが恩田マジックですよね(笑)。疑問点、実は細かくあげたらもっともっとありました。私も解説本作って欲しいです^^;TBありがとうございました^^

2008/11/6(木) 午前 8:52 べる 返信する

顔アイコン

「どっぷりはまった」口です(笑)
ホント、これぞ恩田陸ですよねぇ^^うんうん。私としては、恩田作品にはもはや「解決」を求めてはいないので、純粋に楽しかったです。
あ、でも、元ネタ探しとかは面白そうですね♪

2008/12/4(木) 午後 11:11 アニス 返信する

顔アイコン

>>アニスさん、恩田ファンなら絶対どっぷりはまれる一冊ですよね。設定といい、全体を流れる不穏な空気といい、まさに恩田陸!って感じでしたよね。アニスさんもやはり「解決」は求めてませんか(爆)。もやもやも作品の魅力の一つ、みたいな(笑)。読んだ方と会議を開いて、解明されていない謎を一つ一つ検証してみたいです(笑)。TBありがとうございました^^

2008/12/5(金) 午前 0:46 べる 返信する

解かれない謎もいっぱいありましたね〜^^;でも、僕はみてみぬふりできました^^笑)恩田さんのモヤラストで免疫がついたせいでしょうか?恩田さんが放置するなら、僕もスルーみたいな^^というか、どんなラストであれ(w)明かしてくれたのが一番でした^^

2008/12/7(日) 午前 1:36 チルネコ 返信する

顔アイコン

>>チルネコさん、見てみぬフリ(笑)。それが出来るということは、チルネコさんも盲目的恩田ファンになりつつあるということですね(笑)。確かに、一応一番キモとなるミステリの真相はきっちり明かされてますものね。それだけでも満足できますよね(真相はアレですけど・・・^^;;)。TBありがとうございました^^

2008/12/8(月) 午前 0:07 べる 返信する

顔アイコン

へぇ、発売にそんな紆余曲折があったとは…!
いい意味悪い意味、全て含めて集大成、でしょうか。いいんです、私は面白いと思いました!…私も恩田ファンですね〜(しみじみ)。

2008/12/29(月) 午後 10:58 智 返信する

顔アイコン

>>智さん、そうなんですよ〜。去年は一人で『出ない出ないーー!』って騒いでました^^;うんうん。私もどっぷり恩田さんの世界を楽しみましたよ。今年のランキングでも11位に入れましたからね!(ほんとは最初10位だったんです。でもある作品を入れ忘れていたことに気付いて、それ入れたら落ちちゃった^^;)TBありがとうございました^^

2008/12/30(火) 午前 9:57 べる 返信する

残念ながら「やっぱり・・」でした(笑)。恩田さんは短編のほうが向いている作家なのかもしれませんね。

2009/5/22(金) 午前 6:09 りぼん 返信する

顔アイコン

>>りぼんさん、はは。やっぱり〜ですね(苦笑)。私は恩田さんは短編よりも長編が好きなんですけどね〜^^;TBありがとうございました。

2009/5/24(日) 午前 0:02 べる 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(11)


.


みんなの更新記事