ミステリ読書録

じめじめ。晴れ間が恋しい。

全体表示

[ リスト ]

湊かなえさんの「告白」。

終業式の日、幼い我が子を失った女教師はHRの場で生徒に告白する――『愛美は事故で死んだ
のではなく、このクラスの生徒にころされたのです』。じわじわと、女教師は犯人AとBを告発し、
追い詰めて行く・・・第29回小説推理新人賞受賞作。


始め、書店で何気なく新書コーナーを物色していたら、『全国の書店員絶賛』の帯を見て
読んで見たいなーと漠然と思っていた本書。新人だし、そのうち開架に並ぶだろうなんて
のんびり構えていたら、巷でえらい話題になり始め、予約数もうなぎ上り。完全に予約に
乗り遅れてしまったので、一年後でもいいや、なんて思っていたら、先に読まれたゆきあや
さんのご厚意で送って頂けることに。毎度毎度お世話になりっぱなしですみません。もう、
大阪に足を向けて眠れません(自分の部屋から大阪がどっちかわかんないけど←調べろ)。
愛してます(どうせいつもよもさんに負けてるけどっ←なぜ張り合う)。

というわけで、大変ありがたいお申し出により思いがけず早く読めることになりました本書。
前評判で「新人とは思えない筆力」というのは聞いていたけれど、本当に全くその通りでした。
ほぼノンストップで気付いたら一冊読み終えてました。確かに、すごい。話は、子供を亡くした
女教師の告白から始まります。彼女は自分の幼い子供を学校のプールで亡くし、学校を去る
ことに決めます。その前に、娘の事故についてのある告白を生徒たちにし始める。本書は
連作短編形式になっていて、その全てが女教師の事故に関わった人物の独白形式。どの人物も
どこか歪んでいて、自分のことしか考えてない自己中心的な性格で、共感できるところは一つも
ありません。決して読んでいて気持ちのいい話ではないです。みんな少しづつ壊れて、歪んで、
それぞれの道を狂わせて行く。これが一昔前だったらリアリティがないと思われてしまいそう
ですが、低年齢化した犯罪が横行している現代においては、彼らの言動が非常にリアルに迫って
きます。女教師の娘を殺したAとB、どちらも、自分の犯した罪を全く悔いていない。犯した
罪の重さも考えず、その後の自分のことしか考えていない態度にはただただ嫌悪と腹立ちした
感じなかったです。今の現行憲法のことを考え、女教師が出た手段は確かに犯罪被害者側に
立てば最も彼らに打撃を与えるやり方なのではないでしょうか。この作品の中で一番怖い人物は
やはりこの女教師でしょうね。この復讐方法を考えついたというだけでも彼女の性格の陰湿さ
が伺える気がします。最も、彼女のような立場に立たされたら誰でもこんな風に性格が変貌
してしまうのかもしれないけれど。だからといって、彼女を批判したい気持ちになったという
訳ではありません。こういうやり方が正しいとも思わないけれど、AとB、両方の内面の
独白を読んで、彼らを警察に突き出したところで、被害者側にとって神経を逆なでするような
結果が待っていることは目に見えている。女教師は多分、自分に出来る一番効果的な方法で
復讐を果たしたんだと思う。AとB、彼らの独白を読んでいて、一番怖かったのは、彼らが
自分のしたことによって幼い子供の命が失われたという事実に何の感慨も持っていないことです。
むしろ、AもBも「自分が大それたことをした」という自慢げな気持ちでいる。彼らが私には
全く理解不能のモンスターに見えました。私の甥っ子も来年は彼らが犯行を行ったのと
同じ中一になります。どうか、こんな人間にだけはならないで欲しいと願うばかりです。

話がそれました^^;ラストに関しては賛否両論あるでしょうね。でも、私としては、『よくぞ
ここまで落としてくれた』という感じでした。いっそ爽快ささえ感じるくらいの黒さ。改めて、
子供を失った女教師の執念の深さを思い知らされました。倫理的に云えば、「やりすぎ」
なんだろうと思うけど、この歪んだ人物ばかりが出てくる歪んだ物語の締めくくりには
この上もなく相応しいラストなのではないかと感じました。

とにかく、有無を言わさず読ませてしまう筆力はすごい。新人レベルを超えていることは
間違いないところだと思います。次の作品で一体どんなものを出してくるのか。
ここまでインパクトの強い作品の後では難しい気もするけれど、是非水準の高い作品を
生み出して欲しいと思います。読めて良かったです。


ちなみに現在本書の図書館予約は蔵書5冊で180件以上。あのまま開架に並ぶの待ってたら
一年後どころか、三年後とかになってたかも・・・改めて、ゆきあやさんに感謝です。
売れば今なら高く買い取ってもらえただろうに^^;
ありがとう、ありがとう(感涙)。

閉じる コメント(46)

顔アイコン

こんばんはべるさん。あんまり真っ黒なので笑うしかない怪作でした(笑)。この後どのような作品を書いていくのかが楽しみです。TB有難うございます。

2009/2/8(日) 午後 8:48 kms*30 返信する

>>もねさん、わざわざこちらにもTBありがとうございます。確かに笑うしかない怪作ですよね〜。結構突き抜けちゃってる感じが新人離れした勢いがあって良かったです。話題になるのも頷けますよね^^

2009/2/10(火) 午前 0:16 べる 返信する

顔アイコン

最初の章からラストまで”衝撃”が続く作品でした。デビュー作ということも含めてホント凄いですね〜。
ラストは救いがないですが、私も「よくぞここまで」と思いました。

2009/3/8(日) 午前 7:10 [ すずな ] 返信する

顔アイコン

>>すずなさん、衝撃的なデビュー作でしたね。始めに書店で見かけた時はここまで話題になるとは思いませんでしたが。ラストの黒さが際立っていましたね〜。TBありがとうございました^^

2009/3/8(日) 午後 7:13 べる 返信する

顔アイコン

こちらもえらい予約人数で、友人の蔵書に飛び付きました(笑)。あのラストはよく思いついたな、と思いました。私は爽快とまではいかなかったけど、自分がしたことがどんなことだったのか、この方法でないと相手には分からなかったでしょうね〜。

2009/3/30(月) 午後 10:45 智 返信する

顔アイコン

>>智さん、私の所もまだ200人位いそう^^;爽快っていうとちょっとニュアンスが違う気もするんですが、私はあのラストでよかったと思いましたね。中途半端にうやむやに終わるよりは、とことん落としてくれた方がすっきりします。怖い作品でしたね^^;TBありがとうございました。

2009/3/31(火) 午前 0:23 べる 返信する

ベルさん、こんにちは。
私も読みましたが、とにかく暗い内容で最後にもう少しいい方向で終わってほしかったって思いました。でも、あっというまに読んでしまうくらい、夢中になりましたけど。

2009/5/21(木) 午後 0:19 [ たかsan ] 返信する

顔アイコン

>>たかsan、こんばんは^^最初から最後まで全く救いがなかったですものね。でも、これで救いを作ってしまうと作品としてのインパクトには欠けてしまったのではないかという気はします。とことんリアリティがない所がこの作品の良さかもしれません。

2009/5/21(木) 午後 11:46 べる 返信する

これは憎悪に殺されそうなほど不快でしたけど、気がつけば一気読みしてしまいました。ここまでのめりこませる悪意も珍しいです。
これは話題になって当然ですね。それにしても最後の最後までどこまで行くのかその憎悪。
女性教師の怨念は子を殺された母として分らなくもないけど凄すぎましたね。TBさせてくださいね。

2009/7/23(木) 午前 11:19 coico 返信する

顔アイコン

>>coicoさん、憎悪に殺される・・・確かに、すごかったです^^;先生が淡々と悪事を暴き立てるので、余計に怖いんですよね。中学生でこんな恐怖を味わわされたら、絶対トラウマですよね。まぁ、相手もとんでもない悪ガキたちばかりでしたけど^^;;執念と怨念の凄まじい負のオーラを感じる作品でした。TBありがとうございました^^

2009/7/24(金) 午前 0:24 べる 返信する

TBありがとうございました。
実家の図書館だと30人待ち(所蔵は2〜3冊)で借りられましたが、名古屋市だと1200人待ちという驚愕の数字が表示されました。所蔵数が市全体で50冊近くありましたけど。

2009/7/26(日) 午前 4:01 chad 返信する

顔アイコン

>>chadさん、うちの方は市内全域で蔵書19冊(これも破格の冊数です)で660人以上予約が入ってました・・・なんと、村上春樹(1Q84)超えです・・・びっくり^^;;こちらへもTBありがとうございました。

2009/7/26(日) 午後 11:51 べる 返信する

アバター

予約に乗り遅れ、やっと回ってきました(^o^;
蔵書数が111冊。ちょっと前の予約件数は1404件。
もっと乗り遅れてる人もいるようですww
なんだか、怖かったですけど…母親目線で読むと、自分が子供を殺されて、この教師のような知識とチャンスがあるなら、同じことをやりたいと思いましたよ><
TBさせてくださいね♪

2009/8/8(土) 午後 11:08 チュウ 返信する

顔アイコン

>>チュウさん、相変わらずチュウさんの所の図書館は破格の予約数ですね〜^^;;蔵書111冊もすごい^^;チュウさんもお子様をお持ちなので、母親目線で読むとまた違った感想を抱くかもしれないですね。TBありがとうございました。

2009/8/9(日) 午前 0:17 べる 返信する

レビューを書きにくい本でした。教師による「犯罪と懲罰の公表」というテーマが暗かったせいですね。

2009/9/23(水) 午前 7:57 りぼん 返信する

顔アイコン

>>りぼんさん、そうですね。この作品を『面白い』と表現するのも抵抗ありますしね。でも、読ませる力はすごいと思いました。TBありがとうございました。

2009/9/23(水) 午前 8:33 べる 返信する

顔アイコン

itchy1976です。TB&コメントありがとうございます。

「どす黒い」という印象ですね。ここまで徹底的にやられると、怖がるどころか笑うしかない感じですね。
これからもよろしくお願いします。

2010/6/8(火) 午後 11:07 [ itc*y*197* ] 返信する

>>itchy1976さん、いつもありがとうございます^^
確かにどす黒かったですね〜。最初から最後まで。ここまで徹底してくれると、ほんと笑いがこみ上げて来ますね(苦笑)。
こちらこそ、これからもよろしくお願いします^^

2010/6/9(水) 午前 0:14 べる 返信する

話題になっている本ようやく読めました。^^;

「う〜ん」と唸ってます。
何一つ救われないし、まるでゾンビを撃ち殺すミラ・ジョヴォヴィッチみたいです。銃は持ちいませんが。

でも、こういう本もあっていいのかもしれませんね。
裁判員裁判の難しさが頭をよぎりました。
いずれにせよ、一読すべき本だと思いました。

2011/11/12(土) 午後 8:52 [ トウギョウ ] 返信する

顔アイコン

>>トウギョウさん、救いはなかったですよね〜。ほんと、賛否両論ある本だろうなって思います。
私も、個人的にはアリだと思います。ここまで徹底して救いのなさを持ってこられたら、それはそれで納得させられちゃいます。
裁判員裁判・・・なるほど。担任教師は、被害者でもあり加害者でもあるんですよね。彼女のしたことに嫌悪する人も多いでしょうけど、生徒たちにより嫌悪を覚える人も多いでしょう。人の感情って難しいですよね・・・。

2011/11/13(日) 午後 11:31 べる 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(23)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事