ミステリ読書録

また来た。予約ラッシュ・・・。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

近藤史恵さんの「砂漠の悪魔」。

大学生の橋場広太は、親友である夏樹への積年の鬱屈した思いから、夏樹が思いを寄せる一つ上の
先輩・桂を利用して彼を陥れる計画を思いつく。計画は実行され、夏樹がまんまとその姦計に
はまってくれたことで、広太は満足していた。しかし、ある日広太の仕掛けた策略が桂の口から
夏樹にバレてしまい、親友と愛する女性同時に裏切られたことを知った夏樹は、絶望から自殺
してしまう。その夏樹の死が契機となり、広太の人生は急落、ヤクザに付け狙われて中国の地で
運び屋をやらされる羽目になってしまう。しかし、現地で知り合った日本人留学生の鵜野と
出会ったことで、再び広太の運命は変わって行く――極寒の地・中国を舞台に繰り広げられる
逃亡劇の果てには何が待ち受けているのか――。


近藤さん最新作。いやー、ぶっとんだ。なんなんだ、この結末。まさかまさかの展開に唖然と
してしまいました。いや、まぁ、作中の至るところで中国が抱える問題を小出しにしては考え
させられる作品だなぁとは思っていたけれど。中国のウイグル自治区なんかが出て来る時点で、
主人公の抱える鬱屈した心理描写と相まって、この国の社会情勢の暗部に暗い気持ちにさせられ
ながらの読書でしたが・・・極めつけがこのラストの一撃。ここまで書いちゃって大丈夫かな、
近藤さん・・・ってちょっと心配になってしまった。多分、これが実情なのだろうけれど、
だからこそ、真に迫っていて恐ろしいものを感じました。ホラー小説なんかでは全くないの
だけれど、このラストの怖さはそこら辺のホラー以上のものがあります。それがこの地では
日常に起こり得ることであるという紛れもない事実に、同じアジアの国とは思えない怖さを感じ
ました。ただ、日本人として歴史を学んだ人ならば誰もが、この事実に目を背けることは
出来ないと思います。ネタばれになっちゃうのでこれ以上書きようがないんですけど・・・
多分その部分を読んでいただければ私の言いたいことがわかってもらえると思う。とにかく、
冒頭で広太が夏樹にした唾棄すべき仕打ちからして吐き気がする程の嫌悪感を覚え、さらに
そこから上乗せするかのように暗い気持ちになるような出来事ばかりが続いて行くので、
なかなか精神的に読むのがきつい作品ではありました。ただ、広太が二度目に中国に渡って
逃避行を始めてからは、完全に中国ロードノベルと化して行くので、見知らぬ土地を自分も
旅している気分にはなったのですが。特に、今まで漠然と思い描いていた中国とは全く違った
景色の土地を転々とするので、本当に中国というのはいろんな顔を持っている国なんだなぁと
再認識させられました。中華料理は好きだけど、中国自体にあまりいいイメージはないので、今まで
行ってみたいと思ったことはなかったのですが・・・でも、この作品読んで「中国に行ってみたい」
と思う人も、ほとんどいないんじゃないかなって思う・・・。出てくる料理はやたらにどれも
美味しそうだったんですけどね・・・。

一気読み出来るリーダビリティは保証しますが、どこまでも救いのない結末をどう捉えるかは
読む人によって違うでしょうね。主人公に関しては完全に自業自得だと思うんですが、ある
人物に関しては運が悪かったとしか言い様がなく・・・あまりにも無情な結末に暗鬱な気持ちに
なりました。タイトルの『砂漠の悪魔』が何を表すのか、それがわかった時の破壊力は凄まじい。
この作品を読んで、中国の砂漠になんて絶対に行きたくない、と思ってしまった・・・それが
どんなに美しく忘れがたい風景だとしても。砂漠が見たくなったら鳥取砂丘にでも行こう・・・
(え、全然違うって?^^;)。
読んでいて気持ちの良い話ではないですが、問題提起させるという意味では、十分な衝撃作じゃ
ないでしょうか。中国問題に作者が真っ向から挑んだ、と言ってもいいかもしれない。良くも
悪くも、問題作と云えるでしょう。
読んだ方のご意見がいろいろと聞いてみたい作品なのは間違いありません。

この記事に

閉じる コメント(25)

顔アイコン

>>ste*wag*nさん、東さんって、気になりつつ結局一冊も読んだことないんですよ。すすきの探偵のシリーズは読んでみたいと思うのですが、冊数も多そうなのでどれから読んでいいかわからなくて。本書は中国問題も絡んでいるので、問題作であるのは間違いないと思います。

2010/10/25(月) 午後 11:59 べる 返信する

>>わさびさん、そうですね。タイトルの意味がわかった時は衝撃を受けると思います。確かに病んでる時は読まない方が良いかも^^;

2010/10/26(火) 午前 0:00 べる 返信する

顔アイコン

>>ねこりんさん、日中関係はデリケートな問題ですからねぇ。でも、中国人がこれを読んでどう感じるのかは気になりますね。
この結末をどう捉えるのか、是非読まれた感想をお伺いしてみたいです。

2010/10/26(火) 午前 0:05 べる 返信する

>>LIBRA終盤までは、主人公の転落人生+中国ロードノベルって感じです。ラストの展開は、やっぱりありのままを描こうと思った著者の心意気を感じますね。

2010/10/26(火) 午前 0:06 べる 返信する

>>あられもちさん、私は本屋で売ってるのを見かけてネット反映される前に予約したら一番手でした。さくさく読めるけど、内容は非常に重いです。まぁ、主人公に関しては自業自得なんですけどね。

2010/10/26(火) 午前 0:08 べる 返信する

顔アイコン

↑あ、LIBRAさんのさんをつけ忘れてしまいました^^;スミマセン〜〜^^;;

2010/10/26(火) 午前 0:32 べる 返信する

顔アイコン

「サクリファイス」「エデン」の自転車ものを読んで好きな
作家さんになりました。
こわい話ということですが、興味深いので読んでみます。

2010/10/26(火) 午後 3:06 ちゃり 返信する

顔アイコン

>>ちゃりさん、怖いといっても、ホラーみたいな怖さとは全く違うのですが。『サクリファイス』のシリーズとは全く違う世界なので、ちょっと戸惑われるかもしれませんね^^;

2010/10/26(火) 午後 11:47 べる 返信する

顔アイコン

東直己面白いですよ。
代表的な「ススキノ探偵シリーズ」も「探偵畝原シリーズ」もそれぞれ10作8作ありますが、順番通り読まないと、登場人物の変化についていけないかも、、、、、、、。両シリーズに登場する人もいますんで、めんどくさいかもしれませんが、がんばっていただくと、必ずはまるとおもいますよ。どちらかと言えば「畝原」の方が女性には読みやすいかとおもいます。

2010/10/27(水) 午前 1:29 [ おいちゃん ] 返信する

顔アイコン

いま、今読んでます!井戸に放り込んですたこら逃亡するところを。
あっと驚く?楽しみ〜!

2010/10/27(水) 午後 4:55 [ 北の残党 ] 返信する

顔アイコン

読んだ。複雑だ〜。
直木賞候補になるかな?推薦しそうですか?
個人的には、とても疾走感が好き。

2010/10/28(木) 午後 6:40 [ 北の残党 ] 返信する

>>ste*wag*nさん、ご紹介ありがとうございます^^なるほど畝原(うねはら??)シリーズというのもあるのですね。そちらは初めて知りました。チェックしておきたいと思います。でも、どちらも8作以上かぁ。なかなか気が遠くなる冊数だなぁ^^;

2010/10/29(金) 午前 0:02 べる 返信する

顔アイコン

>>北の残党さん、あの井戸のシーンだけでも結構面食らいましたよね・・・自分の家の庭の井戸に?って^^;

2010/10/29(金) 午前 0:04 べる 返信する

顔アイコン

>>北の残党さん、お疲れ様でした〜^^あのラストには面食らいましたね〜。直木賞はないんじゃないかなぁ・・・。近藤さんってノミネートされたことありましたっけ??問題作すぎてこういうのはなかなか評価されにくい作品って感じがしますけれど、どうでしょうね。

2010/10/29(金) 午前 0:17 べる 返信する

顔アイコン

二度目でごめんなさい(謝
図書館の予約が回ってきて、読めました!

ワタクシ個人的には、中国政府が見せたくないものを
貧乏旅行でいっぱい見てきましたので、わかるところが
たくさんありました。

中国も西の端まで行ってしまって、
どこまで逃げるんだろ?と思っていた矢先にアレですからね・・・
でも、彼のしでかしてきた「業ごう」として
彼の境遇をとらえるなら、わからなくはない話だと思いました。

2010/11/12(金) 午後 9:03 ちゃり 返信する

顔アイコン

>>ちゃりさん、とんでもないです。再びのコメント嬉しいです。わざわざありがとうございます!
あ、中国に行かれたことがおありなのですね。では、読んでいて懐かしさもあったのでしょうね。
ほんとに、ラストの急展開には面食らいましたね〜。私も、主人公に関しては自業自得だと思いました。でも、もう一人に関しては・・・運が悪かったとしか言い様がないですよね・・・あまりにも救いがなくて暗澹たる思いになりました。

2010/11/12(金) 午後 11:32 べる 返信する

顔アイコン

べべべ、べるさん!びっくりしたよ、ぶっとんだよ!(まだ動揺中)近藤さん凄い分野に切り込んだね...。あの時期あの地域でこういうことが起こっていたという事実を知らなかったのでそれを今知る事が出来て良かったと思いました。

2011/3/17(木) 午前 9:14 しら菊 返信する

顔アイコン

こんばんはべるさん。これ読んだことないのですが、何となく扱っている話題がわかるような気がします。タクラマカン砂漠、シルクロード、楼蘭、ロプノール、70年代からNHKなんかで取り上げられてロマンチックな場所で観光客も多かった時代がありますが、この砂漠には全く別のおそろしい顔があります。おそらくそれが「砂漠の悪魔」なのではないかと思います。機会があれば読んでみたいと思います。話が変わりますが画家の平山郁夫ってよく行ってたらしいですが、大丈夫だったのでしょうか?

2011/3/17(木) 午後 8:59 kms*30 返信する

顔アイコン

>>しら菊さん、びびび、びっくりしましたよねぇ〜(笑)。あの終盤に来て、まさかの展開。私もぶっとびました^^;私も知らなかったです。でも、きっと事実なんですよね。近藤さん、思い切った作品を書いたなぁ、と感心しつつ、ちょっぴり心配になりました^^;TBありがとうございました^^

2011/3/19(土) 午後 11:41 べる 返信する

顔アイコン

>>もねさん、こんばんは〜。おおっ、これだけの情報であのラストがおわかりになるとは・・・!お見それしました^^;まさに、恐るべき顔を持った砂漠で、心の底から震えが来そうな気がしました。
へぇ、平山郁夫さんが。確かに、砂漠は絵の題材にはなりそうですが・・・だ、大丈夫だったんでしょうか^^;;

2011/3/19(土) 午後 11:44 べる 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(2)


.


みんなの更新記事