全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

湊かなえさんの「往復書簡」。

あれは本当に事故だったのだと、私に納得させてください。高校卒業以来十年ぶりに放送部の
同級生が集まった地元での結婚式。女子四人のうち一人だけ欠けた千秋は、行方不明だという。
そこには五年前の「事故」が影を落としていた。真実を知りたい悦子は、式の後日、事故現場に
いたというあずみと静香に手紙を送る―(「十年後の卒業文集」)。書簡形式の連作ミステリ
(あらすじ抜粋)。


湊さんの最新刊。タイトル通り、書簡のみで構成された中編が三編収録されています。ここ
数作ラストに救いを持たせる作品が多かった湊さんですが、この作品では登場人物にも毒の
ある人物がほとんど出てこず、作品自体も読み終えて心が温かくなる作品ばかり。そろそろ
路線変更しようという現れなんでしょうかね。三作とも、書面による文通交換の中で、過去の
ある出来事(事件)の真相が少しづつ明らかにされていく形式の書簡ミステリー。どれも子供
の頃の出来事というところは同じですが、それぞれに違った趣向の作品なので、基本は同じ
展開なのですが、飽きずに読み通すことが出来ました。パソコンや携帯がこれほど普及した
世の中で、敢えて文通という旧式の手法を取り上げたところが良かったですね。小説媒体だと
印刷された活字になってしまうとはいえ、手紙というツールでのやりとりというのは、やっぱり
温かみが感じられて素敵です。森見さんの『恋文の技術』を読んだときにも思いましたが、
最近文章を自分の直筆で書くということがめっきりなくなってしまったので、たまには誰かに
自分の字で手紙を書くのもいいな、と思いました。といっても、私は自分の字にコンプレックスが
あるので、人に自分の字を見られるのはちょっと恥ずかしいのですが・・・^^;きれいな字が
書けるって、それだけでその人の好感度もアップしちゃいますね。私も日ペンの美子ちゃんを
やっておけば・・・と何度後悔させられたことか(しかし、あれはほんとに効果があるのかね)。
最近一番字を書く機会が多いのは図書館の書面での新刊予約なんですけれど。ほんと、私の字
悪筆で読みにくくて、毎度司書の方に申し訳ないなぁと思います・・・(すみません)。



おっと、脱線^^;では、以下、各作品の感想を。
若干ネタバレ気味になっておりますので、未読の方はご注意ください。







『十年後の卒業文集』
高校卒業して10年、夫の海外赴任で海外在住になった悦子は、高校の同級生千秋が消息不明で
行方不明になっていることに驚き、同級生に手紙で連絡を取ることに。千秋の行方不明は、
高校三年の時のある事故が原因で顔に傷を負い、心を病んだせいではないのか・・・。

千秋の失踪の真相は意外にあっけないものでしたが、終盤で明かされる手紙のからくりには
驚きました。でも、いくら10年が経っていて女性が化粧で変わるとはいえ、誰にも気づかれずに
・・・てのは無理があるんじゃないかなぁ?


『二十年後の宿題』
小学生の頃にお世話になった竹沢先生から、過去に受け持った6人の生徒がその後どうして
いるのか調べて欲しいと頼まれた大場は、一人づつの居場所を調べて会いに行き、その顛末を
手紙で知らせることに。その6人とは、竹沢先生の旦那さんが水死した際に一緒にいた生徒たち
だった――。

6人目の人物がある人物と同一人物だったというのはさすがに偶然が過ぎるだろう、とツッコミ
たくなったのですが、ラストで明らかにされる事実を知り、溜飲が下がりました。そもそもの
発端からして違っていたのですね。事件の真相はとてもやるせないものでした。竹沢先生と
その旦那さんの人となりやその時の実情が明らかにされて、余計に悲しみが増しました。私が
同じ立場だったら、家族と教え子、どちらを優先して助けるでしょうか・・・。非難されようとも、
やっぱり竹沢先生と同じ選択をしてしまうのではないかな・・・。
ラストはここまで先生の為に奔走した大場君が可哀想な結末を迎えるのかと思ったのですが・・・
心温まる結末に嬉しくなりました。報われて良かったねぇ。

『十五年後の補修』
国際ボランティア隊に志願し、二年間P国に渡ってしまった恋人の純一。寂しい万里子はエアメール
でのやりとりを提案。ぎこちないながらも、二人の文通が始まった。しかし、二人の間には小学生
の頃のある出来事が暗い歪みとなって凝り固まっていた。

これは一番面白かったかな。出だしのラブラブ恋文のやりとりには、こっちが小っ恥ずかしく
なるくらいだったのだけれど、途中からだんだん不穏な空気になってきて、ある事実が明らかに
された所で黒さが爆発したので、湊さんの本領発揮!?と思ったのですが・・・今回はそれが
いい方向に裏切られました。なんだか、有川さんの作品を読んでる気分になりましたが(苦笑)。
ベタな展開すぎて苦笑しちゃいそうになるけれども、こういうラストはやっぱり素敵だね。




湊女史の作品にしては、登場人物にもストーリーにもほとんど毒がないので、今までの作品を
読んできたファンにとってはちょっと意外な作品かもしれません。湊さんの黒いところが大好き
な人間としてはちょっと残念でもあるのだけれど、作品としては面白い趣向だし、ミステリと
しても楽しめて良かったです。こんな心温まる感動作も書ける人なのだね(←失礼発言)。
今後はどんな方向性になって行くのかな。なんだかんだいって、今後も注目しちゃう作家さん
なのは間違いありません。

閉じる コメント(22)

作品を発表するにつれ毒が抜けていってるんでしょうか?(笑)
強烈な印象でデビューしたので、路線変更も大変でしょうね。「心あたたまる」に↑同じくビックリです。
もういいかな、と思っていた作家さんなのに、けっこう後を引くタイプですよね。気になってしまう(苦笑)

2010/11/8(月) 午前 8:29 しろねこ 返信する

顔アイコン

黒さが抜けてて、私としてはなかなか楽しめた作品です(≧v≦)べるさんも好感持たれたみたいですね☆私は2番目のお話が一番気に入ったのですが、べるさんはラストのお話が気に入ったんですね〜!!
確かに有川浩さんのよぅなベタ甘さがありましたね(笑)手紙、書いてみたくなりました、ウンウン。
直筆の機会と言えば…年賀状そろそろ買わなきゃの季節♪年賀状の余白に近況とか書くの意外と楽しくていっぱい書いちゃう人です☆準備しよ〜っと!!

2010/11/8(月) 午後 0:40 [ ふわわん桜 ] 返信する

顔アイコン

あらら、10月初めに予約したとき、予約待ち1件だったのに、まだ回ってこない・・・

路線変更もまた楽しみかも。

2010/11/8(月) 午後 4:53 あられもち 返信する

顔アイコン

>>KORさん、今までの黒一辺倒とはかなり違いますね。ただ、どの作品にも毒が全くないわけでもないのですが。
ああ、そうそう。筆ペンで字書くの大っきらいです。あれはほんとに勘弁して欲しい。サインペンが置いてあるとほっとするんですよね(苦笑)。

2010/11/9(火) 午後 11:52 べる 返信する

顔アイコン

>>ゆきあやさん、ちょっと言い過ぎたかな^^;でも、読後感はどれも悪くないです。特に二作目三作目のラストは好きですね〜。これは『夜行観覧車』ほど乗り遅れなかったから、結構早く回ってきたよ。どちらが好きかと聞かれたら、間違いなくこっちだって答えますね。

2010/11/9(火) 午後 11:55 べる 返信する

>>しろねこさん、そんな感じはしますね。本書に関しては、ご本人のインタビューでも『書きたいものを書いた』みたいに言ってらしたそうなので、今後は毒のないこういうタイプの作品を書いて行きたいのかもしれないですね。

2010/11/9(火) 午後 11:57 べる 返信する

顔アイコン

>>ふわわん桜さん、書簡形式という、ちょっと趣向が変わった作品ってだけでも面白いですし、一編一編の出来もなかなか良かったので、なかなか楽しめた作品でしたよ。私も二作目も好きですよ。特に、あのラストがいいですよね。主人公、報われないのかな、と気の毒になったのですが、ちゃんと報われてほっとしました(笑)。
年賀状の一言は私も直筆で書くのですが、年々面倒になって文章が短くなっているような・・・^^;;TBありがとうございました^^

2010/11/10(水) 午前 0:01 べる 返信する

顔アイコン

>>あられもちさん、10月始めに予約1件で未だに回って来ないって不思議ですね。前の人が返さないのかな。でも、次に予約の入ってる本って、結構すぐ督促が行くと思うんですけどねぇ。早く回ってくるといいですね。

2010/11/10(水) 午前 0:03 べる 返信する

アバター

やっと、本が読めました!(爆)

これは「告白」より、かなり薄くなっている感じでしたね。
言葉づかいなども、手紙文だから仕方ないですが、ちょっと違和感もあり。。。
3話めの展開が、まあまあ良かったです。
これから、読書がんばります!

2010/11/16(火) 午後 3:30 usako 返信する

>>ウサコさん、お久しぶりですね。久しぶりに読んだ本はコレでしたか。『告白』に比べると、かなり毒がないのでさらっと読めちゃいますよね。たしかに、手紙らしくない文章とかもありましたね。私も三作目の展開は好きでした。
今後の読書記事も楽しみにしてます〜。TBありがとうございました^^

2010/11/17(水) 午後 11:58 べる 返信する

アバター

どす黒さが無い分、「何か」がもうちょっと欲しかったです。
得に1編目。意外性が、薄っ!!!強引すぎるし^^;
2編目が一番、良かったかなぁ〜。
3編目は、予想通り!!でした(笑)

今後の方向性が楽しみになりましたね〜。
トラバ返しさせてください。

2010/12/27(月) 午前 10:07 わぐま(*^。^*) 返信する

顔アイコン

>>わぐまさん、わぐまさんには物足りなかったみたいですね〜。私は結構面白く読めたのですが。確かに、湊さんにしてはどの話もあっさり終わっちゃう感じでしたかね。3編目、予想通りでしたか〜。確かに、ベタなオチでしたね(苦笑)。今後はどんな作品を書いて行かれるのでしょうね。取り敢えず追いかけていこうと思います^^TBありがとうございました^^

2010/12/30(木) 午後 4:38 べる 返信する

顔アイコン

うんうん、そうそう。そう!と頷きながらべるさんのレビューを読みました。今までの湊作品みたいな毒がなく、読後感も良い作品だったんですが面白く読めましたね〜。
「十年後の卒業文集」では、私も、いくら10年会わなかったとはいえ誰もが気付かないってのはどうかな、と思いました^^;ちょっと無理矢理感が否めない…。

2011/1/25(火) 午後 0:35 [ すずな ] 返信する

顔アイコン

>>すずなさん、共感して頂けて嬉しいです〜^^読後感良かったですよね。今回はそれがプラスの評価になりました。
『十年後〜』、やっぱりちょっとあの真相は苦しいものがありましたよね。いくらなんでも・・・ねぇ。子供の時からの十年ならともかく。私なんて、子供の時から顔が変わらないって、昔、久しぶりに会った同級生から大笑いされたことがあるくらいです(嘆)。TBありがとうございました^^

2011/1/26(水) 午後 11:46 べる 返信する

アバター

そっか…路線変更を企んでらっしゃるのか…
どうしても、黒いどろどろの湊さんを期待してる、悪い私が出てきちゃうんですよね。湊さんを読むと…ププッ ( ̄m ̄*)
TBさせてくださいね♪

2011/6/3(金) 午後 11:43 チュウ 返信する

顔アイコン

>>チュウさん、やっぱり、似たような作品が続いていて、周りからもいろいろと言われてらっしゃったんじゃないでしょうか。確かに、黒い方が湊さんらしいと思っちゃいますものね。でも、こういうのはこういうので楽しめました。TBありがとうございました^^

2011/6/5(日) 午前 0:58 べる 返信する

顔アイコン

読みました。甘ちゃんの私にはこれぐらいの黒さがちょうど良かったです(笑)。べるさんのおっしゃるとおり、手紙が書きたくなりますねー。ひさびさの湊作品、読めて良かったです。

2011/6/23(木) 午前 0:43 KOR 返信する

顔アイコン

>>KORさん。甘ちゃんって(笑)。なかなか好感触だったようで、ほっとしました。手紙、書いてないですねぇ・・・たまには、便箋と封筒を使って手紙を書きたいと思うのですが、出す人がいない(苦笑)。『花の鎖』も読んでね^^TBありがとうございました^^

2011/6/24(金) 午後 11:09 べる 返信する

顔アイコン

遅れやしてごめんやして^^;
思っていたほど癒し系?ではなかったです(笑)。が、最後にホッとするって感じかなあ。3編目は感動しましたがもっとスマートに終わってくれればもっと良かったですね。蛇足感が。。

2012/1/17(火) 午前 0:50 ゆきあや 返信する

顔アイコン

>>ゆきあやさん、いやいや、私も最近リコメントが遅れがちですみません^^;
癒し系って感じではなかったですね、確かに^^;私は3つ目のラスト、結構好きでしたけどね。まぁ、蛇足といえば、蛇足だったかもね^^;TBありがとでした^^

2012/1/18(水) 午後 11:23 べる 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(9)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事