全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

東野圭吾さんの「真夏の方程式」。

夏休みを伯母一家が経営する旅館で過ごすことになった少年・恭平。仕事で訪れた湯川も、その宿に
滞在することを決めた。翌朝、もう一人の宿泊客が変死体で見つかった。その男は定年退職した
元警視庁の刑事だという。彼はなぜ、この美しい海を誇る町にやって来たのか…。これは事故か、
殺人か。湯川が気づいてしまった真相とは―(あらすじ抜粋)。


待望のガリレオシリーズ最新刊。予約に若干乗り遅れ、二ヶ月遅れとなりましたが、ようやく読め
ました。といっても、東野さんの新刊なら二ヶ月遅れでも全然遅くはないよね。私の後にはすでに
400人以上の人が待っている訳だし。予約20人待ち程度の私が二ヶ月待たされたんだから、
最後の人なんて、一体何年待ちになるんですかね。

今回は長編。ガリレオ湯川先生が、海底鉱山資源開発の調査をする為に、玻璃ケ浦という海辺の
街にやって来るところから始まります。行きの電車の中で、湯川先生は一人の少年と知り合いに
なり、その少年が泊まる予定の宿を聞き出し、思うところあってそこに泊まることに決めます。
宿はシーズンオフということもあって、湯川先生の他に一人しかお客さんがいません。けれども、
その唯一の客が奇妙な場所で死んでいるのが発見されるのです。警察の捜査で、その死は単なる
事故ではないことがわかり、事件は混迷を来たして行くことに・・・というのが大筋。

今回、普段とは離れた街で事件が起きるので、草薙刑事や打海さんは出て来ないのかな、と
思ったのですが、そんなことはなく、ある理由から警視庁も事件に介入して来る関係で、しっかり
二人とも登場します。しかも、今回は二人がパートナーを組んで行動するので、二人で出て来る
シーンが結構多い。その分湯川先生との絡みが少ないのが残念ではありましたが、草薙刑事と
内海さん、なかなかの名コンビなのではないかと思いました。どちらも鋭い着眼点を持っている
せいか、独自の視点で捜査を進めることが出来るので、単独で動いてもちゃんと捜査に収穫が
ある。無駄な動きがあまりないので、捜査の進展も早い。その上、隠し玉に湯川先生がいるん
だから、二人のコンビって最強じゃないかと思いました(笑)。このまま二人で組んで仕事して
たら、お手柄連発で出世するのも早いかも(笑)。まぁ、今回の事件に関しては、結局二人の
捜査が、表面上ではほとんど解決に関わっていないような形になってしまった感じでしたが。

今回、このシリーズ最大の魅力である理系トリックだけを取ると、少々物足りなさを感じる
ところは否めないのですが、何といっても、本書の最大の読み所は、少年と湯川先生のひと夏
の交流の部分ではないかと思います。もともと湯川という人物は、クールなキャラクターに
反して、事件解決の部分ではかなりの人情派だと思うのですが、今回も彼のその人間らしさが
非常に良く現れていたのではないかと思います。少年にけしかけられて、ムキになってゲーム
する湯川先生がなんだか可愛らしくて、ニヤニヤしちゃいました(笑)。宿題を手伝ってあげ
ようとしたり、一緒に夕食を食べていて、少年が食べているオムライスに羨ましそうな顔したりと、
意外な行動がいっぱいありました。子供に対して、こんなに親身に接するとは思いませんでした。
でも、湯川先生の素敵なところは、子供に対する時も、しっかり彼を『一人の人間』として扱って
いるところ。子供だからって、変なごまかしをしたり、適当にあしらったりしないので、二人の
シーンは対等の友人のように思えました。もちろん、湯川先生の方が少年にいろんなことを教えて
あげる立場ではあったのですけれど。
最後の、二人の別れのシーンで、湯川先生が少年に告げる言葉が心に沁みました。こんな
事件が起きた時に、少年のそばに湯川先生がいたことで、彼の人生は大きく変わったと思う。
たった一人で事件に向きあっていたら、彼の人格は一体どうなってしまったのか。湯川先生
の最後の言葉は、きっと一生少年の心に刻み込まれて行くのでしょうね。いつか、また二人が
再会する日が来るといいな、と思いました。


やっぱりこのシリーズは面白いです。湯川先生は素敵だし。今回もちょこちょことファン
サービスシーンが盛り込まれているところが東野さんらしい(ゲームのとことか、少年とペット
ボトルでロケット実験するとことか、海でシュノーケルするとことか、普段見られない姿が
拝めます(笑))。

事件の収拾に関しては、若干不満に感じない訳ではありませんが、ある人物を不幸にしない為には、
こうするより他になかったのでしょう。湯川先生の思いに、胸が熱くなりました。その気持ちが
本人にしっかり届いたことがわかって、嬉しかったです。

ガラス細工のように美しい玻璃の海が見て見たくなりました。
そういえば、少し前にどっかの海で日本の調査団がレアメタルを発見したというニュースを
やっていたのを思い出しました。相変わらず、時代に先駆けて作品を書かれる方だなぁ。その
先見の明があるからこそ、東野さんがこれ程の人気作家で居続けられるのかもしれないですね。

閉じる コメント(30)

顔アイコン

>>KORさん、そうか、ある意味、二ヶ月待たされてちょうどいい時期に読めたとも言えるのかも(笑)。そうそう、子供の頃って、自分と同じ目線で接してくれる人を信用しますよね。今回の幕引きは、いかにも湯川先生らしいと私も思いました。TBありがとうございました^^

2011/8/5(金) 午後 11:43 べる 返信する

顔アイコン

>>あややっくすさん、そうですね。私もトリックはちょっとこのシリーズにしては地味かな、と思いました。動機も、別に殺さなくても・・・って感じもありましたね。
確かに、開発と環境問題との折り合いの部分はもう一歩踏み込んで欲しかった気もしますね。でも、結局結論が出る問題じゃないって感じもするんですけどね。

2011/8/5(金) 午後 11:47 べる 返信する

>>夕凪日和さん、今回は私もブログのお友達に教えて頂きました。東野さんの予約は、発売日情報が重要ですからね〜^^;
わー、ご友人、図書館に就職なんて、ほんとに羨ましい!1/100の確率なんて、超狭き門じゃないですか。私も一度でいいから図書館で働いてみたいです〜。

2011/8/5(金) 午後 11:50 べる 返信する

顔アイコン

>>TAMURAさん、子供嫌いの設定ありましたっけ。ありそうな気はしてましたが(苦笑)。草薙刑事や内海刑事と事件に関わるうちに、少し人間として丸くなって来て、子供に対する接し方も変わって来たのかもしれないですね^^;
確かに、初期の人物像とは変わって来てるかもしれませんが、私は今の人間くさい湯川先生も好きですよ(*^^*)。

2011/8/5(金) 午後 11:55 べる 返信する

顔アイコン

>>彰信さん、あら、新刊情報ご存知なかったのですね。期待に違わず、面白かったですよ^^湯川先生は、意外に面倒見がいいということがわかりました(笑)。

2011/8/5(金) 午後 11:57 べる 返信する

>>苗坊さん、こんばんは^^
うちの市では全体で人気作家の作品は13〜5冊くらい入ります。東野さんは最も入荷数が多い作家の筆頭ですね。新作出せば予約が三桁当たり前なのですから、当然ですよね。
私も二週間に一度行く市外の図書館ではリクエストしないです(っていうか、できない^^;)。その代わり、地元の図書館では予約しまくってますが(市民税はすべて本購入代と言っても過言ではないかも(笑))。
湯川先生と恭平少年の交流、良かったですよね。人間ドラマの部分はさすがに読ませるなぁ、と思いました。いつもの物理トリックがもう少し冴えてると、もっと良かったかな、と思いましたね。でも、十分面白く読めました。TBありがとうございました^^

2011/8/6(土) 午前 0:02 べる 返信する

はじめまして。
私も先日ようやく真夏の方程式を読み終えました。とても良かったので、
皆さん、どんな感想を持ってるのかなと記事検索していたところ、
こちらのブログが目に留まりました。

今回の話は恭平くんとの交流の中で、湯川先生の意外な?一面を見られ、
とても楽しめました。
いつもの冷徹なイメージが、ちょっと緩和されたような・・・?
ガリレオシリーズで、1番好きな作品になりました。

2011/8/7(日) 午後 10:30 MIKE(ミケ)/おでかけ日記 返信する

>>MIKEさん、はじめまして。検索から来て下さってありがとうございます(*^^*)。
湯川先生と恭平君のひと夏の交流、とても良かったですよね。私も、いつものクールなイメージの湯川先生とは違った一面がたくさん見れて、嬉しかったです。湯川先生、素敵でしたね〜^^

2011/8/7(日) 午後 11:25 べる 返信する

アバター

ホントいいですよね(〃 ̄▽ ̄〃)
子供嫌いだったんじゃ?とか思ったんですけど…恭平が変に大人びてたのも子供子供してない部分でよかったんでしょうね。
やっぱり…映像化でしょうかねぇ〜〜ww
TBさせてくださいね♪

2011/8/29(月) 午後 10:52 チュウ 返信する

>>チュウさん、私もそんな印象があった気がしたんですが、准教授も年取って丸くなったんでしょう(笑)。
映像化、当然あるでしょうね(笑)。TBありがとうございました^^

2011/8/30(火) 午後 11:56 べる 返信する

顔アイコン

べるさん、お久しぶりです(*^^*)。私も夏の間に読めてホッとしてます(笑)。『新参者』以来、久しぶりに納得のいく新刊を読めた…と思いました。草&内海ペアも、べるさんの書かれておられるよぅにそれぞれの持ち味を動かして行動してたし、ガリレオ先生と恭平君の関係もすごく良かったですしね。これも映像化されるのかな?と勝手に考えるてると、ちょっとワクワクしちゃいます♪
最近よく使ってる図書館では発売前から予約できるのですが、その分予約枠(一人10冊まで)が減るので、いつも悩みどころです。でも本作は、もぅ1か月以上も前から予約してたんですけど、上には上がいて…なかなか1番は難しいのかな〜。

2011/9/3(土) 午後 3:07 [ ふわわん桜 ] 返信する

>>ふわわん桜さん、お久しぶりです^^夏の間に読めましたか〜。私はこれの前の『麒麟の翼』も面白かったですけどね。湯川先生と少年の関係良かったですよね〜。湯川先生がムキになってゲームするシーンが好きでした(笑)。これも間違いなく映像化されるでしょうね。水面下ではきっとすでに企画が進んでますよ(笑)。
発売前に予約出来るとは羨ましい・・・。私のところは発売後じゃないとダメなので、いろいろ不便です。でも、発売前だと、しっかり情報をチェックしてないとダメですね。最近新刊情報に疎いので、ついつい予約に乗り遅れてしまいます^^;

2011/9/3(土) 午後 11:23 べる 返信する

顔アイコン

湯川先生と草薙刑事との絡みは少なかったんですが、それを補うような湯川先生と少年との交流が良かったですね。べるさんが書かれているように、草薙刑事と内海刑事のコンビもなかなか良い感じでしたし。
湯川先生と少年の交流は良かったんですが、トリックにはガリレオシリーズにしてはイマイチ感を感じてしまいましたし、あの真相はなかなか重くて読後感が…。かなりズッシリとくるものがありました。

2011/9/12(月) 午後 0:48 [ すずな ] 返信する

>>すずなさん、私も草薙刑事との絡みのシーンが好きなので、そこはちょっと残念だったんですよね。今回は草薙・内海コンビになってましたものね(苦笑)。
私も、トリックはもうちょっとひねりがあって欲しかったと思いました。今回は、完全に人間ドラマの方に重点を置いてる感じでしたね。

そうそう、そちらへのコメントに、ちょっとピントがずれた内容を書いてしまい、すみません^^;恭平君は、湯川先生のしてくれたことにちゃんと気付いてたんでしたね。すっかり忘れて、知らないままだったと思ってコメントしちゃいました^^;
TBありがとうございました^^

2011/9/13(火) 午前 0:46 べる 返信する

顔アイコン

こんにちは。読みました〜、ガリレオ最新版。ドラマを見て以来、キャストが頭の中に定着してしまっているので、メイン3人のセリフは福山・北村・柴咲の声で聞こえてきます。べるさんの記事にあるように、今回は草薙・内海コンビがなかなか良かったですね。確かにガリレオシリーズの物理・科学ネタとしてはちょっと物足りない感じもしますが、本書もそのうち映像化されるだろうなと思うと、福山効果で印象はぐっと良くなります。(*^▽^*)

2011/11/30(水) 午前 11:25 sunny 返信する

>>さにーさん、こんばんは^^そうそう、ドラマを観ている人は間違いなくその通りのキャスティングで読んじゃいますよね^^;草薙・内海コンビ良かったですよね。湯川先生と付き合っているせいか、二人とも切れ者な所がありますし、やりやすいでしょうね。
ミステリ的にはちょっと物足りなかったですが、湯川先生と少年の心の交流が良かったですよね。

2011/12/1(木) 午前 0:09 べる 返信する

顔アイコン

べるさん おはようございます
一作ごとに湯川先生の人間臭さが出てきていますね。
僕的にはちょっとツボな一冊でした 笑
面白かったです!!

2012/1/14(土) 午前 9:05 [ yor**199 ] 返信する

>>yor**199さん、こんばんは〜^^
そうそう、一作ごとに人間味が増してますよね。最初はもっとクールな印象だった気が・・・(笑)。
やっぱり、湯川先生が出て来るだけでも楽しめますよね。少年とのコンビがいい感じでした^^TBありがとうございました^^

2012/1/14(土) 午後 10:32 べる 返信する

顔アイコン

べるさん、やっほ^^v読みました〜。少年と湯川さんの関係がすごーく良かったです〜。私も、確か湯川先生、どこかの作品で「子供は嫌いだ」発言をしていたなーと思ってました(笑)。ミステリ的にも事件はどうかなーと思えましたが、少年との関係だけで結構満足ですw

2014/10/7(火) 午後 11:52 ゆきあや 返信する

顔アイコン

>>ゆきあやさん、二人の関係、良かったですよね。そうそう、湯川先生、子供が苦手だとばかり思っていたので、今回の言動には驚くことが多かったです。苦い結末にちょっと胸が痛くなりましたが、湯川先生の優しさに救われましたよね。TBありがとうございました^^

2014/10/11(土) 午後 11:38 べる 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(10)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事