ミステリ読書録

メダカが次々★になっていく・・・悲しい(><)。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

有川浩さんの「空飛ぶ広報室」。


不慮の事故でP免になった戦闘機パイロット空井大祐29歳が転勤した先は防衛省航空自衛隊航空幕僚
監部広報室。待ち受けるのは、ミーハー室長の鷺坂(またの名を詐欺師鷺坂)をはじめ、尻を掻く
紅一点のべらんめえ美人・柚木や、鷺坂ファンクラブ1号で「風紀委員by柚木」の槙博己、鷺坂
ファンクラブ2号の気儘なオレ様・片山、ベテラン広報官で空井の指導役・比嘉など、ひと癖も
ふた癖もある先輩たちだった……。有川浩、渾身のドラマティック長篇小説(紹介文抜粋)。


有川さんの最新作。発売日に予約出来たので、目出度く一番手で回って来ました。人気作家は
入荷数が多いから助かります。でも、東野さんは発売日予約なのに反映されてみたら55番目に
・・・しかも、発売日(10日)午前中に予約したのに、予約日が12日にされててショック。
酷いよ。2日もずれてたら、そりゃ東野さんなら55番目になっちゃうよ。クレーム言おうかなぁ
・・・ぐすぐす(><)。

と、愚痴はこれくらいにして(失礼しました^^;;)。
久しぶりに有川さんの自衛隊もの。実は、ワタクシ、有川さんは大好きな作家さんなんですが、
彼女の自衛隊物ってすごく苦手なんですね。だから、今回もどうかなぁ、と思ったんですけど。
でも、まぁ、うん。なかなか面白かったです。今回、取り上げているのが、自衛隊は自衛隊でも、
『広報室』ですから。今までの作品とはちょっと違った切り口だったせいもあるかもしれません。
自衛隊の中にも広報ってあるんですね。そこからして、目からウロコの思いがしました。確かに、
自衛隊って、偏見の目で見られることが多いでしょうからね。きちんと、自衛隊のお仕事を宣伝して、
正しく彼らのことを伝えることは大事なことなんでしょうね。私自身も、本書のヒロインである
稲葉リカ嬢ほどではないものの、自衛隊がどんなところなのか、どんな人たちなのかなんて、
全然わかってないですもの。といっても、身近で自衛隊に勤めてた人が何人かいるので、リカ
のように偏ったマイナスイメージなんてないですけどね。それよりは、災害時に危険な仕事を
請け負ってくれる、ありがたい方々、みたいな印象の方が強いかも。特に、昨年の東日本大震災
があってからは、世間的にもそういう見方をする人の方が多いんじゃないのかなぁ。リカのように、
『戦闘機=人殺しの為の機械』みたいに思う人なんて、そうそういない気もするんですけど。
また、随分極端な考え方するキャラを持って来たなぁ、と思いながら読んでました^^; まぁ、
彼女の考え方も、主人公の空井を始めとする、自衛隊広報室のメンバーたちと触れ合ううちに
変わって行くので、彼女自体の印象も大分後半からは良くなって行きましたけれどもね。

主人公の空井は、憧れだったブルーインパルスの操縦士に内定していながら、直前で不慮の
交通事故に遭い、パイロット免許を剥奪された挙句、広報室に異動になった自衛官。慣れない
広報活動に四苦八苦する中、広報新人の彼にあてがわれたのは、自衛隊嫌いの女性テレビ
ディレクターのお相手。彼女に自衛官のことをちゃんとわかってもらいたいと奮闘するうちに、
空井は、次第にパイロット剥奪の傷が薄れて、広報のしごとにも馴染んで行く、というのが大筋。

もともと、この話を書くことになったきっかけ自体が、自衛隊広報室長からの『航空自衛隊の
話を書きませんか』という申し出だったというのだから、そりゃ、リアルに書ける訳です。
広報室長の広報活動が、見事実を結んだという訳ですね。有川さんほどの人気作家に題材に
してもらえたら、そりゃ〜いい宣伝になりますでしょう。多分、『県庁おもてなし課』を読んで
たんでしょうね、その室長。あれも、似たような経緯で、『高知を舞台に小説を』っていう、
相手からの売り込みが発端じゃなかったでしたっけ。

ただ、そういった内部取材が全面的に文章に反映されてる分、非常にリアルなのはいいんですけど、
その分、自衛隊内の専門用語や説明描写が多いので、ちょっと読みにくく感じることもしばしば。
有川さんの自衛隊ものが苦手な理由のひとつが、そこにあるんですけどね。わかる奴だけついてこい!
って感じの、ひとりよがりな印象受けちゃうんですよね。どうしても。この苦手感覚、なかなか
上手く説明できないのがもどかしいんだけど。有川ファンから総スカン食いそうなこと書いて
ますよねぇ、わたし・・・(すすす、すみません^^;)。
いや、面白かったんだってば。十分。でも、なんかね。有川さんの自衛隊愛が強すぎてね。
ちょっと退いちゃう自分がいるんですよね。ひねくれてて、すみません^^;


あと、今回残念だったのは、もうちょっと有川さんらしいラブ要素が入ってて欲しかったなー
ってところ。空井とリカの、そういうシーンがもっと見たかったなーってね。あと一歩、って
とこだったのに、なぜそこ止まりなんだーー!!って悶えました。いつもの有川さんだったら、
むりくりでもラブラブ方向に持って行くのにさ。柚木と槇のでさえ、強引に持って行ったのに。
そこが、読み終えて、なんか物足りなさを感じた一番の理由かも。最後に挿入されてる短篇の
『あの日の松島』で、もっと進展があるかと期待したんですけどね。やっぱり、内容が震災
のことなので、そういう要素を挟む余地がなかったってことなんでしょうかね。あの時の
自衛官たちの頑張りは、本当に頭が下がる思いがしましたからね・・・。生で、現地で体験
した自衛官たちが、有川さんの取材中、その時のことを話してる途中で不意に涙する、という
部分を読んで、胸が詰まる思いがしました。


本書を読んで、自衛隊のひとたちも、一般企業のように、自分たちの仕事を理解してもらう為に、
イメージアップ戦略に努めたりするんだなってことがよくわかりました。
あと、私も、ブルーインパルスの航空ショーが見てみたくなりました。

閉じる コメント(22)

顔アイコン

わたしは、新刊案内ずっとチェックしていたのに乗り遅れてしまいました。残念。少し遅れただけだと思うのですが、有川さん、人気なんですね。気長に待つことにします。

2012/8/14(火) 午前 9:37 あられもち 返信する

ブルーインパルス見てみたいですね(^o^)/
現在予約中です♪ラブ度が少ないのは残念ですが(笑)、楽しみです(^-^)

2012/8/14(火) 午後 10:59 [ タカ ] 返信する

顔アイコン

>>sinobuさん、観に行かれたことがあるんですね〜。確かに、音はすごそう^^;何度かテレビで観たことがあると思うんですが、確かに迫力ありそうでした。生だったらもっとすごいんだろうな〜。

図書館にクレームつけたら、直してもらえました。2日違いで、55番目→17番目になりました。えらい違いですよねぇ。ほっとしましたが、図書館員さんからは一切謝罪の言葉はありませんでした。まぁ、訂正してもらえたからいいですけども・・・。むぅ。

2012/8/18(土) 午後 9:37 べる 返信する

顔アイコン

>>KORさん、お母様も観に行かれたことがあるんですね。結構みなさん行かれてるんですねぇ。そんなに有名なのかぁ。

いやいや、自衛隊ものだろうが、いつも絶対ラブ要素(しかも超ベタ甘な)は挿入されているのが有川作品なんですよ。だから、余計にちょっと物足りなさを感じたのかなーと。

2012/8/18(土) 午後 9:39 べる 返信する

>>あられもちさん、有川さんは人気ありますよねー。私も、有川さんは新刊チェックしてすぐに予約かけることにしてますよ。早く回って来るといいですね〜^^

2012/8/18(土) 午後 9:42 べる 返信する

顔アイコン

>>タカさん、やっぱり、有川作品にはベタ甘恋愛を期待しちゃいますよね^^;でも、広報室のお仕事の部分も興味深くて、面白かったですよ^^

2012/8/18(土) 午後 9:47 べる 返信する

顔アイコン

最初から最後まで泣きのツボを押されまくっての読書でした^^;
私も自衛隊の専門用語は分からない部分があります。が、そこはイキオイで読んじゃってます(笑)リカの持つ自衛隊へのマイナスイメージ(殺人〜)は強烈でしたねぇ。最初、かなり引いちゃったんですが、だんだんと軟化してくれたので、途中からは引かずに読めて良かったです^^;
あと、主人公カップルのラブ要素が薄めだったのは、ちょっと残念でしたね。まぁ、この内容ならしょうがないかなぁとも思うんですが、やっぱりもうちょっと…と思ってしまいました。

2012/8/28(火) 午後 0:41 [ すずな ] 返信する

顔アイコン

>>すずなさん、有川ファンのすずなさんには一番好きなタイプの作品だったのかもしれないですね〜。自衛隊ものは、有川さんの真骨頂みたいなところありますものね。
リカの自衛隊嫌いにも、もうちょっとしっかりした理由が欲しかったと思ったんですよね。決定打になるような出来事があったとか。それなら納得出来たと思うんですけど。なんとなく、その辺さらりと流されちゃったのが作品として勿体なかったように思いました。
やっぱり、ラブ要素はもうちょっと欲しかったですよね〜。確かに、この内容なら仕方ないのかな、とも思いましたけれどね。TBありがとうございました^^

2012/8/30(木) 午後 11:59 べる 返信する

顔アイコン

こんばんは^^
私は札幌に住んでいるので自衛隊は割と身近な存在なはずなのに全然知らないことばかりで専門書という感じで読みました。広報もきっとあるんだろうなとは思っていましたが、どういう仕事をするのかや、民間の人たちとどういう仕事運びをしているのかということは分からなかったので読んでいて面白かったです。
何より空井君のキャラクターが真面目で一生懸命で好きでした^^
恋愛部分は確かに薄めでしたけど、リカの最初の印象が強烈過ぎたので、あんまりラブラブだったら私は違和感を感じていたような気がするのでこのくらいでちょうどよかったかななんて思いました。

2012/9/2(日) 午後 10:49 [ nae*o_0*15 ] 返信する

>>苗坊さん、こんばんは^^
私も従兄弟が自衛隊に勤めていたり、職場で元自衛隊出身の人と知り合ったりと、自衛隊は結構身近な存在なんですが、知らないことばかりです。案外身近だけど知らないことって多いものですよね。
空井君、なかなかの好青年でしたよね〜。彼の境遇を考えると、もっとひねた考え方になっちゃっても仕方ないと思うのですが、素直に広報室の仕事に取り組む姿勢は読んでいて気持ち良かったです。
確かに、最初のリカの偏見は強烈でしたよね^^;でも、私は、それだからこそ、空井君の影響の大きさから恋愛モードに発展するんじゃないかなーと期待してたところがありまして。個人的には、もうちょっとムフフ〜なシーンが見たかったなって感じでした。TBありがとうございました^^

2012/9/7(金) 午後 9:40 べる 返信する

アバター

お久しぶりです^^
私は、友達に自衛隊の人が多いから、自衛隊の人も「普通の人だ」って認識でした。彼らは、普通にしてるんだけど「覚悟」も出来ている。世間では、イヤな(最初の頃のリカのような)目で、みる人もいる。って知ってて、受け止めているんですよね。

そうそう、自衛隊には「営業」ってのもあるんですよ^^

トラバさせて下さい。

2012/9/8(土) 午前 11:30 わぐま(*^。^*) 返信する

>>わぐまさん、こんばんは^^
お友達に自衛隊の方が多いんですね。やっぱり、実際『自衛隊』ってだけで偏見の目で見られてしまうことも多いんでしょうね。
営業もあるんですか。ほんとに、普通の会社と同じなんですね(笑)。
TBありがとうございました^^

2012/9/8(土) 午後 11:31 べる 返信する

アバター

たしかに専門用語とか多いですよね^^
私は、そういうのをスルーして読めてしまう人なんで(;^_^A
(ダンナは気になると辞書引きながらでも読むタイプ。時間かかる!かかる!)
今回もそうでしたねぇ〜〜ププッ ( ̄m ̄*)
空井とリカには、もうちょっとムニャムニャしてほしかったですね。(≧▽≦)
TBさせてくださいね^^

2012/10/17(水) 午後 11:50 チュウ 返信する

顔アイコン

>>チュウさん、そうなんですよね。スルーして読めばいいのでしょうけど、しょっ中入っていると、それだけでひっかかってしまって。別に意味を調べたりもしないんですけど^^;
有川さんといえば、ベタ甘恋愛って図式があるものだから、それがないとやっぱりちょっと寂しい気持ちになっちゃいますね^^;TBありがとうございました^^

2012/10/18(木) 午後 4:55 べる 返信する

顔アイコン

私も専門用語は飛ばしてました(しかも無意識に)。空井とリカの恋は、相手の異動があれだけ多いと大変だろうなぁと思いました。すぐ遠距離になるんですものね、一気に盛り上がって決めないと(笑)。
こちらからもトラックバックさせて下さい♪

2013/4/10(水) 午前 0:47 智 返信する

顔アイコン

>>智さん、も、飛ばすしか、ないですよね(苦笑)。確かに、異動の多い職場ですよねぇ。完全に遠距離恋愛になるでしょうね。一気に盛り上がるタイプじゃないですよね、二人とも。苦労しそうだ(苦笑)。TBありがとうございました^^

2013/4/13(土) 午後 11:32 べる 返信する

顔アイコン

かなり前の記事コメント失礼します。やっと本書読めましたー(*´▽`*)
私にとっては有川さんの初自衛隊ものです。
自衛隊とかニュースでも最近よく流れてますが、結構知らないものですよね。へぇそうなんだ、と初めて知ること結構ありました。
これはこれでいいですが、次読む有川さん作品はラブ要素満載のを期待したいところです(ノ▽`*)

2015/2/8(日) 午後 2:37 [ uny*r* ] 返信する

顔アイコン

> yocoさん
過去記事でもコメント大歓迎です〜。ありがとうございます^^
初自衛隊ものでしたか。私自身はちょっと有川さんの自衛隊ものは苦手なところもあるのですが、本書は広報室ということでなかなか楽しめました。
私も有川作品にはラブ満載を希望します!(笑)TBありがとうございました^^

2015/2/10(火) 午前 0:36 べる 返信する

顔アイコン

読みました。分厚かったです(;´Д`A。自衛隊ものあまり好きではないのと、ラブ要素が薄めだったのであまり好みの作品とはなりませんでした、残念。でもキャラクターは良かったかな。リカは最初なんだこいつ、って思いましたけどだんだん良くなったし。空井とは将来くっつくんでしょうね。

2016/6/7(火) 午後 9:19 ゆきあや 返信する

顔アイコン

> ゆきあやさん
私も自衛隊ものが苦手なので、ちょっと引いて読んでいる自分がいました。ラブ要素は、後半もうちょっと盛り上がるかと思ったんですけどね〜^^;私も、最初リカの性格にはイラっとさせられました。だんだん印象は変わって行きましたけどね。TBありがとうございました^^

2016/6/8(水) 午後 11:01 べる 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(7)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事