ミステリ読書録

恩田さん、本屋大賞もおめでとうございます(*^^*)。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

恩田陸さんの「夜の底は柔らかな幻 上下」。

特殊能力を持つ“在色者”たちが、“途鎖国”の山深くに集まる“闇月”。殺戮の風が、次第に
暴れ始めるー。殺人者たちの宴が、幕を開ける(紹介文抜粋)。


恩田さんの最新長編。上巻読んでから下巻回って来るまでひと月くらいかかっちゃったんです
けどね。出来ればこれは一気に読みたかったな〜って感じでした。
恩田さん久々の長編。上下巻だし、読み応えありました。また、内容がなんともまぁ、スケールの
おっきい話でして。いってみればパラレルワールドの日本なんでしょうけども。基本的な説明
とか一切なしで、いきなり作品世界に入って行く感じなので、設定を把握するのに結構戸惑い
ましたね。
雰囲気的には『ネクロポリス』に近いかなぁ、と私は思ったんですけど。あれをもっともっと
ダークで荒唐無稽なお話にした感じ?全然違う?^^;あれは異世界のヒガン(お彼岸)の
話でしたけど、こっちも闇月という特殊な期間に巡礼を行う人々が出て来たりするんで。
日本古来の風習を恩田陸風味にアレンジしたって意味では似てるかなー、と。ま、その
味付け具合がなんともぶっ飛んでるんで、目が点の連続だったんですけど^^;
SFのような、ファンタジーのような、ホラーのような。結構、殺戮シーンも満載だし、描写も
グロいし、読んでて気持ちの良いお話ではなかったんですけどね。いやー、鹿ボールにはほんと、
吐きそうになりましたわ。絶対映像化しないでもらいたい・・・(><)。でも、恩田さんだから、
ぐいぐい読まされてしまう吸引力のすごさ。ページをめくる手が止められない。ぞわぞわ
鳥肌立ちながらも、この先どうなっちゃうの!?とドキドキワクワク。ツッコミ所も多々
ありましたけどね^^;




以下、若干ネタバレ気味感想になっております。
未読の方がご注意下さいませ。
















上巻で広げに広げまくった風呂敷を、一体どうやって畳むつもりなんだと思ってましたが、
案の定最後はなし崩し状態だったような・・・。結構無理矢理終わらせた感がなきにしも
あらずだったり。神山はもっとラストで大悪人っぷりを披露するのかと思ってたのに
姿すら見せずに終了。悪魔のような彼の息子も、もっとその力を大々的に見せつけたり
するのかと思ったんですけどねぇ。ま、その前に屋島風塵が手を打った訳なんですけども。
もうちょっと、全員が衝突するような大々的なバトルシーンがあったら盛り上がったのかな〜
と思わなくもなかったです。
なんといっても、実邦と神山の再会シーンがなかったのが残念だったかなぁ。実邦の能力を
もっと神山に見せつけて、彼女のすごさを再認識してもらいたかったな。結局、神山にとって
実邦の存在ってほんとに単なる捨て駒の一つだったんだろうなぁ、と思うとちょっと実邦が
可哀想になります^^;神山の息子って、一体いつ出来た子供なんですかねぇ?実邦と結婚する
前?後?浮気して出来た子供なのか、それとも離婚した後の子供なのか。上巻返しちゃったんで、
その辺りの時系列がわからないままだったんですよね〜^^;読み取り不足ですみません^^;

それにしても、一番意外だったのは、ラストでいきなり実邦と葛城がいい雰囲気になったこと。
い、今まであそこまで敵対してたのにいきなり!?と面食らわされました^^;実邦はずっと
心のなかでは葛城の目のことを後悔していたんでしょうね・・・。でも、葛城の態度もころっと
変わったから、ちょっとずっこけた^^;この二人、これからどうなるんでしょ。って、今更
どうにもならないか。










なんか、いろいろ、これからどーなっちゃうの!?って感じで終わるんで、その辺はやっぱり
恩田陸だなーと(笑)。
在色者とか闇月とか途鎖国とか水晶の中の「ほとけ」とか、基本的な説明全部すっ飛ばして
読者完全置き去り状態で話が進んで行くのに、これだけ読ませてしまうんだから、やっぱり
さすが恩田さんだと思いますね。まぁ、不満に思う読者も多いかもしれないけれども。

なんともはや、不思議なお話でございました。殺戮系とかグロ系とか苦手な人はちょっと
要注意かもしれません。
でも、面白かった。久々にがっつり恩田ワールドを堪能したって感じ。長編はやっぱり
読み応えありますね。満足、満足。

この記事に

閉じる コメント(10)

顔アイコン

こんばんは^^
全く同じ意見です。
沢山の?がたくさんあって、どうなるの?どうなるの?と読み進みはするのですが、後半の終わりが近づいて今度は本当に終わるの?に変わっていきました^^;結末はある意味予想通りな気もします。あの尻切れトンボのような感じが。でもダメってわけじゃないんですよねーいろんな意味で恩田さんらしくて面白かったとも思いました^^
でもたくさん人が死んでいきましたねー。人がゴミのようでしたー。

2013/3/30(土) 午前 0:07 [ nae*o_0*15 ] 返信する

顔アイコン

ああ、後で来ます、読み終えたら必ず〜;;

2013/3/31(日) 午前 0:56 智 返信する

顔アイコン

恩田さんの本をレビューするときのべるさんの語り口って好きですよ。
欠点もひっくるめて大好きな人にしか書けない文章だと思います^^
まあ最近見ないけど黒べるさんも好きなんですけどね。たまに登場してくれてもいいですよ(笑)。

2013/3/31(日) 午後 1:19 KOR 返信する

顔アイコン

>>苗坊さん、こんばんは^^
謎の多い作品でしたよね^^;そもそも基本設定自体がよくわからなかったですもんね(苦笑)。でも、なぜか勢いに乗って読めてしまうんですよね。これぞ恩田マジックでしょうか。
ほんと、あっけなく人死にすぎですよね^^;殺戮シーンはちょっとグロかったです。TBありがとうございました^^

2013/4/3(水) 午後 10:42 べる 返信する

顔アイコン

>>智さん、待ってますよぅ。智さんなら楽しめる一作だと思うなー。

2013/4/3(水) 午後 10:42 べる 返信する

顔アイコン

>>KORさん、他の作家さんのレビューの時と違います?^^;多分に贔屓目入っちゃうんで、正統な評価は出来てないと思うんですけどね(苦笑)。でも、そんな風におっしゃって頂けて嬉しいです^^
はは。そういえば、最近黒べる出してないですね(笑)。最近、レビューが書ける本の方が少なかったりするんで、壁本の記事まで書く余裕がないんですよ〜^^;今度壁本に当たったら書きますので、気長に待ってて下さい(笑)。

2013/4/3(水) 午後 10:49 べる 返信する

顔アイコン

はじめまして。
私も今、詠み終えたところです。
最後はホント残念。それまではよかったのにねー
でも残念ですけど文句は無いです。恩田ワールドですよね。
TBさせてくださいね。
じゃあね

2013/4/25(木) 午後 7:11 [ こり ] 返信する

顔アイコン

>>こりさん、初めまして。コメントありがとうございます^^
やっぱり、最後が残念て思われましたか^^;まぁ、それが恩田ワールドなんですよね。って、ファンだと結局そういう感想に落ち着くという・・・(苦笑)。TBありがとうございました^^

2013/4/28(日) 午後 11:14 べる 返信する

顔アイコン

読みました〜♪ 有難いことに上下一気に読めました。
恩田さんに珍しいスプラッタぶりでしたね。あのラストはどうかなぁと思いつつ、でも恩田さんだから(苦笑;)
トラックバックさせて下さい♪

2013/5/10(金) 午前 0:22 智 返信する

顔アイコン

>>智さん、お返事遅れてすみません〜^^;
意外と早く読まれましたね!上下巻揃って読めたとは羨ましい。
ほんと、ここまでおおっぴらにスプラッターなの初めてじゃないですかね?鹿ボールの悪夢が・・・(><)。ラストは・・・ある意味恩田さんらしかったですね(苦笑)。TBありがとうございました^^

2013/5/16(木) 午後 10:39 べる 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(3)


.


みんなの更新記事