ミステリ読書録

じめじめ。晴れ間が恋しい。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

東野圭吾さんの「祈りの幕が下りる時」。

悲劇なんかじゃない これがわたしの人生。極限まで追いつめられた時、人は何を思うのか。夢見た
舞台を実現させた女性演出家。彼女を訪ねた幼なじみが、数日後、遺体となって発見された。数々の
人生が絡み合う謎に、捜査は混迷を極めるが…(紹介文抜粋)。


東野さん最新刊。私はいつも東野さんの新刊は内容関係なく無条件で読むことにしているので、
今回も内容情報とか全く知らずに予約したんですよね。なので、図書館HPで予約が反映されたか
チェックしていて、何気なく内容紹介みて、加賀シリーズだと書いてあってビックリしました。
帯でも全く加賀シリーズってことを書いてないから、私のように途中でいきなり加賀さんが出て
来てビックリした人って多いんじゃないのかな。いや、そりゃもう、嬉しい誤算ってやつ
だったのですけれども。しかも、今回意外な場面で加賀さんの名前がいきなり出て来るから、
面食らう人も多そうだ。
でも、今回の作品は加賀シリーズの中でもかなり重要な一作であると言えるでしょうね。何せ、
加賀さんの母親登場で、加賀さんの伏せられて来た過去が明かされるのですから。私は単純に
母親は加賀さんが幼い頃に死んだんだろう、くらいにしか思ってなかったんですが、こんな
事情があったんですね・・・。幼い加賀さんにとっては辛い出来事だっただろうな・・・。
そして、同時に、加賀さんがなぜ日本橋署に異動したのか、なぜ日本橋の住人たちと密接な関係を
築こうと努力していたのか、その秘密が明らかになります。日本橋に異動してきてからの作品は
すべて本書への伏線になっていたのですね。東野さんがそこまで構想に入れて一作ごとに作品を
書いていたのだとしたら、やっぱり東野さんってすごいなぁ、と感心せずにはいられませんね。

今回も、無関係に見えた事件が最後につながるところは読み応えがありました。東野さんらしい
緻密な作品構成になっていると思います。ただ、犯人自体があまりにもわかりやすすぎて、ちと
残念ではありましたが。どちらかと言うと、フーダニット(誰が)よりはハウダニット(どのように)
あるいはホワイダニット(なぜ)の部分に重点が置かれた作品なのでしょうね。犯人の人物造形も
含めて、非常に東野さんらしい犯人像ではないでしょうか。
事件のからくりはかなり入り組んでいるので、整理するのがちょっと大変でした^^;ラストの
謎解き部分を読んでなるほど、と思える部分は多かったのですけどね。
河川敷で見つかったホームレスの殺人の真相が一番切なかったです。何か、もっと他に道は
なかったのかな・・・と思えてしまって。因果応報、犯人も被害者もこうなる以外になかったと
わかっていたのでしょうけれど・・・。

カレンダーに書かれた12の橋の名前の謎に関しては、もうちょっとひとひねり欲しかったかな。
もっと暗号めいた秘密が隠されているのかと思ったりしてたので。でも、橋を写した膨大な写真の
中から、一人の人物の姿を探し出した加賀さんの執念には恐れ入りました。加賀さんってほんと、
刑事の鑑ですよね・・・。毎回、なんでこんな優秀な刑事が出世しないんだ!?と疑問に思って
いたのだけれど、その長年の謎も今回明らかになり、溜飲が下がりました。なるほど、こういう
理由があったのか・・・。評価されてない訳じゃなかったのね^^;今回の事件の解決を機に、
加賀さんの警察での立場もまた変わって行きそうです。今後の作品では、松宮とコンビを組んだり
することもあるのかも?課が違うとそれはないのかな〜。でも、同じ事件を追いかけることは
増える筈ですからね。二人揃った登場シーンは増えそうです。しかし、松宮も随分成長した感じが
しますね。やっぱり、加賀さんのようなすごい刑事を間近で見ていれば、自ずと成長できるんです
かねぇ。

今回も、随所で加賀さんの優しさを感じて、さらに加賀さん愛が深まりました(笑)。ふいに
松宮の母親の様子を見に自宅に訪れたりね。そういう、さらっと他人に気を遣えるところが、
加賀さんらしいなぁと嬉しくなりました。
しかし、登紀子さんとの仲は今後急速に発展しそうな感じですね。加賀さんには幸せになって
欲しいし、彼女なら申し分ない女性だから、そうなったら嬉しいけれど、ファンとしては
ちょっと複雑な気持ちもあったりして(苦笑)。加賀さん、結婚して子供が出来たりしたら、
意外と子煩悩になりそうな気がするなぁ。加賀さんが父親だったら、子供は真っ直ぐ
育ちそうだな。こんなかっこいい父親羨ましいぞ・・・(←妄想が暴走しすぎ・・・)。

ラストの手紙に胸を打たれました。加賀さんが手紙を読んでどう感じたのかも気になるな。
きっと、いつものように、優しい顔で微笑んだのだろうな。それとも、泣きそうな顔になったの
だろうか。
加賀さん、お母さんともう一度会えたら良かったのにな・・・。お母さんの死因も気になるけれど
(病気?衰弱死??○○病は直接の原因ではないでしょうから・・・)。


やっぱり加賀シリーズは良いですねぇ。これももちろん映像化されるでしょうね。
人情味溢れる日本橋編がこれで終わりなのはちょっと残念。日本橋の住人たちも加賀さんが
いなくなったら寂しいだろうな。

閉じる コメント(26)

顔アイコン

>>あややっくすさん、『砂の器』と比較されている方は結構いらっしゃるようですね。私は中居君のドラマしか知らないので、原作との比較は出来ないのですが。
年末ランキングには間違いなく入ってくるでしょうね〜。ミステリ部分以外でも読ませる作品になっていますものね。
フィクションの登場人物に感情移入する人はいっぱいいますよぅ・・・。加賀さん大好きなので、ついついこのシリーズのことは熱く語っちゃいますね(苦笑)。TBありがとうございました^^

2013/10/23(水) 午後 11:34 べる 返信する

顔アイコン

>>KORさん、帯とかで全然触れられてないですものね。もっと加賀シリーズってことを強調したら、売上も上がりそうな気もするのに。
むぅ。金森さんに妬いてなんかいないやぃ(><)。かっ、加賀さんが幸せなら応援するもん〜〜〜(ToT)←笑
バレリーナの彼女のことは、影からそっと見守って行くんじゃないですかねぇ。彼女が社会復帰して、登紀子さんとバトルになる・・・とか考えられないですもんね(苦笑)。
本庁に復帰する次回作も楽しみですね!TBありがとうございました^^

2013/10/23(水) 午後 11:41 べる 返信する

顔アイコン

>>ウサコさん、お久しぶりです〜。せっかくコメント頂いていたのに、お返事が遅くなってすみません(><)。
ミステリを読んで過ごす休日・・・最高に贅沢ですよね〜(笑)。
博美の今後の人生を思うとやるせない気持ちになりますね。加賀シリーズは、親子の情を描いた作品が多いですよね。TBありがとうございました^^

2013/10/23(水) 午後 11:45 べる 返信する

顔アイコン

>>pwb*p19*さん、こんばんは^^
私もネットに反映されていない新刊はリクエストシートに書いてリクエストするんですが、いつも面倒だなぁと思いますね。ネットからできればいいのになぁ。
おおっ、ひつじ君シリーズ新刊が出るんですね!情報ありがとうございます。チェックしておかなければ〜。

2013/10/23(水) 午後 11:53 べる 返信する

顔アイコン

>>LIBRAさん、加賀シリーズなんですよー。タイトルだけだと全然わからないですよね^^;今回も加賀さんは渋くてカッコ良かったです!

2013/10/24(木) 午前 0:00 べる 返信する

顔アイコン

>>あまりすさん、読み応えありましたよね。加賀さんの知らない過去が知れて良かったです。やっぱり加賀シリーズは鉄板ですよねー^^

2013/10/24(木) 午前 0:06 べる 返信する

アバター

読みました〜
加賀刑事がとても良くて、これは、ピカ一面白かったです!
TBさせて下さいね〜

2013/10/26(土) 午後 10:12 LIBRA 返信する

顔アイコン

>>LIBRAさん、加賀さんカッコ良かったですよねぇ!ストーリーも読み応えあって良かったですよね!
TBありがとうございました^^

2013/11/5(火) 午後 11:55 べる 返信する

初めまして。
今回の新作、私も無条件に購入するタイプなので加賀シリーズだと気が付いた時には、言いようもないテンションの上がり具合でした。
東野さんの作品の中でも、ガリレオシリーズより加賀シリーズ派なのはやはり人情が濃く書かれていうるからでしょうか。おかげで私も日本橋という土地が大好きです。
今回の祈りの…の感想を一言でいうと…
『加賀さん、良かったねぇ』ってことです。
眠りの森との絡みだと、今後益々楽しみになっちゃいますね(о´∀`о)

2013/11/7(木) 午後 3:02 [ pir******* ] 返信する

顔アイコン

>>pir*******さん、初めまして。コメントありがとうございます^^
やっぱり、加賀シリーズと知らずに読まれましたか。加賀さんの名前出て来たらテンション上がっちゃいますよね〜!
加賀さんが日本橋署に行ってから、より人情味のあるシリーズになった感じがしますよね。
長年行方がわからずにいたお母さんのことがわかっただけでも、加賀さんにとって良かったことですよね。ほんと、今後の展開がとても楽しみです。

2013/11/7(木) 午後 10:03 べる 返信する

顔アイコン

こんにちは^^
私も皆様のブログを拝見して加賀シリーズだと知りました。
しかも結構な具合で加賀刑事の身辺が関わっていくので読み始めたら気になって夜更かししてあっという間に読み終わってしまいました^^;
日本橋署に来た理由や溶け込んでいた理由もわかってすっきりした気がします。
お父さんが亡くなったのは覚えていたのですがお母さんのことは失念していて^^;
ホント、加賀刑事よかったねと思えた作品でした。
ただ、被害者の女性がちょっと(いやかなり)可愛そうでしたけども・・・

2013/12/11(水) 午前 9:02 [ nae*o_0*15 ] 返信する

顔アイコン

>>苗坊さん、タイトルも全然それっぽくないから、わからないですよねー。
東野さんのリーダビリティって、ほんといつもすごいなぁと思いますね。これだけ量産してても、一作づつきちんと読ませるのだから、大した作家ですよね。
やっぱり、お母さんの存在忘れてましたかー。私も、作品に全然登場していなかったから、早くに亡くなったんだろう、くらいにしか思ってなかったんですよね。いろいろ、過去のことがわかってすっきりしましたね。
加賀さんにとって、いろいろと辛い部分も多い事件でしたが、お母さんのことは良かったですよね。
被害者の女性は完全に運が悪かったとしか・・・^^;TBありがとうございました^^

2013/12/12(木) 午前 1:04 べる 返信する

顔アイコン

はーい!途中で加賀さんが登場して驚いた人です(笑)
まさかの加賀シリーズのうえに、べるさんも書かれているように「重要な一作」だなぁと感じて読みながら嬉しかったです。まぁ、内容はそんなに嬉しいものではなかったですけどね^_^;
でも、最後はちょっと沁みる良いお話だったなぁと思いました。

2014/4/24(木) 午後 0:47 [ すずな ] 返信する

顔アイコン

>>すずなさん、すずなさんもでしたか(笑)。えっ、これって加賀シリーズだったの!?って感じですよね(笑)。
お母さんのことがわかったのは嬉しかったのですが、その内容は楽しいものではありませんでしたね。加賀さんにとってはとても辛い事実がわかった訳で。
でも、おっしゃる通り、最後は温かい気持ちで読み終えられました。TBありがとうございました^^

2014/5/3(土) 午前 0:39 べる 返信する

顔アイコン

読みました。久々に加賀シリーズが読めて嬉しかったです。やはり面白さは一級品でしたねえ。人間関係が複雑でややこしいところもありましたが、人間ドラマを堪能したという感じです。
加賀さんの良さが全面に出ていましたね。

2016/10/8(土) 午前 10:11 ゆきあや 返信する

顔アイコン

> ゆきあやさん
このシリーズは安定してますよね。加賀さんが出て来るってだけでもう、楽しいし(笑)。加賀シリーズファンとしては、読む価値のある一作でしたよね。加賀さんのことがますます大好きになりました。TBありがとうございました^^

2016/10/11(火) 午後 9:28 べる 返信する

顔アイコン

やっと読みました。他の方のコメントにある通り、確かに「砂の器」的な部分(小説よりも映像のイメージ)は感じました。犯人はある程度バレバレな分よりその感じが強いですよね。記事でも言われている通り、カレンダーの書き込みについては確かに肩透かしなところはありましたが、それでも十分読み応えがあって、シリーズの到達点だと思います。

2016/10/14(金) 午後 5:28 たいりょう 返信する

顔アイコン

> たいりょうさん
『砂の器』と比較される方がほんとに多いんですよね。私にはちょっとピンと来なかったんですけども。
カレンダーは意味深に出て来る分、もうちょっと何か仕掛けがあるのかなーと思っていたので、ちょっと拍子抜けでした。
おっしゃる通り、シリーズの一つの終着点なのは間違いないでしょうね。今後の作品は加賀さんのプライベートは控えて、また通常の刑事ものに戻るんですかねー。TBありがとうございました^^

2016/10/16(日) 午後 9:06 べる 返信する

顔アイコン

お久しぶりです
文庫版が出てたので読んでみました
時間が解決したり解決までいかなくても解きほぐしたりすることもあれば
時間ががんじがらめの鎖をゆっくりと締め付けてやがては…ってこともあってで
面白かったけど
眠りの森の加賀推しとしては件の看護師さんに他意はないもののちょっとばかり…いやかなり残念w

2017/4/14(金) 午後 0:40 ロン 返信する

顔アイコン

> ロンさん
うわぁ、ロンさんじゃないですかぁ!うわ、びっくり。久しぶりにコメント頂けて嬉しいです〜。まだ小説は書いてらっしゃるのかな〜。
男性は、眠りの森の彼女のことを好きな方が多いですよね。私も、加賀さんの心の片隅には未だに彼女がいるのでは、と思っているので、看護師さんとの関係にはちょっと複雑な気持ちになりました。

2017/4/14(金) 午後 9:55 べる 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(8)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事