ドクターヘリパイロット(元)奮闘記

老いぼれドクターヘリパイロット(元)の繰り言

新聞はどうなるのか?

  先日 芸能ニュースの「 アラシ 」の件でテレビをこき下ろした記事を取上げましたが、実はもっと深刻なのは新聞であるという事はすでに常識となっていることでしょう。  我が家もS新聞を長く取っていましたが、やめようとして通知すると、何年か前にテレビを貰ったので、後数ヶ月は契約となっていますと言われ、そうだったのかと解約を先延ばししました。  新聞を取らない理由は欲しい情報がない割にはあまりにカサが高くて、日常的に処理に困るということで、早く言えばごみが増えすぎるということです。  欲しい情報はネットでいち早く見ますので、朝夕来る新聞で見る意味がないと言うことになります。  宅配するものとしての新聞は必要はありませんが、新聞社が行っている取材活動や、すべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190219-00000577-san-bus_all   国土交通省は定期便パイロット不足に根を上げて自衛隊定年パイロットの資格取得を改善して活用することを発表したようです。  私が自衛隊を退職した1972年当時から、自衛隊員 ...すべて表示すべて表示

   ヘリコプターのパイロットに限らず、高齢化によって今まで普通に出来ていた様々な事が出来なくなる状態が起きてきます。  19歳で飛びはじめて、年齢を重ねるにしたがって経験と知識が増え、だんだんと技量が上がって来ますが、人間悲しいことにいつかはピークを打ち、下がり始めます。  そしていずれ限界 ...すべて表示すべて表示

  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190217-00385922-okinawat-oki   米空軍安全センターの公表によると、米空軍主要機種25機のうちオスプレイはワースト1で10万飛行 時間あたりのクラスAの分類の事故率は17回以上だそうです。  もちろん日本マ ...すべて表示すべて表示



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事