ドクターヘリパイロット(元)奮闘記

老いぼれドクターヘリパイロット(元)の繰り言

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1


 新基準は飛行経験の要件を「機長として1000 時間以上」に緩和するとともに、ドクターヘリの特性に着目した訓練プログラム(狭隘地や傾斜地での離着陸、離着陸時の土煙等による視界不良への対応等)の設定と実施、事業者における十分な操縦士の能力確認を求めるものである。

 ドクターヘリパイロットの規制緩和でドクターヘリの特性に着目した訓練プログラムを設定して訓練し、審査を確実にしろという規制緩和が出ました。

 さてこれで1000時間程度のパイロットが一足飛びに十分な実力を身に着けることが出来ると良いのですが、事はそう簡単には行かないようです。

 まずドクターヘリは人命救助の際の航空法適用除外の条項を当てはめて、基準以上の狭隘地や傾斜地、砂塵等が舞い上がって視界不良になるような、安全性が十分に確認できていない場所への離着陸が許されています。

 法律的にこのような離着陸は人命救助のための場合にのみ許されていて、同じことを訓練するには一般の基準を当てはめるため許可が出ないことになっています。なぜかと言うと危険だからでしょう。

 もう一度言うと、許可の要件で一定以上の狭隘地や傾斜地は許可対象にならないことになっていますので、訓練しろと言いながら許可は出せないはずなのですが、法が改正されたのでしょうか。

 航空局が航空法上で特別に許可をしても、砂塵が舞い上がり、視界が取れないほどなら、回りの家屋などが砂だらけになるような土地の持ち主が、果たして訓練で離着陸することを許可してくれるのでしょうか。

 また今日は1メートル前が見えなくなるほど砂塵が舞い上がった場所でも、一雨降ればまったく砂塵は上がりません。

 じつはこのような文言で訓練の充実を図ることによって、1000時間パイロットが飛ぶ免罪符を発行しようとしているのですが、ことの本質をまったく理解していないのか、知らない顔をしているのか良くわかりませんが問題は別のところにあります。

 今現在、日本中のすべてのドクターヘリは、あらかじめ決めてあるランデブーポイントに離着陸することを前提に、救急運航をすることになっていて、いわゆる法改正で緩和されたどこにでも着陸できると言う運航を前提としている基地病院はありません。

 もしランデブーポイントへの離着陸を前提としているなら、新人パイロットに対し、すべてのランデブーポイントへの離着陸を訓練すれば、狭隘地も傾斜も砂塵の舞い上がりもことさら取り上げる必要は無いでしょう。

 ランデブーポイント以外の救急現場直近の任意の場所への離着陸を目指すのなら、規制緩和で言う訓練は大変重要でしょうし、その訓練の許可はすぐにでも出す必要があるでしょう。

 つまり、規制緩和を求めた業界も、規制緩和を認めた航空行政もことの本質に故意に触れないで、訓練プログラムなどとあいまいな文言でゴマかそうしているようです。

 世界の救急ヘリでランデブーポイント方式のみで飛行しているような、ぬるま湯どっぷりの国はないでしょう。

 規制緩和に当たり、今こそ現場直近着陸優先の世界標準の救急ヘリに脱皮するのかしないのか、はっきりと答えを出すべきでしょう。

 危険性が高くても救急に必要なら、困難、高度な訓練を必要なだけ、十分に行い、実情に合わせるのか、頬かむりをして世界中から笑われながら続けるのかなのですが、規制緩和の内容を見ると後者でしょう。

 日本では毎度のごとく、我が身がかわいい烏合の衆ばかりの役人と会社経営者で、犠牲になるのは若いヘリパイロットと一緒に飛行する仲間と言うことになりそうです。

 

閉じる コメント(8)

顔アイコン

スギ花粉を減少させる乳剤が開発されたというニュースを見かけました。
記事では無人ヘリを使用すると書いてありますが多少はヘリパイの仕事が増えるでしょうか?

2017/8/3(木) 午後 6:16 [ 774 ]

顔アイコン

いったんラジコンに奪われた市場はコストが違いすぎて実機に戻る可能性は低いのではないでしょうか。> 774さん

2017/8/3(木) 午後 6:19 [ bel**14b*989 ]

顔アイコン

築地場外 燃えてました
仕事場が近くだったので見てきましたが
煙がすごかったです
ヘリも多く飛んでましたが
うち1機が異様に低かったです

そういえば 報道、警察、消防などのヘリに紛れて
個人のヘリが見物目的で飛んでる事って
あるのでしょうか?

2017/8/3(木) 午後 8:09 [ punpun0461 ]

顔アイコン

たまにありますね 通りかかりとか。米軍放送局とかも、マスコミ自体が見物のようなものですしね > punpun0461さん

2017/8/3(木) 午後 8:15 [ bel**14b*989 ]

1000時間!少ない!これはパイロットとしてみんな共感することでしょう。

ですが、日本のヘリパイにはこの1000時間を満たすことが出来るパイロットすら少ない実情ではないでしょうか?
海外では考えられないほど(場所にもよるでしょうが)飛ぶ機会の少ない日本ではヘリに未来は開けない気がします。

2017/8/3(木) 午後 8:49 [ fas*_*cehoc*e* ]

前にも書きましたが、社会人としての経験が少ない20代、30代前半のパイロットが、基地の運航の責任者として、歳上のドクターやナース、整備士や病院と日々発生する諸問題を一緒になって解決する能力や資質があるのかが重要ですよね。
整備士、ドクター、ナース、病院の言いなりになってしまっては、いつか事故が起きるでしょう。
若手には厳しい現場ですよ。

2017/8/3(木) 午後 9:19 [ - ]

顔アイコン

今月は様々な「落下」の話題が多い。
山林は空中消火して、築地火災はなぜ空中消化しないのか?あるひとは建物には屋根があって消火出来ないとか…。そんなことを言っていたら消防車はいらない。建物の消火にヘリで消化活動をしたら、消防車の出番がなくなる…?。阿部政見支持率急落、バンジージャンプ落下、築地建屋落下、朝日航洋へり、生コンホッパー落下…。ヘリと Pが落ちなくてよかった。

2017/8/4(金) 午前 7:28 [ クロネコ ]

顔アイコン

落下の原因には何らかの原因が潜んでいる。森そば加計そば疑惑。バンジーワイヤのつなぎ目の欠陥、築地は建物の建築の欠陥、生コンの落下はしっかりフックに固定したか、フックそのものが壊れたのか、Pはミラーを見た瞬間に落ちたと言っているが、落下現場は、山中なので、積み込み現場で落ちたら作業員は危険で、離陸の際に落下したもようです。さて、次は何が落ちるでしょか?札束でも落ちてきて欲しいものだ

2017/8/4(金) 午前 7:29 [ クロネコ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事