ドクターヘリパイロット(元)奮闘記

老いぼれドクターヘリパイロット(元)の繰り言

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

 世界中で飛ぶ航空機のうち、戦闘機など軍用機、そして軍と民間が運航する救難、救助の航空機、そして、ドクターヘリや防災へりなどは、一般的に飛んでいる航空機とは違い、ある一定の条件下では命のやり取りをする、武士の果し合いのような場面が必ず起きるという特殊性があります。

 つまりいつもいつも鼻歌交じりで飛んでいる事が出来ない、任務に失敗したら自分が死ぬという可能性を秘めて飛んでいるという事になります。

 戦闘機は実戦では相手と殺し合いをし、救助、救難機は誰かが、死の場面に直面しているところへ飛ぶわけですから、任務に失敗したら誰かが死ぬ可能性が高く、今回のように、稜線にガスが多くて、視察目的の登山道が見え隠れする程度のことでいちいち墜落していたらとても、防災ヘリの任務などこなせないでしょう。

 ドクターヘリも重症患者の救命に飛ぶ任務を持っていますので、鼻歌交じりで飛べる状況ばかりではなく、飛行任務が天候など何らかの理由で完遂出来なければ患者が死ぬという危機を抱えて飛ぶ可能性が十分にあります。

 このようなフライトであっても飛行に危険性が高ければ飛ばないという選択を取る事はパイロットに認められてはいますが、旅客機や遊覧飛行や取材飛行の先に誰かが死にそうなことはありえないでしょう。

 このような任務を持って飛ぶパイロットが経験や技量が低く、処遇はどん底で、まともは給料をもらっていないことなどありえないと思いますが、日本は自由経済なので、防災ヘリのパイロットが旅客機のパイロットと同じ給料を貰えないなら、それに見合ったレベルのパイロットしか就業しないことになります。

 あるいは雇用する民間ヘリ会社も県の担当部所も、そこまで厳しいフライトはしなくて、まあまあで良いから安全優先でということでごまかして、遊覧飛行の防災ヘリでごまかして行くことでしょう。

 まともに責任を自覚する人間なら、あるいは組織なら、自衛隊のように精強なパイロットを養成育成するために最大限の努力をして、厳しい任務に耐ええるパイロットを育てようとするのが普通でしょう。

 自ら飛ぶフライトが失敗したら、完遂出来なければ誰かが命を失う可能性のあるのに、山にガスがかかっている程度でいちいち墜落していたら話にも何も、ならないでしょう。

 しかし、死んだパイロットには殆ど、何の責任もないでしょう。

 このような任務を持ったパイロットを十分に訓練育成せず、適当にお茶を濁して、ベテランですなどと適当なことを言いつつ飛ばす関係者が、このような事態を招いている事は確かでしょう。

 自分が飛んで行く先にある命が亡くなるかどうかの時は、自分の命も危険に晒される事は間違いありません。

 安全優先と口で言う事は簡単なことですが、それが如何に困難かは過去の事故が証明しています。

 命が架かっていなくてもばたばた墜落するほどですから、、、、

閉じる コメント(7)

急旋回の後に急に速度が不安定になってるね。雲を回避しようとしたけど避けきれずに、雲中飛行になり、バーチゴに入ったと見るのが妥当やろね。

2018/8/13(月) 午前 7:02 [ シロクマ ]

顔アイコン

群馬県ではGPSの解析で速度が低速から高速へと変化したと言ってますから、バーチゴで真っ逆さまなら速度変化もありえますね

2018/8/13(月) 午前 7:17 [ のぶちん ]

というか、そのような場所に近づく場合、「もし雲に入ったら、何度の方向にBIFで逃げる」とあらかじめ備えをしないとダメだね。おそらく、ガスが湧いてたのは山肌だけだから、高度を維持して前橋方向へ逃げれば、そのうち雲から出られたはず。

2018/8/13(月) 午前 11:04 [ シロクマ ]

顔アイコン

委託先の航空会社が、パイロットを入れ替える場合、どのくらいの訓練や技術・知識の伝授をしていたのでしょうか?
山岳飛行の経験がある人はともかくとして、ベテランでも飛行経験が無ければ、事故にもつながりますよね。

2018/8/13(月) 午後 6:28 [ kur*m*iljp ]

顔アイコン

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180812-00000502-san-soci

2018/8/13(月) 午後 7:20 [ ゆう ]

顔アイコン

当該機種の限定資格を取る訓練以外はほぼなんの訓練もしていないでしょう。なぜなら配置されてから隊員の訓練でしこたま飛ぶからそれがパイロットの訓練にもなるからです。> kur*m*iljpさん

2018/8/14(火) 午前 1:40 [ bel**14b*989 ]

顔アイコン

57歳の報道パイロットが防災へりに変わるなど常識ではありえない配置転換で、如何にパイロットがいないかと言うことでしょう。> ゆうさん

2018/8/14(火) 午前 1:42 [ bel**14b*989 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事