ドクターヘリパイロット(元)奮闘記

老いぼれドクターヘリパイロット(元)の繰り言

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
 
おしらせ
ヤフーブログサービス終了に備えてFC2ブログを開設しました。今のところ7月いっぱいまで両方に記事をアップします。不具合がなければ8月以降はFC2のみとする予定です。https://bell214b1989.blog.fc2.com/


イメージ 1



   先日世界遺産に指定された大阪府の百舌鳥、古市古墳群を上空から見る、ヘリコプター遊覧が始まったというニュースが入っています。

 とりあえず週末だけで、7キロほど離れた堺市の沿岸部から古墳地帯を一周して6分間で5000円程度らしいので妥当な値段でしょうか。

 古墳だけ6分で5000円は高いと思う人も多いのでしょうか。いずれにしてもヘリの料金は結構高いのですが、ヘリ会社としては3,4人乗せて遊覧飛行を1時間飛んでも15万円程度しかなりませんので全然儲けにはならない金額です。

 7.8キロ離れたところにある八尾空港からなら軽飛行機が飛べますので、飛行料金はヘリの半額程度にできますが離着陸に時間がかかる上、着陸料金がかかり、これも小型機会社は儲けになりそうもありません。

 熱気球のようなものがよさそうですが、これの事業認可は日本ではあまり例がなく、どのようになるのでしょうか。

 私はヘリ生活35年のうち15年程度は八尾空港を拠点として飛んでいましたので、古墳群は常に見ていて何の珍しさもなく見過ごしていましたが、引退後は今もボランティアの歴史ガイドをしていますので、古墳の上空を飛ぶという貴重な体験を無駄にしたのが悔やまれます。

 良い写真を撮るとかしておけばよかったのですが、そんなことをすれば、どこかの石頭がパイロットが飛行中に業務外の写真を撮るとは何事だと騒ぐのが見えそうです。

 上の写真は大阪なら県境の私が住む町王寺町の明神山と言う264メートルの低い山ですが、この展望台から大阪奈良の5つの世界遺産をすべて見渡すことが出来ます。

 ただし、すべて古墳はただの杜のように見え、よほど詳しくないとどの古墳かはわからないでしょう。

 手を差し伸べて説明されている方は先日亡くなられた、元橿原考古学研究所所長の菅谷先生なのですが、私が高校で教えを受けた地学博士の西宮先生とともに山野を調べて回ったという意外な結びつきを語られたので、親しく教えを受けていたのですが残念な逝去でした。

 最後の古墳の意外な話を一つ書いておきます。

 上空から見るとよくわかるのですが、平野部に作られている古墳は結構規模が大きいのですが、それは天皇などが庶民を奴隷のようにこき使って、自らの権威を示したのではなく、国として水田を開墾したときに出た大量の残土を集積したのが古墳であるという説があるそうです。

 上空からの見え方に、仁徳天皇が「民のかまどはにぎわいにけり」と言ったという話が加わると奴隷をこき使って巨大古墳を作ったのではなく、民のために水田を開墾した残土を利用しただけと言う話に信ぴょう性が増します。
おしらせ
ヤフーブログサービス終了に備えてFC2ブログを開設しました。今のところ7月いっぱいまで両方に記事をアップします。不具合がなければ8月以降はFC2のみとする予定です。https://bell214b1989.blog.fc2.com/

コメント 拍手!はできるだけFC2ブログの方へ お願いします



イメージ 1


 
 

スイス空軍アクロバットチーム「パトルイユ・スイス」が演技する場所を間違え6キロ離れたヨーデル祭りの上空で行ってしまい、ヨーデル祭りの参加者は予期せぬアクロバット飛行を楽しんだということだそうです。

 パイロットが着陸する場所を間違えたり、地点で標定を間違うことはあまり褒められた話ではありませんが、普通によくある話で大事故にならなければ許せる話です。

 今の航空機は航法計器類や地上誘導のレーダー網が発達していて間違いようがありませんが、それでも滑走路に着陸しないで誘導路へ着陸する事例があるほどですから油断が出来ません。

 今回のスイス空軍の機体はF-5Eタイガー2で半世紀前のものですから、良くても 航空無線標識からの方位と距離を示すTACANが着いている程度ですから、現地からの距離と方位を正確に示すものはなく、目視で確認するしかなく、1分間に10キロ程度飛ぶ機体で30秒しか離れていない場所に似たようなテントがあれば間違ってもあまり責めることが出来ないかもしれません。

 近くのわかりやすい明確な目標物を調べておいて、その地点を正確にヒットして侵入するような方法を取ればよかったのですが、慣れている地域ならそのような準備を怠ったかもしれませんが大失敗でした。

 ドクターヘリの着陸地の判定はGPS標定で地点名と登録番号で確認しますが、実際に着陸する場合、救急車や散水する支援車両が到着していれば間違うことはありません。

 ただし 救急車や支援車両の到着よりもヘリ先に着いたりする場合は、到着まで待てば問題がないのですが、時間短縮のためヘリ単独で着陸する場合は誤認着陸の恐れがあり注意が必要です。

 また、事案が大事故などで救急車や支援車両が事故現場へ集中して、ヘリの支援に手が回らないことなどが起こり、マニュアルの地上支援のもと着陸すると言うことが必ずしも守れない場合などが出てきます。

 日本の戦後の航空歴史上、場所を間違って起きた事例で有名なものは、JALがインドで空港を間違ってDC8が小型機専用空港へ誤着陸しオーバーランで機体を大破しています。

 また空自のF104Jの4基編隊が横田基地と間違えて入間基地へ着陸してしまい、離陸できなくなって主翼を外してトラックで陸送した例があったようです。

 私はヘリで山の中の場外へ離着陸を繰り返していましたので、間違って違う場所へ着陸したことは10回程度ではきかなかったと思います。(泣)



おしらせ
ヤフーブログサービス終了に備えてFC2ブログを開設しました。今のところ7月いっぱいまで両方に記事をアップします。不具合がなければ8月以降はFC2のみとする予定です。https://bell214b1989.blog.fc2.com/

コメント 拍手!はできるだけFC2ブログの方へ お願いします

イメージ 1


 

 佐賀空港で旅客機をリモコンで牽引するというニュースが入っています。

 写真のようにヘリも旅客機も牽引車に運転手が乗って引くということが長く行われてきました。

 小型ヘリや小型固定翼機は人力で押したりしていましたが、2トンを超えると人力では動かないので、牽引車が出番となりました。

 牽引車で引く場合、牽引車の運転手からは見えない死角があったり、安全確認に人員を配置するなどが必要で、過去には牽引車に轢かれるなど死亡事故まで起きていて、今回のようなリモコンで離れた場所から全体の安全を確認できることは大変なメリットとなります。

 どうやらこのリモコン牽引車は外国製品のようで、しかもまだ大型機に引けないようですが、そのうち大型機用も開発されることでしょう。

 ヘリコプターの場合、すでに数十年前から充電式電動ローダーと言う装置が輸入され、中型機程度までならただ一人で格納庫から出し入れができるようになっています。

 それ以前には412の防災へりの出し入れのため、ちょうどスキッドが50センチか1メートルの余裕で入る板の下に車輪を付けて、牽引車で引く簡易式のローダーを使っていたところがあったようです。

 これを空港やヘリポートのエプロンに出しておいて、その上に直接着陸するようなもので、ひっかけたり踏み外せばヘリが横転するような代物で、いったい誰があのような危険なものを考え出したのか不思議でした。

 ヘリコプターも飛行機も着陸してエンジンを止めたら自分では1センチも動けない大変不便な機械で、いろいろと地上支援用の機材や道具が必要です。

 今回の旅客機用のリモコン牽引車も結構利便性はありますが、今後一挙に普及するかは少し様子を見て、弱点欠点を洗い出さないことには何とも言えないでしょう。

   FC2ブログへ引っ越し手続きをしました。調子よければ続けますが当分はyahooを中心とします。FC2もよろしくお願いします。

イメージ 1




 北海道北見にあるスカイポートきたみを離陸したグライダーを曳航する小型機から切れた曳航用のロープが切れて落下したそうです。

 非常に珍しいトラブルですが、スカイポートきたみ付近は広大な田園地帯で4.50メートルのロープが空から降ってきてもほとんど地上には影響はなさそうです。

 ただしグライダーを曳航する小型機が落としたそうですから、タイミングによってはグライダーの方が大変危険になる恐れがあるので航空法上の重大インシデントに該当することは仕方がないかもしれません。

 この曳航用のロープと接続切り離し装置が航空法上のが重要な部品としての設計製作管理が必要であったとも思えませんので、全般的には大した出来事ではない、昨日の朝日新聞のOB程度ではないでしょうか。

 今回のように航空機がロープ状のものを落としたり、地上の物件に引っ掛けたりする不具合はヘリコプターの吊り荷用ロープ、送電戦工事で鉄塔にロープやワイヤーを張る場合、戦闘機が使う標的を曳航するワイヤーなどで結構不安全が起きています。

 標的を曳航する戦闘機などは滑走路の芝生地帯に投下してから着陸しますがうまく投下できないまま、ワイヤーを曳航したまま着陸しようとして滑走路手前の電線を切った例がありましたが、人に当たると死者が出る危険性があったようです。

 自分でも経験がありますが、送電線を張るヘリのリールのブレーキが緩んでワイヤーが垂れ込んでJRを止めたり、国道の車を止めたことがあり、これも結構危険性があります。

 また50メートル近い長吊りで木材を搬出する場合に、狭い荷下ろし場所の周りの電線に接触したりとヘリの仕事はリスクとの戦いと言う面もあります。

 このような危険性はすべてある意味では航空自体の危険性ではなく、運航目的に関するリスクなので、一般に言う航空事故や重大インシデントとはある意味違う範疇なので、航空事故調査とは経路の違った取り組みや対策が必要となりますので、いわゆる航空事故調査委員会の調査対象としては異色のものとなり、航空の常識ではない分野の調査となります。
 
イメージ 1



 今日は軽いお話です。

 6日土曜日 姫路で開催された高校野球兵庫県大会の開会式での出来事で朝日新聞社機 AW09SP JA03APから投下された始球式用のボールが球場外に落ちたそうです。

 昨日は我が家でも風が強く、暑い中、家庭菜園の土を耕すべくキャンプ用のテントを張ったところ、飛ばされそうになるほどですから10メートル程度は吹いた様です。

 野球のボールに朝日新聞の旗を付けたもののようですから、万一人に当たってもほとんどけがもしない程度ですが、球場外の車にでも当たったら少しは凹むかもしれません。

 パイロットと投下する人の連携が悪かったことと、パイロットが風速を読んで投下にかかる秒数分で流れる距離だけ風上から落とせばど真ん中なのですが、農薬散布の経験がなければ難しいようです。

 投下にかかる秒数を読むのが難しいほどならば、高度を30メートルくらいまで下げれば難しくありませんが、このような飛行は人または人家密集地なので60メートル程度以下は許可になりにくく、また物件を投下する届と同時申請していることでしょうから、あまりに許可を無視した低空飛行はできないでしょう。

 ニュースはスポーツニッポンの配信ですが、同業者のよしみで夏の高校野球主催の朝日新聞社のヘリであることを隠して記事としているのはあまりいただけません。

 これで来年度からのボール投下は廃止となり、朝日新聞社の輝かしい航空部の歴史の一齣も終わるのでしょうか。

 輝かしい朝日新聞の航空部の歴史のひと駒の終了では済まず、もともとの本業の報道姿勢の異常が慰安婦、南京虐殺、戦争賛美、韓国挑戦べったり報道など連続し、すでに死に体ですがこの先どうなるのでしょうか。

 昨日 FC2ブログへ引っ越し手続きをしました。調子よければ続けますが当分はyahooを中心とします。FC2もよろしくお願いします。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事