ドクターヘリパイロット(元)奮闘記

老いぼれドクターヘリパイロット(元)の繰り言

無題

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全412ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1



 少し古いニュースですが、少しはまともだと評価していた産経新聞が、外務大臣が専用機をおねだりと言う記事を書きました。

 その後、外務大臣の専用機導入を求める意見におねだりと言う言葉で茶化すサンケイを方々で厳しく批判する声がネットでも上がり、当事者の外務大臣も相当激しく批判しています。

 世界中を飛び回って外交の最先端に立つ先進国の外務大臣が専用機を持つことなど世界的には常識ですし、その効果たるはかり知れないものがあります。

 外務大臣が英語も出来ず、なんでもはいはいと聞くばかりで中韓などの不良国家に翻弄されるのが怖くて、引きこもりするようなら専用機などまったく必要がありませんが、今の河野大臣ならきわめて有効に使うことでしょう。


 また専用機を駆使して世界中を飛び回るような政治家を外務大臣に据えるべきでしょう。

 日本にはもともとビジネスジョットの使用を首都圏空港で認めないなど、世界の常識からずいぶんとかけ離れている中、世界のトヨタはアメリカの会社にジェット機を運航させて、重役クラスは自由に世界中を飛び回っていたほどですから、日本という国は航空文化が後進国以下の状態が今も続いていて恥ずかしい限りです。

 このような状態は何がなんでも定期航空で、後はくずだと言う、航空行政のひずみをマスゴミを初め国家全体で引き継いでいることの現れでしょう。

 そのような中、日本に警察 消防 防災へり、ドクターヘリなどの公的ヘリが諸外国に比較して急速に普及した裏には、後進国家に潜む、利権と言う特効薬があったのではと言う疑いをもたれても仕方がない一面があります。

 さてサンケイがあからさまにおねだりなどと揶揄したのは利権に染み付いた貧乏人国家日本な性なのでしょうか。

 それともマスゴミのごみ体質なのでしょうか。

この記事に

開く コメント(1)

イメージ 1





 昨日の記事の中で取り上げた、「やるべきことは確実にやり、やってはいけないことは絶対にやらない」と言う考え方で飛行機を飛ばすと言う大原則は、事故やインシデントを防ぐためのかなり有効な手法と言えるでしょう。

 ところが最近の日本の劣化現象の連発の中でバレた、日産の検査の不正と神戸製鋼の製品強度データの改竄は上記の事故防止策の標語からは、はるかに程度の悪い、いわゆる故意による犯罪行為と言える性質の悪い現象でしょう。

 もうひとついえることは、犯罪を構成する人員は、ある悪意を持った人間が一人でやったことではなく、組織ぐるみでやっていることが明白ですから、日本に数多く存在する非合法組織がやっている犯罪となんら変わらない悪質さがあります。

 さらにはこのような犯罪を防止して、製品の品質を法規,規定類に沿った正常で良好なレベルに維持するために、業界業者を管理、監督、指導する行政組織が噛んでいる可能性も否定できないでしょう。

 日本の海岸地域から総数で1000人近い、無垢の人たちを拉致して連れ去っている実績がありながら、正常な取り締まりや保護をしなかった公安や海上保安庁の癒着がなければ起こりえなかった状態と良く似ています。

 そして毎日、毎日、堂々と繰り返される、フェイクニュースの垂れ流しと偏向報道の大洪水に慣らされてしまった日本人の劣化が、朝日新聞やNHKや民放を生かし続けている構図があります。

 日本の過去の優秀な大企業がどんどんと悪事をばらされ、技術を盗まれ、どんどん劣化して行った平成の時代は遠い将来の歴史学者が断罪するのでしょうか。

 いや日本はその時代には、もはや地球上にはなく、日本人以外の人が住む他国になっているので、馬鹿な国があったらしいと言う程度で誰も振り返ることはないのでしょうか。

この記事に

開く コメント(3)

イメージ 1


 昨日の北朝鮮の水爆実験成功で、日本の積年の外交防衛政策の失敗がレッドラインを越えてしまったようです。

 水爆と運搬手段を持った北朝鮮が実戦で使う可能性が一番高いのが対日本であることは疑いようがありません。

 アメリカに打ち込めば必ず報復攻撃を受けて北朝鮮は消滅しますし、あまりに近い韓国には核兵器ではなく通常兵器を使うことでしょうし、報復の心配がまったく無い日本にはフリーハンドで使えるでしょう。

 今後は拉致被害者の奪還は望むべくも無く可能性はゼロとなる上、日本に対して脅しをかければ、日本はなんでも言うことを聞かざるをえないでしょう。

 日本が核攻撃を受けた場合、アメリカは自国に打ち込まれることで、国民に犠牲が出る危険を冒してまで、日本を守ると言うことを実行するかどうかはかなり怪しいと言わざるをえないでしょう。

 昨日9月3日は戦後70年に渡って左翼、リベラル、自民党内左翼連中が主張してきた平和憲法堅持の大前提がもろくも消え去った記念日とも言える日になることでしょう。

 長年に渡って声高に言われてきた、話し合えはまったく機能せず、北の暴発のたびに打ってきた遺憾砲もまったく機能しなかったことが見事に証明されてしまいました。

 日本人は今後10年程度は北の水爆に怯え、何かあるたびに金を巻き上げられる日々が続くことになりそうです。

 戦後70年も過ぎて、日本人は始めて本当に戦争に負けたことを思い知らされ、惨めな生活が始まることでしょう。

 

この記事に

開く コメント(10)

イメージ 1





 今日は久しぶりに政治ネタです。

 2.3日前たまたまNHKのニュース9を見ていたら、スタジオに阿部総理を呼びつけてあまりにも醜い、酷いインタビューをしていたので我慢が出来ず取り上げることにしました。

 その関連のツイッターが昨日ありましたので張っておきました。

 確か女のキャスターが、阿部総理に対して、「世論調査で阿部総理の人柄を評価するかを聞いたところ42%の人が評価しないと答えていますがどのように受け止めますか?」と聞いたように思います。

 私が安部総理ならその時点で聞いたアナウンサーや周りにいるディレクターをぶん殴って退席したでしょう。

 政治家に人柄の評価を聞く世論調査も調査ですが、どのような設問の中でそのようなつまらない恣意的な設問を設けたのかも問題ですが、政治家には施策と結果を問うのが当然でしょう。

 第一その世論調査とやらの信頼性や、調査した個体数、年齢層、支持政党など情報など一切なく、いきなり答えられないような質問をぶつけるのは何をしようとしているのでしょう。

 安部総理はあまりにも人が良すぎますし、脇が甘すぎると言っても過言ではありませんが、私ならNHKは必ずぶっ潰すと言い渡して帰るでしょう。

 今度、生放送で、NHKのキャスターに「NHKの人間はほとんど人格的におかしいものばかりだと皆が言っているが、それを聞いてどのように捕らえますか?」と聞いてみると良いでしょう。

 NHK お前らみな馬鹿か!!!!

 

 

この記事に

開く コメント(17)

イメージ 1


 森そば 加計そば問題で、野党に悪乗りしてマッチポンプしてきた新聞テレビなどの主要メディアがそろって、世論調査なるいかさま調査をし、その結果が見事に右へ倣えでそろい、支持率が急落と自画自賛のフェイクニュースを流しています。

 どちらかといえば少しはまともだと思っていた、フジテレビと産経新聞も何をとち狂ったか、まったく同じように報じていますのでどうなってしまったのでしょうか。

 どうやらお役人も取り込んで反安倍政権連合を共謀してしまったようですから、今後いよいよ国民から見放されそうですが、新聞テレビはどこまで落ちていくのでしょう。

 一日中テレビのワイドショーと変更ニュースを見、偏向ファイクニュースを見ている年寄りと主婦は相当洗脳されているようですが、頼もしいことに新聞テレビを全く見ない10代20代が成長するごとにメディアは追い詰められていくことでしょう。

 テレビは変更フェイクニュース以外は、どこを見ても芸ノー人のバラエティばかりでしかも政治的なことを局が決めたセリフ通りにしゃべっているようです。

 朝日新聞のとある編集委員は「イージス艦、戦場でもないのに何をしているの」と茶化したり、民主党議員は 共謀罪が国会を通過したら 共謀罪のない国へ亡命すると言ってしまって突っ込みを入れられたと、世の中すべてが娯楽化、軽量化しているようです。

 あまりひどいと国民も堪忍袋の緒が切れると思いますが、それは政権に対してでなくメディアにであるということをわかっていないのでしょうか。

この記事に

開く コメント(7)

全412ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事