過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

7月4日からデジタル放送のダビング10(コピー9回+ムーブ1回)が開始されました。
私のブルーレィレコーダーDMR−BW200は去年のモデルなので、
ダビング10の機能は元々付いていなかったんですが、放送波に乗ってくる
自動アップデートにより、しっかりダビング10の機能が追加されていました。

ダビング10とは、今まで1回のムーブしか出来なかったデジタル放送(WOWOW以外)を、
9回までコピーが取れ、10回目に今までと同様ムーブになると言う物です。

写真の様に残り回数が表示されます         ↓

イメージ 1


これは便利!!!・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・

なんでしょうか・・・・・???



先日寝ぼけながら編集とムーブをしていた時の事。
なかなか番組が減らないな・・・・なんて考えながらムーブをしていました。

「あっ、しまった!」

お察しのとおり同じ番組を何度も何度もダビングを繰り返してしまったのでした。

今までならダビング(ムーブ)をすると元の番組がHDDから消えてくれました。
つまり何も考えず残った番組をダビングしていけばよかったのです。
所がダビング10になってからはダビングしても元データは消えないんです。


ユーザーが本当に望んでいるのは10枚の複製を作る事ではなく、1〜2回程度の
ダビング失敗時の予備データ保存と、すでに録画したディスクのバックアップ、
つまり孫コピーの作成なんですけどね・・・。

今回のダビング10導入も権利者団体がごねた為に1ヶ月遅れましたね。
結局ブルーレイに保証金を課する事で妥協したみたい。
考えてみるとおかしな話ですね・・・・。
大体権利者団体って何?
ちゃんと著作者にお金払ってるの?

こんなくだらない制限は日本だけ。
何とかして欲しい物です(^^;

※自力で何とかしますが(笑)



ではでは。

開く コメント(12)

開く トラックバック(1)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事