ここから本文です
ロータスの午後
ワクワクの方へ!

書庫イラストレーション

記事検索
検索

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]

鳳凰族




こんばんは

いよいよ最後の記事となりました


私がブログを始めたのは、2016年の年明け、
ジョン・レノンの「LOVE」という曲の訳詞を検索していて、
偶然ハルさんのブログに出会ったのがきっかけでした。

お話させて戴いてるうちに、「あなたは文章を書くといいよ」と
言ってくださり、考えた末、ブログを始めました。
私のなかに、さみしさを感じたのです。

それで、「愛の泉」を書きました。


ハルさんの「LOVE」の詩ように、このブログを歩みたいと思いました。



イメージ 3


3年8ヵ月という時間の中で、私は、どれだけ育ってこれたろう。
あの、始めた時に感じたさみしさは、
今は、違ってきてる気がします。

たくさん栄養を戴いて来たのだと思います。
それは、「受け取る」ということを学べたからだと思います。
みなさんに、謙虚さや、感謝を教わったからだと思います。


最後の記事、読んで戴けたら、

ほんとうに、ほんとうに、うれしいです。


いっぱいの、感謝をこめて。


そして、これから歩む道への祝福をこめて。








「鳳 凰 (ほうおう)族」



イメージ 4



先日投稿しました元気になろうね!(^▽^)/②で、
なかにしさんが死を前にして、人生の棚卸をした、と仰っていて、
なんとなく、ブログ終了の区切りが
自分にとって、似たようなものに感じました。

それで、私もやってみようと思ったのですが、
いざ始めたら、結構きついところがあって、
こんな自分は見せたくないなあ、と思ったところもありました。
でも、なかにしさんの言葉を聞いていたら、わくわくしてきて、
また軸を戻すことが出来ました。



「物書きと言ったら何を書くことが物書きなんだということを考えた時に、
よりいっそう自分の深層心理を掘り下げてって書いてくると、
そういうのが浮かび上がってくるわけですよ。
で、それを書く。
書くことによって、なんか救われる。」


「書いてるうちに、どんどん、どんどんね、僕の心の中にあるね、
ま、炭鉱に例えるとね、
石炭のようなものがいっぱいわだかまりとしてたまっているのが、
こう、ぜ〜んぶ掻き出されて、山となって本となるわけです。
と、私の心の中が空洞になるわけ。
わだかまりは全部とけて、そういう涼やかな風がさーっと吹く、
と思ってください。 
なんか、解放されるじゃないですか。」




「ものを書くということは、過去になかった一行を書くってことだから、
盗作も出来ないし、何しろ新しいものを産み出さなきゃいけない。
一行一行、一言一言、それは大変なことなわけ。
だけど、その間、頭は一生懸命働かして、全知全能を傾けてね、
一行書き、一行書いて積み重ねていくわけじゃないですか。

そのたんびに自分自身が、何か、新しい自分を発見して、印字していくわけだから、
それは楽しくないはずがないじゃないですか。
だって一皮も二皮も、毎晩めくれていってね、
新しい細胞が生まれ変わるような、
そういう命の復元されてくる命を自分で味わっていられるわけですから、
楽しいんですよね。」


「がんを経験していなかったら分かりませんよ。
でも、おかげさまで、経験したおかげで、人生観がまったく変わった。

人生観ていうのかな、世界観ていうのか、自分自身観ていうのかな。
なんでこんなに変わったんだろうっていうぐらい変わって、
で、今やりたいことは、書きたいことを正直に書き、書けるまで書き、
書ける限りは書き、っていうだけですね。」


いちばん効いたのは、このセリフでした

イメージ 1


正直に、っていうところが大切なんだなって思いました。

分かち合いたい気持ちと、自分が前に進むために、
嘘をついたら、意味がないな、と思いました。

これを書き上げて、「再生するんだ!!」
という気持ちで書き続けました。


書いてる時、会ったこともない、みなさんの顔が浮かびました。
〇〇さんは、これを読んだら、なんて思うかな?
元気になったらいいな。
怒らないかな、ドキドキ…
などなど(笑)。

そして、なかにしさんや、大変な病気なのに、がんばってるゆうさん、
スケートの記事に挙げたアスリートの方々、
ブロ友さんの、とても困難な状況でも、
ふんばって、がんばってらっしゃる姿を思い出して、
人って、倒れても、斃れても、また立ち上がって、前を向いて、
不死鳥みたいだなって思いました。

私はまだ、足が思うように歩けない状態ですが、
リハビリを続け、必ず歩けるようになります。

記事はもうこれで最後ですが、
私が歩いて笑顔でいる姿を、想像していてください

そして、もし、この先困難なことがあっても、
それを出来うる限り(笑)、面白がって体験しているだろうなって、
思っていてくださったら嬉しいです。


手塚治虫先生の、「火の鳥」は、燃え盛る炎に身を投じて再生をするのですが、
人って、生きてる間に、何度もそんな経験をしてるのではないかと感じます。

大変なことを越えた時に、掴むものが必ずあって、
それは誰にも奪えない、魂に刻まれた、宝物なんだなあって思います。

そういうものを創ることが出来るのが、この、命の世界なのだろうと思います。

だから、励まし合って、助け合って、最後までがんばろうね、って思います!!


過去記事ですが、手塚治虫先生の「火の鳥」に象徴される、
命の根源の輝きをイメージして書いたものがあるので、
よかったら、見て戴けたら嬉しいです。






そして、これまでブロ友さんの作品をご紹介させて戴いてきましたが、
最後は、日本画を画かれる花登ひかりさんの作品を
ご紹介したいと思います。




イメージ 2


ひかりさんは、ほんとうに、繊細な絵描きさんで、
とてもやわらかく、やさしげなのに、凛としてらっしゃって、
ご自身への厳しさが、その美しさへと捧げられているなあ、と感じます。
誠実な、まっすぐな芯の強さを感じさせ、作品とともに、
彼女の精神の美しさにも、背筋の伸びる思いが致します。

この白い蓮は、大好きなおばあ様が亡くなられた時に画かれたそうです。

2016/8/3(水)以降の記事に、
おばあ様の、ご病気になられた経緯が書かれています。
読ませて戴いてから絵を見ると、いっそう花の心が沁みてきます。


私は名前にロータス(蓮)を戴いてるのに、実は蓮を描いたことが、まだありません。
今、あらためてひかりさんの蓮を拝見し、私も描きたくなりましたし、
描かなくてはいけない、と思いました。

この名前を決めたとき、
泥の中から天を仰いで、美しい花を咲かせる蓮のようになりたいと、
願ったからです。

向き合わなくてはならないな、と思いました。

私なりの、ロータスを描きたい、と思いました。


ひかりさんは、アメブロで継続されていくそうです
これからもひかりさんの身の内のひかりに出会えること、幸せに思います




私がこれからしていくことは、正直に、誠実に、描くことです。
そして、出版したい絵本があるのです。
いつか、出版が決まったら、移行後のブログに載せますね。

でも、ずっと先の話です
でも、きっと、ほんとうになります。

もしかしたら、蓮の絵は、載せるかもしれません


移行後は、こちらになります。


アメブロ 「ロータスの夜明け」

FC2 「ロータスの夜明け」




さあ、あたらしい扉をひらこう。





イメージ 5

(沖縄 世界遺産 斎場御嶽


生まれ変わりの岩、とも呼ばれています。
以前行ったときに撮りました。
この三枚の巨石が、子宮に例えられていて、
くぐって、再び出てくると、
生まれ変われるのだそうです。
何度でも、何度でも、生まれ変われるのだそうです。




ほんとうに、ほんとうに、ありがとうございました。

みなさんの新しい毎日を、祝福しています。





                                    fin.  ロータス

愛をひらく





こんにちは

ついに残すところ、あと一日になってしまいました。

ゴールまで、間に合うのか?!

今日は、「あの蛇」のその後を描いた絵を載せています。

それでは行ってみたいと思います!!! 


よろしくお願い致します!!







「愛をひらく①」



「ここにいていいんだよ」の蛇を描いてから、一年が経った頃、
あの蛇がどうなったのかを描かなくてはいけないような気がしました。
蛇は、私自身だから、その後どうなったのか、知りたくなったのです

本来なら、自分を見れば分かるはずなのですが、
私は絵を通してしか、自分を知ることが出来ないのです。

頭が違うものを作り上げてしまうのか、
自分が自分に騙されてしまうのか…

絵は、体がやることなので、嘘の入り込む隙がないのです。

とにかく、描こうと思いました。


あの、お不動さんの炎によって温められた蛇は、
今、何を求めてるのかを感じてみました。

そしたら、ひたすら優しい、ほっとする、安心、居心地の良さ…
そんなものがほしいと言ってる気がして、
女神様みたいな女の子を描きました。

手を広げています。
招き入れてくれる、愛です。
明るい光に満ちています。


イメージ 1


まわりも全部、塗っていきました。

「さあ、おいで」


イメージ 2


へびがすり寄ってきました。
甘えています。
へびは、幼いこどもになっていました。
とてもやわらかい、傷みやすいこころを持った子でした。

皮膚が、血の色をしていました。

女の子は手を差し出し、へびをなでます。

手で胸のハートに触れています。

愛の場所です。


イメージ 3


女神のような女の子は、人間の女の子になりました。

へびは、白い鳥をくわえています。

彼が殺した鳥でした。

「これ、ぼくが殺したんだ…」

女の子の胸が、光っています。

後ろから、太陽のひかりのような輝きが、全体を照らし、温めています。


イメージ 4


女の子の手は、へびに触れているところが、みるみるうちに、
燃えて、肌がただれていきました。
痛そうです。

へびの痛みが女の子に伝わったのです。

女の子の体が、変化していきます。


イメージ 7


手のアップ。

へびも傷だらけ…

彼は、満身創痍でした


うろこに沿って、皮がむけ、めくれて、血が染み出ています。

とても痛そうです。

全身から、血が滲んでいました。

まだ幼いのに、ひとりぼっちで傷だらけの、ぼく。

「さむいよ、さむいよー、いたいよ、さみしいよ、いたいよー、さみしいよー」


「あの絵」で暖められ、癒されたはずの蛇が、

まだひとりぼっちで泣いていました。

私はショックでした。



イメージ 8



女の子は、炎の女神になりました。

胸に触れている手が、ずっと、光っています。

「このひかりは、なに?」

光も熱も勢いを増すと、手の傷は、消えて、

あたたかな、包み込むような、ぬくもりになっていました。


声が聴こえます。

「こっちだよ、こっちへおいで」

へびは、なつかしく、いとおしく、くるおしい気持ちになって、

そのひかりの中に入っていきたくなりました。

吸い込まれてしまいそうです。

「ああ、ぼく行くよ、そこへ行くよ」


「さあ!おいで!!!」



イメージ 6




…そんな物語が、あの後に、ありました。




fin.






私は何を描くのか、描く前は、分からないので、絵の欲するものを感じて、
できるだけ忠実に、描いていきます。

自己表現とはちょっと違う感じです。

タイトルは、「フレイア」にしました。

太陽フレアにちなんで、なんとなく付けたのですが、
北欧神話で、愛と美の女神の名前なのだそうです。






ビッグサイトで、毎年開かれるアートのお祭り「デザインフェスタ」、
通称「デザフェス」に、2008年、参加しました。

その際、この絵をパーテーションにかけ、続きをさらに描きながら
(人生初の、ライヴ・ペインティング(笑))、
手作りのストーン・アクセサリーや、絵ハガキの販売をしました。

これは、開場前の、準備中に撮った写真です。

まだテーブルがごちゃごちゃしてます(笑)。



イメージ 5



さて、あのへび…あの子は、その後、どうなったのでしょう…

って、私なんですが!!!!!(←しつこい



私が描いてて(へー)と思ったのは、
ただひたすら優しい安らぎ、ひかりの女神様よりも、
人間や、燃える炎を欲してるのが、本心かー、ということでした。

私は燃えたいんだー、と思いました。


そして、まだまださみしいのと、傷んでるんだな…と感じました…


そうして、この炎の先になにがあるのか…












フェニックス

 
 
 
「フェニックス」
 
 
イメージ 1
 
 
 
 
あけましておめでとうございます。
 
昨年は、時々しか更新してないこのブログにお越し下さり、
ありがとうございました。
たくさんの想いを、ありがとうございました。
 
本年も、どうぞよろしくお願い致します。
昨年よりは、記事増やしていきたいです(笑)。
 
 
 
酉年なので、鳥つながりで、フェニックスの絵を引っ張り出してみました。
自分の炎で自らを焼いて、再生する鳥です。
 
生まれかわって、まさに起き上がろうとしているシーンです。
 
今年は、この鳥を描いたときの気持ちを思いだして、
絵を描いていこうと思います。
 
二足のわらじ生活から、制作一本で食べていこうと決めた頃、描きました。
ずいぶん前のものです。
いろんなことがありました。
今の自分を、その当時は想像も出来ませんでした。
若かったなあ、と思います。
 
 
2日に描き初めをしました。
次の記事で載せますね。
 
何度だって、起き上がって、やり直せる。
 
休んで、癒して、チャージしたら、前を向ける。
 
そのときを待っていい。
 
そして、歩き出せば、いい。
 
 
笑顔がいっぱいありますように、
涙も自分を育てる恵みの雨となりますように。
 
 
今年という人生の中のときが、宝物になりますように。
 
 
たくさんの宝物に、気付けますように。
 
 
 
みなさんに、幸多かれ。 
 
 
 
 
 今年もどうぞよろしくお願いいたします。






 
 
 

自分から、近づく。

 
 
 
「自分から、近づく。」
 
 
 
「バリバラ」という、体や心に障害を持つ方が出演され、
様々な状況や気持ちを伝える番組を見ました。
 
10月9日(日)に放送された、聴覚障害の方と健聴者のダンスのコラボレーションの
本番までの練習風景や葛藤、想いを伝え、受け取り、
ひとつの作品に仕上げていくまでの様子を見て、
ほんとうに障害になってることって、体の機能だけではないのかもしれない、
と感じました。
 
今夜、再放送があるので、ぜひ見て頂きたくて、ご案内しています。
深夜0時なので、忘れがちだったり、眠ってしまうかもしれないので、
よかったら録画セットして見て頂けたら嬉しいです。
それくらいの価値を感じた、深く、優しい番組でした。
 
それを見て、最近思っていたことが、心の中で結びついて、
近々記事にしたいな、と思っています。
でも、この素晴らしさは、やはり映像で見て戴かないと、伝わらないと思うので、
見てほしいです
つたった涙が美しかったです。
その美しさは、人の美しさやつながりあう可能性を信じさせてくれるものでした。
 
 
バリバラ「ビートで響き合う魂(ソウル)のダンス」
 
Eテレ
10月14日(金)(今夜、木曜の夜、0時)0:00〜0:30
 
 
 
 
 
 
 
進行性筋ジストロフィーという難病を患いながら、
わずかに動かせる親指だけで、毎日文章を綴られているブロ友さんがいます。
ゆうさんといいます。
 
以前、上記の“障害”と通じる内容の記事を書かれていたので、ご紹介します。
 
 
 
 
コメント欄も、よかったら読んでください、
みんなで考えられたらいいなって思います
 
すべての人に、障害はあるんだな、と思います。
それを、どうやって超えて行くか、ひとつのヒントがあるなって、
ゆうさんの記事や、バリバラから感じました。
 
 
 
 
ゆうさんは、新潟市在住の方で、
簡単なお手伝いのボランティアをして下さる方を探してらっしゃいます。
1ヶ月に1回でもOKです
ゆうさんにとっては生活の、毎日の必要なことなので、
それだけでもとっても助かると思います。
 
人と人は、助け合って生き、生かされ、喜びを感じるのではないかな、と思います。
ゆうさんは、自分にまっすぐ向き合って生きてらっしゃいます。
そんなゆうさんと、ひとときを共にしながら、自分自身について振り返ったり、
ぬくもりを感じたりできる、すてきな時間になるんじゃないかなって思います。
 
 
詳細はこちらから
(ゆうの日記『ボランティア募集中』より)
(お問い合わせは、有馬様までお願い致します)
 
 
 
自分から、近づいていくこと…
大切なことって、思います。
 
 
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
読んでくださって、ありがとうございました。
ぐっと寒くなりましたね、お風邪を召されてる方もいらっしゃると思います。
暖かくして、大事にしましょうね。
 
 
 
 
 

満月祭

 
 
 
「満月祭」
 
 
イメージ 1
 
 
 
そろそろ中秋の名月だなあ、と思って載せてみました。
満月は17日だそうです。
 
裏手彩色木版画という技法で描いた版画です。
刷った後、紙の裏から着彩しました。
小学校以来の彫刻刀、ええ、指にざくッとやりましたとも!(笑)。
 
小鬼とか、おばけみたいのや、いろんなものが、みんなで踊っています。
空からも、大地からも、エネルギーがあふれだし、降ってきて、
あの世とこの世のお祭りだ♪
無限の宙(そら)にも扉ひらいて、想いを馳せる。
 
 
版画家の名嘉睦稔(なか・ぼくねん)さんのファンで、
同じ手法で描いてみたくなったのでした。
睦稔さんの原風景、沖縄の伊是名(いぜな)島にも行きました。
 
時々、体の中に、空気の中にある生き物(?)と同じものが生きてるように感じます。
沖縄と、バリ島と、育った秋田県の空気の中にいると、同調して、私の意志と関係なく、
歓喜してるのを感じます。
ヘンですか?(笑)
 
睦稔さんとお会いして、握手してもらったことがあったのですが、
大木のようなエネルギーで、あんな人には会ったことありませんでした。
緊張とかでなく、手が震えました。
 
 
この絵は、私の中のどんな感情とも、仲良くやっていきたいなあ、
という想いもあって、描きました。
 
 
 
 
 
 
 
 ボランティアさん募集のお知らせ
 
 
毎日、お話しをしているブロ友さんがいます。
ゆうさんといいます。
ゆうさんは進行性筋ジストロフィーという難病で、体の自由がきかなくて、
生活は、ベッドの上です。
身体じゅう、あちこち痛くて、コミュニケーションも、自由にはとれないです。
そんなつらいこと、私には耐えられるだろうか、と思います。
(2016/9/6「意思疎通」)
でも、ゆうさんにはそれが日々の現実です。
なのに、ゆうさんはあたたかく、前を見ようと生きてらっしゃいます。
話していると、励まされたり、深く考えさせられたりします。
ゆうさんとの交流を、ずっとずっと、続けていきたいな、と思っています。
 
ブログは親指だけの操作で綴ってらっしゃいます。
一文字、一文字に、時間とエネルギーを費やします。
大切に、想いを込めて、綴ってらっしゃいます。
よかったら「ゆうの日記」訪れてみてください。
コメント欄が、そして、私は大好きです!
ぜひ、読んで、書いてくださ〜い(*^o^*)/
(ゆうさん、最近目もよくなくて、お返事できないこともありますが、ご了承下さい) 
 
ゆうさんは、新潟市在住の方で、
簡単なお手伝いをしてくださるボランティアさんを
探してらっしゃいます。
 
午後2時から午後3時半までの間に
車いすに乗るのでその見守りと洗面をしてほしいのです
そばには母がついているので安心です
母のお話し相手も大歓迎です
まずは見学してみることも大切と思います
年齢性別は一切問いません
月一回のお手伝いでも構いません

(ゆうの日記『ボランティア募集中』より抜粋)
(お問い合わせは、有馬様までお願い致します)
 
お母様がご高齢になられ、またボランティアさんも不足しています。
このアドレスが、多くの方の目に止まるよう、ご協力頂けたら
とっても、とっても、うれしいです。
どうぞよろしくお願い致します
 
 
 
私のいる千葉市は今日は雨、肌寒いです。
秋を感じます。
これからいい季節ですね。
夏の疲れも出る頃ですが、体調くずしませんように、お過ごし下さいね。
 
ありがとうございました。
 
 
 
 
 

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事