全体表示

[ リスト ]

長い間、宝石は私たちの身体に飾り付けをするかまたは特別な所有物に飾る手段です、他の本と同様に例の聖書のために。 元々、宝石が着用者の富を披露することを意図しました。 いくつかの富を持っていなかった人が、アイルランドのジュエリーなどの美しい製品を作成するのに創造性を使用したので。
'宝石類'のようにつづることができました。 それはまだパワーストーン、銀、および金に仕事にかかわっています。荷重している金、銀、および宝石は芸術家の技能、才能、およびプライドによって代償されます。
アイルランドの宝石で見つけられた金属加工技能は、アイルランドの歴史と伝統の一部です。 これらのタイプの金属加工技能は、豪華な項目を作成するために様々なリソースの芸術の断片を作成するために素晴らしい詳細を明らかにします。
アイルランドの宝石の後ろの伝説はいくらか何百年間もの歴史のためアイルランドである神秘性に当然の状態で部分的に富みます。 ケルト族の宝石は古代のアイルランドのケルト人に死の重要性と来世を反映して、それで現代まで運ばれます。
アイルランドのジュエリーと共に、結びは典型的です。アイコンとデザインはほぼ確実に三位一体の債券を意味します、これらのデザインの実際のシンボリズムが時間がたつにつれて、失われましたが。 スタイルの多くが完成材料とアイリッシュリネンの中で行されます。
驚くべき仕事は紀元前2000年から西暦500年まで作成されました。 これは地中海の上で取り引きされた、ケルト族の宝石、および彼らの神か神への祈祷を愛していて、サービスで利用された聖餐杯を組み込みました。
ケルト族のクロスはことによると中世、8番目10世紀の周りに現れました。 スタイルのいくつかがことによると架空の動物、人影、および交錯している結びから成るかもしれません、すべて知られているか秘密の意味で。 第一の特徴は十字の兵器の後ろの円です。
兵器か定紋のコートを作る過程は、ほぼ同じ頃ファッションに入りました。 これはアイリッシュリネンとアイルランドのジュエリーの別のタイプの芸術を与えます。 芸術家脳は家系とバックグラウンドを詳しく述べる様々なテーマによって挑戦されました。
しばしば定紋の表現がある金、銀、および青銅で作成されているのは、カフスボタンと繋がりでした。 しばしばケルト族のクロス、シャムロックまたはは男性のリングでのデザインです。
アイルランドのジュエリーの特性はともにデリケートです、そして、腕輪や、ネックレスや、イヤリングや、悪党などのレース状の仕事は美しく宝石を設計しました、カラーやブローチのように。 より微妙な声明のために、ピルケース、マネー・クリップ、およびキーホルダーはアイルランドのジュエリーの歴史と素晴らしさを示しています。
友情、委任、および愛のしるしです。 それは装飾品か結婚指輪としてすり減ることができました。 リングはアイルランドの漁村で始動しました。 近代のリングは17世紀に始まりました。 古い文化では、何でもアイルランドのであることのもののように、考えを始めて、築き上げられました。 たぶん、リングの基本原理はアイルランドの最初のローマ百人隊長から始まりました。 1840年代頃に、それはクラダリングとして特定されるようになりました。
愛を反映して、心臓を留める友情を反映して、2本の手を見せています。 王冠は忠誠を象徴します。 ドアーズとパトリシア-モリソンのジムモリソンは、それらの断食のときにリングを交換しました。
アイルランドの宝石が上質の、そして、常緑のスタイルのため家宝になるのは運命を定められます。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事