過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1

ことわざシリーズ

馬の耳に念仏、猫に小判、豚に真珠・・・







ウチの子供にまくら

前回の珪藻土補足説明なんですが

性能表の見方や日本漆喰協会の合格マーク取得と

お話しました

それに更に執念深く珪藻土の含有率をメーカーから聞くと良いでしょう

更に、何度もオハナシしているその他の成分

言い方を返れば「何で固めているか?」

更に更に、MS/DSシート(成分分析表)

ここらをぜ〜んぶ収集すれば

比較は容易だと思います

『企業秘密ですから』

な〜んて言うメーカーは斬っちゃってください

こんなもの出せないなんてメーカー失格ですから

さて、本題

(株)ワンウィルという会社は

山本社長と河渕専務が興した会社で

ケイソウくんは発売して10年近くになります

この二人大学自体の先輩後輩で

それぞれ卒業後別々の道を歩んでいたんです

社長は大手商社マン

専務は地方銀行

社長の商社マンは何となくわかルンですが

専務の銀行マンというのは未だに信じられません(^O^)

創業当初、社長の専門分野だった産業製品の輸入を

軸に展開をしていたんですが

いつしか珪藻土に出遭い

『コレだ!!!』

となり、真剣に開発に取り組みます

当初から樹脂で固めルンだったら意味が無いとして

自然素材にこだわり続けた開発をして

初代ケイソウくんが完成したんです

その興奮間もない頃、僕と言う素晴らしい(^_^;)営業マンと出遭います

当時僕はリーマンだったのでその組織の中で

展示会を企画していました

そこに僕はどうしても珪藻土を出展させたくて

イロイロ調べていたんですが

当時は珪藻土も一部の建築家が使うような

とても恐ろしい価格で売られていまして

そんなんぢゃー全然普及させられないので

暗礁に乗り上げていたところに

ある人からの紹介でケイソウくんを知ったのです

最初値段を聞いて『うそ!?』と思いました

電話でそれこそネコナデ声で専務にイロイロ聞いて納得

早速出展してもらおうと会社へ提議

ところが、会社のエライさんときたら得意の

『そんな会社聞いた事ないな〜。大丈夫なんかぃ!?』と

心の中で僕は『お前が知らなさ過ぎるんぢゃボケェ!』と

『とにかく専務に会ってくださいよ』と僕

会ってもらい、すっかりワンウィルのファンになって帰ってきました

最初は自然系珪藻土なので施工をテキトーにやられて

クレーム続きで大変でしたね

それこそ専務と二人三脚でPRとクレーム処理を同時に

する作業の連続で大忙しした

リーマン時代は商社だったのでルートが長いんですよ

販売店から工務店そしてユーザーと

その間でテキトーな説明しかしないもんだから

現場で施工ミスでクレームになる・・・

ちゃんと説明書を読んで施工すれば全く問題ないのに・・・

あの頃、この流通のスタイルに限界を感じてましたよね

とにかくこの二人。熱い。

何がそうさせるのか?

社長のくちぐせは

『俺達がしてきたことの償いをしたい!

大量生産・大量消費の片棒を担ぎ地球を汚してきた

これからは世直しダ』と

ナノデ自然素材で効果を最大限発揮できる珪藻土

日本漆喰協会の厳格な化学物質基準合格

そして、更に壮大なチャレンジが待っていました

これは次回のオハナシで・・・


【このお話の登場人物は・・・】
http://www.onewill.co.jp/keisou-kun/index.htm(株)ワンウィル

http://www.ichies.com/wr/ost/index.html

この記事に

開く コメント(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事