ここから本文です

尾道 米徳

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3
古い食堂をリノベーションした大衆酒場
JR山陽本線尾道駅から歩くこと約20分、小さな居酒屋やスナックが軒を連ねる新開地区に古風な看板の上る大衆酒場(米徳)がある。
昭和レトロを演出した雰囲気に定評があり、尾道・福山を中心に店舗展開する「いっとく」グループの経営だ。
路地裏の一軒家という立地がちょっと隠れ家風で、地元の酒飲みの好奇心を刺激する。
圧倒的に昭和を懐かしむかの男性客が多い。
ガラスのショーケースに収まった食品サンプルや観音開きの木の扉が風情を感じさせる外観。
人気メニューは、煮込み、肉鍋、〆サバ、生せんまい、鶏ハム、魚南蛮漬など。
懐かしい、レトロな隠れ家風の大衆酒場で一杯やる。
昭和への思いが馳せる。
コストパフォーマンスは優良。
値段表示は外税。
キムチ300円
鶏ハム400円
ポテトサラダ400円
〆サバ500円
ホッピー400円
ハイボール400円
「営業時間17:30〜翌2:00/月休」

この記事に

開くトラックバック(0)

尾道 とり平

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5
赤提灯の光に誘われ……
JR山陽本線尾道駅から歩くこと約20分。
細い路地に居酒屋やスナック、寿司屋が数多く寄り添う「新開地区」一帯は、尾道駅周辺で随一の飲み屋街を形成している。
時計の針を止めてしまったような、昭和ノスタルジーにかられる路地裏的空間で、ひっそりと赤提灯を灯す酒場が、ここ(とり平)。
引き戸を開けると、「お、いらっしゃい」と主人が穏やかな笑顔を浮かべて出迎えてくれた。
旅先ではこの一言が嬉しい。
「まず焼き鳥、それと……」。
それから日本酒追加四回、計五杯になろうとは誰が知ろう。
〆は「とり平スープ」だ。
「お客さん、鶏のエキス、熱いよ」
「エキスキューズミー」
ツイー……。
飲みすぎた体にスーッと入っていく、これはうまい。
……さて、次の店の見廻りだ。
(とり平)を出ると早くも千鳥足。
コストパフォーマンスは優良。
とり平スープ100円
ねぎま130円
手羽350円
にこみ450円
冷酒450円
瓶ビール「大」650円
「営業時間17:30〜23:00/日・祝休」

この記事に

開くトラックバック(0)

岡山 割烹ままかり

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3
岡山の割烹料理屋で岡山の味を
岡山電気軌道東山本線西大寺町電停から歩くこと約1分、表町オランダ通りから県道27号に続く路地に(割烹ままかり)がある。
魚料理を中心に割烹の味が手頃な値段で楽しめる一軒だ。
本日のおすすめ刺身盛り合わせの時季のハリイカは、張りのある身をさっくり噛むと清新な甘みがたいへんおいしい。
岡山の魚に欠かせないのはサワラ。
その刺身は、上品な旨みで、大奥の若姫が「あれ〜」と声をあげたようだ。
すすめられた、岡山名物ままかり本漬は、新鮮な魚に酢が効きすぎず、さすが本場はおいしい。
(割烹ままかり)のあるこの辺りはかつて岡山一の歓楽街だったそうだ。
コストパフォーマンスは優良。
するめいか塩辛600円
ままかり本漬900円
さざえ壺焼1400円
赤貝造1500円
生ビール「キリン一番搾り」750円
いち辛「辛口純米」900円
「営業時間11:30〜14:00・17:00〜22:00/日・祝休」

この記事に

開くトラックバック(0)

金沢 黒百合

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3
金沢おでんの老舗で昼酒を
JR北陸本線金沢駅構内の「金沢百番街 あんと」に昼から酒が飲める老舗おでん酒場(黒百合)がある。
創業は昭和二十八年。
「いらっしゃい、飲み物は?」
「寒いから燗酒だな」
平凡なことしか言わない。
それでいいのだ。
寒い日は燗酒、風呂上がりはビール、コタツはミカン。
陣取るカウンター前のおでん舟から湯気が上がる。
赤巻、梅貝、鰯つみれは金沢おでん鍋物に欠かせない。
創業から守ってきたダシは牛スジも入る関東関西ミックス。
梅貝は特大を煮て中をひねり出す。
これに味のしみた大根に鰯つみれで金沢おでんは完成する。
クイー……。
おでんには厚手コップ酒。
ちろりの燗酒がいい。
飲食街はおでん屋の多い町と、焼鳥屋の多い町の二つに分かれ、金沢はおでん。
昔の金沢は学生の町で金欠学生に安くて腹のたまるおでんは喜ばれた。
おでん屋文化の町の方がいい。
焼鳥は下品だ。
玉子100円
ちくわ180円
こんにゃく200円
鰯つみれ320円
いいちこ600円
石川門680円
「営業時間11:00〜22:00/無休」

この記事に

開くトラックバック(0)

高岡 かめ蔵

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3
美味すぎて言葉にならない冬の北陸の味
東京から北陸新幹線で2時間ちょっと、高岡に着いた。
北陸の旅2泊3日、まず高岡から攻略だー!
JR高岡駅から歩くこと約6分、御旅屋通りに(かめ蔵)がある。
本日の刺身は、バイ貝、アジ、〆サバ、白エビ、氷見ブリ、ガメエビ……。
まさにキトキト。
これには酒だ。
砺波の酒「立山」は富山らしいきれいな旨味。
富山酒を支えるのは立山の伏流水で、立山は庄川水系だ。
では刺身。
旬は終わりという富山の宝石・白エビの透明な甘味がいい。
富山湾という稀な地形と、人間の知恵が生み出した北陸の味。
そして北陸の旅は続く。
ああ幸せ。
コストパフォーマンスは優良。
値段表示は外税。
バイ貝600円
アジ700円
〆サバ700円
白エビ900円
立山「本醸造」500円
生ビール550円
「営業時間17:30〜23:00/日休」

この記事に

開くトラックバック(0)

高岡 盛盛

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5
北陸の地酒と海の幸を堪能
JR高岡駅から歩くこと約6分、御旅屋通りアーケードに(盛盛)がある。
カウンターは居心地良く、個室は飲み会に好適だ。
北陸名酒が勢ぞろいした銘酒居酒屋として定評高く、とりわけ富山の名酒「勝駒」はフルラインがそろう。
「よし、勝駒」
富山一番人気の地酒「勝駒」はすっきりした切れ味がいい。
挨拶代わりの「お造り盛り合わせ」は、寒ブリの他に甘エビ、イカなど旬の魚介がのる。
氷見の寒ブリはうまさ凝縮。
これこれ、この食感。
寒ブリ刺身は、コリっとしたこの食感を楽しみたいのだ。
もちろん食感だけでなく、味もいい。
身が締まっていて旨みも濃い。
表面はぬるりとしながらコリっとした歯応えのバイ貝もいい。
海の幸のおいしい食べ方は北陸に学ぼう。
北陸の冬は、おいしい。
コストパフォーマンスは優良。
たこ酢500円
黒つくり500円
バイ貝お刺身600円
お造り盛り合わせ1100円
立山「1合」500円
勝駒「純米」500円
モヒート550円
「営業時間17:00〜23:00/火休」

この記事に

開くトラックバック(0)

高岡 炉ばた焼 陣太鼓

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5
北陸の海の恵みを、召し上がれ
JR高岡駅から歩くこと約5分、桐木町の路地裏に(炉ばた焼 陣太鼓)がある。
北陸の冬は、おいしいものの宝庫。
世界有数の漁場である豊かな海が届けてくれる魚介は、まさに絶品。
甘い。
魚の身を甘いと感じることはそうないと思う。
脂がのっているせいだろうか。
氷見の寒ブリの旨みには驚いた。
刺身はもちろん、煮ても焼いてもうまい。
ブリしゃぶ、ブリ大根、ブリのかま焼き、どれも絶品だ。
ブリしゃぶは、あっさりとした味わいで、脂身が苦手な人にもおすすめ。
氷見では重量、形、質などの条件を満たしたブリを「ひみ寒ぶり」としてブランド化している。
寒ブリは、まさに今が旬。
一度食べたら、忘れられないおいしさだ。
コストパフォーマンスは優良。
ホタルイカ塩辛400円
ガメエビ850円
しろえび1000円
ぶりしゃぶ1300円
立山「本醸造」860円
満寿泉「からくち」860円
「営業時間17:00〜22:30/月休」

この記事に

開くトラックバック(0)

南橋本 としちゃん

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3
駅前の小酒場でもつ焼きを頬張る
JR相模線南橋本駅の目と鼻の先に(としちゃん)がある。
幾つもの赤提灯が下がるひなびた大衆酒場だ。
店の売りは大きなもつ焼きである。
「かしら」「しろ」「フエ」などのもつ焼きが揃っているが、ここを訪れたなら看板メニューの「レバー」がなければ始まらない。
届いたレバーはほんわかと湯気を上げうまそうだ。
がぶり。
ふんわりと焼き上げられ、レアな焼き加減がたいへんおいしく、サワーに最高だ。
にぎやかな店内をピッと引き締めているのがスキンヘッドに口髭の決まる店主。
「はい、唐辛子ね」と気を使うおかみさんがまたいい。
決して派手さはない。
飾らない酒場でこそ、地元に愛されるということをこの店は心得ている。
飲み物メニューはない。
レバー130円
ハツ150円
しろ150円
かしら150円
フエ180円
唐揚げ680円
「営業時間16:00〜21:00/日休」

この記事に

開くトラックバック(0)

阿佐ヶ谷 鳥正

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4
今宵も酒飲みが集う昭和の面影を残す焼き鳥酒場
JR中央線阿佐ヶ谷駅から歩くこと約3分、居酒屋やラーメン屋など、さまざまな飲食店が建ち並ぶ昭和の酒場街「阿佐谷一番街」に焼き鳥酒場(鳥正)がある。
主人は50歳をすぎてもとても若く元気そのもの。
秘密はもちろん新鮮な焼き鳥だ。
焼き鳥は「れば」「たん」「はつ」「しろ」「砂肝」など、118円から。
人気のしろはフワフワ、くきくきした噛み心地でおいしく、添えられたカラシや味噌もいい。
主人を女将さんと娘さん【かな】が手伝う。
家庭的な雰囲気がまた、ノスタルジーをかりたててくれるのだ。
人情に満ちた愛すべき酒場。
ディープな酒場はちょっと敬遠という人も安心して来ているようだ。
コストパフォーマンスは優良。
冷奴324円
お新香324円
煮込み432円
つぶ貝さしみ540円
チューハイ432円
いいちこ「麦」432円
「営業時間18:30〜翌0:00/水休」

この記事に

開くトラックバック(0)

中野 廣

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4
古き良き昭和の香りが漂う路地の小酒場
JR中央線中野駅北口から歩くこと約5分。
それまでとは異なった昭和の雰囲気漂う路地に居酒屋やスナック、喫茶店、定食屋などからなる中野新仲見世商店街がある。
その新仲見世商店街にある(廣)に入った。
女将がひとりで店を切り盛り。
店内は女将と常連客による社交場といった雰囲気だ。
毎日訪れる常連も多い。
ツマミは日替わりでカウンターに並ぶ大皿料理をチェック。
海老のから揚げはある日の大皿料理のひとつ。
サクッと軽い食感と塩加減、香ばしさが絶妙な逸品。
中野はやっぱり奥が深い。
飲み物メニューなし。
赤カブ450円
ブリ照焼550円
マグロ山かけ600円
アボカドマグロ600円
カキフライ650円
白子ポンズ650円
「営業時間16:00〜23:00/土・日・祝休」

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事