ここから本文です
客観的に事象を見て国益第一を目指しましょう:

書庫無題

記事検索
検索
ノーベル賞ご受賞の件に関連して申しておきます。

科学技術の受賞は、歯むき出しでメダルに噛み付く芸能スポーツ賞ではありませんからね! 

「大隅さん」と呼び、他国では当然の「Professor」はおろか「Dr.」もなしの「さん」!芸能スポーツグルメでは、選手、アスリート、プロ、シェフ・・・・だのの尊称を付けても、「科学技術立国(大嘘!)→(注1)」を標榜してもノーベル科学賞受賞者には「○×さん」。

他国では、学者・研究者にProfessor、Dr.、欧州独語圏のProfessor Dr.,が普通ですけどね。 ただの「さん」・・・スゴイw

畏友によれば、女子レスリングの「なんちゃら連勝」と山中先生の「iPS細胞のご受賞」とが日本のマスコミでは同列に論じられたとか・・・凄い国ですw

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
(注1)以下の状況で「科学技術立国」はおこがましいでしょう!

D論修了後のポスドク(PD)時代の身分・収入は不安定そのものです。PDを3回やって(30代半ばになっています)、初回任期付きの助教・研究員になれない場合、以後のパーマネント職獲得は非常に困難(まず無理)。

首尾良くパーマネント職に就いても、短期即物的研究で論文数を稼がないとお召し放ちや無資金状態=研究断念=給与落ち敗残の危うさです。相当の実績・業績を上げていても、世間の扱いは駆け出しの馬鹿芸人・タレント未満。何しろ、畏友の言によれば、ノーベル賞受賞でようやく売れてるTV芸人やスポーツアスリート並みの扱いですからね。

ともかく、博士後期課程に行くのは相当なリスクを負うことになります。進学してD1やD2で学振研究員に採用されない限り、D論が終わって残るのは相当の巨額にのぼる奨学金という名の借金・・・。
博士前期修了で然るべき企業に就職する方が遥かに仕事・収入・人生設計が安定かつ確実です(無論、企業社会での競争は熾烈ですが)。このため、然るべき大学院では優秀な学生の多くが前期課程修了で社会に出てしまいます。

という次第で、受賞者の皆様が総じて「現在までは過去遺産、今後は危うい」とおっしゃっているのは故なきことではありません。研究社会の人間はみな同様の感想を持っています。つくば研究学園都市に行った際、仲間達に話を聞くと、子弟には医師や法曹資格を目指す子達が非常に多いとのことでした。日本の現状ではむべなるかな、必然の方向です。

その一方で、似非学者・大学教員のタレントは雲霞のように湧いているようですね。TVに出てくる日本の文系教授だの研究員だのには、D○合(注2)やらD合はおろか、M○合やM合ですらないのが跋扈しています。畏友によれば、毎週出てくる(来た)「造園家」やら、「国際政治学者」が「M合なしの大学教授」の典型例だそうで、D論終わった後はまともな学術論文を全く出していない「脳学者」タレントなんてのも跋扈して出鱈目を垂れ流しているとか・・・・。

かつて科学技術をダシに使って見得を切った謝某なんてのが野党第1党の党首になるんですからね!
「科学技術」をやたら鼓吹する一方で、実際は粗末にして止まないヒドイお国柄です! 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
(注2)
次の記事で、日本の大学教員と資格についてまとめておきます。おそらく、殆どの方々はご存じないと思います。中には、日本固有で、欧州ではあり得ないようなことになっています。

大熊先生のご受賞を心よりお祝いいたします!

年上の畏友からの激怒メールがあり、下記を視聴してタチの悪さに驚いた次第です。 
https://www.youtube.com/watch?v=yybVuctNLMY&list=PLdoANlSaeHve-kT14L4OaVhBd8m4KVMYt&index=3

このハゲおっさん、蓮舫レベルの粗暴かつ不正確な物言いで、同人より数才上の団塊世代を「日本の敵」とケチョンケチョンに決めつけていました。その偏見に満ちた断定・決めつけ方には、畏友が怒るのは無理もないものです。嘗てヒトラーがやったやり口と似ています。ただし、mein Kampf(我が闘争)他で見られるヒトラー式決めつけや口舌の方が数億倍もレベルが上です。

こんなのが、日本の保守なんですかね! ゲストの産経・阿比留某が大いに頷いて、同意と合いの手を入れているのも大いにこの記者のレベルを表していて頷けました。彼の記述の多くには同感してきたのですが、「慰安婦問題に関する日韓合意」以降、私はこの記者の実態というか本態を怪しんでいます。

本姓 謝蓮舫とやら言う政治屋のことです。標題で尽きていますね、この凄まじさ。

ここで言う凄まじさの対象は、第一にこの虚言癖・政治屋、第二にこれを党首にしようという民進党、第三にその支持者達、第四に以上を許容する多くの日本人の存在、です! 

更に加えてもの凄いのは、こんな二重国籍者が民主党政権下で「行革担当大臣=公務員制度改革担当大臣」を務めた(務めさせた)ことです。

今回、この最低な話が浮上したことに対する応答として産経WEBには、『質問:今回、一連の報道でいわゆる「二重国籍」問題が明らかになったが、閣僚になるときや、代表選に出るときに確認しようと思わなかったのか。蓮舫: 「あの…、日本人ですから、そこにおいての制限はないと認識している」』とあります。

日本国籍さえあれば、二重国籍であろうが、忠誠心の対象が何であろうが、政治家としての姿勢もけじめもヘッタクレもなくも、制限なしでなんでもokと言ってるわけです。日本国・国民も文字通りナメられたものです。こんなのが釈明になるんですか? 容認されるんですか? 

だとすれば、日本の先行きは本当に危ういと思います。

「慰安婦問題の日韓合意」の件、約8ヶ月経っての状況はどうですか? 韓国は「合意事項」を守っていますか? 同合意の日本側スポークスマン(関与していると考えるのが妥当)と見られる産経政治記者の言うとおりになっていますか? 本合意の客観的推移と事実のみならず、竹島、在米の反日行動、日韓SWAP協議・・・はどうですか?

私の見解: ほら言った通りの推移と状況じゃないか、馬鹿か! 

本合意文(注)の公表により、日本政府は「従軍慰安婦」を「事実として認めた」ことになるのは当たり前です。「落としどころ」だの屈折した「つもり解釈」は日本でしか通用しません。これに懲りずに、今後も、今や復活した日韓利権屋が一層蠢くことでしょう。
-------------------------------------------------------------
(注)以下に今年1月6日付で書いた「慰安婦問題の日韓合意に関する外務省公表文への懸念」を再掲します。
http://blogs.yahoo.co.jp/benrathab1990/27182807.html

昨年末以来、気になっているのはあの突然の「慰安婦問題に関する日韓合意」です。外務省公表の前半部には以下の文があり、下線部には後々禍となるはずの問題が浮き出ています(注1)。その問題とは、表明文の内容がすでに明らかにされている事実関係(軍の関与下云々)に沿っておらず、曖昧かつ大袈裟で今後何とでも解釈できる語句(多数の女性云々)に基づいて、責任を認めて謝っていること(日本政府は責任を云々および省略した後続文)です。
 

(和文)ア

慰安婦問題は,当時の軍の関与の下に多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた問題であり,かかる観点から,日本政府は責任を痛感している
(英文)(i) The issue of comfort women, with an involvement of the
Japanese military authorities at that time, was a grave affront to the honor and dignity of large numbers of women, and the Government of Japan is
painfully aware of responsibilities from this perspective.
 
これらの非常に明白な問題の故に私は、今回の「日韓合意および政府としての表明文」は当面の利得を目標とした政治的妥協に堕しており(注2)、今後〜後世に禍根を残すものと考えています。
 
皆様も、以下の記述がズバリ当て嵌まると思いませんか?
「水面下で話し合いを持って、遺憾の意など示して折れてしまえば、将来も問題を蒸し返されて延々と弱みとなりかねないことは、日韓の歴史が証明している。」
 
これは、お分かりのように、無罪確定した産経新聞社前ソウル支局長・加藤記者の言葉です。


 
(注1)日韓それぞれの公表された表明和文・英文には色々と問題(日本国民にとっての)があります。まず、慰安婦(対価を得て一時的な性的関係を提供)=売春婦=prostituteであり、 comfort womanなどという用語自体がいかがわしいですね。その上で外務省は、同じ”the issue of comfort     woman”の語句について、岸田大臣の和文表明では「慰安婦問題」とし、尹外交部長官の和文表明では「日本軍慰安婦被害者問題」としているのです。何をどのように、国民には見えない形で顧慮し、妥協しているのか、非常に気になります。ユネスコ世界遺産登録の交渉妥協に際して、外務省が韓国を始めとする外国に対して述べた「・・・against their will and forced to work」を、日本国内向けには「強制労働を意味しない」などといって誤魔化そうとしたこととそっくりです。
 
(注2)この「合意」の内容について、すでに日・韓で齟齬を来している、韓国で強い反対闘争や内部争いが起き始めていると伝えられています。例によって例の如くです。後者のような韓国・国内状況の混迷は今後より昂進して行くでしょう。こうした混迷を封殺して収めるためには、国内・外の韓国・朝鮮・元半島人を使って、以前にも増しての反日行動に出るしかないのがあの国の定法です。今回もそうなるでしょう(注3)。日本も偉そうに言えません。早速、日韓議連とかいう「利権売国政治屋」の女性側グループが蠢動し始めたではありませんか!


(注3)「合意の内容は欧米以下の国際世界に発信されているので、近代国家としての責任・面子・プライドからしても、それを破るわけにはいかない」などという、言説が日本国内でなされているようですね。韓国(人)は日本(人)ではないこと、「恥」に対する概念や観念が日本および西欧とは異なることをお忘れのようです。彼らとの間の「常識の相異」を幾度忘れ、(結果的に)騙されれば気が済むのでしょうか(日本人の一大欠陥:(注4))。
 
(注4)こうしたことを客観的事実を知って少しでも考えようとすることに対して、日本国内の環境は極めて劣悪です。マスコミは客観感的事実と情報を報じず、受け手の国民を「パンとサーカスならぬ芸能・スポーツ・グルメ」へと日夜導いており、当の国民もそれに流されて行く・・という次第。先が見えますね

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事