冬の対策として(^ム^)


みなさま、こんにちは

日増しに寒さを感じられる季節になりました(


だからこそ温かいお風呂に入って
しっかり身体を温めたいですね


しかし冬は春から秋の季節に、
急激な温度変化により血圧が上がりやすく
体が寒さを感じると、体調を整えようとして
交感神経が働き、
体温や血圧を上げようとする働きがあります


 しかし、入浴時の「脱衣所の寒さ」と
「お風呂の熱さ」の急激な温度差によって
体に及ぼす影響により失神や
ひどい場合には心筋梗塞・脳梗塞を引き起こします


そのため
入浴時の温度差をなくすための対策方法として
 

①脱衣所を暖房であたためる


脱衣場に暖房器具を設置しておくと、
裸になったとき急激な寒さを感じることもなく、
血圧の上下のリスクが下がる(

 

②湯船のフタを開けておく、シャワーでお湯をはる


入浴の5分くらい前から
浴槽のフタを開けておくようにする


そうするだけで湯気が上がり浴室全体が暖かくなり、
脱衣所との温度変化は少なくなる(


またお風呂のお湯をシャワーで張ると
浴室が蒸気で温まり、
湯船の温度も程良くなり大変効果的です


③湯温はぬるめに 


室内や脱衣所とお風呂の温度差が10℃以上開くと
温度差による身体への影響が大きくいため、
湯温はぬるめに設定して湯はりするほうがよい(


④夕食前に入浴する


夕食前に入浴することで、
比較的まだ体の生理機能が疲れていない状態で
入浴できる
また、食事をすることで血圧が下がりやすくなるため、
食事をとる前に入浴するのが効果的

 

⑤高齢者には一番風呂をすすめない


一番風呂は浴室が冷え切っておりお湯も入れたてで、熱いため急激な温度変化の影響を受けやすい(
 
入浴時など
急激な温度差によって体に及ぼす影響により、
肉体的ショック症状のことを
「ヒートショック」といいます


ヒートショックが起こりやすいのは
体の弱い高齢者ですが
誰にでも起こり得る症状です(


そして寒い冬場の発生率が格段に高くなるため、
入浴時だけでなく
トイレや洗面所など、
暖かい暖房の効いた場所から
寒い場所に行くときは注意してくださいね(

.


みんなの更新記事