身体に優しい医療を求めて、弁天町歯科医院です。

二万超えありがとうございます。もっと身近な歯科医療をめざします!

小児歯科

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全17ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]

幼児とよだれ

よだれは多いほうが良いのです。

抗菌的な役割もあるし、

消化を助ける酵素も含んでいるし

自浄的な作用によって虫歯になりにくくもしてます。

よだれは歯のはえはじめるころが多く、

2歳頃にはあまり目立たなくなるのですが、

出なくなるのではなく反射的に飲み込むためです。

いつまでも口のまわりによだれがでているば場合は

唇が閉じることをしないためと

唾液がたまってきた感覚がわからない、

またはどうしたらいいのかわからない場合と

鼻で呼吸ができないため常に口呼吸してる場合など

が原因として考えられます。

対応として唇を閉じる訓練をする、食事時に

口を閉じてモグモグ食べるように躾けます。

鼻が悪いようであれば慢性の鼻炎や扁桃腺肥大、

アデノイドの肥大などの場合が考えられますのでは

耳鼻科に相談しましょう。

なるべく風など引かないようにして鼻呼吸を覚えさせて

口呼吸をしないようにするには夏場はもってこいです。

あまりにも今年は暑い夏ですがクーラーを

ガンガンにきかせた部屋でなく

子供にとって過ごし易いくらいで躾けて見ましょう。



弁天町歯科医院ホームページ
当医院ホームページへもお越し下さい


3歳頃の食事

2歳半から3歳頃に乳歯列が完成します。

何でも噛める状態なので大人と同じ食事が

できます。でも、硬いお肉やするめなど

何度も根気よく噛まなければならないものは

すぐ出してしまう子がいます。

噛むことは経験によって上手になってきて、

噛むための機能が育ってきます。

また、噛むことを簡単にあきらめず

根気よく噛んで細かくして飲み込めれるように

なるのが大切なのです。

うまく噛めない子やすぐ出してしまう子には

工夫が必要で形をかえたり、噛み切りやすく切り目を

入れたり、うまくできたらほめてあげたり、

家族みんなで同じものを一緒に食べることが大切です。



弁天町歯科医院ホームページ
当医院ホームページへもお越し下さい


小児歯科と局所麻酔

歯科処置を痛くないようにするため

注射による局所的に麻酔をします。

針を刺すところに前もって表面麻酔をしたり

細い針を使うことによって痛くないように

工夫されています。

最新的なのは霧状にて歯肉に表面麻酔をしてしまう

ものもでてきました。

イメージ 1


麻酔注射は針が痛そうなのですが

実際は薬の液がはいるのが痛みとして

感じますのでいかにそっといれるかです。

ごくまれにアレルギーを起こすことがありますので

アレルギー体質の場合は前もって歯科医とスタッフには

必ず伝えてください。

麻酔した後は1,2時間ぐらいは元の状態に

もどりませんので食事、熱い飲み物はひかえましょう。

もし、麻酔が切れる前に唇や頬を噛んでしまった場合は

歯科医院にて消毒をしてもらいましょう。




弁天町歯科医院ホームページ
当医院ホームページへもお越し下さい


おもに使うのは消毒薬、消炎鎮痛薬、抗生物質(化膿止め)

そしてフッ素などの予防薬です。

虫歯の進行をおさえる薬としてよく前歯に塗布するのは

フッ化次アミン銀という薬を塗ります。

虫歯に塗ると虫歯になっている部分は黒くなります。

虫歯部分のタンパク質を変性させて一時的に

細菌も消滅させ、虫歯の進行をおさえる効果があります。

しかし、根本的に虫歯そのものを治す薬ではありません。

黒いのは殺菌作用のある銀が付着して酸化し黒くなります。

最近は黒くなるのを嫌がるお母さん方が多いので

フッ素ナトリウムを使用したりします。

フッ素は歯質にとりこまれると強い歯質になります。

通常、用いる薬の量では中毒や副作用はほとんど

ありませんがアレルギーがある場合は必ずまえもって

歯科医師等に伝えましょう。



弁天町歯科医院ホームページ
当医院ホームページへもお越し下さい


幼い子供の歯の痛み

3歳児までに虫歯にしないように

気をつけましょう。

噛む面、歯の表面はハブラシを

歯と歯の間の隣接面はデンタルフロス(糸ようじ)を

使って歯磨きをしましょう。

食事中に痛がる場合は歯の表面に穴が開いていて

そこに食べたものが詰まって痛がる場合があります。

そっと取り除いてあげると痛みが治まる場合が

あります。穴があるままだと同じように

痛みが出ることになりますので早めに

かかりつけの歯科医に診せましょう。

夜に痛がる場合は体温が上がって血のめぐりが

よくなって化膿してるところの内圧が高まることに

よって痛がる場合があります。暖かいものを飲んでや

お風呂に入っても同じ理由で痛みを訴えます。

夜間であれば患部を冷やしてあげると楽になる場合が

ありますので濡れたタオルで冷やしてあげてください。

痛み止めがある場合は飲んで様子ををみましょう。

次の日には早めにかかりつけの歯科医に受診しましょう。



弁天町歯科医院ホームページ
当医院ホームページへもお越し下さい


全17ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事