身体に優しい医療を求めて、弁天町歯科医院です。

二万超えありがとうございます。もっと身近な歯科医療をめざします!

小児歯科

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

ママへの知恵

今ママの方、またはこれからママになる方へ

口腔が清潔で歯が虫歯などにしないで健康であれば

身体は丈夫に元気な子に育つということを

知っておいてください。

今多くの子供たちは乳歯でさえ隙間がなく生えている

状態です、見た目は良く見えるかもしれませんが異常です。

乳歯列では隙間があるのが当たり前で乳歯より大きい

永久歯がはえるためのスペースを準備しなければなりません。

乳歯の役割は噛むという感覚、動作を覚えること、

発音の構成を覚えるのに必要なこと、

顔面、及び頭部の発育にまたは身体の発育に必要なこと、

永久歯にうまく交代するためスペースを作るため必要であります。

よって乳歯から虫歯にするべきではないし、

咬合(かみ合わせ)のバランス、

身体の成長を健やかに元気で丈夫に願うなら

口腔から注意すべきなのです。



弁天町歯科医院ホームページ
当医院ホームページへもお越し下さい


今時の小児歯科的考え

小さいお子さんから児童をお育ての親御さんへ

ただでさえ、今の子供たちは軟らかいものばかり

食べているので顎が大きく育たないのに

虫歯にすることで歯の移動が起こり

永久歯がますます生えにくくなってきますので

1本も虫歯にすべきではありません。

当院的な考えでは小学生の間は仕上げ磨きを

してあげるべきと考えます。

出てきたばかりの永久歯の噛む面のエナメル質は

幼弱なエナメル質で口腔内にて唾液に含まれている

Caと結合して成熟していくのです。

虫歯治療は大人でも痛いものです、子供も

やはり痛いのですから予防に力をいれた方が

お金もかからず、痛い思いもせず良いと

思いませんか?

歯医者さん!?いつも検診だけで済んでいる!

のが一番と考えますがいかがでしょうか。

学校検診でひかからなかったから大丈夫なんて

安易に安心しないで歯科医院で検診を受けるべきです。



弁天町歯科医院ホームページ
当医院ホームページへもお越し下さい

にほんブログ村のランキングに参加しています。ぜひ、ご協力お願いします。(文字をクリック)
https://sick.blogmura.com/dentist/img/dentist88_31.gif
にほんブログ村 歯医者へ(文字をクリック)

歯の事故(脱落歯)

子供の親御さんへ

永久歯で歯牙が脱落した場合の対応として

一番の方法としては子育ての家庭では

冷蔵庫には牛乳が入っている場合が

多いと思いますので牛乳につけて

かかりつけの歯科医院に連絡後、

受診してもらうのが良いです。

というのは再植できる場合があるからです。

土に落とした場合は歯の先端を持って

水で軽くすすぐ、砂などを落とすていどに

して根の部分をゴシゴシと擦らないでください。

歯の周りに付いている組織が再植に重要です。

また、根の先端や根の部分は触れないようにしましょう。

牛乳が家にない場合は口の中(頬の内側)に入れて

受診されることをお奨めします。

可能な限り速やかにできれば60分以内が

一番よいでしょう。



弁天町歯科医院ホームページ
当医院ホームページへもお越し下さい

にほんブログ村のランキングに参加しています。ぜひ、ご協力お願いします。(文字をクリック)
https://sick.blogmura.com/dentist/img/dentist88_31.gif
にほんブログ村 歯医者へ(文字をクリック)

泣き叫ぶ検診!?

本日は1.7歳検診の日。

人数は108名,歯科医は3名。

本日は泣く子供たちばかりか?

1.7歳だと早い子で乳歯のDまでが

生えている。

イメージ 1


この位の年齢は意思を示すため

ハブラシを嫌がる子が多い。

お父さん、お母さん、力入れすぎていないですか?

そっと長い時間ハブラシを当てたほうが嫌がらないよ。

できれば顔が見えているのでにこやかに

童謡でも歌っている間あててあげると

ハブラシって楽しいのかなと思う子も

いると思うんだけど。

これから乳臼歯が揃ってくるので

大人と同じぐらい食材に少しづつ変化させましょう。

そうすれば顎も大きく育ちやすいよ。



弁天町歯科医院ホームページ
当医院ホームページへもお越し下さい

にほんブログ村のランキングに参加しています。ぜひ、ご協力お願いします。(文字をクリック)
https://sick.blogmura.com/dentist/img/dentist88_31.gif
にほんブログ村 歯医者へ(文字をクリック)

今時の子供たちは

水を含んで頭を仰け反らせてガラガラと

喉の奥を洗うのを嗽(うがい)といい、

水を含んで口先をクチュクチュすすぐのを

口すすぎといいます。

最近の子供たちはこれができない子たちが

います。なぜでしょう?

口呼吸をしていて口に水を少しの間

含んだままにできないからです。

私などは外から帰ってきたら嗽を

するのが当たり前のように習慣づけられた

ものでしたが、最近はあまり親御さんが

教えていないようです。

一時のインフルエンザが流行ったときは

かなりうがいをされたようですが。

嗽は口内と喉に付着したほこりや細菌、

ウイルスなどを洗い落とし清潔にする

ことが目的ですが咽頭粘膜が潤うこと

によって細菌感染しにくくなり呼吸器

感染の予防には重要な役割をになってます。

ですので以前にも記載しましたが鼻呼吸が

できるということは身体を丈夫に健康に

育てるのに重要であるということです。

何時時でも口をポカンと開けていないように

躾をしましょう。一番は食事の時モグモグ

食べるように躾けると鼻呼吸を覚えやすいかも

しれません。鼻炎を起こしているお子さんは

耳鼻科の先生に相談しましょう。

こんな事でもお口から顔、頭部の成長に

影響があるのですよ。



弁天町歯科医院ホームページ
当医院ホームページへもお越し下さい

にほんブログ村のランキングに参加しています。ぜひ、ご協力お願いします。(文字をクリック)
https://sick.blogmura.com/dentist/img/dentist88_31.gif
にほんブログ村 歯医者へ(文字をクリック)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事