へんろみち大将の 大好き!別府

別府の人情と自然・山に惚れて大分市都町で讃岐うどん店「へんろみち」を開業した生粋の讃岐人です。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全233ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

明けましておめでとうございます。
本年も「へんろみち」を何卒よろしくお願い申し上げます。

今年が皆様にとってとっても素晴らしい年になりますように。

へんろみちは
1月4日(木)11:00オープンです。
皆様のお越しをお待ち申し上げます。

イメージ 1

この記事に

開く コメント(4)

おしらせ

営業時間のお知らせ

「へんろみち」の営業時間はお昼だけの
(月)〜(土)の11:00〜14:00です。
休みは日・祝のみです。
年内の営業は12月30日までやります!!
新年は1月4日からの営業開始です!!


「へんろみち」で検索すると勝手に立ち上がっているFacebookに誤った
営業時間が載っており問い合わせがあり迷惑しています。
上に書いたのが本当の営業時間です。

ちなみに大将のFacebookは実名の「木内秀幸」でごく最近始めました。(^^)


イメージ 1

この記事に

開く コメント(2)

年末年始営業案内

年内の営業は12月30日までやります!!
新年は1月4日からの営業開始です!!

イメージ 1

懐メロ専門のうどん店です(−−;)

イメージ 2

音楽の趣味もかなり怪しい大将です(@@;)

しあわせしあわせ。

この記事に

開く コメント(2)

聖ミゲル教会

大分合同新聞 朝刊に12月18日〜24日まで
「聖ミゲル教会」を大将が連載いたします。

朝刊一面「教えて ぶんぶん 大分学」です。

聖ミゲル教会は430年前、由布院にあったキリスト教会です。

ザビエルを招きキリスト教を保護した大友宗麟の時代。
由布院は1500〜2000人のキリスト教信者のいたキリシタン王国でした。
聖ミゲル教会は信者による資材の寄進で完成した立派な教会であったと
宣教師は記録しています。

この時代一時的とはいえ仏教寺院が無く、キリスト教会だけという時代もありました。
キリシタンは大らかに信仰生活をしていました。

イメージ 1

その信仰の名残りは由布院盆地に今も無数の十字章(十字架)のあるキリシタン墓
として残されています。

イメージ 2

大友氏除国後に領主として入った細川氏もキリシタンに寛容であったことは
当時の戸籍の類に「みげる」「まんしょ」というキリシタンの「教名」で農民が登録されていることからも分かります。

届け出る庄屋も庄屋なら、平気で受ける役人も役人で、キリシタンに如何に大らかだったかが分かります。

18世紀に至るまで禁教キリシタンの信仰が保たれていたことが分かっています。
古い村史からは明治以降も「隠れキリシタン」の存在を窺わせるものもあります。
今も金鱗湖では毎日グレゴリオ聖歌が流れます。

イメージ 3

400年前もクリスマスを祝うキリシタンがグレゴリオ聖歌を歌っていたものと思われます。

しあわせしあわせ。



この記事に

開く コメント(0)

銀杏

年内の営業は12月30日までやります!!
新年は1月4日からの営業開始です!!

紅葉の最後を飾るのは
やはり銀杏でしょうか。

別府、住吉神社の銀杏。

イメージ 1

街はそろそろクリスマスムードです。

イメージ 2

お店もちょっぴりクリスマス。
カウンターの上には色んなものがありますが
お客様が置いていったものです。(−−;)

しあわせしあわせ。

この記事に

開く コメント(0)

全233ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事