ドイツ・カラフル化計画

キッチュで楽しくてちょっとアレ?な世界を作る。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全325ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

先週は3号たんにとって初めての小学校生活スタートの一週間で、気が張っていたのか、金曜日の午後は熱を出していたので、週末はゆっくり過ごし。。。

金曜日の昼に食べた鮭のパイ包みの箱が良い感じだったので

イメージ 1

あ、中身もまあまあ美味しかった。スーパーLIDLで買ったやつね。

イメージ 2

頂いたスイスチョコの包装紙と、ピンクのグルーで、人形のサイドテーブル

これまたお酒のボトルの箱で、長椅子、もといラブラブ💓💏💓ソファー

イメージ 3

ドラキュローラとクラウド・ウルフがいちゃついてかわいいですね。
赤いボア地は、友人からの頂き物。

イメージ 4

モンハイ人形さん達が5人横並びに座れます🎵

前々から作りたかったアイス屋さん。

イメージ 5

ハーブテイーの小さい箱を土台に作りました。

レトロな感じに成りました。

イメージ 6

我が家のフランキー・シュタイン姉妹もアイスを食べて楽しそうに。

モンハイの映画を何本も見て、つくづく魅力的に思うのは、フランキー達が他のモンスターに語りかける寛容な言葉に尽きる。

「モンスターハイは、誰でも大歓迎よ。」

「私たちは、大きな家族なのよ。」

「誰もが、完璧じゃないわ。」

製作しているアメリカみたいな多民族国家だと、セサミストリートもそうであったように、色んなカラーのキャラクターを登場させて、視聴者の子供達に人種の違いを疑似体験させる効果があると思うんですが、

自分も海外生活が長いもんで、しかも最初の頃はやはり辛い経験もあったせいか、上記のセリフを聞く度に本当に救われる。。。

あと、自分が昔通っていた高校が、個性的な人ばかりだったので、モンハイを観賞するとそれも強烈に思い出されるw

もっというと、主人公達がドラキュラ、狼男、フランケンの娘達なので、どうしても


イメージ 7

怪物くんを連想して、とてもシンパシーを覚えるのですね。


そんなわけで、モンハイはただ可愛いとか、ファッショナブルなだけじゃなくて、映画作品の持つメッセージがすごく良くて、大好きです。
何でもっと早く出会わなかったんだろーな。

ご近所のベーケちゃんから頂いたハギレがレトロで可愛い🎵ので、トランクと、キャンディを作ってみた。

イメージ 9


もて余していたラタンのドア飾りも、モンハイのドクロ💀仕様に。

イメージ 8

断捨離一歩手前だったのが。


娘の誕生日はモンハイパーティーヤるぞーwww

この記事に

開く コメント(2)

モンハイは人形もさることながら、箱がカッコ良くて、正直困る。。。

イメージ 1

箱を全部とって置く訳にはいかないので、いつものごとく色々作ってみた。www

ホーンテッドハイの背景が滅茶苦茶かっこよくって、これはこのままどーしても使いたいw

イメージ 2

と思ったのです。

スーパーで買い物中に、こんな化粧品の陳列運ん見つけて、レジのお兄さんにちゃんと聞いて、ただでゲットしましたよ🎵

イメージ 3


背景と合体して、簡単なジオラマにして、3号が映画ホーンテッドごっこが出来るようにしてみた。

イメージ 4

のっぺらぼうのキヨミちゃんは優しくてお洒落🎵さん。

キャラクターの部分は、UVレジンで固めて、ペンダントトップなどに加工。

イメージ 5

レジンは結構人体に害が有るみたい。散々作って、使いきってから知ったよ。。。www
肌荒れや、アレルギー反応が出るそうなので、要注意。
うちは3号もまだ小さいから、しばらくは買い控えようと思いました。
実際にレジンが指に付いたところは皮膚がカピカピに荒れちゃいます。

イメージ 6

出来上がると可愛いけどね。。。

ラミネートして名札も

イメージ 7

3号も学校に持っていく持ち物に付けられるのでこれはちょうど良いザマス

8月10日は「野獣の日」だってさあ。
Twitterで盛り上がってました。

イメージ 8

狼男の娘、クラウディーンさんを撮ってみたよ。
アオーーーーーーン!

この記事に

開く コメント(0)

とうとう先週末日曜日からクンストラーアトリエインターナショナルの展覧会が始まりました。

パーペンブルグ市周辺に住む外国人芸術家が集まって、芸術を通してお互いの交流や情報交換、コラボ作品製作などをする約半年のプログラム。「Sehnsucht neue Heimat -ankommen Nordwesten」(切望する新しい故郷 -たどり着いた北西の地)
企画参加者は14人、その国籍は10ヵ国から。(日本、ドイツ、シリア、フィンランド、ロシア、クロアチア、スペイン、ポルトガル、オランダ、セルビア)

その成果を発表する機会でございます。
イメージ 1

会場のギャラリー

公式インフォメーションは
http://www.kunstschule-zinnober.de/KUENSTLERATELIER-INTERNATIONAL.378.0.html

天気の良い日曜の午前に日とが集まるのか。。。という不安とは逆に
イメージ 2

満員御礼!

パーペンブルグの市長の他、エムスランドの知事、
イメージ 3

CDUのギッタ コーネマンさんも駆けつけてきた。
どういう事かというと、ドイツは中東からの難民問題で、外国人との交流の仕方が模索される中の成功例として、この企画は時事的にとても注目されているわけですね。
ニーダーザクセン州の文化庁会議にもこの企画は提案され、州内の文化交流事業のベスト5のひとつに選出されたそうです。

ワタシの着物とイラストのキャンバスの展示されたコーナー
イメージ 4


アレクセイ ヤンセン氏の描いたワタシのポートレート
イメージ 5

もっと美化して描いてくれてよお。。。w

シリア音楽の生演奏
イメージ 6


シリア人画家 ボゾ ユセフ氏の描いたエムスランドの風景。
イメージ 7

本人はゴッツイw見た目だけど、タッチや色合いがとてもキュート❤で、絵に現れる彼の内面の繊細さを感じました。本人もすごく楽しい人だしね。

オランダ出身のテイネケ コエダムさん製作の着物。
イメージ 8

染めは絞りのテクニックも使っています。メインの模様はなんと鉄錆び。パッチワークのテクニックも入った、手の込んだ作品です。
この人と出合ったおかげで、今回のワタシの着物の作品のモチーフが生まれました。

拝一刀さんによる 剣術・居合の演武も。気合いに場内が静まり返る。。。
イメージ 9


パーティーには欠かせないビュッフェもこれまたインターナショナルで。
イメージ 10

ワタシはおにぎりとだし巻き玉子持っていったけど、早めに無くなってて良かったです。

貴重で楽しい企画に参加させて頂けて、本当に幸運でした。まだちょっとの間はアトリエの会合の時間があるので、その時間を大切に過ごしたいです。

展示は今月いっぱいで、11月ー12月の期間はパーペンブルグの図書館で展示されるようです。

この記事に

開く コメント(2)

ドイツの一年生の入学式には、無くてはならないのが、新しいランドセルと、
シュールトウーテ schultüte でございます。
参考画像
https://www.google.de/search?q=schultüte&client=ms-android-sonymobile&prmd=isvn&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwjoiuu8-sDVAhVJLVAKHZMTBzIQ_AUICSgB&biw=360&bih=512

厚紙で出来た円錐形の袋に、新しい文房具や学校で使う運動靴やお菓子、オモチャ等を詰めてお祝いとして、親や親しい人からプレゼントされます。
ドイツでは小学校の入学は「新しい人生の始まり」ともいわれるので、このシュールトウーテは、日本の七五三の千歳飴の袋みたいな、シンボルチックな役目をしているのだと思います。

かなりの親御さんは、精を出して手作りしていました。ワタシは今回は楽をして市販のキットを使ったんでしたが。。。
定価7ユーロのを、シーズンオフに50セントでゲットしてあったwww

イメージ 1

入学式は、最初教会のミサから始まったんですが、この時点ですでに、上部分の紙が中のプレゼントの量に耐えきれず、ヤバい状態。

体育館に移動して、式の最中に、壊れてwバラバラにwwwww 中身入れすぎwwww
拝一刀さんが、直ぐに材料とハサミをうちに取りに帰り、お直しして記念撮影も無事に終えた。。。

イメージ 2


中身のひとつ、モンハイ人形、海洋モンスターのラグーナさん。

イメージ 3

この子は、とっても綺麗。🎵

イメージ 4

二日も前から3号たんとラグーナコーナーを工作して待っていた。
靴箱に鱗模様の包装紙を張っただけですが、この包装紙とてもラグーナチックで素晴らしい❤

イメージ 5


お友達のアビイも喜んでいます🎵

イメージ 6


1号の入学時は遊☆戯☆王ブームだったので、遊戯王モチーフ、2号はお寿司屋さんモチーフで手作りしましたっけ。
本人達も懐かしく思い出していたので、このアイテムは本当に欠かせないものなんだなあ〜と改めて感じましたとさ。


ワタシも帰ってから、どっと疲れて午後は珍しくガッツリ昼寝してしまいました。。。

この記事に

開く コメント(4)

武道の合宿があって、2月のポーランド旅行で会った以来の友人に貰ったプレゼントが
「手作りなんですー。」
というので、興奮しながら開けてみたところ、なななんと


イメージ 1

デコパージュのキャンドルスタンド
この模様はワタシが可愛いと思っていた、ポーランドの伝統柄、ロヴィッチュ ツヴォール

しかも裏側が!


イメージ 2

こ。。。これは‼
見た瞬間目玉飛び出たwww

イメージ 3

ワタシが検索して、可愛いと思っていたニワトリさんモチーフではあーりませんか。。。。。
驚愕、何でわかった?

しかも、娘用にと頂いたプレゼントも、娘の好きなウサギさんモチーフで、エスパーか、チャネラーか?と。。。

とにかく、カタコトの英語で会話するような仲なのでw、 お互いに好きなものの話とかをこれまでゆっくりしたこともなかったというのに、まじでストライク過ぎてビビった。

とにかくこのお花や動物の柄を田舎の人は家の壁や家具にまでペイントしてたりして、ワタシもじつはやってみたい。
どうせ田舎暮らしなら、それらしい楽しみがしたいってもんですよ。

他にも別の友人から頂いたミニボトルの木箱が、お人形の棚にするのにちょうど良いなー❤ドッカーン

イメージ 4

スプレーで手軽に着色して

イメージ 5

包装紙でデコって簡単にたなの出来上がり🎵
3号部屋のモンハイコーナーが充実してきたぜ!

イメージ 6


土曜日には、なななんと3号も小学校(グルントシューレ)入学ですよ、おっかしいなー、ちょっと前に生まれたばかりと思っていたのに。。。(*´ω`*)
入学祝に、ラグーナ人形をあげる予定なので、ラグーナコーナーも簡単ですが、3号と一緒に用意しました。

イメージ 7


ラグーナは写真右の子

イメージ 8

海のモンスター(半魚人?)の娘。カラーリングが涼しげなかわいこちゃんです。

入学前の持ち物の名前の記入をまだやってない!いそがにゃあ。。。
夏休みもあっという間に終わっちゃったよ。。。(´Д`)

この記事に

開く コメント(4)

全325ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事