300年住宅

財産としての家づくり

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

アレルギーと住宅を考える会の初の全国集会に行きました。あらゆる方面の方の取り組みに感動しました。

特筆すべきは若い大工さんが多かったことです。遠くからたくさんの方が来られてました。

扱っててかゆくなるもの 異臭がするもの 弱いもの 生活の為それを使えと言われれば使わなければ

ならないのかというジレンマに悩んでいるようです。そしてそういった有害物質は何なのか、どうすべきなのか

を自分で説明できるようになりたいという一心での参加だそうです。 

彼らは正しいと思います。こんな若者がいるとはまだまだ日本も捨てたもんじゃないです。

イバラの道ではありましょうが集まった仲間と進んでいきたいです。非常にいい集まりなので住宅にかかわらず

医療、食、その他あらゆる業界のかたの参加をお勧めします。

自分で考えて進むのか、楽だからといって言うとおりにして餌だけもらう家畜になるのかは自由、と言いたい

とこですが与えられる暮らしはやめてください。餌を与える人はあなたの命を奪います。
イメージ 1



開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事