300年住宅

財産としての家づくり

断熱(Z工法)

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

アレルギーと住宅を考える会の初の全国集会に行きました。あらゆる方面の方の取り組みに感動しました。

特筆すべきは若い大工さんが多かったことです。遠くからたくさんの方が来られてました。

扱っててかゆくなるもの 異臭がするもの 弱いもの 生活の為それを使えと言われれば使わなければ

ならないのかというジレンマに悩んでいるようです。そしてそういった有害物質は何なのか、どうすべきなのか

を自分で説明できるようになりたいという一心での参加だそうです。 

彼らは正しいと思います。こんな若者がいるとはまだまだ日本も捨てたもんじゃないです。

イバラの道ではありましょうが集まった仲間と進んでいきたいです。非常にいい集まりなので住宅にかかわらず

医療、食、その他あらゆる業界のかたの参加をお勧めします。

自分で考えて進むのか、楽だからといって言うとおりにして餌だけもらう家畜になるのかは自由、と言いたい

とこですが与えられる暮らしはやめてください。餌を与える人はあなたの命を奪います。
イメージ 1



開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

大阪 K邸断熱工事完了

イメージ 1

断熱工事完了です。
ゼットテクニカでは間仕切り壁もセルローズファイバーを吹き込みます。
断熱効果ももちろんですが、各部屋の調湿、防音、防火壁、蓄熱の為です。
宗教的表現で言うと、あたたかい愛に包まれた空間が出来るわけです。
実際カビや虫とは無縁となります。モノが老朽化しない感じもあります。
調湿効果で人間も老朽化が抑えられますでしょう。
夏カラッと、冬は潤い、東北美人の生まれる環境でもあります。
断熱を始めてハワイに行ってないのですが同じような空気だった気がします。
今年の年末はハワイ行けるように頑張ろう。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

K邸断熱開始

当方の恩師である故山本順三のご友人のK様宅の断熱開始しました。大阪市内でおそらく終の住処になろうかと思われる離れの小さな木造平屋です。通常ですと1.2トン(80本)位のセルローズファイバーを吹き込みますが、壁厚などを厚くするなどの工夫をしてあるので2トン(130本)位入りそうです。
密度が落ちると断熱性能も落ちます。今の壁厚に合わせてガンガン入れますよ〜!!
小さい家は断熱性能が顕著に出ます。暑さ寒さだけでなく、湿度調整、防虫、防火、防音、蓄熱による体感温度の圧倒的な違いが分かるでしょう。夏には見学可能かと思われます。
しかし母屋はでかい。中庭に家2軒建ちそうです。でも鉄筋コンクリート造なので誰も住まないそうです。
イメージ 1

イメージ 2


開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

長寿命住宅の知恵

K邸 
断熱工事の現場の下見に行ってまいりました。こちらのオーナーさんは私の恩師 故山本順三と
親交の深かった方で山本順三から聞いたこと、自分なりに研究したことをふんだんに取り入れて
おられます。
今回は床下の換気方法で基礎と土台に通気の隙間を作るためのパッキンです。
一般には基礎パッキンとよばれ樹脂製のものが主流です。内部の大引きを受ける束も樹脂プラスチック
のものもあります。広く使われ始めて20年くらいが経過しましたがそろそろ
劣 化 で 砕 け ま す(プラ束などは簡単に折れて砕けました)
今回のK邸は御影石をパッキンとして使用されていました。その他基礎や木材には液体ガラスも使用されています。
この家は大阪市内で完成後モデルハウスとして見せて頂ける事になりました。
来週からZ工法で断熱工事入ります。ガンガン入れます。効かせます。
イメージ 1


ちなみに短命住宅用基礎パッキン
イメージ 2
イメージ 4



短命住宅用プラ束
イメージ 3

本日はこのオーナーさんと認知症が治るセミナーに行ってきます。人も健康寿命を延ばさねば。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

本日のシロアリ

今日の工事で伺ったお家はプロバンス風でまだ新しく見えるお家でしたが、シロアリがいました。
防蟻処理もされて薬剤の色もついていましたが豪快にいました。
今日が旅立ちの日だったらしくいっせいに何処かへ飛び立ちました。
喰われた木の入れ替えと断熱、半永久の効果があるホウ酸系の防蟻剤も散布しておきました。
イメージ 1
イメージ 2


開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事