kawanobu

ブログ始めました!

日記

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全510ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

 昼食後は、再びユジノサハリンスクへの戻りだ。雨は相変わらず降り続いている。
 帰りの車窓からも、旧王子製紙工場の廃墟が見られた(写真)。往きの時と反対側の車窓からの眺めなので、もう1つあったことになる。

イメージ 1

☆州立郷土博物館へ
 まず最初にバスで乗り付けたのは、日本統治時代の懐かしい建物がいまだに現役として使われているサハリン州立郷土博物館である(写真)。

イメージ 2

 この博物館見学記は、まだ記憶も新しい帰国直後の1年前にすでに主なトピックスとして述べているので、ここでは補遺に留める(18年7月31日付日記:「樺太紀行(11);有料だけれど展示物の撮影は自由;早朝の博物館敷地に潜入してソ連時代の遺物など野外展示を観る」、18年7月29日付日記:「樺太紀行(10);日本に国境線があった時、郷土博物館で展示されていた北緯50度の国境に置かれた標石」、18年7月28日付日記:「樺太紀行(9);トナカイを飼っていた自然民族=ウィルタ、そしてニヴフ;オオカミウオのど迫力」、18年7月27日付日記:「樺太紀行(8);雨の一日、郷土博物館の動物剥製は迫力;1世紀前、南樺太にもオオカミがいた」を参照)。
 この建物は、江戸時代の城のような威風を誇る。日本建築が、取り壊されずに現在まで残されていることはサハリン州当局に感謝、である。

☆カワウソ、ライチョウの剥製に目
 上掲の日記にも書いたが、展示物の説明プレートは、ほぼすべてロシア語のみ、である。英語が併記されていない。だから現地ガイドのバレンティンさんの説明以外、僕らはすべて推測するしかない。
 しかし説明抜きでも、分かる展示物は多い。サハリンの動物で、ユーラシアカワウソ(下の写真の上)とカラフトライチョウ(下の写真の下)は、それと分かる。

イメージ 3

イメージ 4

 ユーラシアカワウソは、絶滅したニホンカワウソの別亜種なので、まだサハリンにたくさん生息しているのなら、雌雄一つがいを北海道の清流の川辺に放して欲しい、と思うくらいだ。バレンティンさんからも説明はなかったので、サハリンにどの程度生息しているのか分からない。

☆やはり人気はヒグマとオオカミ
 カラフトライチョウは、日本の北アルプスにいるライチョウと別亜種で、元はサハリンから北海道を経て、日本に渡来してきたものである。氷河期も、津軽海峡は陸続きになっていないが、「細い大河」状であったはずで、その程度なら飛ぶのが下手なライチョウでも本州に渡って来られた。
 動物展示は、分かりやすいので、僕らの一行には人気であった。ただそれは、主として大迫力のヒグマとタイリクオオカミに向けられていたが(写真=ヒグマとタイリクオオカミの剥製)。

イメージ 5

イメージ 6

昨年の今日の日記:「木曽駒ヶ岳登頂記(8):乗越浄土、中岳を経て、とうとう木曽駒ヶ岳の山頂に到達」
 ネズミは多産である。「ねずみ算式に増える」という言葉もあるくらいだ。
 四国宇和海に浮かぶ戸島(写真)がかつて全村離村の危機に瀕するほどのネズミの大繁殖に見舞われたことは、以前に述べた(19年8月12日付日記:「ネズミ4題(その1):海を渡るネズミにより占拠された四国の島、ネズミは泳ぎが達者!」を参照)。

イメージ 1

☆島での爆発的大繁殖はよくあること?
 それは隣の島から海を渡ってきた大群がもとだったが、元の島でネズミどもはすべてを食い尽くして戸島への侵攻を試みたのだ。ではその発生元の島では、なぜそれほど大繁殖したのだろうか。
 島でネズミが異常繁殖するのは、例えば世界でも南太平洋の絶海の孤島のアンティポディーズ島(写真)でのように天敵のいない孤島ではどこでもあることらしい(18年4月4日付日記:「亜南極の絶海の孤島に大繁殖したネズミ20万匹駆除に成功、ニュージーランド自然保護省」を参照)。何しろ半端ない繁殖力なのだ。

イメージ 2

イメージ 3

 そのうえ、島にはネズミを捕食する天敵も、食物を競合するライバルも通常はいない。1度、定着すれば、根絶はかなり困難だ。

☆遺伝的に均質な個体群にもし有利な突然変異が起こったら
 おそらく島に初めて到着したのは、せいぜい雌雄1〜2個体ずつの少数だったはずだ。それが島の生態系を破壊するほど爆発的に増えるのは、天敵・競合者がいないにしても、遺伝子に本質的な変化が起こった、としか考えられない。
 少数個体から始まる個体群は、近親交雑の結果、遺伝的に均質な個体群になる。これが、「瓶クビ効果」である。
 その初期のごく少数の時の1個体に何か変異が起こったらどうなるか。
 一般に少数個体群の中で近親交配を繰り返すと、劣悪な遺伝子が顕在化され、疾病などでその個体と均質な個体群は自然淘汰されるが、中には個体にとって有利な遺伝子も表現されることがある。
 前者の場合がほとんどだと思われるが、これが仮に100回繰り返されても、後者のようなケースが後に1回起こると、創始者効果によってその個体は、特に繁殖率の高いドブネズミなどの場合、狭い島で押し合いへし合いする暮らしで生殖ホルモンが刺激され、爆発的な異常繁殖を引き起こす。

☆戸島には人が住んでいたことが幸いした
 愛媛県の戸島で起こったこと、そして南太平洋の絶海の孤島のアンティポディーズ島で起こったことは、その例だろう。
 アンティボディーズ島は無人島だったから、島にはムジアオハシインコ(写真)、アンティポデスアホウドリ、シュレーターペンギンなどの固有種の鳥がいるだけで、ネズミどもはその雛と卵を食害した。しかし捕食できる鳥卵や雛には限りがあるから、ポピュレーションはその範囲内に抑えられた。

イメージ 4

 しかし戸島には人が住んでいた。ヒトにどこにでも付いていき、極北や亜南極にまで生息域を広げたネズミにとって島民はまことにありがたい食料供給者だった。
 実証されているわけではないが、おそらく島という閉ざされた環境で異常繁殖という驚異的遺伝子を備えたドブネズミどもは、そこで人間を追い出すほどの大繁殖した。

☆大きな島や大陸では無限に繁殖できない
 戸島の場合、最終的には島民が激減したことで、餌の供給を絶たれ、大半が海を泳いで四国本島に逃げた。だが渡った先の四国は、戸島のような閉ざされた空間ではない。捕食する猛禽類、猫やイタチなどの肉食獣もいる。大海に飲み込まれて、異常繁殖には至らなかった。
 島は、単純な生態系なので、侵入者があると容易く壊れる。しかし壊れたら侵入者も、またいつか身の破滅となる。それを考えると、生物学の奥深さに興味が広がる。

昨年の今日の日記:「個人向け国債投資で実感する極超低金利の常態化、やはりローンを組んで家を買うべし」
 香港政府の強硬姿勢が際立っている。本日の大規模デモ(警察当局は不許可)の機先を制するかのように30日、2014年の「雨傘運動」の元学生団体リーダー、黄之鋒氏(22歳)と民主派女性幹部の周庭氏(22歳)が30日、警察に逮捕された(写真)。

イメージ 1

イメージ 2

 また25日、香港警察は一連の民主化デモで初めて銃を抜き、うち1人の警官は宙に向けて発砲した(写真)。約3か月前から続く民主派のデモに対して、初めての武力威嚇だ。

イメージ 3

☆香港警察に共産党一党独裁中国本土の警官2000人が入り込みか
 一連のデモがいっこうに収束の見えないことに苛立った共産党一党独裁中国の意向だと思われる。
 デモ隊に対しての威嚇にしろ発砲するなど、もはや6.4市民革命(いわゆる「天安門事件)の一歩手前である。またデモ隊に対する暴力行使の様子など、本土共産党一党独裁中国の警察に似てきている。
 在香港のジャン・ピエール・カベスタン教授によると、香港警察の中には2000人規模の共産党一党独裁中国本土の警官が入り込んでいるという。彼らは、香港に来る前に「人民抑圧軍」にいた可能性もあるという。
 共産党一党独裁中国は、もはや一国二制度などに拘泥せず、明らかに香港に介入してきている。

☆顔認証機能付きの監視カメラで香港を監視
 またデモ隊側も、共産党一党独裁中国式の監視社会化に抵抗するため、香港政府が設置を進める監視カメラ付きの「スマート街灯」をこれまでに20数基、破壊している。
 スマート街灯は、スマートシティー構想のためと称して香港政府が5月から導入した50基の一環。3年以内に400基を設置する計画だ。
 香港政府の公式の説明は、気象や大気汚染のデータを集めたり、交通状況を把握したりするためというが、デモ隊が街灯を分解すると、共産党一党独裁中国の街頭で市民を監視する顔認証機能付きのカメラ、「天網」という監視システム(写真=「天網」の街頭監視カメラがついた信号機)と関わりの深いメーカーの部品が見つかった。

イメージ 4

 すなわち香港市民の動静を監視し(むろんデモ隊も)、共産党一党独裁中国の監視システムに情報を流している疑いが強い。デモ隊が顔を隠しても、「天網」の優れたシステムでは、素顔を復元できるともいう。

☆キャセイパシフィック航空社内を支配する恐怖
 香港の共産党一党独裁中国化は、企業内にも浸透する。
 16日、2万6000人の従業員を抱える航空会社で香港を代表する企業のキャセイパシフィック航空CEOのルパート・ホッグ氏が共産党一党独裁中国の差し金で辞任させられた。パイロットを含むキャセイの従業員たちがデモに参加したことは「安全上、重大なリスクを抱えている」という難癖をつけ、見せしめの退陣強要である。
 ホッグ氏辞任は、キャセイと従業員を守るための強いられたものだった。
 共産党一党独裁中国国有大手銀行の「中国工商銀行」の系列の証券会社である「工商国際」は、顧客向けリポートでキャセイの強力な売り推奨を打ち出し、共産党一党独裁中国最大の国有コングロマリットである「中信集団」の銀行は、社員や家族にキャセイを使わないように指示を出した。ちなみにこの中信集団と日本の伊藤忠は、合弁会社を作っている。伊藤忠の社員も、出張にキャセイを避けざるを得ない。
 もし読者で伊藤忠の株を持っている方は、どうか売ってしまって欲しい。それでなくとも、伊藤忠は強引かつうさんくさいビジネスをしているのだ。

☆進む「1984年」化を食い止めよう
 こうした圧力の高まりのうえ、共産党一党独裁中国政府は、キャセイの従業員たちのスマホを調べ、政府に批判的な内容がないかどうか、チェックも始めた。キャセイ社内は、今、いつ職場を追われるか分からないという恐怖が支配している。
 こうして香港の「1984年」(ジョージ・オーウェルの小説)化が進んでいる。
 僕たちのできることは少ないが、せめて民主化を求める香港市民に連帯したい。

昨年の今日の日記:「木星でさらに超ミニ新衛星10個発見、合計79個に、木星形成時に捕らえられた『デブリ』か」
 ロシア極北地方で去る8日に起こった核汚染を伴う新型ミサイル実験の失敗事故は、1986年4月のチェルノブイリ原発事故、1957年9月の「ウラルの核惨事」に続く3番目の核事故となった。

☆北極圏の地で起きた核事故で8人死亡
 旧ソ連時代の前期2件の核事故と同様、今回もロシアは真相を明らかにしていない。
 事故は、北極海の内海である白海に面したセベロドビンスク(アルハンゲリスク州)沖合のロシア海軍の海上実験施設で起こった。事故で国営原子力企業ロスアトムの従業員5人が死亡し(その後さらに増えて死者は8人)、近隣地域の放射線量が直後に最大で通常の16倍にも上昇した。
 同社幹部は、12日に「新型兵器」の実験中だったと認めたが、詳しい内容は明かしていない。
 しかしノルウェーの原子力安全当局が確認したように、事故後に同国北部のロシア国境近くで核分裂反応によってのみでしか産生しない微量の放射性ヨウ素の検出を発表した。
 ここから、何らかの核事故であったことはほぼ確実となった。爆発事故で、放射性の破片が広く四散したのだ。

☆被爆した負傷者を運んだ救急車も廃車に
 その後の報道は、事故後に3人の負傷者がアルハンゲリスク市(写真)の公立病院に運び込まれたが、医師には負傷者の放射能汚染について何も伝えられなかった。そして事故翌日の9日になってロシア連邦保安庁(ФСБ)の職員が病院に来て、情報を漏らさないことの同意文書に署名させられた。

イメージ 1

イメージ 2

 その医師が後にモスクワで検査を受けたところ、体内の細胞から放射性のセシウム137が検出されたという。
 また負傷者を運んだ救急車は廃棄処分にされ、治療室も閉鎖された、ともいわれる。かなりの被曝事故だったわけだ。
 13日には一時、近隣地域に待避指示の情報も流れた。

☆原子力推進の巡航ミサイルの実験中の事故か
 真相は分からないが、NATOが呼んでいるところの「スカイフォール」の実験中の爆発事故だったのではないか、と見られる。スカイフォールは、ロシアが開発中の原子力推進式の巡航ミサイルだ(写真)。

イメージ 3

イメージ 4

 この原子力エンジンが実験中に爆発し、放射性物質を四散させたのだろう。
 それにしてもロシアは、スカイフォールをどうやって試射するつもりなのだろうか。
 相手国に撃ち込むミサイルだから、核エンジンでも問題ない、としているだろうが、発射実験では、着弾地に放射能汚染を起こす。めったな所で試射実験できない。
 今のところ言えるのは、気流の関係でロシア北西部に広く放射性粒子が流されただろうということだ。それだけにロシアは、事を隠蔽しやすい。
 独裁政権が核をいじることの恐怖が、ここにある。

昨年の今日の日記:「木曽駒ヶ岳登頂記(7):駒ヶ岳1つ手前のピーク中岳山頂で山登りの至福に浸る」
 どういう巡り合わせか、僕はメガバンク3行全部と取引がある。三井住友はクレジットカードの引き去り用に、三菱UFJ銀行は給与などの受け取り用に、そしてみずほ銀行は外貨預金口座を開いているので月4回まで他行の振り込みが無料だから振り込み用に、口座を開いている。

☆3行合併当時は世界一のメガバンク
 そのみずほ銀行は、20年前の8月に当時の3大都市銀行が合併して誕生した。当時、銀行や証券などの金融分野では、世界一のメガバンクの誕生として、大きな衝撃で受け止められた。
 優良行の日本興業銀行(興銀;写真=当時の本店)と渋沢栄一の設立の第一国立銀行を源流に持つ第一勧業銀行、そして不良債権に喘ぐ富士銀行の3つである。

イメージ 1

 金融業界では、どんなことがあっても生き残ると言われた優良行の興銀が、あとの2行を救済する合併、と受け止められた。
 で、出来上がったみずほ銀行は、直後の総資産が140兆円と、当時の国家予算の約81兆8600億円の倍近いものだった。それまでの国内最大行の東京三菱銀行(現・三菱UFJ銀行)の2倍超で、当時の外国メガバンクであるドイツ銀行(97兆円)、アメリカのシティグループ(75兆円)をも遠く引き離す超巨大銀行だった。

☆失敗の法則:意思決定の遅さ
 ところがそれから20年。銀行業界でみずほ銀行は、三菱UFJ銀行と三井住友銀行の後塵を拝する第3位に落ち込み、低迷した。
 純利益でも株価でも、みずほ銀行の持ち株会社のみずほフィナンシャルグループ(写真=グループの入る大手町タワー)はメガ3行中の3位、すなわちどん尻となっている。超優良行と言われた興銀OBにすれば、歯ぎしりする思いだろう。

イメージ 2

 結果から言えば3行合併は、失敗だった。
 最大の失敗は、対等合併の体裁に終始し、興銀のリーダーシップを認めなかったことだろう。3行対等の建て前から、意思決定はいつも1歩も2歩も遅れた。

☆巨大化して自らの体重に押しつぶされる陸に揚げられたクジラ
 3行合併して効率化するはずだったのに、一般商業銀行のみずほ銀行と投資銀行・大企業向け取引のみずほコーポレート銀行の2行に分割した。最初は戸惑い、効率化は中途半端だった。
 さらに3行のコンピューターシステムをつぎはぎするため、システム統合がつい最近までずれ込んだ。そのあげくが、システムが旧式化しているため、先の19年3月期決算では巨額の減損損失を計上する羽目に陥った。
 システム統合の前には、2度も大規模システム障害を起こし、信用を失った。
 まるで巨大化した自らの体に押しつぶされる陸上に打ち上げられたクジラ、であった。

☆配当利回りは5%弱もあるけれど
 結果論だが、3行合併などせず、興銀は独自の都銀として投資銀行と大企業取引に特化した独立行として生き、後の2行は、りそな銀行のように非メガバンクとして細々と営業していればよかった。
 興銀単独なら、株価は都銀の中で最も高い額をつけていただろう。興銀の株主とOBは、歯ぎしりしているに違いない。
 ちなみに今のみずほフィナンシャルグループの株価は、昨日終値で152.8円。最低単元の100株を買っても、1万5000円ちょっとで足りるほど安い。それでいて配当金は、1株当たり年7円50銭だから、1万5000円ちょっとで750円ももらえる。配当利回りは、5%弱だ。みずほ銀行に定期預金するより、はるかにはるかにいい。
 ただ株価が安いのは、マーケットの評価が低いからだ。それが20年後の現実であり、配当利回りにも表れていると見た方がいい。

昨年の今日の日記:「自民党総裁選、野田聖子というピエロ、今回も出馬断念へ」

全510ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事