ベータグルカン健康食品を超効率で摂取する最適な方法とは!?

ベータグルカン(βグルカン)健康食品は高純度が命。最高の純度が高効率となり、最適な摂取法がβグルカン成分の機能性を最大する!

全体表示

[ リスト ]

ベータグルカン健康食品は種類が多く値段もピンからキリまで多様である。
高くて良い製品もあれば、高いだけで良くない製品もある。
安くかろう悪かろうの製品ももちろん沢山ある。
だから、安く良い製品を買うためには、必要最小限の知識は持たねばならない。
イメージ 1
一番大切なことは、広告に騙されず、原料の名前や噂に惑わされないことだ。
絶対に間違いの無い事実とは、食べた後に体内で仕事をしてくれるのは中に含まれているベータグルカン成分だということ。
言い換えるとベータグルカン以外の成分は不要で邪魔なのである。
つまり、製品の量が多い少ないよりも、中に含まれているβグルカン成分の量が多い製品が、より多くの仕事をしてくれるベータグルカン=良いベータグルカンなのだ。

具体的な例で比べてみよう。
秘密や奇跡、神秘が満載のキノコ健康食品の代表と言えるアガリクスやハタケシメジを大量1kg食べてもベータグルカン(βグルカン)は半分どころか50g以下しか含まれていない貧相な内容だ。それでも昔ならβグルカンが摂取できるのはキノコだけだったので、貴重な食品だったのだ。

ところが、最新のバイオテクノロジーの進化によって登場した
「酵母抽出βグルカン」ではわずか100g食べだけでもβグルカンが80g以上も食べられる。つまり半分を遥かに超える内容成分がベータグルカンで占められているため、とても効率良く、倍以上のβグルカン成分を食することができるのだ。

この効率の良さは、結果として費用の安さにも直結している。
"良いベータグルカン製品"="純度が高い"ベータグルカン製品を選べば、効率良く安く良質なベータグルカンを摂取・吸収でき、良い結果へと繋がるのである。

ベータグルカン健康食品を比較する最も重要な尺度である「純度」は、製品全体に占めるβグルカンの総量=含有率で量られる。1990年代に世界的に大流行したアガリクスの実態は、ベータグルカン純度で2〜5%程度だった。
その後に改良/発見されたとされるメシマコブやハタケシメジ、鹿角霊芝やカバノアナタケ(チャーガ)などの新型キノコの製品でもベータグルカン純度は10%程度。
最新流行の「ハナビラタケ」健康食品では、大々的な宣伝広告が40%と謳っているが、内実は推して知るべしだろう。

歴史的にも、科学的にも世界中でベータグルカン製品への評価は高いが、注目の重心は結果を左右する内容成分に移行している。多くの人が高い費用で低いベータグルカン純度の製品を買うことに疑問を持ち、高純度のベータグルカンをいかに安く買うかに知恵を巡らせているのだ。

その流行と研究の最先端に位置しているのがイースト菌=パン酵母から抽出した製品群。「パン酵母ベータグルカン」もしくは成分名さながらに「ベータグルカン」(βグルカン)と呼ばれるこれらの品質は、安い製品でも60%以上のβグルカン純度で製品化されている。最高級品に至っては85%以上のベータグルカン純度が達成されたことで、現在では価格競争が始まり、消費者には願ったり叶ったりの状況なのだ。

数十年前の開発当初の最高級のパン酵母ベータグルカンは5万円を超えており正に高級サプリだった。だから、ごく限られたお金持ちだけが利用できる高級健康食品だったのだ。

2000年代のパン酵母抽出のベータグルカン製品は普及期に入ったと言える。
最高級品質のベータグルカン純度が85%以上の製品が1万円以内で買えるのは、患者や家族にとっての福音と言える程に状況は好転したのだった。

困ったことにパン酵母抽出ベータグルカンもブームが加熱する様相のため、良いベータグルカンを安く買うためには、製造から分析まで信頼性が高い製造会社の製品を選ぶことが重要性を増している。

自社製品の成分分析を公正に実施している製品は実は殆ど皆無だが、歴史と実績と信頼性のあるベータグルカン製品を選ぶことが間違いの無い選択と言えるだろう。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事