ベータグルカン健康食品を超効率で摂取する最適な方法とは!?

ベータグルカン(βグルカン)健康食品は高純度が命。最高の純度が高効率となり、最適な摂取法がβグルカン成分の機能性を最大する!

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全11ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1ベータグルカン(βグルカン)を主成分とする健康食品は多いが、"仕事"をしてくれるのは中に含まれているベータグルカン成分である。つまり、製品の量が多い少ないは問題ではなく、それよりも遥かに重要な指標として、中に含まれているベータグルカン成分の量が多い製品が「本当に良いベータグルカン」だと言える。

具体的な例としては、アガリクスやメシマコブに代表されるキノコ健康食品では、大量1kgも食べてさえも成分としてのベータグルカンは半分の500gも含まれていない。良くても100g、多くの製品には50g程度しか重要成分が入っていないのである。

一方、昨今に主流となりつつある高純度タイプのベータグルカン製品では、わずか100g食べるだけでベータグルカンは半分を遥かに超える60〜85g以上も食べることができる。単純比較でも倍以上のベータグルカン成分を食することができ、まさに桁が違う効率の良さだ。

つまりは、"純度が高い"ベータグルカン製品を選ぶことが、効率良くベータグルカンを食べられる最も解り易く、かつ重要な指標なのである。

ベータグルカン健康食品の純度に着目して健康食品を見てみると、ベータグルカンの純度=含有率は、大流行したアガリクスでも2〜5%程度と低いことに驚かされる。
その後に登場したメシマコブやハタケシメジ、鹿角霊芝やカバノアナタケ(チャーガ)でも10%を超えることは無い。最新流行のキノコ健康食品とされるハナビラタケの大げさな広告表記でも40%がやっとなのだ。

一方、世界的に大流行しているパン酵母から抽出したベータグルカン製品では、安い製品でも60%以上、最高級品ならば85%を超えるベータグルカン純度が実現されている。

もちろん価格が2倍、3倍では意味が無い。
最高級のパン酵母ベータグルカンは5万円を超えるような非現実的な販売価格が多かったのだ。これほどに高額では購入できるのは一部のお金持ちだけに限られ、実用的とは言い難かった。

しかし、パン酵母抽出のベータグルカン製品もいよいよ普及が進み、最高級品質の85%を超えるベータグルカン純度の製品でも1万円以内で買えるようになってきた。

成分の分析結果を公表している信頼の置ける製造会社のベータグルカン製品を選ぶことで、良いベータグルカンを安く買うことが簡単にできるようになったのだ。

最近では、極限まで無駄を省くためにカプセル包材も省略することで費用の低減を計った「大容量粉末タイプ」も発売されている。ベータグルカンの質と費用をバランスしたいなら検討に値するだろう。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

ベータグルカン健康食品は種類が多く値段もピンからキリまで多様である。
高くて良い製品もあれば、高いだけで良くない製品もある。
安くかろう悪かろうの製品ももちろん沢山ある。
だから、安く良い製品を買うためには、必要最小限の知識は持たねばならない。
イメージ 1
一番大切なことは、広告に騙されず、原料の名前や噂に惑わされないことだ。
絶対に間違いの無い事実とは、食べた後に体内で仕事をしてくれるのは中に含まれているベータグルカン成分だということ。
言い換えるとベータグルカン以外の成分は不要で邪魔なのである。
つまり、製品の量が多い少ないよりも、中に含まれているβグルカン成分の量が多い製品が、より多くの仕事をしてくれるベータグルカン=良いベータグルカンなのだ。

具体的な例で比べてみよう。
秘密や奇跡、神秘が満載のキノコ健康食品の代表と言えるアガリクスやハタケシメジを大量1kg食べてもベータグルカン(βグルカン)は半分どころか50g以下しか含まれていない貧相な内容だ。それでも昔ならβグルカンが摂取できるのはキノコだけだったので、貴重な食品だったのだ。

ところが、最新のバイオテクノロジーの進化によって登場した
「酵母抽出βグルカン」ではわずか100g食べだけでもβグルカンが80g以上も食べられる。つまり半分を遥かに超える内容成分がベータグルカンで占められているため、とても効率良く、倍以上のβグルカン成分を食することができるのだ。

この効率の良さは、結果として費用の安さにも直結している。
"良いベータグルカン製品"="純度が高い"ベータグルカン製品を選べば、効率良く安く良質なベータグルカンを摂取・吸収でき、良い結果へと繋がるのである。

ベータグルカン健康食品を比較する最も重要な尺度である「純度」は、製品全体に占めるβグルカンの総量=含有率で量られる。1990年代に世界的に大流行したアガリクスの実態は、ベータグルカン純度で2〜5%程度だった。
その後に改良/発見されたとされるメシマコブやハタケシメジ、鹿角霊芝やカバノアナタケ(チャーガ)などの新型キノコの製品でもベータグルカン純度は10%程度。
最新流行の「ハナビラタケ」健康食品では、大々的な宣伝広告が40%と謳っているが、内実は推して知るべしだろう。

歴史的にも、科学的にも世界中でベータグルカン製品への評価は高いが、注目の重心は結果を左右する内容成分に移行している。多くの人が高い費用で低いベータグルカン純度の製品を買うことに疑問を持ち、高純度のベータグルカンをいかに安く買うかに知恵を巡らせているのだ。

その流行と研究の最先端に位置しているのがイースト菌=パン酵母から抽出した製品群。「パン酵母ベータグルカン」もしくは成分名さながらに「ベータグルカン」(βグルカン)と呼ばれるこれらの品質は、安い製品でも60%以上のβグルカン純度で製品化されている。最高級品に至っては85%以上のベータグルカン純度が達成されたことで、現在では価格競争が始まり、消費者には願ったり叶ったりの状況なのだ。

数十年前の開発当初の最高級のパン酵母ベータグルカンは5万円を超えており正に高級サプリだった。だから、ごく限られたお金持ちだけが利用できる高級健康食品だったのだ。

2000年代のパン酵母抽出のベータグルカン製品は普及期に入ったと言える。
最高級品質のベータグルカン純度が85%以上の製品が1万円以内で買えるのは、患者や家族にとっての福音と言える程に状況は好転したのだった。

困ったことにパン酵母抽出ベータグルカンもブームが加熱する様相のため、良いベータグルカンを安く買うためには、製造から分析まで信頼性が高い製造会社の製品を選ぶことが重要性を増している。

自社製品の成分分析を公正に実施している製品は実は殆ど皆無だが、歴史と実績と信頼性のあるベータグルカン製品を選ぶことが間違いの無い選択と言えるだろう。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

ベータグルカン(βグルカン)は最も有名な成分で実績も多いために、これを主成分とする健康食品は数万種類を超えている。つまり、最も多くの種類が販売されている健康食品のグループなのである。このベータグルカンの健康食品に関して、最大の問題は販売価格が高いことだ。さらにその問題の本質は、高い製品ほどに性能が悪いという残念な実際に帰結されることにある。ここでの高価格は単品で3〜5万円以上、月額で50万円を超えるような非常識な高額品を指す。

これらの非常識な高額品が横行する理由は、古くからのベータグルカン健康食品の多くが希少性を強調した「きのこ」を原料としているからだ。「奇跡のきのこ」「幻のキノコ」「伝説のキノコ」等々の、昔話から神話に至る創作によって、珍しく希少な原材料であると思い込まされる。実際には大量栽培が可能になっているからこそ、宣伝広告までして販売されているのだが、入手困難が演出される希少なキノコは「手に入るだけでありがたいので高額販売は仕方が無い」と思い込ませるのだ。

1990年代だと「ブラジル産のアガリクスが最高」「冬虫夏草(とうちゅうかそう)は済州島(韓国)が一番」とそれぞれに名産地(?)が設定されて、派手な宣伝広告が展開された。これによって、それぞれの名産地で生産されるキノコは、品質が良い??として重宝され、高額販売が"常識化"された歴史がある。難病に苦しむ人々を脅迫して、月額で20〜50万円もの販売代金をせしめるための宣伝広告は、原料の神格化だけでなく捏造された体験談まで、狡猾なビジネスモデルを形成してきたのだ。

しかし、これらの神格化されたキノコ信仰は崩壊しつつある。成分分析技術の向上の恩恵が健康食品にも広がってきたからだ。つまり、キノコやキノコ健康食品の何がなぜ体に良いのかが解明されてきたのである。今では、βグルカン健康食品の一括りにされるようになってきたキノコと酵母サプリの機能性成分がβグルカンと特定されたのは、ごく最近のことなのだ。今ではβグルカンの品質や大小で、これらの多種多様な健康食品の優劣を簡単に比べることができるようになった。

ここで困ったのは従前からの超高額ベータグルカン健康食品だ。高額に見合うだけの内容品質が伴っていないことが数値的に明白に明らかになってしまったのだ。しかも、高額なベータグルカン健康食品の多くは、内容成分としてのベータグルカンが非常に少ないために、非常に非効率な健康食品であることも明白となってしまった。

確実に言えることは、1梱包で5万円を超えるような高価な健康食品は、ほぼ商品ではないということ。
逆に、今や計測できるようになったベータグルカンという成分が しっかりと入っているような健康食品は、1単位を1万円程度でおつりが貰える。

安価なベータグルカン健康食品も多いものの、値段なりにβグルカン(ベータグルカン)が少ないものと、本当にベータグルカンが沢山入っているものをキチンと見分けることが重要となっている。

幸いにも市場競争が激化していることで良品を見つけられれば、旧品の10万円クラスの商品を遥かに超えるベータグルカン量がえられるのだ。むしろ、安価なで良品のベータグルカン健康食品こそが、大量かつ良質のベータグルカンの源泉となりつつある。これらの販売価格は1本1万円以下が目安と言える。この価格レベルならば、多くの人が経済的にも続けることが可能となっている。

現在のところ、市場で販売されている最も質の良いベータグルカン健康食品は、パン酵母抽出のベータグルカン(βグルカン)だ。メーカーによっては非常に高純度の商品が指定できるので、きのこだと数十万円分も買って食する必要があったベータグルカン量をわずか数千円で食することが可能となった。1本1万円以下で十分に優れたベータグルカン健康食品が購入できるため、これからはパン酵母抽出ベータグルカンが主流に置き換わっていくことは間違いないだろう。

5万円で買っていたものが、6,7千円まで安くなり、しかも品質も数十倍も向上していることには、驚きを通り越して疑うことも自然だ。しかし、革新的な新技術とは、これぐらいの桁外れの進歩があるものなのだ。それでも海外での販売価格と比べると、国内でのパン酵母抽出のベータグルカンは高級サプリメントだった。しかし、近年は1本が6, 7千円で高品質・低価格の高純度ベータグルカンを買えるようになってきた。メーカー、販売店をしっかりと見極め、間違いの無い製品を選べな、大変に効率よく、そして安価にベータグルカンを活用できるようになったのだ。これによって、迷うよりも即に購入して試し始めることが可能となった。

一日でも早くベータグルカン(βグルカン)の利用を開始することで、一日でも早くマクロファージの働きを期待できることは大きな時間的アドバンテージも得ることに繋がるだろう。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

結論から述べると「ベータグルカンが水溶性でないと吸収性が悪い?!」というのは、粗悪品βグルカン製品を扱う業者が喧伝している「デマ」だ。

まず、純粋な成分物質としてのβグルカン(ベータグルカン)の特性は「難水溶性」だ。これは化学系の教科書にも記載されている曲げようの無い"事実"。この「難水溶性」とは「水に直ぐには溶けないが、掻き混ぜれば溶ける」ような水との親和性を示す。

逆にこのような性質が見られない製品は、ベータグルカン以外の物質が大量に混入しているか、もしくは ベータグルカンが別の物質に変性されてしまっているかが疑われる。簡単に水に解けるような加工を施してしまうことで、ベータグルカンがベータグルカン以外の成分になってしまうのなら本末転倒と言えよう。

つまり、原料の素材がなんであろうと、純度100%βグルカン(ベータグルカン)には「難水溶性」の性質があるのだ。ゆえに"本物"の純度の高いパン酵母βグルカンも、「難水溶性」の性質を有している。高純度のパン酵母βグルカンである『オルタスβグルカン85』も実際に水に投じると少しはじくが、スプーンで掻き混ぜるだけで直ぐに水に溶け込むのだ。

一般に「水溶性ベータグルカン」と称して宣伝広告されている製品は、「水に溶いたベータグルカン」を包装したものだ。これらの"水溶性ベータグルカン"の製品の多くは、中身の約98%が水分であることに留意せねばならないだろう。
つまり機能性成分は1%、多くても2%前後という内容の薄い製品を、高額で販売するために生み出された方便が「水溶性」という"呼び方"であり、「根拠の無い吸収性」だったのだ。

それでも「水溶性βグルカン」が飲みたいならば、簡単に安く自作することもできる。
高純度パン酵母ベータグルカンである『オルタスβグルカン85』を水に投入し、スプーンで少し掻き混ぜれば直ぐに水に溶けてしまう。これだけ市販の「水溶性ベータグルカン」を遥かに上回る性能を有する「水溶性ベータグルカン」を簡単に、しかも安く作り出すことができるのだ。

ところで、「ベータグルカンの水溶性」と「吸収性」には、まったく関連性も意味も無いことを知らせねばならないだろう。

そもそもβグルカン(ベータグルカン)は、水に溶けて体内へ吸収される種類の栄養素ではない。小腸で免疫細胞であるマクロファージと"接触"することで取り込まることが解明されている。つまり水に溶けているかどうかは、吸収性とは関連が無いのだ。

より多くのベータグルカン小腸へ導入し、より多くのベータグルカン分子をマクロファージに接触させることが、βグルカンの吸収量を最大化する。この単純にして明快な真理の追求こそが、望んでいる好結果への最短距離である。

パン酵母抽出のベータグルカンの優位性の何よりも明快な証明は、海外で行われる最先端の研究や論文にかかわる実験・臨床試験では、殆どの大学・研究機関で高純度のパン酵母ベータグルカンが用いられていることだろう。多くの臨床試験で使われる「Baker’s yeast beta glucan」こそが、パン酵母ベータグルカンなのだ。水溶性ベータグルカンなどいうと意味の無い亜流を選択する研究機関は、無いに等しい。

結果を求める真剣な実験に際して、質の悪い低純度のベータグルカンや、ましてや不可思議な物理抑制が特徴とされている「水溶性ベータグルカン」などの性能的に劣後する製品を用いる理由が無いため、実験に使われることも無いのだ。

成果の上がる確率がより高い製品を望むのなら、日本でしか販売のない低純度の水溶性ベータグルカンではなく、世界標準の高純度ベータグルカンであるパン酵母ベータグルカンの採用が賢明な判断といえる。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

高純度のベータグルカン(βグルカン)を摂取する際の留意点として、基本にして最重要なのは「食間に水だけ」で飲むことだ。精製度を極限まで高めることで機能性を邪魔する不純物が殆ど無い高品質のベータグルカンなら、少量を水だけで飲むことで必要にして十分なベータグルカン分子を有効量吸収できるだろう。

逆に避けねばならないのは、食事と近い時間帯にベータグルカンを摂取してしまうこと。折角の高純度ベータグルカンが食事に含まれるたんぱく質や脂質に覆われてしまうことで機能性は大幅に低減されてしまう。これは、高純度品を自ら低純度品へと貶めているに近い残念な行為とさえ言えるだろう。だから食事とベータグルカンは時間間隔を置く必要があるのだ。

上記のような品質や利用方法に関する質問以外には、
意外に多いのが「高純度ベータグルカンを直接に口に入れて飲んでも良いか?」という質問だ。
答えは「害は無いが、不具合の起こる可能性が懸念されるので、先にコップで溶かしてから飲む方が良い」である。

口に先に高純度ベータグルカンを入れてはいけない理由は、粉末の性状が非常に細かい微粒子であるために「粉にむせる」可能性が高いからだ。「むせる」「咳き込む」のは体力的にロスが大きい事象であるため、病人にとっては避けたい事象である。

お勧めのとおりに「コップに先に溶かす」ことで、高純度ベータグルカンを最高効率で楽に飲める。
味を心配する向きもあるが、特に苦味もエグ味も無いため、多くの患者さん達はそのまま飲んでいる。美味しいものではないが、『つらさ』を感じさせる程でもないのだ。

コップの中に入れた高純度ベータグルカンは、「100%純粋なベータグルカンの物性」に近いため「少し溶けにくい」が、スプーンで数回かき混ぜるだけで簡単に溶かすことができる。「ベータグルカン水」を飲み干した後に、もう一度コップに水だけ注いで、残ったベータグルカンを完食することも、十分な水分で流し込むのに寄与するだろう。

ほんのひと手間だけで、気持ち良くベータグルカンを高効率で利用できるので是非とも実践して頂きたい。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全11ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事