全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

目を凝らさねば認識できない暗い部屋に吊るされた人形を延々と刺し続ける男。
(狂気)、(または本能)。
静(死)と動(生)のフェルメール、壊れた壷から弾け飛ぶミルクの白。
失くしたものは、決して、戻らない。
水滴が不旋律の音楽となって、(無表情な)、男の甲高い笑い声と響く、歪な空間に置かれたバスタブ。
終わることなく続く図書館の書物の配置(労働、さえも)。
同じ仮面を被った、(他人)、(他人)、(自分、もしくは)。
砂漠の裸女(欲望、貪欲)。
光と闇の点滅。

7つの迷宮(大罪、気づかずとも)に迷い込んだ先は、悪夢の繰り返し、
スロー(現実、あるいは)と巻き戻し(過去)の繰り返し、痛みと絶叫の繰り返し。
ノイズと、行き場のないヴァイオリンの狂った音が、映像を見ている者を異次元に誘います。

"映画"という芸術がこのようなこともできるのだとはじめて気づかされた作品。



意味を一切排除した映像と不協音楽、
なのに最後にはほんとうに天使がみえた。
なんでか、なみだが出てとまりませんでした。

1984年 仏

この記事に

閉じる コメント(8)

一番最初の剣士のシークエンスがホント強烈ですね。ストップ・モーション、リバース、オーバーラップを多用した編集・構成はもう神がかってるとしか思えません。

2005/6/26(日) 午前 3:18 del*k*337 返信する

プロっぽい意見ありがとうございます(笑 具体的技術のことわかんないんだけどやっぱりすごいテクなのでしょうか。剣士は最初見た時、こんなの映像にしていいのかあーという見る罪悪感を感じました・・。

2005/6/27(月) 午前 0:18 bet*yb*_b*ep 返信する

「天使」好きなので思わずぐぁーと書いてしまって、わかりにくいことになってしまいました(笑 ごめんなさい。 罪悪感..そうですね。何か見てはいけないものを盗み見てる感じがスリリングです。この作品。

2005/6/28(火) 午前 1:11 del*k*337 返信する

顔アイコン

写真と文章でメフィストという漫画を思い出しました。僕は聞くと涙が出てくるCDがあるんです。何の思い出も無いんですが、聞いてると死んでしまった祖母や叔母が思い出されるんです。何故だか分かりませんけど・・・・

2006/2/8(水) 午後 0:46 [ ongakuya1966 ] 返信する

音楽はそうですねえ、それを聴いたときに置かれていた自分の状況や気持ちがまるで甦ってきます。逆に映像というものはその時代とともに印象が変化してゆくものだとよく感じます。

2006/2/8(水) 午後 2:27 bet*yb*_b*ep 返信する

顔アイコン

はじめまして。やすあきと申します。この映画の感想を探してここに北のですが、みなさん、よく観られましたよね・・・。劇場まで行ったのに憶えてない・・・すみませんが、あまり私向きではなかったようです。 相当過去の記事ですが、TBもさせてください。 失礼しました。

2006/11/27(月) 午後 11:55 [ yas*ki*91* ] 返信する

顔アイコン

はじめまして。
この映画の感想を検索して、ここに辿り着きました。
ラストで、オレンジの強烈な光に照らされて階段を上って行く人間たちは、やはり『天使』にみえますよね。とても感銘を受けました。
記事を書きましたので、TBさせて下さい。

2008/2/2(土) 午前 8:33 8 1/2 返信する

顔アイコン

こんにちわ。すごくすきな作品です。天使、見えますよね。。TBありがとうございました。

2008/2/3(日) 午前 1:16 bet*yb*_b*ep 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事