ここから本文です
トミー・フラナガン公認のファン・クラブ、それがトミー・フラナガン愛好会です。

Welcome Matt Dennis


イメージ 1

 弾き語りの名手、マット・デニス(p,vo)のリーダー作。59年の録音。レーベルはジュビリー。アレンジと指揮は、サイ・オリバー。メンバーの詳細は不明。このアルバムでは「家 (Home)」に因んだ曲を12曲取り上げ、LP全体で一つの物語になっています。玄関マットを右手に持つジャケットもユニーク。"Show Me the Way to Go Home" "You Make Me Feel at Home" "By the Fireside" "Cheek to Cheek" など。

この記事に


イメージ 1

 ジョージ・オールド(ts)のアルバム。59年の録音。レーベルはABCパラマウント。詳細なメンバーは不明。ジョージ・オールドは19年、カナダのトロント生まれ。コールマン・ホーキンスの影響を受けアルトからテナー・サックスに転向。バニー・ベリガン、アーティ・ショウ、ベニー・グッドマン等との共演後、自己のバンドを結成。人気を博しました。"My Melancholy Baby" など全12曲収録。635円の中古盤LP。

この記事に

Tommy Flanagan, Confirmation


イメージ 1

 Discography 77-02
 トミー・フラナガン(p)のアルバム。77年2月、"Eclypso" と同日のセッションから4曲、78年11月の "Ballads and Blues" から2曲の計6曲を収録。ジョージ・ムラーツ(b)、エルビン・ジョーンズ(ds)が参加。レーベルはエンヤ。このジャケット写真は、オリジナルの一部を拡大したもので、99年に発売されたCDのものになります。

この記事に


イメージ 1

 渡辺貞夫(as)のリーダー作。69年3月、銀座ヤマハ・ホールでのライブ盤。レーベルはタクト。八城一夫(p)、原田政長(b)、渡辺文男(ds)、日野皓正(tp)といったメンバーが参加。B面1曲目の、"I Can't Get Started" は渡辺貞夫の無伴奏ソロ。続く "Au Privave" で「どこから入ろうか」と待機しているサイドメンの緊張感が伝わってきます。他に "Parker's Mood" など全6曲収録。録音は菅野沖彦。536円の中古盤LP。

この記事に

森 剣治, Plays the Bird


イメージ 1

 アルト・サックス奏者、森剣治のリーダー作。75年4月から5月にかけての録音。レーベルはオフビート。井野信義(b)、小原哲次郎(ds)のピアノレス・トリオによる演奏。森剣治は、42年生まれ。このLP録音時は30歳代前半ということになります。アルバム・タイトル通り、チャーリー・パーカーに因んだ曲を演奏。"Blues for Cool Bird" "Star Eyes" "Donna Lee" "Warming Up a Riff" "Perdido" など全6曲を収録。

この記事に


イメージ 1

 ポール・スミス(p)のアルバム。65年の録音。レーベルはワーナーブラザース。ウィルフレッド・ミドルブルックス(b)、フランキー・キャップ(ds)のトリオによる演奏。ハンティング・ホーンでのライブになります。ポール・スミスとウィルフレッド・ミドルブルックスは、60年のエラ・フィッツジェラルドの "Ella in Berlin" の伴奏も務めていました。"Laura" "Fly Me to the Moon" など全12曲収録。466円の中古盤LP。

この記事に


イメージ 1

 バーブラ・ストレイサンド(vo)のアルバム。69年、70年、73年の録音。レーベルはCBSソニー。アレンジは、ニック・デ・カロ、ピーター・マッツ、クラルス・オガーマン、マーティ・ペイチといった顔ぶれ。何と言っても、73年11月からヒットし、74年2月には全米1位になった「追憶」("The Way We Were")が収録されているLPとして印象的です。他に "Being at War with Each Others" など全11曲収録。

この記事に

Jimmy Knepper in L. A.


イメージ 1

 ジミー・ネッパー(tb)のアルバム。77年9月の録音。レーベルはインナーシティ。ルー・タバキン(ts,fl)、ロジャー・ケラウェイ(p)、モンティー・バドウィッグ(b)、シェリー・マン(ds)のクインテットによる演奏。チャールス・ミンガスのバンドでの活躍で名高いジミー・ネッパーは27年生まれ。2003年に75歳で亡くなりました。"The Masher" "My Old Flame" "Yesterdays" など全6曲収録。436円の中古盤LP。

この記事に

夏木 マリ, La Parole


イメージ 1

 夏木マリ(vo)のアルバム。小西康陽のプロデュースによって2002年に発売されたもの。レーベルはプライエイド。河上修(b)、久米大作(syn)、有泉一(ds)、ペッカー(perc)、香取良彦(vib)、エリック宮城(tp)、菊地成孔(sax)、西村浩二(tp)、村田陽一(tb)、安奈陽子(vo)、仁科かおり(vo)ほか、多数のメンバーが参加。「答え」「かもめ」「いいじゃないの幸せならば」「ローマを見てから、死ね」など、全12曲収録。

この記事に

Barry Harris Plays Tadd Dameron


イメージ 1

 バリー・ハリス(p)のリーダー作。75年6月の録音。レーベルはザナドゥ。ジーン・テイラー(b)、リロイ・ウィリアムズ(ds)のトリオによる演奏。タッド・ダメロンの曲集となっています。プロデューサーは、ドン・シュリッテン。録音技師は、ポール・グッドマン。ライナー・ノートはマーク・ガードナーが執筆。"Hot House" "Soultrane" "The Chase" "Lady Bird" "Our Delight" など全8曲収録。336円の中古盤LP。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事