Beyond the Critical Period

NY留学中。スピーチサイエンスの勉強をしています。

春学期修了 そして

昨日、今学期最後のレポートを提出し、春学期の授業も無事修了しました。

そして、今学期で、博士課程修了に必要な60単位分の授業をすべてクリア。もう二度と授業に出席する必要も宿題に追われることもありません。

博士課程の先にはもう学校はないので、一生分の授業を終えたことになるわけですが、終わってみれば、なんだかあっけなかった感じです。うれしいよりもむしろ寂しいような、自分がまだまだなのに、もう授業を受けられなくなるのが不安なような、そういう気持ちの方が大きいです。

それでも今学期は、自分でも少しは成長を感じられた学期でした。こないだも、授業で発表したプレゼンが教授に認められ、学会に応募するよう勧められて、応募してみたり、ニューヨーク大学で、教授の手伝いでしていた実験の共著者として、やはり学会に応募させてもらったり、ようやく、実験や論文のデザインが、最低限できるようになってきたのかな、と感じています。

まだ学会の審査に通ったわけではありませんが、自分の研究を発表する場があるというのは、本当にうれしいことです。研究者としての喜びというのが、少しわかってきたかも。


---


今まで、コロンビア大学で修士課程2年間、ニューヨーク市立大学で博士課程3年間、と、アメリカで高等教育を受けてきて、日本では研究とは無縁の生活をしていた元OLが、英語も話せなかったところから、なんとかここまで来れました。

大学院には研究者を育てるという目的があって、そのために必要なカリキュラムが組まれている。結果、研究者が育つ。当たり前のことだけれど、その当たり前のことが、ブレずに行われていて、私みたいな凡人でも、なんとか研究者の卵ぐらいまで来れる。

日本の大学のことは知らないけれど、アメリカの大学、研究環境はオープンで、面白い研究をしている人がいれば、研究機関の垣根を越えて交流する。学生だろうと、その分野の権威だろうと、直接話して、考えを深めていく。専門家同士がアイデアの交換をすることで、よりよいアイデアが生まれ、よりよい研究結果が生まれる。そうやって、全体が前に進んでいく。

世界のトップレベルがすぐそばで知のやり取りをしているから、学生の私も刺激を受けまくり、脳が開拓されていく感じがする。しかもそういうのが毎週のミーティングである。素晴らしい環境にいるんだな、とつくづく思います。


---


こんなに書くつもりはなかったのだけれど、調子に乗ってきたので、もうひとつ最近気づいたこと。



研究職というのは、不思議な職業だな、ということ。研究が、直接利益を生み出すわけじゃないから、誰かにお金を恵んでもらわないと成立しない。会社で働くのと根本が違う。しかし経済活動がないからこそ、純粋に知的な活動になる。もちろん、研究の成果が社会に利益をもたらすものでなければ、誰も出資はしてくれないのだから、完全には利益を切り離せはしないだろうけど、通常、研究結果の経済効果はなかなか直接測れないから、やはり利益云々からだいぶ離れたところで、研究はなされる。不思議な特殊な職業。おもしろいなあ。


---


さて、授業は終わったとはいえ、まだこれから、進級のための試験とプレゼンテーションがあって、それから博士論文を書いて、ようやく卒業なので、まだあと数年かかると思います。

ちなみに今は、息をつく暇もなく、学会発表に向けてのデータ分析を再開しました。前回紹介した舌の形を見るやつです。

今年の夏休みは、学会発表のほかにも、現在関わっているプロジェクトがいくつかあるし、新しく共同研究の話も持ち上がっていたりして、研究中心の生活になりそうです。

この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

Spring Trip to SUNY Stony Brook

今日は、Good Friday、そして、あさって日曜日は、イースター。キリスト教の年中行事です。

うちの学校は、この時期いつも春休み。仕事も含め、今週一週間ほどお休みです。

学期中は、授業を受けるのと教えるのとで、どうしてもバタバタしてしまうのですが、一週間も休みがあると、まとまった時間を実験データの分析にあてられ、腰を落ち着けていろいろできました。

たとえば、こんなの。これ、なんだと思います?



イメージ 1



正解は、私の舌です。私の舌を、超音波装置で撮影し、その形をグラフ化したもの。「がー」とか「んー」とか言っている時の、真横から見た舌の形を何枚か重ね合わせたものです。かわいいでしょ。



イメージ 2
もとの画像はこういう白黒。「な」て言う瞬間♪萌えるね〜♪


そんなわけで、この春休み中は、ほとんどパソコンの前で、自分の舌を見ていたのですが、ちょっと前に、ニューヨークの東の方、うちから電車で1時間半くらいかかる、Stony Brook という所に行ってきました。

ニューヨーク州立大学 (State University of New York)、略して SUNY (スーニー)、という学校におじゃまして、同じく音声関係の研究をしている知り合いの研究室で、ちょこっとお手伝い。

イメージ 3
学校は駅からすぐ。
イメージ 4
だだっ広い。
イメージ 5
超ズームにして撮影しないと、校舎の字が読めない。
イメージ 6
キャンパス。
イメージ 7
真っ赤な校舎。

同じニューヨークの大学とはいえ、マンハッタンや、ニューヨークシティにある大学とは、雰囲気が全然違いますね。どちらかと言えば、今回おじゃました学校の方が、いわゆるアメリカの大学っぽいのかもです。

この記事に

開く コメント(1)

あん?

先日地下鉄の広告を何気なく読んでいて、「あん?」と思った文。

イメージ 1
"I'm an 1199 member"

ってとこ。

まず、私の心の中では、

「アイム アン いちいちきゅうきゅう メンバー」

って読んでて、

あれ、ここで冠詞は「an」なの?と思い、数字を英語にして読み直してみる。

「アイム アン ワンワン・・・」

うーん、やっぱりへんね。冠詞が「an」になるのは、母音の前だけよね。

すると、読み方が違うのか?

「アイム アン サウザンド・・・」

おかしいな。違うか。。




・・・




さて、賢明な読者諸氏はもう正解にお気づきであろうか。


私も、次の瞬間ひらめいた。あ、そっか。

「アイム アン イレブン ナインティナイン・・・」

って読むんだな〜。スッキリ。


ちなみに、4桁の数字を2桁ずつに分けるのは、西暦年を読む時には一般的です。なので、

「2014」は「twenty fourteen」と言うことが多いです。「1995」なら「nineteen ninety five」。
2000年の一桁台は、「2004」=「two thousand four」と言う方が多いかな。


というわけで、このプチアハ体験をシェアしようと、降り際にささっと写真を撮ったのでした。

この記事に

開く コメント(0)

Language Acquisition (言語獲得)のクラスでは、人がどうやって言語を獲得するか、について学びます。以前、Second Language Acquisition (SLA: 第二言語習得)のクラスを取ったことがありますが、(過去記事→ SLA の授業より)母国語の獲得については、今回初めて勉強します。

赤ちゃんは、もともとどんな言語の音も聞き分けられる、というのは、わりとよく知られた話だと思います。生まれてから7ヶ月くらいまでは、たとえば日本語環境の赤ちゃんでも英語の「L」と「R」が聞き分けられる。でも、その後、どんどん日本語耳になっていって、聞き分けられなくなる。

でも、赤ちゃんが聞き分けられているかどうかなんて、実際どうやって調べるの?



ヒンディー語の 「d」 は、二種類(dental と retroflex)あって、ヒンディー語のネイティブスピーカーでないと、聞き分けが難しい。このビデオでは、生後6ヶ月の英語ネイティブ環境にいるマシュー君が、この二つの音を聞き分けられるか調べています。

まず、練習として、「ba」 という音を続けて何回か聞いてもらいます。このとき、目の前でおもちゃを動かして、注意をおもちゃに向けておきます。しばらくしてから、「da」 という音が聞こえ始めます。すると同時に、横に置いてあるおもちゃのウサギが動き出します。「ba」 と 「da」 の区別は英語にもありますから、違いは分かって当然です。ウサギが動き出すのをわざと遅らせても、マシュー君は、「da」 になった時点で、ウサギが動くと予測して、ウサギの方を向きます。

練習が終わったら、今度はヒンディー語です。ヒンディー語の2種類の「da」の一方を続けて聞いてもらって、途中でもう一方の「da」に変えます。さっきと同様、音が変わると同時にウサギが動き出します。もしマシュー君が、二つの「da」の違いを分かっていれば、先ほどの練習と同様、音が変わった時点で、ウサギの方を向くはずです。はたして、マシュー君は、大人の英語ネイティブに聞き分けられない二種類の「da」を聞き分け、ウサギの方を見るのでしょうか。

マシュー君の後、生後10ヶ月のエマちゃんも同じ実験に挑戦しています。


あらゆる言語の音を聞き分けられるなんていいなあ、とも思うけど、私たちの脳は、基本的に省エネ設計なんですよね。いろんな言語の聞き耳頭巾があるといいなあ。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

2014春学期

先週から春学期が始まりました。

今学期は、Research Ethics & Professional Issues Seminar と、Language Acquisition の2クラスを履修します。前者は必修のクラスで、研究者としての倫理などを学びます。後者は、子供の「言語習得」についてのクラスです。

NYはまだ寒い日が続いていますが、ようやく氷点下地獄からは抜けたかな。現在3℃ですが、マイナス十何度の日がしばらく続いたので、少し暖かく感じるほど。

街では、早くもマー君のユニフォームを見かけるようになりました♪

イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

State of the Union Address 2014

オバマ大統領による State of the Union Address (一般教書演説: 米国で毎年この時期に行われる施政方針についての演説) が行われました。

「行動の年にしよう」 Let’s make this a year of action.

というフレーズが、日本のメディアでも報じられているようですが、確かに、去年も同じこと言ってたな〜、という内容が多かった気がします。

と思って、過去の記事を調べてみたら、一昨年の記憶でした。てことは、一昨年からあんまり進んでいないのかも。。


 → 民主党と共和党の違いをざっくり書いた記事


今年の演説で、いいこと言うな〜と思ったのは、働く女性をサポートするよ、ってとこで、
 

A woman deserves equal pay for equal work.
「女性は(男性と)同等の仕事に同等の賃金を受けるべきである。」

She deserves to have a baby without sacrificing her job.
「仕事を犠牲にすることなく、子供を産むことができるべきである。」

A mother deserves a day off to care for a sick child or sick parent without running into hardship
「母親は、困難に直面することなく、病気の子供や親の世話をするために仕事を休めるべきである。」

– and you know what, a father does, too.
「そしてそれは、父親も同じです。」

(中略)

Because I firmly believe when women succeed, America succeeds.
「私は、女性が成功すれば、アメリカも成功すると固く信じているからです。」
    

あと、最低賃金引き上げのところでは、
 

because if you cook our troops’ meals or wash their dishes, you shouldn’t have to live in poverty.
「食事を作ったり、皿を洗ったりする人が、貧困の中で生活する必要はないからです。」
    

という言葉が、なんか刺さりました。

あとは、オバマ大統領が実際に出会った一般の人たちについての感動エピソード、貧しい移民の子が、最初英語も話せなかったのに、今度大学に行くんだよ、とか、兵士として負傷した人が、リハビリしてがんばってるよ、とか、が随所にちりばめられていて、演説は盛り上がりました。鶴瓶さんの話は出なかった。(あたりまえ。)

---


※引用内の日本語はブログ筆者による拙訳。

この記事に

開く コメント(0)

Supermarkets in Queens

ニューヨーク、クイーンズ区にあるスーパーマーケットをちょこっとご紹介。クイーンズには、マンハッタンによくある Wholefoods や Trader Joe's など、健康志向のおしゃれなスーパーはありませんが、ユニークで地域色あふれるスーパーがいろいろあって、いつもお世話になっています。

フラッシング地区のチャイナタウンには中国系スーパーがたくさんあります。
イメージ 1
「超市」って、スーパーマーケットの直訳ですね。「超級市場」という表記もよく見かけます。

その中でも、駅の近くのビルの地下にある J-Mart に時々行きます。店内はとても広く、生鮮品から、米、麺類、日本の調味料、お菓子まで何でも揃います。
イメージ 2
特売商品区発見!ここの特売は本当に安いよ。年末には、みかん一袋 $2.50 だった!

イメージ 3
夏に行った時の写真。桃と、袋詰めの「油菜苗」。アブラナではないみたい。油で炒めたらおいしいよ。

イメージ 4
ウーロン麺。。ウーロンの味はしない。っていうか、ウーロン茶の味はしない。

---

お次は、J-Mart のおそらく姉妹店、U-Mart。ウッドサイド地区にあります。
イメージ 5
店とかあんまなんもないところに急にある。J-Mart のコンパクト版って感じだけど、商品は一通り揃ってて、いい感じ。J-Mart に行くと、人々の勢いに圧倒されて疲れちゃうんだけど、ここならゆっくり落ち着いて買い物できます。
イメージ 6
トムヤムヌードルみっけ。

---

ジャクソンハイツ地区には、インド系スーパーがあります。ここも結構広くて、野菜もいろいろあっていいです。もちろんインドのものもたくさんあります。
イメージ 7
これは、マサラチャイとヨーグルト。ヨーグルトはインド関係ないけど、NYで食べたヨーグルトで一番おいしかった。ラ・ヨーグルトを超えた。と思ったら、おいしい牛乳ランキング2位の牛乳と販売元が同じだった。なるほど。

---

こちらは以前も紹介しました韓国スーパー。ウッドサイドの駅のそばです。
イメージ 8
薄切り肉をいつも買いに行きます。普通の肉屋で、スライスした豚肉ある?と聞くと、ない、と言われます。。

イメージ 9
あと、この茎わかめをよく買います。「海」って書いてあるね。塩漬けしてあるのを洗って、ポン酢で和えて、ラー油をちょっとたらして、ごまをかけていただきます。食べ始めたら止まらなくなる。

以上、かなり偏った商品紹介でしたが、クイーンズスーパー探訪でした。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

the coldest winter ever

大寒波。

今、マイナス12℃。
冷凍庫の中のような感じ。

イメージ 1
お汁粉であったまるがよし。

この記事に

開く コメント(2)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事