新潟県立植物園 友の会

☆にいがたスプリングガーデンショー第3部「シャクナゲ・ツツジ展」〜5月21日

友の会活動のようす

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全27ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

端午の節句の壁飾り

植物園の体験教室で「端午の節句の壁飾り」を作ります
わらを専門の道具を使って編み上げ、俵のふたになる桟俵(さんだわら)を作り
こいのぼりや菖蒲(しょうぶ)の花、兜(かぶと)などを折り紙で折って貼り付けます
イメージ 1
開催日は4月23日(日曜日)
所要時間は大体30〜40分くらいで誰にでも作ることができます
スタッフがサポートしますので小さいお子さんでも大丈夫です
時間は午前10時から午後3時まで
場所は植物園の鑑賞温室、無料休憩エリア(入館料はかかりません)
体験料はセットで300円
事前申し込みは不要ですので直接会場にお越しください
ご来園お待ちしています

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

4月16日 
2017年度総会を開催しました
イメージ 1

イメージ 2
2016年度の事業報告や会計報告
2017年度の事業計画や予算について事務局より説明があり全会一致で承認されました

議事の後は昨年度、友の会の事業に後継いただいた5名の会員さんに感謝状と記念品が贈呈されました
イメージ 3

さらに参加者全員に会員さんより提供いただいた山野草の苗をプレゼントしました
イメージ 4
植物好きな会員さんばかりなので、みなさん大喜びでした

最後に会長の提案で植物園園地でのサクラ観察会が行われました
イメージ 5
サクラの見分けには萼筒と萼裂片を見るとわかることなどを教えてもらいました
イメージ 6

イメージ 7
今年度もみんなで植物の面白さを探求したいと思います







この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

土曜日曜を中心に実施しています植物園の体験教室
今日は植物材料を使った「お手玉を作ろう」を行いました
平安時代から続いているといわれる伝統の遊び「お手玉」を中身に植物を使って作りました
中身はジュズダマやエゴノキの種、ツバキの種などで
袋もあらかじめ糸が通してあるので針を使う必要がなく、小さいお子さんでも安心して作れます
イメージ 1
明日(4月9日)も午前中に友の会の役員会が行われるため、午後からとなりますが体験教室は行われます
事前申込は必要なく随時参加できます
温室内の無料休憩エリアで行いますのでぜひお越しください
料金は3個一組で200円、所要時間は10〜20分程度です
ただし材料がなくなり次第終了となります
みなさんのご参加、お待ちしています


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

流しびなを作りました

3月18日
年度替わりの事務作業が忙しくてちょっとお休みしていました温室内での体験教室を実施しました
今回は「流しびな作り」です
イメージ 4

ひな祭りというと3月3日で、いつまでも飾っておくとよくないなどといわれていますが
地方によっては旧暦の3月3日(今年は3月30日)や月遅れの4月3日に行う地方も多くあります
村上の「町屋の人形さま巡り」も4月3日までやっていますよね

流しびな、子どもたちについた災厄を人形に託し、流すことで清めたことが起源といわれています
今回の体験教室では流しびなの台座の俵残(当地ではさんばしと呼ばれています)から作っていきました
イメージ 1
手前にあるのが材料の稲わらで1個分です
右にあるのが桟俵を編むための道具で、これも手作りです
左にいっぱい作ってあるのが桟俵です
桟俵とは米俵のふたの部分で、人と神との交わりの道具ともされています

イメージ 2
こんな風にわらを広げながら編んでいきます

イメージ 3

イメージ 5

イメージ 6
苦労をしながらも、みんなうまく作ることができて満足された様子です
この流しびなは壁掛けにすることもできますので、流さずに飾っておく人が多いようです

流しびなの教室は3月25日、4月1日・2日にも開催の予定です
参加費は300円、10時〜15時までで事前申し込みは不要です
所要時間は30〜40分程度かかります






この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

3月3日(日曜日)
友の会の恒例行事となった新年?会を行いました
毎回、新年会の会場に向かう途中でミニ観察会を行うのですが、今回はちょっと趣向を変えて施設見学を取り入れてみました。
見学を行ったのは阿賀野市でエディプルフラワーの生産・加工・販売を行っている脇坂園芸さんです。
よくマスコミでも取り上げられているので、ご存知の方も多いかと思います。
今回は脇坂園芸さんのショップ・栽培ハウス・植物工場をくまなく見せていただきました。
イメージ 1
ショップでは脇坂社長の奥さんが説明してくれました

イメージ 2
これが商品のエディプルフラワーです
サラダの彩に使ったりすると食卓が華やかになりますね
イメージ 3
天然の塩にドライにしたエディプルフラワーを混ぜ込んだフローラルソルトなどの加工品も作って販売しています。
その後、歩いて栽培ハウスに向かいました
イメージ 4
ハウスの中は色とりどりの花が咲き乱れていました
実はこの花たち、すべてエディプルフラワーで食べることができます

イメージ 5
中でも、ボリジの花がニコニコ顔で迎えてくれました

イメージ 6
ハウスの中で脇坂社長が鑑賞用の花と栽培方法の違いなどの説明してくれました

イメージ 7
その場で花を摘んで試食することもできました
最初はちょっと「かわいそうかな」なんて思って摘みましたが、食べてみると花によって味や香りがさまざまで癖になりそうでした

たっぷり楽しんだ後、脇坂社長の先導で植物工場に車で移動しました
イメージ 8
植物工場は廃校になった校舎の一部を使ったもので、地元企業の皆さんが協力して作ったそうです

イメージ 9
ここでも脇坂社長が丁寧に説明してくれ、参加者からの質問にも答えてくれました

視察が長引いて、新年会会場についたのは午後1時過ぎ
おなかをすかせた参加者たちを「旅館まるに」のボリュームたっぷりの料理が迎えてくれました
植物談議に花を咲かせ、温泉入浴を楽しみ、あっという間に出発時間
帰りには「道の駅みかわ」で桑の葉入り豆腐やおからドーナッツ、地場産野菜などの買い物を楽しみ
ヤスダヨーグルトの新しくできたショップ「Y&Yガーデン」でソフトクリームを食べたりヨーグルトを食べたりと
皆さんたっぷり楽しんで帰路につきました









この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全27ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事