ここから本文です
KR500レプリカの部屋
スパム行為とこれに類する行為、フランクという名を借りた仁義礼節を欠くコメントはお受けしていません。某自身もそう心がけています。

書庫全体表示

KR-1のDVD

ある人から頂いたビデオとDVD
きょうはKR−1のビデオを紹介します。Ride Onというビデオがありましたが、販売される前のサーキットの試乗を撮影したものです。
なんとKR−1は乾燥重量が123Kgしかないんですね。これは2スト250レプリカの中でも最軽量。そして45馬力のハイパワー強力なトルク、しっかりとした足回り…速いわけです。
日本ブログ村カワサキランキングに登録中です。クリックすると同サイトにリンクします。 https://bike.blogmura.com/kawasaki/
KROG(ケロッグ)本部ホームページへのリンク http://u-go.to/krog/
イメージ 1
サーキットを疾走するKR−1、12000RPMまで一気に吹け上がります。パワーバンドは9000RPM以上、まさにサーキットの申し子と言っていいでしょう。
テスターもサーキットを速く走るための要素を全て持っているマシンだと絶賛してました。やはりこの軽さは大きな武器になっているようでした。
イメージ 2
これは知り合いのSUGAテックレーシングKR−1です。過去にゼロ2クラスで予選3位を獲得したことがあります。(レーサーということでライト、補機類、保安部品は取り払われてさらに軽量化されています。たぶん乾燥重量は120Kgを切っているでしょう。
イメージ 3
これはKROG東北支部のCさんのKR−1です。ほぼノーマルですが各社ステッカーを貼ってレーシーな雰囲気になっています。
イメージ 4
今年2010年4月25日、福島県いわき市アクアマリンふくしまで開催された2スト協賛ミーティングに来て頂いたKR−1さんの赤白のKR−1です。Cさんとは話がはずんでいたようです。
イメージ 5
ビデオを頂いたかたを紹介しましょう。大阪のak-pさんです。ak-pさん大変良いものを頂いてありがとうございました。

この記事に

  • ミックさんのレプリカにカラーが似てますね。KR−1は昔知り合いが乗ってたので私のKMX125とゼロヨン競争したことありますが、3速からの加速が圧倒的に違いました。(当たり前ですね。)

    gt_yosshy

    2010/7/1(木) 午前 0:24

    返信する
  • 顔アイコン

    gt-yosshyさん、私はKR−1には少しだけ試乗させてもらっただけですが、軽さを感じました。
    二輪も四輪もそうですが走りのよさを語るうえで軽さは大きな武器です。
    Ride Onの別なビデオの国内4メーカー2ストレプリカ対決のビデオを見ましたが、宮崎敬一郎氏によると当時の中では峠で一番軽快感が強い(ヒラリ、ヒラリ切り返しやすい)のがKR−1だという評価が印象的でした。
    タンデムツインのKR250からフロントに大径ディスクを採用するなどさらにサーキットでの戦闘力が高められたマシンがKR−1です。

    ミック

    2010/7/1(木) 午前 5:40

    返信する
  • 顔アイコン

    いいものを頂ましたね!ミックさんの輪もどんどんと拡大しているようで素晴らしいです♪

    [ mako ]

    2010/7/1(木) 午前 6:13

    返信する
  • 顔アイコン

    あ。これは例の白いカレーの店ですな。^^b

    チャンバーがいい音してますね〜 ^^

    [ ひろ-Nyan ]

    2010/7/1(木) 午前 6:29

    返信する
  • 顔アイコン

    makoさん、KRを巡る人脈は点から線へと移行してきました。
    最近は元カワサキワークスライダーの和田将宏さんことヒロさんの周囲のかたと知り合いになりました。
    今後も広く人脈を広げていきたいと思います。

    ミック

    2010/7/1(木) 午後 8:10

    返信する
  • 顔アイコン

    Hiroさん、これはBEETチャンバーだと思います。
    昨年の三京ミーティングでもKR−1にBEETチャンバーを装着したマシンを見ました。
    音もパワーも満足度の高い信頼できるブランドだと思います。

    ミック

    2010/7/1(木) 午後 8:14

    返信する
  • 顔アイコン

    おおおおおっ!!
    こんなビデオがあったんですか?!
    さすがに知りませんでした。。。
    うぅ、、見てみたい!
    私からすると、これはかなり貴重なビデオっぽいです。

    この当時は、やれクラス初だとかクラス最高だとか、とにかく最先端の技術をサーキットからフィードバックしていましたね。
    KAWASAKIは当時ロードレースへの参戦(GP250クラスのワークスとして)をしていなかったため、KR−1の開発には苦労されたと思います。

    他メーカーの新車はV型エンジンが主流になってきた当時にパラレルを出してきた辺りも販売不調の要因だったと思います。
    一時は、スポット的にセミワークスという位置付けでV型Newエンジンをつんだレーサーを実戦投入していましたが、本格的な開発には至らなかった記憶があります。
    雑誌には、KRがV型エンジンで登場する(名前はKVR)かもと言う記事をみて、これが出たら買い換えようと思っていました。
    結局発売されなかったので、今に至っています。。。

    [ KR-1 ]

    2010/7/2(金) 午後 5:29

    返信する
  • 顔アイコン

    KR−1さん、このマシンは並列レイアウトで賛否両論ありますが、いい2ストマシンだと思いますよ。
    言ってみれば、タンデムツインの良さ(マニアックなレイアウト&ロータリーリードバルブ吸入)並列の良さ(シンプルで軽量で高回転まで回る)はそれぞれの長所であり個性だと思います。
    私はお世辞でなくKR−1も大好きでCさんのようにどちらも所有したいと思ったことがあります。
    このビデオを見てKR−1の魅力(サーキット、峠の申し子)を改めて再確認した次第です。

    ミック

    2010/7/2(金) 午後 8:18

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事