ここから本文です
双極性障害な薬剤師の日常
躁うつな不良薬剤師が『TMS』を経て、薬と疾患をたまに真面目に考えたり バイクによくわからんことしたり

書庫全体表示


エスケタミンという薬の点鼻薬を開発中というか
アメリカで承認されたわけだが 商品名:スプラバート
イメージ 1

ケタミンは乱用物質としても知られているので記事に出してなかった
経路投与も鼻ですしね
日本では2007年より麻薬及び向精神薬取締法の麻薬に指定されている
NMDA型グルタミン酸受容体を阻害することにより作用発現する

結局、アンダーグラウンドな感じの薬が即効性に期待できるのか・・・
難治性うつ患者にのみ、医師の診察室や医療機関においてのみ使用が許される
院外処方は不可だろう
もしされたら日本史上に残る大失態だ
しかしケタミンではなくS-ケタミンなので不適切な作用は減っているのだろうか?

日本でもいずれ認可されるんだろうな
販売はヤンセンなのかジョンソンエンドジョンソンなのか?
千葉大学はR-ケタミンを研究しているとのことだ

で、結局古い薬なんですよね

アメリカではプロザック以来30年ぶりの大進歩って
30年間何してたんすか?
ってくらい精神科の薬は開発が難しいし
結局は古い所から持ってくるほうが効果的だったり

エスケタミン使いたいから入院したがる患者が増える!とかなってほしくないな

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事