ここから本文です
任意の情報を記録保存

書庫全体表示

イメージ 1

北海道 史上初 39度台突入!
猛烈な暑さはまだまだ、続いています。北海道佐呂間町で13時20分に気温が39度0分を観測。通年でも経験がない猛烈な暑さとなっています。

炎天下では激しい運動厳禁!
各地で5月としては記録的な暑さとなっています。暑さに身体がまだ馴染んでいない時期ですので、気分が悪くなる前に水分補給を行い、外で作業中の方は、日陰で休憩をとるなど、熱中症に十分注意していただきたいと思います。

広範囲で猛暑日の予想

イメージ 2
今日5月26日(日)の北海道は、南からの暖かい空気が流れ込んでいることや、地形と風の影響によるフェーン現象も加わって気温が高くなっています。

道東の帯広測候所では11時22分に37.4℃を観測し、全国の5月の歴代最高気温を更新しました。

正午までに、最高気温は38.3℃まで上がっています。この気温は北海道内の観測史上最高気温記録です。体温を上回るような猛烈な暑さです。(12:05更新)
広範囲で猛暑日の予想

イメージ 3
今日14時の予想気温

昼過ぎにかけて、道東の内陸を中心に最高気温が35℃以上の猛暑日となるところが増える予想です。

帯広では今朝の最低気温が15.1℃だったため、朝と昼の気温差は20℃を超えています。

暑さに慣れない時期のため、熱中症に注意・警戒してください。運動会が開催されるところも多いですが、屋外で長時間過ごす場合は特に警戒が必要です。また駐車中の車内なども非常に危険です。

こまめな水分・塩分補給、運動や屋外作業の際は休憩をしっかりとるなど、熱中症への対策を心がけてください。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事