にゃんともわんだふる

多頭飼育放棄が増えてる・・・最後まで責任持とうよ

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
今年もよろしくお願い致します
 
にゃんず代表チーム(勝手に選抜・・・・・です)
イメージ 1
決して怒ってはいません・・・・・寝起きの目つきの悪さです・・・きっと
 
わんず代表チーム(こちらも適当に・・・・・です)
イメージ 2
決して寝ているのではありません
皆様によろしくとのご挨拶です・・・・・たぶん・・・・・きっと
 
                 
 
 

開く コメント(1)

今年もなんとか無事過ごす事が出来ました
何かとご協力くださった方々に深く感謝致します
また拙いブログに訪問くださった方々にも感謝致します
 
来年も細々とかもしれませんがわんにゃんの為に頑張ります
保護っ子達もシニア全開ですが元気です
ご縁は薄いかもしれませんが幸せ探しは諦めません
 
来年もよろしくお願い致します

開く コメント(0)

世界の闇の部分のランクだそうです
 
1位が強制労働や売春のための人身売買が横行するバングラデシュ
2位は少年少女の兵士が存在するソマリア
4位はカニバリズム(食人)の風習がある部族が存在するパプアニューギニア
なんと日本は3位にランクイン
1位〜4位のランクイン内容を見て日本が3位になる理由は何?と思ったのですが・・・・・
 
世界で最も動物を殺している
という理由で3位にランクイン
そして
クジラやイルカの捕獲だけでなく、野犬や野良猫などを毎年それぞれ数十万頭(匹)も殺処分しており、その方法も安楽死ではなく毒ガスの吸入という残酷な方法だと説明があるそうです
 
恥ずかしいですね・・・・・
私たち今一度この問題に向き合いませんか?
一人ひとりが出来ることは限られているかもしれません
でも、変える事が出来るのも私たち一人ひとりの意識と行動だと思います
そして、何もしなければ何も変わりません
 
私も心新たに考え行動して行きたいと思います
日本がこんな恥ずかしいランキングに入らない国になりますように(祈
頑張ろう〜〜〜〜〜〜
 

開く コメント(1)

ぐれぃ君⇒はる君の足

負傷猫仮称ぐれぃ君改めはる君になりました
 
はるの足
後ろ足小指と薬指切断したのですが
術後も皮膚の腐敗が続きました
足を切断にすべきか先生も悩んだのですが、温存で頑張ってみようと決断しました
 
一日おきに治療に通いながらも状態を見ては先生共々それでも悩みました
でも・・・はるは頑張りました
イメージ 1
3週間後治療終了しました
(はるにとってはツライ治療でした・・・・・)
綺麗でしょ〜
大きな肉球が残っているので普通に歩けるし、高いところも問題なく登ってます
 
諦めなくて良かった
イメージ 2
 
他猫とも問題なく一緒にいられます
でも・・・甘えん坊でやきもち焼き。
それと
おしゃべり大好きみたい(良く言えばおしゃべりです・・・悪く言えばにゃ〜にゃ〜にゃ〜にゃ〜鳴いてます)
 
パパママ探し出来そうだ〜〜〜
 

開く コメント(0)

久々登場の大君
なのに・・・この扱いはヒドイかなぁ
 
大の由来は・・・・・顔を見て思わず出たのが
『なんて顔が大きいのお母さん難産だったろうな〜』
でした
 
改めてしみじみ見ても・・・・・やっぱ・・・デカイでかいドデカイ
イメージ 1
イメージ 2
間違いなくです・・・よね

開く コメント(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事